【初心者向け】10〜15万円で買えるおすすめミラーレス一眼・VLOGCAM4選

【2023年最新】10-15万円で買えるミラーレス一眼・VLOGCAM4選|カメラ初心者におすすめ

この記事には広告を含む場合があります。記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

皆さんこんにちは。フォトグラファーの【はろ(@haroharo72)】です。

はじめてのカメラ選びって非常に難しいですよね。価格も高いし失敗できない。僕自身も最初のカメラ選びは決して良いものではなかったため、事前のリサーチが十分ではなかったと若干後悔しています・・・。 

そんな経験を持ちつつ、現在はフォトグラファーとして活動する僕の経験を踏まえて、今回は予算10万円〜15万円で買えるおすすめのミラーレス一眼を紹介します。

メーカーの特徴・カメラ選びで押さえておきたいポイントなど、実際に使ってみないとなかなか分かりづらい要点を押さえながら紹介しますので、一眼カメラを今まで触ったことがない方にとっても直感的にわかりやすくお伝えできるかと思います。

はろ
はろ

取り急ぎ結論から入りたい方はぜひ以下の2機種をチェックしてみてください!

おすすめはこの2機種!

比較項目Canon EOS R50SONY ZV-E10
ボディ外観
Canon EOS R50
ダブルズームキット

SONY ZV-E10
ダブルズームキット
カテゴリ軽量ミラーレス一眼
(写真メインの方向け)
VLOGCAM
(動画比率高めの方向け)
特徴高速連写・高速AFなど撮影性能が非常に高い。手のひらに収まるサイズ感も魅力。収音性や手ぶれ補正が◎
潤沢なEマウントレンズが使用できる
おすすめ度
(5 / 5.0)
(5 / 5.0)
価格13万円10.5万円
有効画素数2,420万画素2,430万画素
ボディ重量※376g343g
自撮り対応対応
交換レンズ種類やや少ない非常に充実
重量:バッテリー・メモリーカード含む
比較項目Canon EOS R50SONY α6400SONY ZV-E10Nikon Z30
ボディ外観
Canon EOS R50
ダブルズームキット
α6400_small
SONY α6400
ダブルズームキット

SONY ZV-E10
ダブルズームキット
Nikon Z30
Nikon Z30
ダブルズームキット
有効画素数2,420万画素2,420万画素2,430万画素2,088万画素
ファインダーありありなしなし
自撮り対応対応対応対応
背面液晶バリアングルチルトバリアングルバリアングル
連写速度15枚/秒11枚/秒11枚/秒11枚/秒
シャッター速度電子:1/8000~30秒
メカニカル:1/4000~30秒
1/4000~30秒1/4000~30秒1/4000~30秒
撮影枚数※370枚410枚440枚330枚
動画性能4K/30p4K/30p4K/30p4K/30p
手ぶれ補正なしなしあり(デジタル補正)あり(デジタル補正)
防塵防滴非対応対応非対応非対応
撮影枚数:液晶モニタ使用時

あわせて読みたい

今回紹介するカメラは全て、コンパクトかつ画質にも優れたAPS-C(センサーサイズの規格)からチョイスしています。フルサイズを検討されている方は一度こちらの記事を読んでいただくことをおすすめします。

この記事の著者

Photographer & Bloger

はろ

月間8万PVのカメラ系ブログを運営。子供撮影の趣味が高じ、副業カメラマンとしても活動しています。ご質問はコメント欄・お問合せ・DM等でお気軽にどうぞ。

おすすめカメラの選考基準

おすすめカメラの特徴をすぐに知りたい方はこちらからジャンプしてください

ミラーレス一眼カメラ」は最近のデジタル一眼の主流のモデル。従来はカメラの内部にミラーを有した”一眼レフ”が一世を風していましたが、今はミラーレスにほぼ淘汰されています。

中でもAPS-C(センサーサイズの規格)に対応するミラーレス一眼は、さらに小型軽量で価格バランスの取れたカメラが多い点が特徴です。

はろ
はろ

カメラの売れ筋ランキングを見ても、ミラーレス一眼&APS-Cが上位を占めていますね

あわせて読みたい

ミラーレス一眼やAPS-Cという言葉が聞きなれなくて不安という方は、ぜひ以下の記事をチェックしてみてください。初心者でも失敗しないカメラの選び方について詳しく解説しています。

予算10万円〜15万円のおすすめミラーレス一眼カメラ

それではここからは、ミラーレス一眼&APS-Cの機種の中で「特におすすめな4機種」を紹介しますクリックで各機種の紹介内容にジャンプできますので、ぜひみなさんの用途に近い機種をチェックしてみてください。

ダブルズームキット(望遠レンズが付属)前提の価格です。望遠レンズ不要の場合は数万円安く購入可能。

比較項目Canon EOS R50SONY α6400SONY ZV-E10Nikon Z30
ボディ外観
Canon EOS R50
ダブルズームキット
α6400_small
SONY α6400
ダブルズームキット

SONY ZV-E10
ダブルズームキット
Nikon Z30
Nikon Z30
ダブルズームキット
カテゴリ軽量ミラーレス一眼
(写真メインの方向け)
軽量ミラーレス一眼
(写真メインの方向け)
VLOGCAM
(動画比率高めの方向け)
VLOGCAM
(動画比率高めの方向け)
特徴高速連写・高速AFなど撮影性能が非常に高い。手のひらに収まるサイズ感も魅力。雨天使用も可能
潤沢なEマウントレンズが使用できる
収音性や手ぶれ補正が◎
潤沢なEマウントレンズが使用できる
収音性や手ぶれ補正が◎
ボタン数が多くカスタマイズしやすい
おすすめ度
(5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
価格13万円14万円10.5万円14万円
マウントCanon RマウントSONY EマウントSONY EマウントNikon Zマウント
有効画素数2,420万画素2,420万画素2,420万画素2,088万画素
ボディ重量※376g403g343g405g
自撮り対応対応対応対応
交換レンズ種類やや少ない非常に充実非常に充実
重量:バッテリー・メモリーカード含む
比較項目Canon EOS R50SONY α6400SONY ZV-E10Nikon Z30
ボディ外観
Canon EOS R50
ダブルズームキット
α6400_small
SONY α6400
ダブルズームキット

SONY ZV-E10
ダブルズームキット
Nikon Z30
Nikon Z30
ダブルズームキット
有効画素数2,420万画素2,420万画素2,430万画素2,088万画素
ファインダーありありなしなし
自撮り対応対応対応対応
背面液晶バリアングルチルトバリアングルバリアングル
連写速度15枚/秒11枚/秒11枚/秒11枚/秒
シャッター速度電子:1/8000~30秒
メカニカル:1/4000~30秒
1/4000~30秒1/4000~30秒1/4000~30秒
撮影枚数※370枚410枚440枚330枚
動画性能4K/30p4K/30p4K/30p4K/30p
手ぶれ補正なしなしあり(デジタル補正)あり(デジタル補正)
防塵防滴非対応対応非対応非対応
撮影枚数:液晶モニタ使用時

Canon EOS R50ダブルズームキット

おすすめ度
(5 / 5.0)
カテゴリ軽量ミラーレス一眼
ダブルズームキット価格約13万円
パワーズームキット価格約12万円
有効画素数2,420万画素
ボディ重量376g
防塵防滴非対応

Canon EOS R50」は2023年に発売された新しいモデル。ミドルスペックモデルにも搭載される高性能なオートフォーカスシステムを搭載しており、激しく動く被写体もバッチリ追従できます。

シャッター速度1/8,000秒・連写15枚/秒などこの価格帯のカメラとしては驚くほど高いスペックを持ち合わせている点も押さえておきたいポイント。

男性の方なら手のひらに収まるほどの超コンパクトボディかつ400gを軽さも魅力の一つ。また、望遠と標準ズームレンズが2本付属するダブルズームキットでも13万円程度。最新モデルとしては規格外のコスパです。

唯一のネックはレンズのラインナップ。APS-C用のRFレンズは現状数本程度であり特に超広角レンズが無いため、手持ち自撮りをしたい方は避けた方が良いなど、まだまだ成長の余地があります。

一方で手持ち自撮りシーンを除けば、フルサイズ用のRFレンズが使えることや、そもそもダブルズームキットに付属するレンズでほとんどの撮影シーンはカバーできることから大きな影響はありません。

写真撮影性能は今回紹介するカメラの中でも最も優れており、価格もリーズナブルに抑えられていることから。性能面で妥協したく無い方に非常におすすめです。

キヤノン
¥140,500(2023/07/20 23:15時点 | Amazon調べ)
\最大11%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

SONY α6400 ダブルズームレンズキット

おすすめ度
(4.5 / 5.0)
カテゴリ軽量ミラーレス一眼
ダブルズームキット価格約14万円
パワーズームキット価格約12万円
有効画素数2,420万画素
ボディ重量403g
防塵防滴対応

SONY α6400」は2019年に発売されて以降、絶大な人気を誇るヒット機種。

瞳にピントをあわせ続けてくれる瞳AFをはじめとした高速なAFや、交換レンズが豊富・コスパが高いEマウントレンズが使える点が人気の秘訣です。

今回紹介する機種の中では唯一、防塵防滴に配慮されたボディとなっており、雨天時にも使えるのが嬉しいポイント。お子さんの運動会など、晴天に恵まれない際にも安心してカメラを構えられるのは大きなアドバンテージですよね。

A7408692

SONYお得意の暗所性能に強いセンサーを搭載しているため、夜でも一眼カメラらしい綺麗な撮影ができる点も表立って出てこない長所のひとつ。

人気がゆえ在庫も少なめ・値下がりも期待できない機種でありますが、安いタイミングがあえばぜひゲットしたいカメラの一つです。

\最大11%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

SONY VLOGCAM ZV-E10Y ダブルズームレンズキット

おすすめ度
(5 / 5.0)
カテゴリVLOGCAM
ダブルズームキット価格約10.5万円
パワーズームキット価格約9万円
有効画素数2,420万画素
ボディ重量343g
防塵防滴非対応

SONY VLOGCAM ZV-E10」は動画に特化したVLOGCAMシリーズのひとつ。写真撮影も可能で、先ほど紹介した「SONY α6400」の性能をベースに、高いAF性能や暗所性能が得意なカメラとなっています。

今回紹介するカメラの中で最も軽量コンパクトで、VLOG(自撮り)など、片手で長時間持ち運んでも腕が疲れづらいように配慮されています。

動画機ということで収音性に優れており、外部マイクをつけなくても綺麗な音質で収録できる点も魅力の一つ。なお、動画機の延長線ということでファインダー(覗き穴)は非搭載です。

ボタン数も最小限にシンプルな操作感をコンセプトとしていますので、マニュアルモードで写真を撮るなど細かく設定を追い込んでいく撮影スタイルよりも、オートを活用した気軽な撮影に向いています。

また価格が非常に安く、ダブルズームキットでも10万円ちょっとと非常にお手頃な価格設定が何よりも嬉しいポイント。

SONY Eマウントの潤沢なレンズが使用できるハイコスパ機種です。写真よりも動画撮影(Youtube含め)に重きを置きたい方に非常におすすめです。

\最大11%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

Nikon Z30 ダブルズームキット

おすすめ度
(4.5 / 5.0)
カテゴリVLOGCAM
ダブルズームキット価格約14万円
パワーズームキット価格約11万円
有効画素数2,088万画素
ボディ重量405g
防塵防滴非対応

Nikon Z30」はNikonから発売されるVLOGCAM。こちらも写真撮影も可能となっています。

VLOGCAMということもあり、動画撮影時の電子手ぶれ補正やバリアングルモニターへの対応、手持ち撮影を意識したボディの軽量化など使い勝手も非常に良く評判の高いカメラの一つです。

Nikon Zマウントに対応するレンズはここ最近で急速に増えており、(SONY Eマウントまでには及ばないものの)リーズナブルで品質の高いレンズを選ぶことができるようになっています。

VLOGCAMにしては操作ボタンも多く、割り当てボタンカスタマイズにより、自分自身の撮影スタイルに合わせてアレンジしやすいカメラとなっています。またボディの剛性も高く所有感も満たされやすいボディになっています。

ZV-E10と比べるとボタン数は一目瞭然

先ほど紹介したSONY ZV-E10とコンセプトが被るため、どちらにしようか悩むところですが、VLOGCAMに操作性や剛性を期待される方は「Nikon Z30」を選ぶ方が後悔が少ないかもしれません。

コスパやレンズラインナップ重視の方は「SONY VLOGCAM ZV-E10」の方がよいでしょう。

いずれにしても、YoutubeやVLOGなどの動画撮影と写真撮影のハイブリッド使用を検討されている方は、ぜひ検討候補に加えてみてください。

\最大11%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

(結論)予算10万円〜15万円で特におすすめなカメラ2機種

今回紹介したミラーレス一眼カメラとVLOGCAMの中で、特におすすめなのは「Canon EOS R50」と「SONY VLOGCAM ZV-E10」の2機種。

比較項目Canon EOS R50SONY ZV-E10
ボディ外観
Canon EOS R50
ダブルズームキット

SONY ZV-E10
ダブルズームキット
カテゴリ軽量ミラーレス一眼
(写真メインの方向け)
VLOGCAM
(動画比率高めの方向け)
特徴高速連写・高速AFなど撮影性能が非常に高い。手のひらに収まるサイズ感も魅力。収音性や手ぶれ補正が◎
潤沢なEマウントレンズが使用できる
おすすめ度
(5 / 5.0)
(5 / 5.0)
価格13万円10.5万円
有効画素数2,420万画素2,430万画素
ボディ重量※376g343g
自撮り対応対応
交換レンズ種類やや少ない非常に充実
重量:バッテリー・メモリーカード含む
比較項目Canon EOS R50SONY α6400SONY ZV-E10Nikon Z30
ボディ外観
Canon EOS R50
ダブルズームキット
α6400_small
SONY α6400
ダブルズームキット

SONY ZV-E10
ダブルズームキット
Nikon Z30
Nikon Z30
ダブルズームキット
有効画素数2,420万画素2,420万画素2,430万画素2,088万画素
ファインダーありありなしなし
自撮り対応対応対応対応
背面液晶バリアングルチルトバリアングルバリアングル
連写速度15枚/秒11枚/秒11枚/秒11枚/秒
シャッター速度電子:1/8000~30秒
メカニカル:1/4000~30秒
1/4000~30秒1/4000~30秒1/4000~30秒
撮影枚数※370枚410枚440枚330枚
動画性能4K/30p4K/30p4K/30p4K/30p
手ぶれ補正なしなしあり(デジタル補正)あり(デジタル補正)
防塵防滴非対応対応非対応非対応
撮影枚数:液晶モニタ使用時

写真メインの方はCanon EOS R50がおすすめ

写真がメインとなりそうな方はミラーレス一眼の「Canon EOS R50」がおすすめ。

SONY α6400」も非常に有力な候補で悩ましいものの、「Canon EOS R50」の最新AF性能や連写速度、1/8000秒対応のシャッター速度は性能面でα6400の一歩先を行くと言って過言ではありません。

レンズラインナップは「Canon EOS R50」の方が少ないものの、ダブルズームキットであればほとんどの被写体は撮れるでしょうし、仮に明るい単焦点レンズが欲しくなった場合は、RFレンズでも廉価な撒き餌レンズが発売されているため、十分に環境は揃っているとも言えます。

価格差はほぼ無いことから最新の性能を秘めたボディと高品質なRFレンズが使える「Canon EOS R50」は予算15万円で買えるカメラとして非常に魅力が詰まっていると言えるでしょう。

キヤノン
¥140,500(2023/07/20 23:15時点 | Amazon調べ)
\最大11%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

動画も撮影する方はSONY VLOGCAM ZV-E10がおすすめ

YoutubeやVLOGなどの動画撮影も行いたい方はVLOGCAMの「SONY VLOGCAM ZV-E10」がおすすめ。

外部マイク不要で高品質な動画を手軽に撮れることや、高い写真撮影性能を秘めながら「Nikon Z30」よりも大幅に価格が安く購入できるため、コスパはこの価格帯のカメラとしては最高峰レベル。

その他にも、VLOG用に明るい超広角レンズが必要になった際など、潤沢なラインナップを誇るEマウントレンズを利用できるのは長期使用を前提に置いた場合に大きなアドバンテージになります。

お子さんの運動会等で望遠撮影が必要になった際にも、ダブルズームキットであれば付属の超望遠レンズで対応できますし、静止画撮影においても非常に心強い相棒になってくれるかと思います。

静止画・動画のハイブリッドな撮影を一台のカメラで済ませたいと考えている方はぜひ購入を検討してみてください。

\最大11%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

長く大切に使えるカメラ選びは自分が満足できるものを選ぼう

α7IV作例

今回はカメラ初心者の方に向けて今最もホットな10万円〜15万円で購入できるおすすめのカメラを紹介しました。

どのカメラも非常に性能が高くコンパクトなカメラですので、期待に沿った活躍をしてくれると思います。ぜひこの記事を参考にお気に入りの1台を見つけましょう。

比較項目Canon EOS R50SONY α6400SONY ZV-E10Nikon Z30
ボディ外観
Canon EOS R50
ダブルズームキット
α6400_small
SONY α6400
ダブルズームキット

SONY ZV-E10
ダブルズームキット
Nikon Z30
Nikon Z30
ダブルズームキット
カテゴリ軽量ミラーレス一眼
(写真メインの方向け)
軽量ミラーレス一眼
(写真メインの方向け)
VLOGCAM
(動画比率高めの方向け)
VLOGCAM
(動画比率高めの方向け)
特徴高速連写・高速AFなど撮影性能が非常に高い。手のひらに収まるサイズ感も魅力。雨天使用も可能
潤沢なEマウントレンズが使用できる
収音性や手ぶれ補正が◎
潤沢なEマウントレンズが使用できる
収音性や手ぶれ補正が◎
ボタン数が多くカスタマイズしやすい
おすすめ度
(5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(5 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
価格13万円14万円10.5万円14万円
マウントCanon RマウントSONY EマウントSONY EマウントNikon Zマウント
有効画素数2,420万画素2,420万画素2,420万画素2,088万画素
ボディ重量※376g403g343g405g
自撮り対応対応対応対応
交換レンズ種類やや少ない非常に充実非常に充実
重量:バッテリー・メモリーカード含む
比較項目Canon EOS R50SONY α6400SONY ZV-E10Nikon Z30
ボディ外観
Canon EOS R50
ダブルズームキット
α6400_small
SONY α6400
ダブルズームキット

SONY ZV-E10
ダブルズームキット
Nikon Z30
Nikon Z30
ダブルズームキット
有効画素数2,420万画素2,420万画素2,430万画素2,088万画素
ファインダーありありなしなし
自撮り対応対応対応対応
背面液晶バリアングルチルトバリアングルバリアングル
連写速度15枚/秒11枚/秒11枚/秒11枚/秒
シャッター速度電子:1/8000~30秒
メカニカル:1/4000~30秒
1/4000~30秒1/4000~30秒1/4000~30秒
撮影枚数※370枚410枚440枚330枚
動画性能4K/30p4K/30p4K/30p4K/30p
手ぶれ補正なしなしあり(デジタル補正)あり(デジタル補正)
防塵防滴非対応対応非対応非対応
撮影枚数:液晶モニタ使用時

あわせて読みたい

はじめてのカメラデビューと一緒に買うべきアイテムをこちらの記事で紹介しています。カメラアクセサリーは星の数ほど商品があるので、失敗したくない方はぜひこちらも参考にしてください

はろ
はろ

この記事の内容は以上です。ご感想・コメント等がございましたら、ページ下部のコメント欄をご活用ください(品質向上・励みになります)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA