【予算10万円・ミラーレス一眼】カメラ初心者におすすめ6機種を紹介|2021年最新

【予算10万円・ミラーレス一眼】カメラ初心者におすすめ6機種を紹介|2021年最新

これからカメラを始めようと思っているみなさん、こんにちは!

 

カメラに興味はあるけれど「どんな機種を買ったらいいかわからない」というのは、これからカメラを始める方にとって共通の悩みだと思います

はろはろ
はろはろ

たくさんの機種があるし、価格帯もバラバラで選び方が難しいですよね

 

そこで今回は、カメラ歴5年以上の私から見た「予算10万円でおすすめしたい6機種」を紹介したいと思います

すべて厳選された6機種でどれも高コスパ、そして用途別におすすめ機種を紹介しますので、買ってから後悔することは少ないと思います

はろはろ
はろはろ

今回の記事がカメラ購入に踏み出せない方にむけて、少しでも後押しする材料になれば幸いです

おすすめのカメラ6選をすぐに確認したい方は、こちらからジャンプできます

 

あわせて読みたい

おすすめカメラの選考基準

はろはろ
はろはろ

今回は「初心者ユーザ」をターゲットに、予算10万円程度に収まる「ミラーレス一眼・APS-Cと呼ばれる規格のカメラ」から選定しました

 

ミラーレス一眼カメラは最近のデジタル一眼の主流で、一眼レフ相当の写りながら小型軽量のメリットがあります

さらにAPS-Cの規格の場合は、さらに小型軽量・大きなボケや夜間に強い特徴となっており、価格もバランスの取れたカメラが多いです

はろはろ
はろはろ

カメラの売れ筋ランキングを見ても、ミラーレス一眼・APS-Cのカメラが常に上位を独占しています

予算10万円のおすすめミラーレス一眼カメラ6選

それではここからは、「ミラーレス一眼・APS-C」の機種の中で「特におすすめな6機種」を紹介します

はろはろ
はろはろ

後半では「私が特におすすめする2機種」を紹介しますので、ぜひチェックしてみてください

使いやすさにこだわった機種を紹介
はろはろ
はろはろ

パナソニック・オリンパスはAPS-Cを取り扱っていないので、今回は紹介の対象外としています

クリックで各機種の紹介内容にジャンプできますので、ぜひみなさんの用途に近い機種をチェックしてみてください


Canon EOS Kiss M EF-M18-150 IS STM レンズキット

おすすめ度
 (3)
メリットまとめ!
Canon EOS Kiss Mの優れている点
  • とにかく優しい操作性
  • 自撮りに対応したボディ
  • 高倍率ズームで撮影シーンを選ばない

EOS Kiss MEF-M18-150 IS STM レンズキットは、「初心者に使いやすい外観・充実した性能・高倍率ズーム」が搭載されている万能モデル

実売価格は10万円程度です

はろはろ
はろはろ

ミラーレス一眼・APS-Cの販売数ランキングで2位となっています(2021.5月時点)

はろはろ
はろはろ

レンズは広角〜望遠まで対応しているものの、カメラ性能はほどほど。それでも人気の理由が実はあるのです(以降で紹介)

商品画像製品名評価
価格メーカー
画素数自撮り対応
対応画角
連写速度
オートフォーカス
暗所への強さ交換レンズの
充実度
その他
EOS_kissM_DZ_smallEOS Kiss M
レンズキット
(3 / 5.0)
約10万円Canon2,410万対応広角〜望遠少ない操作性が優しい
X-A7_small X-A7
レンズキット
(3.5 / 5.0)
約7.5万円FUJIFILM2,424万対応広角〜標準少し弱い操作性が優しい
α6000_DZ_smallα6400
ダブルズーム
レンズキット
(4.5 / 5.0)
約10万円
(中古価格)
SONY2,430万対応広角〜望遠優秀優秀多い防塵防滴に対応
中古購入が必須
ZV-E10LVLOGCAM
ZV-E10L
パワーズームレンズキット
(4.5 / 5.0)
約8万円SONY2,430万対応広角〜標準優秀優秀多い動画撮影時は
手振れ補正が効く
Z50_smallZ50
レンズキット
(3.5 / 5.0)
約10万円Nikon2,088万対応広角〜標準優秀優秀少ないグリップ感が良い
X-T200_DZ_smallX-T200
ダブルズーム
レンズキット
(4 / 5.0)
約10万円FUJIFILM2,424万対応広角〜望遠少し弱い操作性が優しい

 

以降では、特徴点をピックアップして説明していきます 

優しい操作性で使いやすい

EOS Kiss Mの設定画面は、簡単に操作できる直感的でやさしい作りになっています

 

タッチパネル操作への対応・メニューがシンプルでわかりやすい

長く使うためには、使いやすさも重要な要素です。EOS Kiss Mは、あまり機械に慣れていない方でも安心して使えるカメラです

はろはろ
はろはろ

スペックだけ眺めていると見落としがちなところですが、実は非常に重要なポイントです

撮りやすさを重視したボディの作り

EOS Kiss Mは設定だけでなく、ボディの作りにも使いやすさに配慮したこだわりがみえます

持ちやすいと評判のグリップ・回転式背面モニター

 

回転式の背面モニターがあれば、自撮りも簡単にできます

家族・友人との自撮りしたり、Youtube撮影にも使いやすいカメラです

高倍率ズームで撮影シーンを選ばない

付属するキットズームレンズ(EF-M 18-150mm)は、これ1本で広角〜超望遠までを撮ることができます

高倍率ズームが付属します

 

望遠レンズは遠くからでも綺麗に撮影できるため、旅行での撮影・入学式や運動会のイベントで大活躍します

一方で別売りで買うと高価なケースが多いのですが、EOS Kiss Mには望遠をカバーしたレンズが付属するため、コスパが高いです

少し惜しい点を挙げるなら

デメリットまとめ!
Canon EOS Kiss Mの惜しい点
  • 交換レンズの種類が少ない
  • 電池持ちが悪い

気になるのは上記2点

とはいえ、対策はちゃんとありますので、購入を検討される方はぜひ参考にしてください

  • 交換レンズの対策マウントアダプターを別途購入し、一眼レフ用レンズを活用する
  • 電池持ちの対策予備バッテリーを用意する

総評:「Canon EOS Kiss M EF-M18-150 レンズキット」

まさにカメラの入門機といった位置付けで、だれでも簡単に一眼デビューができる機能が充実しています

「一眼カメラを実際に使いこなせるか不安な人」におすすめです

キヤノン
¥114,049 (2021/10/16 13:39時点 | Amazon調べ)
\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場

次は手軽・おしゃれに撮れる機種を紹介

おすすめ機種一覧に戻る(1/6製品を紹介)


FUJIFILM X-A7 レンズキット

おすすめ度
 (3.5)
メリットまとめ!
FUJIFILM X-A7の優れている点
  • 価格が安い
  • エモい写真が簡単に撮れる
  • 直感的な操作感
  • おしゃれな外観・自撮り対応
  • 非常に軽くてコンパクト

「FUJIFILM X-A7」はファインダーが無いコンパクトな機種で「スマホに近い操作性」をコンセプトが魅力のカメラです

はろはろ
はろはろ

FUJIFILMのカメラは店頭に並ばないことが多いですが、実は非常に人気の高いカメラメーカーです

 

実売価格は7万円程度で、手を伸ばしやすい価格帯であることも非常におすすめできるポイントです

商品画像製品名評価
価格メーカー
画素数自撮り対応
対応画角
連写速度
オートフォーカス
暗所への強さ交換レンズの
充実度
その他
EOS_kissM_DZ_smallEOS Kiss M
レンズキット
(3 / 5.0)
約10万円Canon2,410万対応広角〜望遠少ない操作性が優しい
X-A7_small X-A7
レンズキット
(3.5 / 5.0)
約7.5万円FUJIFILM2,424万対応広角〜標準少し弱い操作性が優しい
α6000_DZ_smallα6400
ダブルズーム
レンズキット
(4.5 / 5.0)
約10万円
(中古価格)
SONY2,430万対応広角〜望遠優秀優秀多い防塵防滴に対応
中古購入が必須
ZV-E10LVLOGCAM
ZV-E10L
パワーズームレンズキット
(4.5 / 5.0)
約8万円SONY2,430万対応広角〜標準優秀優秀多い動画撮影時は
手振れ補正が効く
Z50_smallZ50
レンズキット
(3.5 / 5.0)
約10万円Nikon2,088万対応広角〜標準優秀優秀少ないグリップ感が良い
X-T200_DZ_smallX-T200
ダブルズーム
レンズキット
(4 / 5.0)
約10万円FUJIFILM2,424万対応広角〜望遠少し弱い操作性が優しい

 

以降では、特徴点をピックアップして説明していきます

エモい写真が簡単に撮れる

FUJIFILMカメラの特徴は、なんといっても「フィルムシミュレーション」が使えること

フィルム写真のようなエモい写真を手軽に撮れるため、他の入門カメラと比べて明確なメリットがあります

はろはろ
はろはろ

古くからフィルムカメラを作ってきたFUJIFILM独特の特徴ですね

初心者でも使いやすい直感的な操作感

「FUJIFILM X-A7」は他のカメラに比べて横長の大画面背面モニターとなっています

 

大きな画面かつタッチパネルに対応しているため、スマホのような直感的な操作ができるのは非常に嬉しいですよね

おしゃれ・コンパクトな外観と自撮り対応

FUJIFILMのカメラは全体的にクラシカルでおしゃれなデザインです。また、凹凸の少ないフラットな形状であり、バッグに忍ばせやすい形状になっています。

バリアングルモニターを搭載しているため自撮りにも対応

 

カメラ選びで見た目にもこだわりたい方、通勤・通学など、普段使いのバッグにも忍ばせて持ち歩きたい方にぴったりなカメラです

少し惜しい点を挙げるなら

デメリットまとめ!
FUJIFILM X-A7の惜しい点
  • 連写速度がやや遅い
  • 望遠レンズは別途購入が必要
  • ファインダー(覗き穴)がない
  • 暗いシーンでは多少ノイズが乗りやすい

コンセプトがお散歩カメラのような使い方を想定されたカメラのため、連写速度がやや遅い(毎秒6枚)点が気になります

 

ただし、毎秒6秒以上のの連写が求められるのは、子供の運動会など素早い動きを捉える場合のみです

上記のような使い方をしないのであれば、軽量・コンパクトでインスタライクな写真を撮れるのは非常に魅力的です

総評:「FUJIFILM X-A7 レンズキット」

軽くてコンパクト・操作性も簡単なX-A7は、旅行やお散歩用のカメラとしては大活躍すること間違いなしです

また、フィルム調の写真がサクッと撮れるため、「気軽に日常をオシャレに記録したい人」におすすめです

富士フイルム
¥62,800 (2021/10/18 15:47時点 | Amazon調べ)
\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場

次は性能にこだわった4機種を紹介

おすすめ機種一覧に戻る(2/6製品を紹介)


SONY α6400 ダブルズームレンズキット

おすすめ度
 (4.5)
メリットまとめ!
SONY α6400の優れている点
  • 動く被写体に抜群に強い
  • 暗い撮影シーンに強い
  • 防じん防滴なので雨の日も使える
  • 自撮り対応
  • 交換レンズが多いため、将来の汎用性が高い
  • 非常に軽くてコンパクト

「SONY α6400 パワーズームレンズキット」は、ミラーレス一眼・APS-Cで、一番売れているカメラです

 

新品で買うと実売価格12万円程度と予算オーバーですが、中古で購入した場合は10万円程度で手に入れることとができます

はろはろ
はろはろ

中古といっても買い方は新品と同じ。見た目も綺麗で保証も付くため、かなりお得な買い方です

はろはろ
はろはろ

機能は全体的にめちゃくちゃ高く、レンズの充実度も高いSONYカメラなので隙がないです。さすが人気No.1のカメラです

商品画像製品名評価
価格メーカー
画素数自撮り対応
対応画角
連写速度
オートフォーカス
暗所への強さ交換レンズの
充実度
その他
EOS_kissM_DZ_smallEOS Kiss M
レンズキット
(3 / 5.0)
約10万円Canon2,410万対応広角〜望遠少ない操作性が優しい
X-A7_small X-A7
レンズキット
(3.5 / 5.0)
約7.5万円FUJIFILM2,424万対応広角〜標準少し弱い操作性が優しい
α6000_DZ_smallα6400
ダブルズーム
レンズキット
(4.5 / 5.0)
約10万円
(中古価格)
SONY2,430万対応広角〜望遠優秀優秀多い防塵防滴に対応
中古購入が必須
ZV-E10LVLOGCAM
ZV-E10L
パワーズームレンズキット
(4.5 / 5.0)
約8万円SONY2,430万対応広角〜標準優秀優秀多い動画撮影時は
手振れ補正が効く
Z50_smallZ50
レンズキット
(3.5 / 5.0)
約10万円Nikon2,088万対応広角〜標準優秀優秀少ないグリップ感が良い
X-T200_DZ_smallX-T200
ダブルズーム
レンズキット
(4 / 5.0)
約10万円FUJIFILM2,424万対応広角〜望遠少し弱い操作性が優しい

 

以降では、特徴点をピックアップして説明していきます

動く被写体に非常に強い・暗いシーンにも強い

SONYのカメラは初心者用のエントリーモデルでも、「素早いオートフォーカス・高い連写性能」を持ち合わせている点が特徴で、とにかく動く被写体に強いです

瞳オートフォーカス
常に目にピントを合わせてくれる瞳AFに対応
はろはろ
はろはろ

動きの早い小さなお子さんやペットを撮影する場合でも、最高の一瞬を逃しにくいカメラです

 

また、イメージセンサーも非常に優秀で「夜景などの暗所でも綺麗に撮れる」ところも他のカメラとの大きな差分点です

ろはろ
ろはろ

「一眼カメラらしい機能は全て兼ね揃えたミラーレス一眼」と言えます

防じん防滴への対応

「SONY α6400」は、今回紹介する7製品の中で唯一「防じん防滴」に対応しています

「雨天を気にせずに撮影できる」のは、旅行やこどものイベント撮影では本当に大きなメリットとなります

どんなシーンでも撮影チャンスを逃したくないといった方には非常におすすめの機種です

交換レンズが非常に豊富

一般的にAPS-C規格のカメラは交換レンズの種類が少ないことが多いです

一方で、SONYは「APS-Cのレンズが豊富」であるため、安くて性能の高い交換レンズを選ぶことができます

交換レンズのコスパが高いカメラを選んでおけば、将来にレンズが欲しくなった時も後悔することがありません

はろはろ
はろはろ

長くカメラを使い続ける上でも、SONYのミラーレス一眼は非常におすすめです

少し惜しい点を挙げるなら

デメリットまとめ!
SONY α6400の惜しい点
  • 予算10万円に収めるには中古購入が必須

人気機種ということもあり、今回のおすすめ定義である予算10万円に収めるためには、中古購入が前提となります

とはいえ、カメラ業界では中古市場は非常にHOTで、特に不自由なく品質の良い中古カメラを買うことができます

 

楽天市場・Yahooショッピングからも購入できる上に保証もつくショップもありますので、ぜひ中古市場の価格をチェックしてみてください(以下のリンクから探せます)

大手のネットショップは、在庫も豊富・品質も高い・保証が付いてくるなど、新品さながらのサービスを提供しています

はろはろ
はろはろ

私自身もネット中古の愛用者で、20万円以上するカメラを中古で購入し、今も現役で使い続けています

ネット中古での購入がメリットだらけの理由
  • 新品より30~40%安く購入できる
  • ネット販売のため、在庫のネックが小さい
  • 鑑定士が状態をランク付けしているので、低品質な製品を買わされるリスクが小さい
  • 販売先によっては、購入後半年〜1年の保証がついてくる
はろはろ
はろはろ

メルカリなど個人販売は、品質がまったく保証されていないのでやめましょうね

総評:「SONY α6400 ダブルズームレンズキット」

「本格的に写真撮影に取り組みたい人におすすめなカメラです

ただし、予算10万円ではネット中古購入(楽天市場をチェック)が必須となりますので、ぜひ以下のリンクからチェックしてみてください

はろはろ
はろはろ

楽天ポイント・PayPayポイントが付与されるので、実質負担額がさらに小さくなります!

おすすめ機種一覧に戻る(3/6製品を紹介)


SONY VLOGCAM ZV-E10L パワーズームレンズキット

おすすめ度
 (5)
メリットまとめ!
SONY ZV-E10の優れている点
  • 動画に特化した機能が豊富
  • α6400相当の性能である上に価格が安い
  • 交換レンズが多いため、将来の汎用性が高い
  • 非常に軽くてコンパクト

SONY VLOGCAM ZV-E10L パワーズームレンズキット」は、今回紹介する機種の中では最も新しいモデル(2021年9月発売)です

基本的な性能は「SONY α6400(ひとつ前に紹介)とほぼ同じ」でありながら、動画撮影に特化した機能が強化されています

はろはろ
はろはろ

それでいて、α6400よりもめちゃくちゃ安いです

商品画像製品名評価
価格メーカー
画素数自撮り対応
対応画角
連写速度
オートフォーカス
暗所への強さ交換レンズの
充実度
その他
EOS_kissM_DZ_smallEOS Kiss M
レンズキット
(3 / 5.0)
約10万円Canon2,410万対応広角〜望遠少ない操作性が優しい
X-A7_small X-A7
レンズキット
(3.5 / 5.0)
約7.5万円FUJIFILM2,424万対応広角〜標準少し弱い操作性が優しい
α6000_DZ_smallα6400
ダブルズーム
レンズキット
(4.5 / 5.0)
約10万円
(中古価格)
SONY2,430万対応広角〜望遠優秀優秀多い防塵防滴に対応
中古購入が必須
ZV-E10LVLOGCAM
ZV-E10L
パワーズームレンズキット
(4.5 / 5.0)
約8万円SONY2,430万対応広角〜標準優秀優秀多い動画撮影時は
手振れ補正が効く
Z50_smallZ50
レンズキット
(3.5 / 5.0)
約10万円Nikon2,088万対応広角〜標準優秀優秀少ないグリップ感が良い
X-T200_DZ_smallX-T200
ダブルズーム
レンズキット
(4 / 5.0)
約10万円FUJIFILM2,424万対応広角〜望遠少し弱い操作性が優しい

動画撮影機能がとにかく充実している

「SONY VLOGCAM ZV-E10L」は、VLOGを撮影することを目的に作られているため、動画に必要な手振れ補正や自撮り機能などが標準で備わっています

Youtube撮影家族との記録を動画でおさめたい方にぴったりなカメラです

VLOG撮影も写真もバッチリ!
抜群の動画性能
  • 強力な手振れ補正で、手持ちでもブレない
  • バリアングルモニターで自撮りがしやすい
  • 風切り音を防ぐモフモフが付属
  • 動画に特化したボタン配置

α6400相当の撮影性能で写真にも強い

SONY VLOGCAM ZV-E10L」は、撮影機能が高く非常に優秀な「SONY α6400」の性能をほぼ引き継いでいます

動画だけでなく写真撮影にもかなり使えるカメラと言えます

中身はほぼα6400!
α6400との共通点
  • 動く被写体に抜群に強い
  • 暗い撮影シーンに強い
  • 防じん防滴なので雨の日も使える
  • 自撮り対応
  • 交換レンズが多いため、将来の汎用性が高い
  • 非常に軽くてコンパクト
はろはろ
はろはろ

防じん防滴対応以外はほぼα6400と同じ。一方で、価格は「SONY α6400」よりも安いため、非常にお得感が強いです

少し惜しい点を挙げるなら

デメリットまとめ!
SONY ZV-E10の惜しい点
  • ボタン配置が動画に特化
  • ファインダーがない
  • 望遠レンズは別売

1点だけあげるとすれば、ボタン配置が動画に特化しているため、操作ボタン・ダイヤルが少ない点くらいです

VLOGCAM ZV-E10Lの上部ボタン配置

 

操作ボタン・ダイヤルは多い方が色々な設定を呼び出しやすいのは事実です

しかし、カメラ初心者の方にとっては、複雑なボタン配置の方がむしろ使いでしょうし、デメリットらしいデメリットは無いとも言えます

総評:「SONY VLOGCAM ZV-E10L パワーズームレンズキット」

動画に特化したカメラと謳われつつも、SONY α6400相当の静止画撮影機能も兼ね揃える「SONY VLOGCAM ZV-E10L

 

それでいて新品でも10万円に収まるのですから、コスパの良さは完全に抜きん出てています

個人的には今一番アツい機種のひとつで、「写真と動画どちらにもチャレンジしたい人」におすすめです

ソニー(SONY)
¥89,100 (2021/10/16 09:05時点 | Amazon調べ)
\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場
はろはろ
はろはろ

写真も動画も興味があって、性能にもこだわりたい人には、ぴったりな機種ですね

おすすめ機種一覧に戻る(4/6製品を紹介)


Nikon Z 50 16-50 VR レンズキット

おすすめ度
 (3.5)
メリットまとめ!
Nikon Z50の優れている点
  • 動く被写体に強い
  • 暗いシーンに強い
  • 自撮り対応
  • 握りやすさにこだったグリップ

「Nikon Z 50 16-50 VR レンズキット」は、ミラーレス一眼への参入が遅れた機種ですが、後発ならではの優位性を活かして非常に高機能になっています

 

実売価格は10万円程度。高性能ながら価格も抑え目で、ユーザにとってありがたいカメラとなっています

はろはろ
はろはろ

後発ならではのメリットを十分に活かしていますよね

 

以降では、特徴点をピックアップして説明していきます

非常に高い撮影性能

「防じん防滴」への非対応を除けば、オートフォーカス性能や暗所への耐性など「基本性能は今回紹介する7機種の中で全体的に最も高い」です

商品画像製品名評価
価格メーカー
画素数自撮り対応
対応画角
連写速度
オートフォーカス
暗所への強さ交換レンズの
充実度
その他
EOS_kissM_DZ_smallEOS Kiss M
レンズキット
(3 / 5.0)
約10万円Canon2,410万対応広角〜望遠少ない操作性が優しい
X-A7_small X-A7
レンズキット
(3.5 / 5.0)
約7.5万円FUJIFILM2,424万対応広角〜標準少し弱い操作性が優しい
α6000_DZ_smallα6400
ダブルズーム
レンズキット
(4.5 / 5.0)
約10万円
(中古価格)
SONY2,430万対応広角〜望遠優秀優秀多い防塵防滴に対応
中古購入が必須
ZV-E10LVLOGCAM
ZV-E10L
パワーズームレンズキット
(4.5 / 5.0)
約8万円SONY2,430万対応広角〜標準優秀優秀多い動画撮影時は
手振れ補正が効く
Z50_smallZ50
レンズキット
(3.5 / 5.0)
約10万円Nikon2,088万対応広角〜標準優秀優秀少ないグリップ感が良い
X-T200_DZ_smallX-T200
ダブルズーム
レンズキット
(4 / 5.0)
約10万円FUJIFILM2,424万対応広角〜望遠少し弱い操作性が優しい
はろはろ
はろはろ

交換レンズの種類は、現在Nikonが最も開発に力を入れているため、将来は改善することが考えられます

撮りやすさを重視した機構

「自撮りが可能なチルト式背面モニター・タッチパネル液晶」に対応しています

深いグリップやダイヤルの多さも特徴的で、使いやすさの面でもかなり工夫されています

背面モニターを撮影者側に向けることができます

少し惜しい点を挙げるなら

デメリットまとめ!
Nikon Z50の惜しい点
  • 望遠レンズは別途購入が必要
  • 交換レンズの種類が少ない

性能と併せて価格もワンランク上となるため、望遠レンズセットは予算オーバーになります

また、ミラーレス一眼への歴史が浅いこともあり、交換レンズの種類が少ないため、現時点では高価なレンズが選択肢の大半となります

はろはろ
はろはろ

将来的は交換レンズも充実するはずなので、現時点で必要がなければ気長に待ちましょう

総評:「Nikon Z 50 16-50 VR レンズキット」

レンズラインナップを除けば、撮影性能は今回紹介する中で最も高いです

そのため、「本格的に写真撮影に取り組みたい人」におすすめな機種です

おすすめ機種一覧に戻る(5/6製品を紹介)


FUJIFILM X-T200 ダブルズームレンズキット

おすすめ度
 (4)
メリットまとめ!
FUJIFILM X-T200の優れている点
  • エモい写真が簡単に撮れる
  • 自撮り対応
  • 直感的な操作感と撮影にこだわった作り
  • 高倍率ズームで撮影シーンを選ばない

FUJIFILM X-T200 ダブルズームレンズキット」は、「X-A7」よりもワンランク上の作りになっており、「スマホ的な操作性と高い撮影性能」を両立したカメラです

 

実売価格は10万円を少しはみだしてしまうかもしれませんが、高い操作性とレンズの汎用性の高さを考えれば、コスパは非常に高いです

はろはろ
はろはろ

広角〜望遠のレンズが付いてくる上に、「X-A7」よりも撮影性能が改善したことで、バランスの良いカメラになりました

商品画像製品名評価
価格メーカー
画素数自撮り対応
対応画角
連写速度
オートフォーカス
暗所への強さ交換レンズの
充実度
その他
EOS_kissM_DZ_smallEOS Kiss M
レンズキット
(3 / 5.0)
約10万円Canon2,410万対応広角〜望遠少ない操作性が優しい
X-A7_small X-A7
レンズキット
(3.5 / 5.0)
約7.5万円FUJIFILM2,424万対応広角〜標準少し弱い操作性が優しい
α6000_DZ_smallα6400
ダブルズーム
レンズキット
(4.5 / 5.0)
約10万円
(中古価格)
SONY2,430万対応広角〜望遠優秀優秀多い防塵防滴に対応
中古購入が必須
ZV-E10LVLOGCAM
ZV-E10L
パワーズームレンズキット
(4.5 / 5.0)
約8万円SONY2,430万対応広角〜標準優秀優秀多い動画撮影時は
手振れ補正が効く
Z50_smallZ50
レンズキット
(3.5 / 5.0)
約10万円Nikon2,088万対応広角〜標準優秀優秀少ないグリップ感が良い
X-T200_DZ_smallX-T200
ダブルズーム
レンズキット
(4 / 5.0)
約10万円FUJIFILM2,424万対応広角〜望遠少し弱い操作性が優しい

 

以降では、特徴点をピックアップして説明していきます

直感的な操作感と撮影にこだわった作り

「X-T200」はフィルムシミュレーションやタッチ操作など「X-A7」の機能はそのまま搭載しつつ、撮影のしやすさにこだわった外観への工夫がなされています

ファインダー・グリップ・操作ダイヤルが進化

 

「X-T200」の特徴
  • X-A7の機能はすべて搭載
  • ファインダーが追加:明るい撮影シーンでも画面反射を気にせず使える
  • 操作ダイヤルの追加:カメラ設定の操作がより簡単になった
  • グリップがより深く進化:大きいズームレンズでも持ちやすくなった
はろはろ
はろはろ

「X-T200」は、自分で写真を作り込みたい方にも使いやすいカメラです

高倍率ズームで撮影シーンを選ばない

「X-T200 ダブルズームレンズキット」は「広角〜超望遠で撮れるレンズがついてくる」のが嬉しいところ

高倍率ズームに対応

望遠レンズは遠くからでも綺麗に撮影できるため、旅行での撮影・入学式や運動会のイベントで大活躍します

一方で別売りで買うと高価なケースが多いのですが、X-T200には望遠をカバーしたレンズが付属するため、コスパが高いです

少し惜しい点を挙げるなら

デメリットまとめ!
FUJIFILM X-T200の惜しい点
  • 暗いシーンでは多少ノイズが乗りやすい

「X-A7」同様に暗い撮影シーンの撮影はすこし苦手なのが気になるところ

とはいえ、スマホと比べれば十分ノイズに強いため、問題となるほどのデメリットではないと思います

はろはろ
はろはろ

むしろその他の性能が非常に高く、コストパフォーマンスは抜群だと思います

総評:「FUJIFILM X-T200 レンズキット」

基本的なカメラ性能の高さ・フィルムシミュレーション・直感的な操作・広角〜望遠まで撮影できるレンズが付属するなど、非常に総合力の高いカメラです

「日常使いがメインだけど、性能にもこだわりたい人におすすめなカメラです

\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場

おすすめ機種一覧に戻る(6/6製品を紹介)


特におすすめなのはこの2機種

ここまで6種類の魅力的なカメラについて紹介しましたが、それぞれに特徴があって悩ましいところ

そこでここでは、あくまで個人的な意見として「特におすすめな2種類のカメラ」を紹介します

特におすすめなカメラ2選
私ならこの基準で決めます!

2つのカメラに絞り込んだ条件は「交換レンズが充実していること」

せっかくのデジタル一眼カメラを買うのであれば、スマホではできないことを一眼には期待したいと個人的には考えます

 

さらに、この2つの機種のどちらかを選ぶ上では「写真メインで使うのか、動画も撮りたいのか」を決めれば自ずと結論が導けるはずです

はろはろ
はろはろ

基本的な性能はほとんど同じで、一部の差分が以下の表の通りとなります

SONY α6400
ダブルズームレンズキット
SONY ZV-E10L
パワーズームキット
  • (全体的に写真撮影向き)
  • 予算内では中古購入が必須
  • 望遠レンズが付属する
  • 操作ダイヤルが多い
  • 防塵防滴
  • (全体的に動画撮影向き)
  • 新品購入でも安い
  • 動画時に手振れ補正が効く
  • 動画音声をクリアに撮れる
  • 操作ダイヤルは少ない
商品画像製品名評価
価格メーカー
画素数自撮り対応
対応画角
連写速度
オートフォーカス
暗所への強さ交換レンズの
充実度
その他
α6000_DZ_smallα6400
ダブルズーム
レンズキット
(4.5 / 5.0)
約10万円
(中古価格)
SONY2,430万対応広角〜望遠優秀優秀多い防塵防滴に対応
中古購入が必須
ZV-E10LVLOGCAM
ZV-E10L
パワーズームレンズキット
(4.5 / 5.0)
約8万円SONY2,430万対応広角〜標準優秀優秀多い動画撮影時は
手振れ補正が効く
ソニー(SONY)
¥89,100 (2021/10/16 09:05時点 | Amazon調べ)
\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場

まとめ

今回は、カメラに興味はあるけれど「どんな機種を買ったらいいかわからない」といったお悩みに応えるために、「10万円で買えるおすすめの6つのカメラ」を紹介しました

 

各カメラの特徴は以下の通りです

どれも高コスパです!
おすすめカメラ6選
商品画像製品名評価
価格メーカー
画素数自撮り対応
対応画角
連写速度
オートフォーカス
暗所への強さ交換レンズの
充実度
その他
EOS_kissM_DZ_smallEOS Kiss M
レンズキット
(3 / 5.0)
約10万円Canon2,410万対応広角〜望遠少ない操作性が優しい
X-A7_small X-A7
レンズキット
(3.5 / 5.0)
約7.5万円FUJIFILM2,424万対応広角〜標準少し弱い操作性が優しい
α6000_DZ_smallα6400
ダブルズーム
レンズキット
(4.5 / 5.0)
約10万円
(中古価格)
SONY2,430万対応広角〜望遠優秀優秀多い防塵防滴に対応
中古購入が必須
ZV-E10LVLOGCAM
ZV-E10L
パワーズームレンズキット
(4.5 / 5.0)
約8万円SONY2,430万対応広角〜標準優秀優秀多い動画撮影時は
手振れ補正が効く
Z50_smallZ50
レンズキット
(3.5 / 5.0)
約10万円Nikon2,088万対応広角〜標準優秀優秀少ないグリップ感が良い
X-T200_DZ_smallX-T200
ダブルズーム
レンズキット
(4 / 5.0)
約10万円FUJIFILM2,424万対応広角〜望遠少し弱い操作性が優しい

 

重視する基準(価格・性能)、用途それぞれでおすすめのカメラを見つけていただければ幸いです

その他にもカメラデビューにあわせて読みたい記事を公開していますので、ぜひチェックしてみて下さい

【カメラと一緒に買うもの】絶対に用意しておきたいアイテム一覧|必須アイテム編

【撒き餌レンズ】メーカー別おすすめ神レンズ17選を紹介|2021年最新

 

まずはカメラライフを歩み始めることを第一に、みなさんの相棒を見つけていただければ幸いです

はろはろ
はろはろ

それでは、次の記事でお会いしましょう!よいカメラライフを!