広角レンズ・望遠レンズのメリット・デメリットを作例で付きで解説|カメラ初心者必見

広角・望遠レンズのメリット・デメリット

デジタル一眼にはたくさんのレンズがありますよね

 

その中でも、広角・望遠レンズは写真の見た目を大きく変えることができます

 

しかし、撮影範囲を変える以外にも「写真の見た目に与える影響・撮影の難易度」などがレンズの種類によって変わるため注意が必要です

 

そこでこの記事では、広角・望遠・標準レンズそれぞれの「特徴・撮影時の注意点について解説します

 

レンズ効果の違いを理解できると、自分のレンズにて実現できる表現が理解でき、写真表現の幅が広がります

はろはろ
はろはろ

新しいレンズ選びの際にもきっと活用できる知識となりますよ

 

レンズの種類は「広角・標準・望遠」の3種類

はろはろ
はろはろ

端的にメリット・デメリットを知りたい方は、レンズの特徴解説へスキップしてください

広角・標準・望遠レンズ比較

 

まずは基本的な内容から解説します

 

レンズは画角(撮影できる範囲)に応じて、大きくは「広角・標準・望遠レンズ」の3種類に分類することができます

はろはろ
はろはろ

キットレンズのようなズームレンズの場合は、レンズの位置を伸ばしたり・縮めたりすることで画角を変えることができます

  

あわせて読みたい

自分のレンズが「どの程度の画角まで撮影することができるか」については、こちらの記事で確認してみてください

>> あなたのレンズは広角・望遠?|レンズ種類を確認する方法を紹介

レンズの種類・焦点距離の読み方 焦点距離から分かるレンズ種類の確認方法を解説|カメラ初心者向け

レンズの特徴をざっくり解説

「広角・標準・望遠レンズ」にはそれぞれ特徴があります

はろはろ
はろはろ

それぞれのレンズの特徴をざっくりまとめると次のようになります

 

比較項目広角レンズ標準レンズ望遠レンズ
撮影範囲
(画角)の広さ
広い↔︎狭い
奥行き感出やすい↔︎出にくい
ボケの大きさ小さい↔︎大きい
歪みの出やすさ歪みやすい↔︎歪まない
手振れ耐性強い↔︎弱い
被写体への
寄りやすさ
寄りやすい↔︎寄りづらい
レンズの長さ短い↔︎長い

  

撮影範囲(画角)以外にも特徴がたくさんあることが分かりますよね

では、以降で実際に撮影した写真を交えながら詳細に解説していきます!

広角レンズの特徴をまるっと解説

 

広角レンズのメリット
  • 広い画角を活かして、背景や人物の全身を大きく取り込むことができる
  • 奥行き感を演出しやすい(パース効果)
  • 手振れに強い(目立たない)
  • 一般的にレンズが小さく軽い
  • 被写体に寄りやすい

 

広角レンズのデメリット
  • 背景がボケにくい(その分ピントは合わせやすい)
  • 画面端が歪む(伸びる)ので、被写体の配置を考慮する必要がある
  • 画角が広いため、背景に余計な情報が入りやすい

特徴はなんといっても画角の広さ

カフェなどでは室内の雰囲気を伝えることができます

 

広角レンズは広い範囲を写すことができるので、風景や建物撮影などダイナミックな写真を撮りたい場合や、周りの雰囲気と一緒に人物を撮影したい場合に向いているレンズです

 

一方で、広い範囲を写せる反面、余計な情報が入ってきやすく、雑然な写真となる傾向があるため、背景を整理するテクニックが問われます

画面端の歪みには要注意

 

広角レンズは画面の端っこが歪みます

はろはろ
はろはろ

歪みは、広角レンズを使う上では最も注意すべき点です

 

歪みには、風景や建物にダイナミックな印象をつけるメリットがあります

一方で、人物の顔など「もともとの形が想定しやすい物」を画面端に配置すると歪んで見えることが最大のデメリットです

 

対策としては、以下のようなことが挙げられます

  • 歪みが許容できない被写体を撮影する場合:被写体を可能な限り画面真ん中に配置する
  • そもそも歪みを気にならない被写体で広角レンズを使う(風景や建物など)

 

人物(特に顔)は歪みが出にくい画面中心に配置しましょう

 

歪みを利用して、足を長く見せることもできます

広角レンズは奥行きを出しやすい

歪みが出やすい広角レンズですが、一方で奥行き感を出しやすいといったメリットもあります

「近くのものは大きく・遠くのものは小さく」写るため、ダイナミックな印象を表現しやすいです

手前が大きく・奥が遠く見えるため、奥行き感が出しやすいです
建物や風景にダイナミックな印象を付けやすいです
はろはろ
はろはろ

広角レンズは独特の扱いづらさがある一方で、非日常的な表現ができる面白いレンズです

では、続いて望遠レンズについて解説します!

望遠レンズの特徴をまるっと解説

 

望遠レンズのメリット
  • 被写体を大きく撮影できる(特に遠方の被写体に強い)
  • 狭い範囲を撮影するため、余計なものが映り込みにくい
  • ボケが大きい
  • 画面端が歪まない
  • 圧縮効果(遠くのものが近く見える)が生まれる

 

望遠レンズのデメリット
  • 手振れに弱い(目立ちやすい)
  • 被写体から離れて撮影する必要がある
    後ろに下がれない場合・通行の多い場所などでは使いづらい
  • 接写が苦手なレンズが多い
  • レンズが比較的デカくて重い

被写体を大きく写せることが最大の強み

遠くの被写体も大きく撮影できます

 

望遠レンズは、遠くの被写体を画質を下げることなく撮影することができます

 

どうしても近づけない被写体の撮影は望遠レンズが有効です(例:運動会の子ども・観光地・木の上の動物など)

観光地でどうしても近くに寄れない場合に大活躍します

大きなボケで被写体を強調させることも得意

他のレンズと比べるとボケが大きくなりやすく、背景と被写体を分離して強調することが得意です

 

望遠レンズで撮影すると、背景はとろとろにボケて柔らかな雰囲気だけが残ります

大きなボケで被写体と背景・前景を分離できます
はろはろ
はろはろ

望遠レンズを使って背景をぼかすと独特の世界観が出来上がります

あわせて読みたい

レンズ以外にもボケを大きくする方法を知りたい方は、ぜひこちらの記事をチェックしてみてください

>> 大きなボケを作る4つの方法を紹介

大きなボケを作る方法 大きなボケを作る4つの方法|カメラ初心者向け・スマホでも出来る

手振れが目立つのでシャッタースピードを上げる必要あり

望遠レンズになればなるほど少しの手振れが目立つようになります

はろはろ
はろはろ

狭い範囲を切り取っているため、手振れの影響が目立ちやすくなります

 

そのため、シャッタースピードをあげて撮影する必要があり、手持ちを前提とするならば、屋内や夜間などでは使いづらいレンズとなります

被写体と距離を取れない環境では使えない

望遠レンズは、ピントを合わせることができる最短距離(最短撮影距離)が長いものが多いです

はろはろ
はろはろ

テーブルフォトなど近くに寄って撮影したい場合にはピントが合いません(マクロレンズなど特殊なものを除き)

 

また、見た目よりも被写体が大きく写るので、被写体から数メートル以上離れて撮影しないと被写体が画面内に収まりません

 

交通量の多い場所では、カメラの前を人が通ったりすることもあるでしょうし、被写体とのコミュニケーションが撮りづらくなるため、使用できる場所を選ぶレンズとなります

はろはろ
はろはろ

撮影前に撮影環境をイメージしてから、レンズを選ぶ必要がありますね


初心者には標準レンズがオススメ

 

広角・望遠レンズでは非日常的な演出をしやすい一方で、画面端が歪んだり・被写体との距離を取らなければいけないなどのデメリットがありました

 

一方で、標準レンズは広角・望遠レンズのデメリットが現れにくく、初心者でも非常に使いやすいレンズです

  • 人の目でみた感じに近い画角で、広角レンズほど余計なものが入り込むことが少ない
  • 画面端が歪みにく、近接も撮りやすい
  • 被写体の近くで撮影することができる
  • ボケも比較的大きい(レンズの性能にもよる)
はろはろ
はろはろ

とても扱いやすいため、一般的に標準レンズは最初に持つべきレンズと言われています

 

キットレンズなどの標準域をカバーするズームレンズをお持ちの方は、標準域の焦点距離(50mm:フルサイズ換算)で撮影するといいかと思います

背景もしっかりボケます(焦点距離55mm F1.8で撮影)
画面端の歪みも全く気になりません

検証:同じ場所で広角と望遠を使い分けてみた

ここで広角・望遠レンズそれぞれの写りを比較してみます

 

ここからは実際の写真をもとに、広角・望遠レンズの見た目の違いについて紹介します

 

同じ場所でカメラの設定は変えずに、広角・望遠レンズそれぞれで撮影した写真を比較し、それぞれの特徴を体感してみましょう

はろはろ
はろはろ

より違いが体感がしやすいと思います

広角レンズを使った場合(焦点距離:17mm)

広角レンズで撮影した写真

 

超広角の部類に入るレンズ(焦点距離:17mm)で撮影してみました

 

先ほどの写真と比べると4つの特徴が見えています

  • 広い範囲が写り込んでいる
  • 奥行き感を感じやすい
  • 画面端が歪んでいる(画面端に向かって伸びている)
  • 画面全体にピントが合っていて、ボケは少ない

 

では、次に同じところから望遠レンズで撮影したものを紹介します

望遠レンズを使った場合(焦点距離:270mm)

望遠レンズで撮影した写真

 

次に望遠の部類に入るレンズ(焦点距離:270mm)で撮影してみました

  • 狭い範囲が写り込んでいる
  • 奥行き感を感じにくい
  • 画面端の歪みは見えない
  • ボケが大きい(画面手前の手すり)
はろはろ
はろはろ

奥行き感や画面の歪みが全くなくなっていて、かなり印象が違う写真になりました

まとめ

広角・望遠・標準レンズそれぞれの特徴について解説しました

単純に撮影できる範囲以外にも、写真の見た目に与える影響や撮影のしやすさに差分があることをお伝えしました

  

比較項目広角レンズ標準レンズ望遠レンズ
撮影範囲
(画角)の広さ
広い↔︎狭い
奥行き感出やすい↔︎出にくい
ボケの大きさ小さい↔︎大きい
歪みの出やすさ歪みやすい↔︎歪まない
手振れ耐性強い↔︎弱い
被写体への
寄りやすさ
寄りやすい↔︎寄りづらい
レンズの長さ短い↔︎長い

 

広角・望遠レンズはデメリットをうまくカバーしつつ使って行くことができれば非日常的な表現ができる強力な道具となります

 

初心者の方はまず、デメリットの少ない標準レンズを使って、たくさんの成功写真を積み上げていくことが良いのではないかと思います

はろはろ
はろはろ

自分がやりたい表現を見つけていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA