MENU

プロフィール

はろはろ



詳しいプロフィールはこちらをご覧ください!

浪費癖と倹約癖を併せ持つ2児のパパ
趣味の写真・ガジェットを中心に情報発信中📸✨

Twitter・Instagramやっています。お気軽にフォローいただけると嬉しいです🌸

SONY 35mm40mm 軽量単焦点レンズ比較|Eマウント・SEL40F25G・SEL35F18F・SEL35F28Z

35mmの単焦点レンズは、視野に近い画角ながら大きなボケで非日常感を演出してくれます

はろはろ
はろはろ

単焦点デビューは35mmという方も多いですよね

 

ちょうどわたしも、手軽なスナップ撮影・旅行で活躍する35mm付近&軽量な単焦点レンズを探していました

探してみた思ったのは、SONY Eマウントは35mm付近の単焦点レンズの種類が多く、レンズ選びが非常に難しいということ

 

そこで今回は、35mm付近&軽量な単焦点レンズ3本の比較をまとめてみました

 

同様にレンズ選びにお困り方に、参考となる情報になれば幸いです

レンズ比較対象(SONY 35mm40mm)

比較対象:SONY Eマウント 35mm付近単焦点

 

今回比較したのはこちらの3つのレンズ

3つともに7万円前後で買える軽量コンパクトな35mm付近の単焦点レンズです

はろはろ
はろはろ

サイズ・価格帯が異なる40mm Batis / 35mm GMは除いています

FE 35mm F1.8(SEL35F18F)

  

 

比較的最近に発売されたSONY純正レンズで総合力が高いと言われるレンズ

今回紹介する中ではサイズ・重量は大きめとなりますが、開放F値が小さく明るいです

  • FE 35mm F1.8(SEL35F18F)
  • サイズ:(最大径 × 長さ)65.6 x 73mm
  • 重量:280g
  • 焦点距離:35mm
  • 発売日:2019年8月30日

FE 35mm F2.8ZA(SEL35F28Z)

 

 

この中では一番古いレンズではあるものの、最も小型・軽量です

Zeiss Sonnarにふさわしい独特の写りが楽しめると評判のレンズです

  • FE 35mm F2.8ZA(SEL35F28Z)
  • サイズ:(最大径 × 長さ)61.5 x 36.5mm
  • 重量:120g
  • 焦点距離:35mm
  • 発売日:2013年11月15日

FE 40mm F2.5G(SEL40F28G)

 

 

この中では最も発売日が新しいSONY Gレンズです

焦点距離は40mmと多少画角が狭いですが、大きく画角が変わらないので比較対象に入れました(対角画角は35mmが63度に対し、40mmは57度)

 

200gを切るほどの小型軽量にもかかわらず、Gレンズにふさわしい描写性能を発揮すると評判のレンズです

  • FE 40mm F2.5G(SEL40F28G)
  • サイズ:(最大径 × 長さ)68 x 45mm
  • 重量:173g
  • 焦点距離:40mm
  • 発売日:2021年4月23日

レンズの性能を比較

 

早速ですが、3つのレンズの特徴をまとめました

  

レンズの特徴
  • 「FE 40mm F2.5 G」
    小型軽量・描写力・近接撮影どれも優秀
    → 小型軽量かつ描写力にこだわりたい人向けのレンズ
     
  • 「FE 35mm F1.8」
    開放F値・近接撮影が強み・価格が他レンズより少し安い
    → 大きなボケや星空撮影に使いたい人向け
     
  • 「FE 35mm F2.8 ZA」
    小型軽量が強み
    →とにかく小型のレンズが欲しい人向け
はろはろ
はろはろ

どれも魅力があって悩ましいですね…!

 

\ 他レンズとの詳しい比較結果はこちら /

「FE 40mm F2.5G」と類似するレンズについて、機能面・性能面で比較した結果です

全体的に「FE40mm F2.5G」のバランスの良さが際立つ印象です

比較項目FE 40mm
F2.5 G
FE 35mm
F1.8
FE 35mm
F2.8 ZA
重さ173g280g120g
最大型 × 長さ68 × 45mm65.6 × 73mm61.5 × 36.5mm
手振れ補正なしなしなし
防じん防滴対応非対応非対応
絞りリングありなしなし
フォーカス
ホールドボタン
ありなしなし
フォーカス
切り替えスイッチ
ありなしなし
開放F値F2.5F1.8F2.8
ボケの質感円形ボケ
滑らかさを考慮
円形ボケを考慮円形ボケを考慮
オートフォーカス非常に高速非常に高速非常に高速
最大撮像倍率MF0.23倍
AF0.2倍
0.24倍0.12倍
解像度
コントラスト
画面端まで
性能が高い
画面端の劣化が
多少大きい
画面端の劣化が
多少大きい
価格7万円前後7万円前後7万円前後
nはろはろ
nはろはろ

ざっくりした比較ですが、レンズの特徴が見えますよね

 

とはいえ、スペックだけでは実際に写真を撮る時にどう影響するのか?といったところが伝わりづらいと思います

そこで、ここからは「文字では伝えづらい部分を実際の写真・動画で説明」してします

 

比較項目一覧
  1. レンズの重さ
  2. 開放F値:ボケの大きさ・暗所での性能の強さ
  3. 最大撮像倍率:どこまで寄れるかを示す指標
  4. 解像度・コントラスト
  5. ボケの質感:ボケの丸み・ざわつき感など
  6. オートフォーカス性能:ピント合わせの追従速度・正確性

 

①レンズの重さ

重さ比較:SEL40F25G・SEL35F18F・SEL35F28Z

今回最も重視すべきポイントですが、FE 35mm F2.8ZA・FE 40mm F2.8Gが優位でした

 

片手サクッとスナップを撮影したり、子ども撮影など忙しい撮影シーンでは、FE 35mm F1.8(280g)は少し重く感じられるかもしれません

はろはろ
はろはろ

この辺りは使い方によって体感が異なると思います

 

②開放F値

開放F値比較:SEL40F25G・SEL35F18F・SEL35F28Z

開放F値の差分はボケの大きさ・明るさに影響してくるため、ここでは分けて説明します

F値がもたらす見た目への影響については、こちらの記事で詳しく説明しています

 

ボケの大きさについて

焦点距離35mm付近のレンズで、ボケの大きさの恩恵を体感できるのは近接撮影時

 

これを踏まえると、非常に寄れるレンズであるFE 35mm F1.8とFE 40mm F2.5Gが優位かと思います

 

後ほど紹介しますが、FE 35mm F2.8 ZAは寄れないレンズになっています(最大撮像倍率が他レンズの半分程度)

20210430-A7309665

40mm F2.5で十分にボカすことができます

 

引いて撮影する場合は、35mm付近だとボケ量が控えめになるため、F1.8〜F2.8でそこまでボケの大きさに違いは出ないです

はろはろ
はろはろ

むしろ背景を説明したいシーンの方が多いため、ボケがあまりいらないと思います

 

明るさについて

正直、明るさについてはどのレンズでも体感上差分はないと思います

 

数学的には、F1.8とF2.8では1.3段、F1.8とF2.5では1段(シャッター速度2倍分)の差があります

 

しかし、ISO感度カバーできる範囲と思いますので、これも実用面ではF1.8の恩恵を得られるシーンはあまりなさそうです

 

③最大撮像倍率

最大撮像倍率比較:SEL40F25G・SEL35F18F・SEL35F28Z

寄れるレンズとしては、FE 35mm F1.8・FE 40mm F2.5Gが優位です

 

撮影倍率が高いほど、被写体に寄れる(被写体を大きく写すことができる)レンズとなります

はろはろ
はろはろ

せっかくの軽いレンズ・ボケの大きさを踏まえると、寄れるレンズであることは要視したいポイントです

 

④解像度・コントラスト

画質比較:SEL40F25G・SEL35F18F・SEL35F28Z

3本のレンズ性能を定量的に比較するため、MTF曲線より比較を行ったところ、解像度・コントラストはFE40mm F2.5Gが圧倒的に優位でした

 

特にレンズ端側の解像度・コントラストについては、F値開放・F8どちらもFE40mm F2.5Gの性能が非常に高いです

はろはろ
はろはろ

ここは、今回のレンズ比較でも大きなポイントになると思います

MTF曲線は、レンズ性能(解像度・コントラスト)を定量的に示すグラフです

MTF曲線の見方
  • 横軸:右側にいくほどレンズの端側の性能を示す
  • 縦軸:数字が大きいほど性能が高いことを示す
  • オレンジのグラフ:コントラストの高さを示す
  • グリーンのグラフ:解像度の高さを示す

 

MTF曲線:FE 40mm F2.5 G

  • 開放(F2.5):画面端の劣化が比較的少ない
  • F8:画面端までほぼ完璧な性能を発揮
MTF曲線:FE 40mm F2.5G

 

MTF曲線:FE 35mm F1.8

  • 開放(F1.8):画面端の解像度・コントラストの劣化が比較的大きい
  • F8:絞っても画面端の解像度はやや低い

 

MTF曲線:FE 35mm F2.8 ZA

  • 開放(F1.8):画面端の解像度・コントラストの劣化が非常に大きい
  • F8:絞っても画面端の解像度は改善しない

 

⑤ボケの質感

3つのレンズともに円形絞りに対応していて、ボケは丸く綺麗なものになります

 

絞り羽の枚数はFE 35mm F1.8が9枚(その他は7枚)であるため、絞り込んでも円形を維持しやすいのはFE 35mm F1.8かもしれません

はろはろ
はろはろ

各種レビューを拝見すると画面端で多少レモン型のボケになるのは共通のようです

 

参考までに、私は最終的にFE 40mm F2.5Gを購入しましたが、このレンズのボケは非常に綺麗でした

滑らかで緑をバックにしてもうるさくないボケ感でかなり気に入っています

20210504-A7300429

画像をクリックすると高画質で確認できます

 

⑥オートフォーカス

すべてSONY純正レンズであるため、オートフォーカスは高い精度・速度が期待できます

 

参考に、FE 40mm F2.5G / FE 35mm F1.8のオートフォーカス検証動画をご確認ください

 

オートフォーカス:FE 40mm F2.5G

はろはろ
はろはろ

AF-S/Cともに爆速ですね。今回の3本のレンズの中で唯一、AF用リニアモーターを2基搭載しています

 

オートフォーカス:FE 35mm F1.8

はろはろ
はろはろ

FE 35mm F1.8もSONY純正レンズとあってAFは非常に素早いですね

それぞれのレンズに合うのはこんな人

 

あらためて今回紹介した3つのレンズの特徴をおさらいすると共に「それぞれのレンズがぴったりなのはこんな人」といったところをまとめます

FE 40mm F2.5 Gが合う人

FE40mmF2.5Gがおすすめな人

FE 40mm F2.5 Gの特徴は「小型軽量・描写力・近接撮影どれも優秀」であること

そのため、このレンズが合う人は「小型軽量と画質の両立にこだわりたい人」ということができます

 

機能については非常に充実しているにも関わらず、実売価格は6万円後半程度と、Gレンズにしてはお買い得感があります

  

ソニー(SONY)
¥72,000 (2021/08/01 17:02時点 | Amazon調べ)
\ポイント還元で更にお得に!/
楽天市場

 

FE 35mm F1.8が合う人

FE35mmF1.8がおすすめな人

FE 35mm F1.8の特徴は開放F値・近接撮影が強み・価格が他レンズより少し安いこと

そのため、このレンズが合う人は「コスパ重視かつ開放F値にこだわりたい人」ということができます

 

また、現在開催されている「αフルサイズ サマープレミアムキャンペーン」の対象レンズとなっているため、購入価格からさらに1万円の割引が適用されることも非常に魅力のひとつです 

はろはろ
はろはろ

唯一気になる周辺の画質落ちについても、F1.8のボケ感の前では気にならないことも多いと思います

 

ソニー(SONY)
¥66,736 (2021/08/01 17:05時点 | Amazon調べ)
\ポイント還元で更にお得に!/
楽天市場

FE 35mm F2.8 ZAが合う人

FE35mmF2.8ZAがおすすめな人

FE 35mm F2.8ZAの特徴はとにかく軽くて小さいこと

「Zeissブランドを重視・レンズの大きさにこだわる人」に向いているレンズと言えます

 

1つ気になるのは、2013年とかなり昔から発売されているモデルにも関わらずレンズの価格があまり値下がりしていないこと

機能面も他レンズよりも優れている点が特に見当たらないため、どうしてもZeissの写りを手に入れたい人向けに提供されるレンズなんだろうと思います

  

ソニー(SONY)
¥63,481 (2021/08/01 17:05時点 | Amazon調べ)
\ポイント還元で更にお得に!/
楽天市場

 

私が選んだのはFE 40mm F2.5G

 

参考までに私が購入したレンズとその過程について紹介します

F1.8のメリットを持つFE 35mm F1.8との選択には悩みましたが、最終的には画質面を優先し、FE 40mm F2.5Gを購入しました

はろはろ
はろはろ

せっかく広い範囲撮れる画角なので、隅までキレキレに撮りたいと思い「FE40mmF2.5G」を選びました

 

まとめ

 

今回は、SONY Eマウントの35mm付近&軽量な単焦点レンズ3本を比較しました

改めて3つのレンズの特徴をまとめると、こちらの通りになります

 

レンズの特徴
  • 「FE 40mm F2.5 G」
    小型軽量・描写力・近接撮影どれも優秀
    → 小型軽量かつ描写力にこだわりたい人向けのレンズ
     
  • 「FE 35mm F1.8」
    開放F値・近接撮影が強み・価格が比較的安い
    → 大きなボケや星空撮影に使いたい人向け
     
  • 「FE 35mm F2.8 ZA」
    小型軽量が強み
    →とにかく小型のレンズが欲しい人向け

 

ここまで比較してもまだ悩ましいSONY Eマウントのレンズ選び。今回の記事がみなさんのレンズ選びの一助になれば幸いです

はろはろ
はろはろ

SONYユーザーならではの嬉しい悩みなんですけどね

 

ソニー(SONY)
¥66,736 (2021/08/01 17:05時点 | Amazon調べ)
\ポイント還元で更にお得に!/
楽天市場
ソニー(SONY)
¥63,481 (2021/08/01 17:05時点 | Amazon調べ)
\ポイント還元で更にお得に!/
楽天市場
ソニー(SONY)
¥72,000 (2021/08/01 17:02時点 | Amazon調べ)
\ポイント還元で更にお得に!/
楽天市場

  

はろはろ
はろはろ

それでは、次の記事でお会いしましょう!よいカメラライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


SHARE