【コスパ最強】Luminar Neoレビュー|使いやすくて安い!初心者にもおすすめRAW現像ソフト|ルミナーネオ

【実使用レビュー】Luminar Neo(ルミナーネオ)の新機能とおすすめな人とは|RAW現像ソフト

7日間の無料体験期間あり:導入方法はこちら

Luminar Neo(ルミナーネオ)」は、前作の「Luminar AI」の後継ツールとなるRAW現像ソフト。長い開発期間を経て、2022年2月17日ようやく販売が開始されました

 

スペック上、機能は従来製品よりもかなりリッチになっている一方で、正直なところ自分にとって使えそうなツールなのか、ピンときていない方は多いと思います

はろ
はろ

プロユースの機能を全面に訴求しているせいなのか、そんな機能あんまり使わないよなぁ〜と思ってしまったのは僕だけではないはず。

 

そこで今回は長期にわたってLuminarシリーズ使ってきた僕の視点から、Luminar Neo」は実際に使えそうなツールなのか?といった点についてご紹介したいと思います

結論から先に言うと「Luminar Neo」は、RAW現像ソフトを安く済ませたいけど質は落としたくない!と考えている人にぴったりなツールだと思います

特に今回のLuminar Neoは、Luminar AIから順当に進化しつつも価格は据え置きと言った点がすごく魅力的で、コスパの高さはこれまでのLuminar製品の中で間違いなく一番だと思います

はろはろ
はろはろ

以下のような方に特にメリットがあるRAW現像ソフトだと思いますので、ぜひ最後までチェックしてみてください

おすすめな人

  • Luminar AIから乗り換えを考えている
  • はじめてのRAW現像ソフト選びに悩んでいる
  • コスパ重視でRAW現像ソフトを選びたい

あわせて読みたい記事

Luminar Neoを最もお得に購入する方法をまとめています。各種セール情報・プロモーションコード(クーポン)などの最新状況をまとめていますので、こちらを参考にしてください

Luminar NeoはどんなRAW現像ソフト?

Luminar Neo」はウクライナのSkylum社が発売するRAW現像ソフトで、Luminarシリーズとしては6世代目に当たる歴史あるプロダクトです

特に評判を集める点が「価格と機能」で、以下のような点が人気のポイントです

  • 価格:買い切りの価格形態(ランニング費用は一切かからない)
  • 機能:豊富なRAW現像機能&AIを用いたレタッチサポート
はろはろ
はろはろ

僕自身も、これまで4世代のLuminarシリーズを使ってきました!

Luminar Neoの特徴

Luminar Neo」の機能面での特徴は、RAW現像機能(露出・色調補正)と、AIを用いた自動補正機能が搭載されていることです

特に後者のAIを用いた自動補正は、RAW現像初心者や効率化を望む方にはすごく便利な機能で、

  • ワンタッチでレタッチを完成
  • 補正をかける範囲を自動で認識してレタッチをサポートしてくれる

など、本来人の手で細かく作業を行うところをグッと楽にしてくれる機能が備わっています

はろはろ
はろはろ

RAW現像機能も非常に豊富ですので、初心者の方からプロユースの方まで幅広く使いこなせるソフトと言えます

おすすめな人

  • (初心者)手軽な操作でレタッチを行ってみたい方
  • (中・上級者)じっくりと腰を据えて、レタッチで作品制作を楽しみたい方
  • (中・上級者)たくさんのRAWデータを効率よく編集したい方

\ 自動レタッチのビフォーアフター /

Luninar Neoとは_変更前Luninar Neoとは_変更後

左にスライドするとレタッチ後が確認できます

はろ
はろ

この現像がワンクリックで実現できます!特にたくさんの写真を一気に編集したい時にめちゃくちゃ便利な機能です!

 

Luminar Neoの特徴
  • 編集機能がさらに高度化・動作もサクサク
    (詳細は次の章で解説)
  • 前作ツール Luminar AIの機能はすべて引き継ぎ
  • 価格:Luminar AIから据え置き

 

簡単に概要を紹介したところで、次はLuminar Neoで特に便利だと感じる5つの機能をピックアップして紹介していきます

はろ
はろ

公式サイトでは、あまりフォーカスされないところですが、個人的にはすごく魅力に感じました!

あわせて読みたい記事

Luminar Neoをはじめて使う方に向けて、Luminar Neoの使い方を記事にまとめています

レタッチ・RAW現像が初めての方にも分かりやすいように動画と画像を交えて解説していますので、ぜひ参考にしてください

レビュー|Luminar Neoのおすすめポイント5選

画像:Luminar公式提供

ここでは、ざっくり「Luminar Neo」の新機能に触れつつ、特にみなさんが気になっている「実際にどんな時に便利なのか?」といった点についてフォーカスして紹介します

はろ
はろ

Luminar Neoでは本当にたくさんの新しい機能が追加されますが、個人的に魅力的に感じたポイントは以下の5つです

Luminar Neo:実用性の高い新機能
  • 時間がない時もすばやくRAW現像ができる
  • 特定の部分だけ補正を加えるのがカンタン(マスクAI)
  • 合成写真もカンタンに作れる(レイヤー機能)
  • 処理が軽くてストレスレス
  • Luminar AI(前作)機能はすべて搭載

 

このパートで取り上げている内容は、Luminar公式サイトではあまりアピールされていない部分ですが、僕のようにアマチュアフォトグラファーにとっては、かなり嬉しいポイントです

はろ
はろ

それでは以降では、具体的にどんな点が嬉しいのか?について紹介します

時間がない時もすばやくRAW現像ができる

Luminar Neo」の魅力のひとつが、超時短でRAW現像ができることで、ざっくりとしたレタッチ作業であれば、1分程度で仕上げることもできます

はろ
はろ

ツールが被写体を自動で認識し、適切な補正をかけてくれるため、素早いレタッチをおこなうことができます

AIツールを織り交ぜると1分ちょっとでレタッチができます

 

自動レタッチ機能を使えば、手間をかけずにRAW現像を実施できるため、旅行や家族イベントなど、すぐに写真を仕上げたい時などでも、写真の情報鮮度が落ちないうちに大量の写真を現像することができます

はろ
はろ

じっくり作り込むこともできれば、サクッと現像することもできるので、使い分けができるソフトになっています

なお、自動レタッチ機能を詳しく知りたい方は、前作のLuminar AIのレビュー記事もぜひチェックしてみてください

あわせてよみたい

自動レタッチは前作からの引き継ぎのため、Luminar Neoでも同じ機能を使用できます

特定の部分だけ補正を加えるのがカンタン(マスクAI)

使って嬉しいポイントの2つ目は、マスキングツールが優秀なところで、特に写真の一部に補正をかけるのが非常に簡単な点が、Luminar Neoの最大の強みと言っても過言ではないかと思います

はろ
はろ

限られた時間の中で高度なレタッチを実現できるため、効率的に写真表現の幅を広げることができますよ

マスキング機能が特に優秀

Luminar Neo」では、一般的な線形フィルターや円形フィルターに加えて、AIが自動でマスクをしてくれる「マスクAI」が備わっていて、これを使うことで手作業でのマスキング作業を最小限に抑えることができます

部分的に明るさや色合いを変えることができ、細やかなレタッチができます

写真を編集作業の効率を上げることができれば、より細かいレタッチにも手が回るようになるため、マスクAI機能はきっと写真のクオリティを下支えしてくれるありがたい機能だと感じます

マスクAI機能の使い方や便利な使い方については以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひチェックしてみてください

あわせてよみたい

はろ
はろ

他のRAW現像ソフトには無い、Luminar Neoならではのオリジナル機能ですので、ぜひ体感してみてくださいね

合成写真もカンタンに作れる(レイヤー機能)

Luminar Neo」を使って嬉しいと感じるポイントの3つ目は、レイヤー機能に対応していること

これによって、Photoshopのように複数枚の写真を重ねて1枚の写真を作る合成写真が簡単に作れるようになりました

はろ
はろ

Luminar AIには無かった機能ですので、待ち望んでいた方も多いかと思います

 

レイヤー機能の活用例
  • アンダーな写真・ハイキーな写真を組み合わせて、ダイナミックレンジを稼ぐ
  • 手前ピント・奥ピントの写真を組み合わせて、全体にピントのあった写真を作る
  • 同一構図で撮った写真を組み合わせて、余計な写り込みを削除する

「レイヤー機能」では、異なる明るさの複数の写真を撮影し、編集で合成することで黒潰れ・白飛びを抑える他、ピントを合わせた写真を作り出すことができます

注|レイヤー機能ではRAWファイルをレイヤーには指定できません(JPEGは可)

 

これだけではなく、写真の一部がなにか寂しいなぁと感じる時にも便利な機能で、全く違う画像を1枚の作品に合成することも可能です

少し寂しい空の部分に窓枠を追加

万人向けの機能ではないものの、特に風景写真やポートレート撮影で便利な機能ですので、いざという時に使えるリーサルウェポンのような形で使えるのも嬉しいポイントだと思います

処理が軽くてストレスレス

使って嬉しいポイントの4つ目は、処理速度が大幅に改善されたこと

RAW現像をじっくり行うためにも、ツールのレスポンスの良さはとても重要なポイントだと思っていて、その点でもLuminar Neoは実用性の高いツールだと感じます

Luminar Neoの内部の新しいエンジンは、より高速にプロセスを最適化するよう設計されており、最大のパフォーマスと柔軟性で今までにない体験をしていただけます。

Luminar Neoではより柔軟な編集プロセスが行われるため、写真の編集に必要なメモリは少なくて済みます

新しいエンジンは多くの小さなバックグラウンド メモリ使用の最適化を行いながら、全てのプロセスの速度を向上させます

Luminar Neo公式サイト抜粋

 

僕のPC環境で、Luminar Neoを動作させてみた様子を動画にまとめてみましたが、プレビュー表示・編集時のレスポンスでモタつくことはありませんでした

確認環境|(iMac)CPU:3.8GHz 8コア Intel Core i7 / メモリ:32GB

操作感や処理の軽さはこちらの動画でご確認いただけます
はろ
はろ

処理速度改善に真剣に向き合ってくれるのは、ツールベンダとして信頼が持てますね

ただし、処理速度・レスポンスについてはみなさんのPC環境に大きく依存するところとなりますので、みなさんの環境でテストされることをおすすめします

Luminar Neoは7日間は無料で製品版を使用することができますので、うまく活用して動作チェックを行ってみましょう

あわせて読みたい

Luminar Neo無料体験版のダウンロード・インストール方法については、以下の記事にてまとめていますので、ぜひ参考にしてください

Luminar AI(前作)機能はすべて搭載

使って嬉しいポイントの5つ目は、Luminar AIの機能をすべて受け継いでいること

Luminarシリーズは、だいたい1年半くらいに一度新しいツールが発表されるのですが、前作の機能がなくなってしまうと既に前作ツールをお使いの方は不都合に感じてしまいますよね

今回「Luminar Neo」では、前作のLuminar AIの機能をすべて引き継いでいますので、ツール乗り換えを検討している方や、前作ツールとLuminar Neoのどちらを買おうか悩んでいる人は、シンプルにLuminar Neoを選びやすい環境になっています

はろ
はろ

操作画面についてもLuminar AIとほぼ変わらないため、Luminar AIユーザの方も抵抗なく導入することができますよ

あわせてよみたい

Luminar NeoとLuminar AIの違い(操作性・機能・価格)については、以下の記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください

 

以上、ここまでが個人的に良いと感じたLuminar Neoの特徴5つでした。その他にも、Luminar Neoには便利な新機能がたくさん追加されていますので、次の章で簡単に紹介していきます

レビュー|Luminar Neo注目の新機能

ここまでも「Luminar Neo」の新機能を中心に便利な機能を紹介させていただきましたが、新機能はまだまだたくさん搭載されていますので、ここでざくっと紹介していきたいと思います

はろ
はろ

ここで紹介する新機能は、どちらかといえばRAW現像を使い込んでいる方に刺さる内容が多いかと思います

中〜上級者の方はもちろん、初めてのRAW現像ソフト選びに悩まれている方も「こんなことができるんだ!」といった感覚で参考にしていただければ幸いです

Luminar Neo:その他新機能
  • 部分消去がより便利に進化(電線・ホコリの自動消去)
  • 露出補正がより賢く進化(奥行きを識別)
  • 背景だけを一気に入れ替える機能が追加
  • モバイルアプリとの連携で写真共有が簡単に
ざっくり概要はこちらの動画からも確認することができます
はろ
はろ

以降では、ひとつずつ違いについて解説していきます

部分消去がより便利に進化(電線・ホコリ除去の自動消去)

せっかくのいい写真でも、余計な写り込みのせいで主題が引き立たない時ってありますよね

そんな時に便利な機能が「部分消去」機能なのですが、一般的には選択範囲を手作業で指定する必要があるため、結構根気のいる作業になりがちです

はろ
はろ

特に消去範囲が広くなればなるほど、自動消去の精度も落ちますし、計算時間もかかるためしんどくなってきます

特に電線は邪魔になる代表例かと思います

 

そんな時に便利な機能が、Luminar Neoから追加された「電線・ほこりの除去機能」で、ワンクリックで邪魔な写り込みを消すことができるようになりました

ボタンクリック一つで操作できます

Luminar Neoにお任せで電線を消した例

はろ
はろ

こちらの写真では、写真上部の電線を一瞬で消去することができました

 

使用する頻度こそ多くはないものの、細かい消去作業を追い求めていくと現像にかかる時間はどんどん膨れ上がってしまうため、「電線・ほこりの除去機能」は場合によってはかなり時短につながる機能だと思います

はろ
はろ

いざという時にありがたい機能だと思います!

露出補正がより賢く進化(リライトAI)

写真の一部のみに調整を加えたい時は、マスキング(範囲指定)を行うのが一般的ですが、さらに作業時間を短縮したい場合は「リライトAI」を使うとすごく便利です

リライトAIは、写真の中の奥行きを認識して、深度別に明るさ・色味を調整できるため、マスキングの手間を最小限に抑えることができます

はろ
はろ

普段なら、部分マスクをかけていた作業がスライダー操作ひとつで完結できるため、気軽に微調整ができるのは嬉しいですね

 

例:手前側を暗くして看板の印象を引き立ててみました

リライトAI_変更前リライトAI_変更後

背景だけを一気に入れ替える機能が追加

その他にも、Luminar Neoでは背景だけを一瞬で入れ替える機能が追加されています

普段使いではあまり活用シーンはなさそうですが、ポートレート写真・ポスター撮影など、一部のハイアマチュアの方・プロの方には嬉しい機能かと思います

背景に応じて人物側にも色味・明るさの効果が掛かるため自然な印象です
はろ
はろ

以上、ここまでが「Luminar Neo」を使って便利だと感じたところ・気になる新機能でした!まだまだアプデで機能改善の余地がありますが、現時点でも非常に便利なツールだと感じます

Luminar Neoで気になるところ・デメリット

ここまで「Luminar Neo」を使って感じた良いところについて述べてきましたが、購入時にはデメリット面もしっかりチェックしておきたいですよね

そこでここでは、僕が実際にLuminar Neoを使っていた気になった点(人によってはデメリットと感じるかも)について、何点か紹介したいと思います

はろ
はろ

僕自身、「Luminar Neo」と「Lightroom Classic」を併用しているので、Lightroomと比較した場合に気になる点が主なポイントです

検索機能が最低限のみ

Luminar Neoの検索画面

これは、たくさんの機材持っている人だと物足りないかもと感じる点のひとつで、Luminar Neoでは撮影した機材や設定などで検索することができません

はろ
はろ

Luminar Neoでは、ファイル名や日付・拡張子から検索することは可能です

一方、Lightroomでは使用したカメラ・レンズ・撮影設定からフィルタすることができるので、一部の機材で撮影したデータだけを見たい方(主にレビュワーの方など)は、Lightroomの方が使い勝手が良いかと思います

Lightroomの検索画面(一部)

とはいえ、この機能が必要になるのはたくさんの機材を持つ方の一部でしょうから、サブスク(月額1,078円)の「Lightroom Classic」と比べて、買い切りのLuminar Neoでは割り切って使うべきところなのかなと思います

はろ
はろ

僕の場合は、レンズレビューなどをさせていただく機会が多いため、LightroomのプラグインとしてLuminar Neoを活用しています

その他アップデートで解消済みのデメリット

Lightroomのヒストグラム画面

Luminar Neo Ver.1.0.6までは、ヒストグラムはトーンカーブ画面のみでしか確認できず定常的に確認できない点に使いづらさを感じる方はいらっしゃったかと思います

ですが、2022年5月のアップデート(Ver.1.0.6)でこれは解消され、現状は編集画面で常時表示することができるようになっています

画面右上に表示(白飛び・黒潰れ表示・RGB別表示も可能)

Luminar Neoデモ版ではサクサクだった操作感ですが、Luminar Neo初版ではやや動作がモタつくシーンが散見されました

Luminar AIではこのようなモタつきはほぼ見られませんでしたので、動作改善に期待していたところ、Ver.1.0.4あたりから劇的に反応速度が良くなりました

はろはろ
はろはろ

もちろんPCスペック次第で体感は変わりますが、全体的に動作が軽くなった印象を受けます

以上が、Luninar Neoを使っていた気になる点・デメリットでした

検索機能の使い勝手は一部の方を除いては特に困るところではないと思いますし、発売当初はやや使いづらかった機能面もアップデートで順次解消されていますので、すごく使いやすいツールになってきた印象です

はろ
はろ

買い切りソフトと言えども、しっかりサポートしてくれるのは嬉しいですね!

Luminar Neoの評判は?

ここまではあくまで僕自身の主観でのレビューとなっていましたので、その他のユーザーの方の評判についてもみていきましょう

Luminar Neoに対するポジティブな評判

ツイッターを元にポジティブな意見を拝見したところ、主には以下の点で良い印象を持たれている方が多くいらっしゃるようです

手軽にレタッチできる点が便利・操作性がシンプルで使いやすい・買い切りの価格形態

はろはろ
はろはろ

ここは僕もすごく共感できるところで、過去のLuminar製品から愛用されている方・はじめてLuminarに触れる方ともに満足されているようです

著名なフォトグラファーも使用されています

僕以外にも、有名なフォトグラファーの方も「Luminar Neo」を愛用されているようで、Twitterフォロワー数20万を超えるうさだだぬきさん(写真家:稲田大樹)、インフルエンサーのゆーとびさん(@y_to_bi_)等も「Luminar Neo」を使ってレタッチをされています

はろはろ
はろはろ

写真集やクライアントワークをされるプロカメラマンも活用しているツールのひとつです

Luminar Neoのネガティブな評判

逆にネガティブな評判は以下の通り。主には動作速度に関する声がちらほらと見かけられました

動作が重い(場合がある)

はろはろ
はろはろ

基本的にRAW現像ソフトはどのソフトも負荷が大きいので、PCスペックが厳しい印象を持たれている方多いようです

動作速度は搭載メモリサイズに依存するところがかなり大きく、公式サイトでもメモリ16GB以上(最低8GB以上)が推奨されています。8GB以下のPCをお使いの方はメモリ増設も前提に検討されると良いかと思います

はろはろ
はろはろ

LightroomやLuminarなど、主流のRAW現像ソフトの多くが推奨メモリサイズを引き上げていますね

あわせてよみたい

以下の記事では、Luminar Neoの動作が重い場合の解消法についてまとめています。設定次第で劇的に動作が軽くなる場合がありますので、気になる方はぜひチェックしてみてください

Luminar Neoの価格・セール

Luminar Neoは、2022年2月17日より販売が開始されており、概ね半年をかけて完全版となるまでアップデートがされています

はろはろ
はろはろ

機能が完全対応された後も対応カメラの追加やバグ修正などは、従来ソフト同様に行われると思います

なお価格は買い切り形態となっており、さらにこれまでLuminar製品を購入したことがある方はさらにお得な価格粉で購入することができます

Luminar Neo
ライセンス
1ライセンス
(1seat)
2ライセンス
(2seat)
通常価格¥10,880¥13,280
過去購入歴
ありの場合
¥7,880
(28%OFF)
¥10.280
(28%OFF)
Luminar Neoのライセンス価格(税込)
はろ
はろ

1ライセンスで使用できるPCは1台までとなっています。途中でPCを入れ替えることもできますが、複数台で併用したい方はお得な2ライセンスを選びましょう

Luminar Neoセール情報

Luminar Neoは、期間不定期でセール割引が開催されている場合があります。最新のセール情報は以下の記事でまとめていますので、ぜひチェックしてみてください

はろ
はろ

最新情報に随時更新しておりますので、ご活用ください!

まとめ:Luminar Neoがおすすめな人とは

今回は「Luminar Neo」を実際に使ってみて良かったところ・デメリットなどを紹介させていただきました

まだまだ今後のアップデートにて進化が残されているLuminar Neoですが、現時点の機能においても「使いやすい操作画面」、レイヤー合成をはじめとした「充実したRAW現像機能」を兼ね揃えているため、非常に便利で使いやすいツールだと言えます

はろ
はろ

操作がシンプルなので、RAW現像が初めての方にも使いやすいツールですね

また価格面についても、Luminar AIと比べて機能が格段に充実した一方で価格は据え置きになっていますので「Luminar Neo」のコスパは非常に高いと言えます

はろ
はろ

せっかくRAW現像ツールを導入するのなら、機能が充実しているものを選ぶに越したことはないと思いますので、これはすごく嬉しいですね!

 

また、7日間の無料体験版も使用することができるようになりましたので、ぜひみなさんもこの機会に「Luminar Neo」を試してみてください!

関連記事

はろ
はろ

それでは、次の記事でお会いしましょう!よいカメラライフを!

7日間の無料体験期間あり:導入方法はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA