MENU

プロフィール

はろはろ



詳しいプロフィールはこちらをご覧ください!

浪費癖と倹約癖を併せ持つ2児のパパ
趣味の写真・ガジェットを中心に情報発信中📸✨

Twitter・Instagramやっています。お気軽にフォローいただけると嬉しいです🌸

ミラーレス一眼カメラ|10万円で買える初心者におすすめな6機種を紹介|2021年最新・はじめてのカメラ選び

これからカメラを始めようと思っているみなさん、こんにちは!

 

カメラに興味はあるけれど「どんな機種を買ったらいいかわからない」というのは、これからカメラを始める方にとって共通の悩みだと思います

はろはろ
はろはろ

たくさんの機種があるし、価格帯もバラバラで選び方が難しいですよね

 

そこで今回は、カメラ歴5年の私から見た「10万円で買えるおすすめの6つのカメラ」を紹介したいと思います

 

なお、一般的には最初のカメラにかけられる予算は「5〜10万円」で想定されている方が多いようでした

はろはろ
はろはろ

「失敗しない程度の性能は欲しい」けど、「予算は10万円でなんとかおさめたい」といった方におすすめの内容です

 

実際に10万円の予算があれば、カメラの選択肢は非常に広がります

とはいえ、その中から「性能が高く後悔しないカメラを選ぶのは至難の技」なのが実情です

 

今回の記事がカメラ購入に踏み出せない方にむけて、少しでも後押しする材料になれば幸いです

 

まずはおすすめカメラの選考基準を紹介

 

今回は「初心者ユーザ」をターゲットに、以下の4つを重要視してカメラを選ばせていただきました

 

カメラ選びの基準
  • 小型軽量かつ機材費が安いこと
    • 小型軽量な「ミラーレス一眼カメラ」であること
    • 機材が比較的安価な「APS-Cセンサー」であること 
  • シンプルに買えること
    • いつでもどこでも買えるよう「新品である」こと
    • すぐに使えるように「本体とレンズがセットで買える」こと

 

小型軽量かつ機材費が安い「ミラーレス一眼・APS-C」が対象です

シャッターチャンスはいつ訪れるかわからないため、持ち運びに困らないカメラを選ぶことは非常に重要です

そこで今回紹介するのは、小型軽量の代名詞とも言える「ミラーレス一眼 × APS-C」という規格のカメラ

 

十分な画質と運用の手軽さを兼ね揃えた「カメラ初心者から上級者まで人気の高い万能な規格」です

はろはろ
はろはろ

ミラーレス一眼は、一眼レフをよりデジタル化したカメラの種類です

 

シンプルに買えることを重視しました

最初に買うカメラは「新品かつレンズセットで買う」ことをおすすめします

理由は「簡単に買えて、すぐに使えるから

 

そのほかにも「中古を活用する・性能の高いレンズと組み合わせる」などの購入方法はあるのですが、そこに時間や労力をかけるよりも「まずは実際に写真を撮ることを優先した方が良い」と考えています

はろはろ
はろはろ

「使ってみないことには、どんな機能が欲しいのか」が分からないですからね

 

また、レンズセットは一般的にかなりお得な価格で買えるので持っておいて損はないと思います

理想のカメラを見つけるコツを紹介

 

いきなりおすすめカメラの詳細説明をしても、「どんな時にどんな機能が必要なのか?」がわからなければ、違いを説明されても分からないですよね

 

そこでここでは、初心者でもカメラ選びに悩まないように「理想のカメラを見つけるコツ」を紹介します

はろはろ
はろはろ

 

具体的なコツは、以下の「7つのポイントを満たしているかをチェックするだけ」です

 

カメラ選びのポイント
  • 外観の観点
    • 大きさ・重さ:小型軽量は持ち運びが便利
    • 自撮り対応:自分以外の人と一緒に撮影するときに便利
    • 防じん防滴対応:アウトドアなど雨天時にも気にせず使える
  • 撮影性能の観点
    • レンズの画角:広角〜望遠まで画質を落とさず撮影でき、こどものイベントや旅行先などで重宝します
    • 連写・オートフォーカス性能:動きの早い被写体を捉えやすい
    • 暗所への強さ:夜景を鮮やかに撮影できる
  • 運用の観点
    • 交換レンズの充実度:安くて高性能なレンズに出会いやすい
はろはろ
はろはろ

機種ごとに対応状況のまとめを作成しているので、後ほど一緒に確認していきましょう!

おすすめカメラ6選を紹介!

 

前置きが長くなってしまいましたが、「ミラーレス一眼・APS-C」に該当する多くの機種の中でも「特におすすめな6機種」を紹介します

 

クリックで見出しにジャンプできます

  1. ソニー:α6000 ダブルズームレンズキット
    「とにかく安くて性能が高いカメラが欲しい人」におすすめ
  2. ソニー:α6400 ダブルズームレンズキット
    「全体的に性能が高いカメラが欲しい・交換レンズも揃えたい人」におすすめ
  3. キャノン:EOS Kiss M EF-M18-150 IS STM レンズキット
    「一眼カメラを実際に使いこなせるか不安な人」におすすめ
  4. ニコン:Z 50 16-50 VR レンズキット
    「交換レンズは当面揃える予定はない・性能が一番高いカメラが欲しい人」におすすめ
  5. 富士フィルム:FUJIFILM X-A7 レンズキット
    「見た目がオシャレ・エモい写真を簡単に撮りたい人」におすすめ
  6. 富士フィルム:FUJIFILM X-T200 ダブルズームレンズキット
    エモい写真を簡単に撮りたい・基本性能にもこだわりたい人」におすすめ
はろはろ
はろはろ

パナソニック・オリンパスはAPS-Cを取り扱っていないので、今回は紹介の対象外としています

 

それでは、以降にてそれぞれについて特徴を紹介します

① SONY α6000 ダブルズームレンズキット

 

最初に紹介するのは「SONY α6000 ダブルズームレンズキット」

はろはろ
はろはろ

SONYといえば家電のイメージがありますが、実はカメラ業界でも1・2を争うトップメーカーです

 

その中でも「SONY α6000」は、「安くて性能が高いカメラが欲しいと言われれば真っ先に紹介したい機種」です

 

 

主な性能はこちら

先ほど紹介した「カメラ選びのポイント」に当てはめると以下のようになります

はろはろ
はろはろ

自撮りには対応していないものの、性能は十分高く・交換レンズも充実しています

 

以降では、特徴点を2・3点ピックアップして説明していきます

 

特徴1:動く被写体に強い

SONYのカメラは初心者用のエントリーモデルでも、「素早いオートフォーカス・高い連写性能」を持ち合わせている点が特徴で、動く被写体に強いです

はろはろ
はろはろ

動きの早い小さなお子さんやペットを撮影する場合でも、最高の一瞬を逃しにくいカメラです

 

特徴2:低価格ながら広い画角範囲のレンズが付いてくる

ダブルズームレンズキットでは「広角〜超望遠で撮れるレンズがついてくる」のが嬉しいところ

はろはろ
はろはろ

特に望遠レンズは、旅行での撮影・入学式や運動会などイベントごとで大活躍しますよ!

 

写真の見た目を最も変えるのはレンズなので、お手頃な価格で広角から望遠までの画角に対応したレンズを揃えられるのは、カメラ初心者にとって大きなアドバンテージになります

 

特徴3:交換レンズが非常に豊富

これに加えて、SONYは「APS-Cのレンズが豊富」な点も非常に大きなメリットです

 

純正レンズだけではなく、サードパーティ製の「安くて性能の高いレンズが手に入れやすい」ことも長期的な運用を踏まえればすごくありがたい環境です

はろはろ
はろはろ

ミラーレス一眼対応のレンズが豊富なところもSONYが人気の理由です

 

外観も非常にコンパクトながら、しっかりファインダーが付いていてオシャレな見た目です

 

少し惜しい点を挙げるなら

「SONY α6000」唯一の惜しいポイントは「自撮りができない背面モニター」あるところ

はろはろ
はろはろ

背面モニターを180度回転させることができません

 

とはいえ自撮りの機会はそこまで多くありませんし、スマホアプリと連携すれば遠隔でシャッターが切れるので、自撮りが全くできないことはありません

 

総評:「SONY α6000 ダブルズームレンズキット」

「自撮りはあまり使わず、安くて性能が高いカメラを求める方」にはぴったりなカメラだと思います

この価格帯で「高性能なカメラとあらゆる撮影シーンで活躍するレンズがついてくる」のは本当に魅力的です

 

 

② SONY α6400 ダブルズームレンズキット

外観は「α6000」とほぼ同じです

 

2つ目に紹介するのは「SONY α6400」です。α6000の弱点を劇的に改善した後継機種で非常に人気の高いカメラです

はろはろ
はろはろ

ミラーレス一眼・APS-Cの販売数ランキングで1位となっています(2021.5月時点)

 

α6400の主な機能向上点
  • 防じん防滴対応
  • 瞳オートフォーカスへの対応
  • 暗所撮影性能の強化
  • 自撮り対応
  • 4K動画撮影への対応

 

主な性能はこちら

「カメラ選びのポイント」に当てはめると以下のようになります

SONY α6400 ダブルズームレンズキット
はろはろ
はろはろ

機能は全体的にめちゃくちゃ高く、レンズの充実度も高いSONYカメラなので隙がないです。さすが人気No.1のカメラです

 

特徴1:防じん防滴への対応

「SONY α6400」は、今回紹介する7製品の中で唯一「防じん防滴」に対応しています

はろはろ
はろはろ

「雨天を気にせずに撮影できる」のは、旅カメラやこどものイベント撮影では、本当に大きなメリットですよね

 

特徴2:トップクラスの撮影性能

オートフォーカス性能はカメラ業界でもトップレベルで、「高性能な瞳オートフォーカス」にも対応しています

初心者でもシャッターチャンスを逃すことが非常に少ないのが魅力です 

瞳オートフォーカス

 

さらに、α6400に搭載されたイメージセンサーは非常に優秀で「夜景などの暗所でも綺麗に撮れる」ところも他のカメラとの差分点です

はろはろ
はろはろ

「一眼カメラらしい機能は全て兼ね揃えたミラーレス一眼」とも言えますね

 

特徴3:自撮りにも対応

「SONY α6400」はα6000で課題だった「自撮りに対応」しています

背面モニターを撮影者側に向けることができます
はろはろ
はろはろ

Youtube撮影やVLOG(Video Blog)を始めようと言った方にもありがたい機能ですね

 

 

少し惜しい点を挙げるなら

唯一の弱点は、操作メニュー画面が若干わかりづらいところ。実際に私もSONYユーザですが、配置がいまだに覚えられないので、自分でメニューをカスタマイズしています

よく使うメニューを登録することができます
はろはろ
はろはろ

とはいえ、使っているうちに不思議と慣れるので、将来的には特にデメリットとは感じなくなります。笑

 

総評:「SONY α6400 ダブルズームレンズキット」

「全体的に性能が高いカメラが欲しい・交換レンズも揃えたい人」におすすめなカメラです

はろはろ
はろはろ

基本的な性能はピカイチでありつつ、交換レンズも充実しているため、長期的にも安心して使えるカメラです

 

それに加えて、広角〜望遠まで対応したズームレンズが付属するため、「最もコスパが高い機材構成」といえます

 

③ Canon EOS Kiss M EF-M18-150 IS STM レンズキット

 

3つ目に紹介するのは、キャノンが誇る初心者向けミラーレス一眼「EOS Kiss M」

「初心者に使いやすい外観・充実した性能・高倍率ズーム」が10万円で手に入る非常に魅力的なカメラです

はろはろ
はろはろ

ミラーレス一眼・APS-Cの販売数ランキングで2位となっています(2021.5月時点)

 

主な性能はこちら

「カメラ選びのポイント」に当てはめると以下のようになります

はろはろ
はろはろ

レンズは広角〜望遠まで対応しているものの全体的に性能はほどほど。それでも人気の理由を次で紹介しますね。

 

特徴1:初心者にも優しい撮影機能

「EOS Kiss M」は、「タッチパネル操作への対応・メニューがシンプルでわかりやすい」など、カメラをこれまで触ったことがない人にもやさしい設計になっている点が他のカメラとの差分です

はろはろ
はろはろ

スペックだけ眺めていると見落としがちなところですが、実は非常に重要なポイントです

 

特徴2:撮りやすさを重視した機構

初心者向けの部類ながらボディの作りも「さすがCanon」といったところで、「深くて持ちやすいグリップ・バリアングル背面モニターの対応」など、使いやすさにもこだわりがみえます

バリアングル背面モニター

 

 

少し惜しい点を挙げるなら

気になるところは「交換レンズラインナップの乏しさ」「電池持ちの悪さ」

はろはろ
はろはろ

ただし、全ての人が当てはまるデメリットではありません

 

実際に使ってみて困った場合には、以下のように対策することが可能です

  • 交換レンズ:「マウントアダプター」を買って、充実した「Canon一眼レフ用レンズ」を活用する
  • 電池持ち:「予備バッテリー」を用意する

 

総評:「Canon EOS Kiss M EF-M18-150 レンズキット」

まさにカメラの入門機といった位置付けで、使いやすさに非常にこだわりが見えます

「はじめて一眼カメラを使うけど実際に使いこなせるか不安」といった方におすすめできるカメラだと思います

 

キヤノン
¥89,000 (2021/08/01 15:51時点 | Amazon調べ)
\ポイント還元で更にお得に!/
楽天市場

はろはろ
はろはろ

6製品中3製品を紹介しました!残りの3機種も特徴的で面白いですよ〜!!

 

④ Nikon Z 50 16-50 VR レンズキット

 

4つ目に紹介するのは「Nikon Z 50 16-50 VR レンズキット」

ミラーレス一眼への参入が遅れたNikonですが、後発ならではの優位性を活かして高機能なAPS-C ミラーレス一眼として送り込まれたカメラです

 

主な性能はこちら

「カメラ選びのポイント」に当てはめると以下のようになります

EOS Kiss M2 EF-M15-45 IS STM レンズキット (2)
はろはろ
はろはろ

望遠のレンズはつきませんが基本性能は非常に高いことがわかりますね!

 

特徴1:非常に高い撮影性能

「防じん防滴」への非対応を除けば、オートフォーカス性能や暗所への耐性など「基本性能は今回紹介する7機種の中で全体的に最も高い」です

はろはろ
はろはろ

後発ならではのメリットを十分に活かしていますよね

 

特徴2:撮りやすさを重視した機構

「自撮りが可能なチルト式背面モニター・タッチパネル液晶」に対応しています。深いグリップやダイヤルの多さも特徴的で、使いやすさの面でもかなり工夫されています

背面モニターを撮影者側に向けることができます

 

 

少し惜しい点を挙げるなら

性能と併せて価格もワンランク上となるため、望遠レンズセットは予算オーバになります

また、ミラーレス一眼への歴史が浅いこともあり、交換レンズのラインナップが少ないため、現時点では高価なレンズしか選択肢がないのも気になるところ

はろはろ
はろはろ

将来的は交換レンズも充実するはずなので、現時点で必要がなければ気長に待ちましょう

 

総評:「Nikon Z 50 16-50 VR レンズキット」

レンズラインナップを除けば、撮影性能は今回紹介する中で最も高いです

交換レンズは当面使う予定はない、だけど性能の一番高いミラーレス一眼が欲しい!といった方には、非常におすすめできる機種です

 

 

⑤ FUJIFILM X-A7 レンズキット

5つ目に紹介するのは「FUJIFILM X-A7 レンズキット」

はろはろ
はろはろ

FUJIFILMのカメラは店頭に並ばないことが多いですが、実は非常に人気の高いカメラメーカーです

 

「FUJIFILM X-A7」はファインダーが無いコンパクトな機種で「スマホに近い操作性」をコンセプトが魅力のカメラです

 

主な性能はこちら

「カメラ選びのポイント」に当てはめると以下のようになります

FUJIFILM X-A7の特徴
はろはろ
はろはろ

FUJIFILMは交換レンズが充実しているのが特徴です。望遠のレンズはつきませんが、以降で説明するエモい写真が撮りやすい機能が非常に人気を集めています

 

特徴1:エモい写真が簡単に撮れる

FUJIFILMカメラの特徴は、なんといっても「フィルムシミュレーション」が使えること

フィルム写真のようなエモい写真を手軽に撮れるため、他の入門カメラと比べて明確なメリットがあります

はろはろ
はろはろ

古くからフィルムカメラを作ってきたFUJIFILM独特の特徴ですね

 

特徴2:大画面かつタッチパネルで直感的な操作ができる

「FUJIFILM X-A7」は他のカメラに比べて横長の大画面背面モニターとなっています

 

大きな画面かつタッチパネルに対応しているため「スマホのような直感的な操作ができる」ところが特徴です

はろはろ
はろはろ

公式サイトがめっちゃオシャレかつ操作感もよくわかるので、一度見てみることをおすすめします

 

特徴3:クラシカル・コンパクトな外観と自撮り対応

FUJIFILMのカメラは全体的にクラシカルでおしゃれなデザインです

 

その中でも「X-A7」は凹凸の少ないフラットな形状であり、「バッグに忍ばせやすい形状」になっています。お散歩カメラとしては最高のデザインですね

はろはろ
はろはろ

それでいて、バリアングルモニターを搭載しているため「自撮りにも対応」しています

 

 

少し惜しい点を挙げるなら

暗い撮影シーンはすこし苦手なのが気になるところ。とはいえ、スマホと比べれば十分ノイズに強いため、問題となるほどのデメリットではないと思います

 

また、連写速度がやや遅い(6枚 / 秒)ため、お子さんを撮影するような使い方には向かないのかなぁと思います

はろはろ
はろはろ

ただ、小型軽量は最大のメリットなので、スナップや旅行では大活躍するカメラです!

 

総評:「FUJIFILM X-A7 レンズキット」

小型軽量かつオシャレなフィルム調の写真がサクッと撮れる「FUJIFILM X-A7」は、「オシャレな見た目にもこだわりたい・エモい写真を簡単に撮りたい人」におすすめなカメラです

 

はろはろ
はろはろ

「瞳オートフォーカス」対応など、基本的な撮影性能も高いにも関わらず、価格が安いのでお得感が強いですね

 

富士フイルム
¥78,000 (2021/08/01 15:51時点 | Amazon調べ)
\ポイント還元で更にお得に!/
楽天市場

 

⑥ FUJIFILM X-T200 ダブルズームレンズキット

 

最後に紹介するのは「FUJIFILM X-T200」

「X-A7」のファインダー有りバージョンの位置付けですが、グリップ感や撮影性能がワンランク上になっており、「スマホ的な操作性と高い撮影性能」を両立したカメラです

 

主な性能はこちら

カメラ選びのポイントに当てはめると以下のようになります

FUJIFILM X-T200の特徴
はろはろ
はろはろ

広角〜望遠のレンズが付いてくる上に「X-A7」よりも撮影性能が改善したことで、バランスの良いカメラになりました

 

特徴1:直感的な操作とアナログ操作を両立できる

「X-T200」はフィルムシミュレーションやタッチ操作など「X-A7」の機能はそのまま搭載されています

  • フィルムシミュレーション
  • 大画面の背面モニター
  • スマホ感覚で操作できる操作性
  • 自撮り対応

 

「X-T200」と「X-A7」との主な違いはの外観で、「X-A7」のフラットなデザインから「使いやすさをより求めたデザイン」になっています

ファインダー・グリップ・操作ダイヤルが進化しています

 

はろはろ
はろはろ

「X-T200」は、自分で写真を作り込みたい方にも使いやすいカメラです

 

「X-T200」の特徴
  • ファインダーが追加:明るい撮影シーンでも反射を気にせず使いやすい
  • 操作ダイヤルの追加:2→3コに増えたため、カメラ設定の操作がしやすい
  • グリップがより深く進化:大きいズームレンズでも持ちやすい

 

特徴2:広い画角範囲のレンズが付いてくる

「X-T200 ダブルズームレンズキット」は「広角〜超望遠で撮れるレンズがついてくる」のが嬉しいところ

ひとつ前に紹介した「X-A7」は大きなレンズを付けることを想定していないからなのか、ダブルズームレンズキットは発売されていません

はろはろ
はろはろ

しかもこれで10万円に収まるコスパの良さは、プチ価格破壊と言えるかもしれません!

 

 

少し惜しい点を挙げるなら

「X-A7」同様に暗い撮影シーンの撮影はすこし苦手なのが気になるところ。とはいえ、スマホと比べれば十分ノイズに強いため、問題となるほどのデメリットではないと思います

はろはろ
はろはろ

その他の性能も非常に高く、コストパフォーマンスは抜群だと思います

 

総評:「FUJIFILM X-T200 ダブルズームレンズキット」

基本的なカメラ性能の高さに加えて、フィルムシミュレーションや直感的な操作、それに加えて広角〜望遠まで撮影できるレンズが付属するなど、「非常に総合力の高いカメラ」ということができます

 

「エモい写真を簡単に撮りたい・基本性能にもこだわりたい人」におすすめなカメラです

はろはろ
はろはろ

日常使いがメインだけど、性能にもこだわりたい人にはぴったりです!

 

\ポイント還元で更にお得に!/
楽天市場

特におすすめするとしたらこのカメラ

ここではあくまで個人的な感想を述べますが、私ならこの2つで悩むかと思います

 

この2つのカメラに絞り込む上で、一番に優先したのは「交換レンズが充実していること」

スマホカメラの進化が目覚ましい現在において、「一眼カメラであえて撮る理由は、交換レンズで表現を自由に変えることができるから」と個人的には思っています

 

あわせて読みたい

以前の記事で、スマホと一眼の違いを改めて整理していますので、興味があればぜひご覧ください

>> デジタル一眼カメラは必要?スマホ撮影との違いを説明します!

デジタル一眼カメラは必要?スマホ撮影との違いを説明します! デジタル一眼カメラは必要?スマホ撮影との違いを説明します!

 

今後、もっとボケ感を出せるレンズが欲しくなったり、より特徴的な広角・望遠レンズが欲しく感じた時に、SONYとFUJIFILMは「性能が高く安いレンズを手に入れやすい」メーカーであるため、すごく魅力的に感じることになると思います

はろはろ
はろはろ

使い初めは特に意識しないと思いますが、長く使うことを想定すれば、後悔しないメーカーを選びたいですよね

 

「じゃあ結局、SONY α6400とFUJIFILM X-T200のどっちがいいの?」と聞かれれば、それはみなさんの好みで決めればいいと思います

 

  • あらゆる撮影シーンに対応できるカメラを選びたいなら「SONY α6400」
  • 直感的な操作・手軽なフィルムライク撮影を楽しみたいなら「FUJIFILM X-T200」
はろはろ
はろはろ

どちらも性能が高いカメラなので、最終的には見た目で選んじゃうのもアリだと思います!

 

もちろん、上記以外のカメラでも「おサイフ事情・重視する操作性・見た目・ブランド」など、人それぞれいいカメラの基準はちがうため、一概にこれがいいと言うものではありません。

あくまで私が選ぶならこの2つのカメラといった点についてはご留意いただけば幸いです

まとめ

 

今回は、カメラに興味はあるけれど「どんな機種を買ったらいいかわからない」といったお悩みに応えるために、「10万円で買えるおすすめの6つのカメラ」を紹介しました

 

  1. ソニー:α6000 ダブルズームレンズキット
    「とにかく安くて性能が高いカメラが欲しい人」におすすめ
  2. ソニー:α6400 ダブルズームレンズキット
    「全体的に性能が高いカメラが欲しい・交換レンズも揃えたい人」におすすめ
  3. キャノン:EOS Kiss M EF-M18-150 IS STM レンズキット
    「一眼カメラを実際に使いこなせるか不安な人」におすすめ
  4. ニコン:Z 50 16-50 VR レンズキット
    「交換レンズは当面揃える予定はない・性能が一番高いカメラが欲しい人」におすすめ
  5. 富士フィルム:FUJIFILM X-A7 レンズキット
    「見た目がオシャレ・エモい写真を簡単に撮りたい人」におすすめ
  6. 富士フィルム:FUJIFILM X-T200 ダブルズームレンズキット
    エモい写真を簡単に撮りたい・基本性能にもこだわりたい人」におすすめ

 

入門向けカメラとは言え、どれも特徴的で非常に悩むところですが、今回紹介したカメラはどれも基本性能が高いものばかりなので、どれを買っても後悔することはないと思います

 

また、カメラやレンズ以外にも、SDカードなど一緒に揃えておいた方がいいアイテムがあるため、1万円くらいは追加で予算を見ておくといいと思います

 

あわせて読みたい

 

まずはカメラライフを歩み始めることを第一に、みなさんの相棒を見つけていただければ幸いです

 

はろはろ
はろはろ

それでは、次の記事でお会いしましょう!よいカメラライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


SHARE