【動画解説】SONY α7IVのブリージング補正はどのレンズで使える?効果・デメリットは?

【動画解説】α7IVのブリージング補正はどのレンズで使える?効果・デメリットは?

この記事で解決しましょう!
この記事でわかること
  • ブリージング補正機能に対応するレンズ
  • ブリージング補正の効果
  • ブリージング補正機能のデメリット

ブリージングとは、ピントを前後に移動すると画角の広さが変わってしまう現象を指します

意図せず画面全体がグワっと動いて見えることから、動画撮影をする方は特に気にかけておきたいですよね

ブリージング発生時の影響
はろ
はろ

特にSONY純正レンズは、他のメーカーよりもブリージングが大きいと言われています

 

そんな悩ましいブリージングですが、SONY α7IVの新機能「ブリージング補正機能」を使うことで、限りなく目立たなく補正することができるようになりました

ただし、この機能は特定のSONY純正レンズのみで使える機能となるため、この記事ではブリージング補正機能が使えるレンズ、そして補正時の効果やデメリットを紹介します

 

検証の結果、動画撮影をする方すべてに必要となる機能では無いことがわかりましたので、最後までぜひチェックいただければと思います

 

あわせて読みたい記事

SONY α7IVを実際に購入してみて感じた良いところ・デメリットについてまとめています。α7IIIからの進化がたっぷりで本当に使いやすいカメラになっていますので、気になる方はぜひチェックしてみてください

【α7IVレビュー】α7IIIから乗り換えて感じた良いところ・デメリット|SONY α7IIIとの違い

【α7IVレビュー】α7IIIから乗り換えて感じた良いところ・デメリット|SONY α7IIIとの違い

ブリージング補正が使えるレンズ一覧

ブリージング補正機能が適用されるのは、SONY純正のGMレンズ・Gレンズの一部です

はろ
はろ

全てのSONY純正レンズが対応するわけではない点は注意が必要です

 

2022年1月現在、ブリージング補正機能に対応するレンズは以下の通りとなります

 

\ ブリージング補正機能対応レンズ一覧 /

レンズ型番レンズ名称焦点距離レンズ内
手振れ補正
備考
SEL14F18GMFE 14mm F1.8 GM14mm
SEL20F18GFE 20mm F1.8 G20mm
SEL24F14GMFE 24mm F1.4 GM24mm
SEL35F14GMFE 35mm F1.4 GM35mm
SEL50F12GMFE 50mm F1.2 GM50mm
SEL85F14GMFE 85mm F1.4 GM85mm
SEL100F28GMFE 100mm F2.8 STF GM OSS100mm対応マクロ撮影時は補正不可
SEL135F18GMFE 135mm F1.8 GM135mm
SEL1224GMFE 12-24mm F1.8 GM12-24mm
SEL1224GFE 12-24mm F4 G12-24mm
SEL1635GMFE 16-35mm F2.8 GM16-35mm
SEL2470GMFE 24-70mm F2.8 GM24-70mm
SEL24105GFE 24-105mm F4 G OSS24-105mm対応
SEL28135GFE PZ 28-135mm F4 G OSS28-135mm対応
SEL70200GMFE 70-200mm F2.8 GM OSS70-200mm対応テレコン使用時は補正不可
SEL70200GM2FE 70-200mm F2.8 GM OSS II70-200mm対応

 

ぱっとみた感じでは、GMレンズ・Gレンズが並んでいますが、一部のGレンズは対象外である点には注意が必要です

僕の場合、基本的にレンズはほとんどSONY純正で揃えていますが、持っているGレンズの中でも一部は対象外となっていました

はろ
はろ

特にSEL40F25G(FE40mm F2.5G)は、持ち出し機会も多いGレンズ。対象外は地味に痛い・・・

加えて、Zeissブランドはすべて非対応なのも残念なところですが、この後追加アップデートされることを期待しましょう…!

ブリージング補正機能で気になる点まとめ

SONY公式からの動画では、ブリージングは全く気にならないレベルに解消されているようです

はろ
はろ

画面右側の映像は、画角が全く変わっていないですね!

 

ただし、気になるのは注意書きに記載されている事項の数々・・・

120p動画(α7IVの場合はHD画質)撮影時に使用できないのはまだしも、画角や画質が変わる・補正ができないのはかなり気になる点ですよね

ブリージング機能の制約
  • 本機能を「入」にすると画角と画質がわずかに変化します
  • レンズによっては補正しきれないことがあります
  • 動画120p、S&Qモードの120p撮影時は使えない

そこで、私が持っている機材の範疇で実際に効果・デメリットのテストをしてみましたので、次の章で紹介します

ブリージング補正機能の効果とデメリット検証

ここでは、「ブリージング補正機能」に対応したレンズで実際に検証した結果を紹介します

検証する内容は以下の通り。結果も

ブリージング補正機能の検証項目
  • 画角と画質の違いを確認する
  • ブリージング補正の効き具合を確認する

テスト機材

今回はこちらの組み合わせでテストを行います

SONY α7IV・FE 24-105mm F4 G OSS(SEL24105G)
はろ
はろ

ズーム域が広くて動画撮影では非常にお世話になっているお供レンズです

ブリージング補正の検証内容と結果

SONY α7IVでブリージング補正を検証した結果は以下の通り

ブリージング補正機能の検証項目
  • 画角
    結果:画角は約1.1倍程度狭くなる
  • 画質
    結果:特にかわらない
  • ブリージング補正の効き具合
    結果:補正後はブリージングは全く気にならない

ブリージング補正機能を有効化するとブリージングの発生を完全に解消できる一方で、画角が1.1枚程度狭くなることを確認しました

 

補正効果や画角の替わり具合を動画にまとめていますので、ぜひご覧ください

レンズによってブリージングの発生具合に違いがあるため、画角が狭くなることを踏まえれば、ブリージングがそもそも気にならない人は機能OFFが望ましいかと思います

はろ
はろ

α7IVは「4K 60p撮影時に1.5倍クロップ」されるなど、動画撮影時の画角はかなりシビアですからね

 

一方で、ブリージングが出やすいレンズについては、機能ONにした方がメリットは大きいと言えそうです

SEL20F18はブリージングが大きいようですね
はろ
はろ

強力なブリージング補正が適用できるため、1.1倍程度のクロップであれば恩恵が大き以下と思います

まとめ:クロップが気にならなければブリージング補正機能をガンガン使っていこう!

今回は、SONY α7IVで新たに追加された「ブリージング補正機能」について紹介させていただきました

ブリージング補正機能まとめ
  • 対象レンズは、SONY純正 GMレンズ・Gレンズの一部
  • ブリージング補正により、ブリージングはほぼ完全に解消される
  • 画角が1.1倍程度クロップされるデメリットあり

 

ブリージング補正効果は強力なものの、「4K60p」では画角が1.5倍クロップされてしまうSONY α7IVでは、ブリージング補正による約1.1倍のクロップでさえも痛手なのが正直なところです

そのため、結論としてはブリージングが気になるレンズのみ「ブリージング補正をON」にする運用が望ましいかなと思います

最近はブリージングも少ないレンズも増えてきていますので、今後はブリージングを考慮したレンズ選びも今後重要になりそうですね

はろ
はろ

最近試したレンズだと、3rdパーティの「Tamron 28-75mm F2.8 G2」はほぼブリージングがほぼ発生しなくてびっくりしました

気になる方は以下の記事もぜひチェックしてみてください

今回の記事の紹介は以上となります。最後までご覧いただきありがとうございました!

関連記事

はろ
はろ

それでは次の記事でお会いしましょう!よいカメラライフを!

お買い得キャンペーン情報

  • Amazonタイムセール開催中(不定期)
  • カメラアクセサリー・ガジェットも安く買えるチャンス!
  • セール対象商品はこちらからチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA