シャッタースピードとは|ブレを抑える設定をシーン別に解説!|カメラ初心者向け

シャッター速度について解説

こんにちは。はろはろ(@haroharo72)です

 

カメラ初心者が絶対に理解すべき内容を複数回にわたってお届けするシリーズ

今回は、シャッタースピードについて初心者でもわかりやすく体系的に解説します!

 

このような方におすすめの記事です

  • シャッタースピードってなんだか難しそう
    基本のキから説明します!
  • シャッタースピードを変えることで写真がどのように変わるか気になる
    実際の撮影例付きで説明します!
  • シャッタースピードをいくつにすればいいかよくわからない
    撮影シーンごとのおすすめ設定を紹介します!
はろはろ
はろはろ

露出(明るさ)を調節する上で、非常に重要な要素です!

 

ピントずれや手ブレ・被写体ブレが発生した写真は後で修正ができないため、いわゆる失敗写真になります

 

今回紹介するシャッタースピードは、失敗写真を減らす上でとても大事な設定ですので、ぜひカメラ初心者の方には覚えていただきたい内容です

 

その他のカメラ初心者向けシリーズをまだご覧いただいていない方は、ぜひこちらもチェックしてみてください!

 

この記事の結論を先に紹介

 

今回の内容は「カメラと写真の仕組みを知る」上では非常に重要な内容です 

ただし、カメラ初心者にとっては若干小難しく感じられるかもしれません

 

そこでこの内容はこのような心持ちで読んでいただければと思います

  • まずは雰囲気を掴むところからで大丈夫です
  • 「これは自分でもできそうだな」と感じることで、自分で設定を変えて撮影するキッカケを掴むことが、写真上達において重要です

 

結論:設定のコツを3行で紹介

  • シャッタースピードは、写真の「明るさ・被写体の動きの写り方」に影響する
  • 明るさは、「撮影モード次第では自動調節してくれる」のでいったん気にしなくてOK
  • とにかく手振れはNG。そのために常に「1/200秒」よりも早い設定にする
はろはろ
はろはろ

上記の結論を頭の片隅においてもらえると内容がより理解しやすくなると思います。それでは本編に戻ります

 

シャッタースピードとは

 

シャッタースピードとは、カメラのシャッターを切るまでの時間です

 

カメラでは、目には見えないほどのスピードから、数十秒かけてまで、自在にシャッタースピードを決めることができます

 

シャッタースピードによる写真の見た目の違いとは

 

シャッタースピードを変えると、写真の「明るさ・被写体の動きの写り方」が変わります

 

見た目に与える影響
  • 写真の明るさ
    • シャッタースピードが「速いほど写真が暗く」また「遅いほど写真が明るく」なる
  • 被写体の動きの写り方
    • シャッタースピードが「速いほどブレない写真に」また「遅いほどブレた写真に」なる

 

明るさの違いとは?

シャッタースピードが「速いほど写真が暗く」また「遅いほど写真が明るく」なります

 

シャッタースピード以外の設定は変えずに、シャッタースピードだけを変化させた写真を比較してみましょう

シャッタースピード 1/30秒(左)と1/120秒(右)

はろはろ
はろはろ

シャッターを開ける時間が長いほど、たくさんの光を取り込めるので写真が明るくなります

 

被写体の動きの捉え方の違いとは?

シャッタースピードが「速いほどブレない写真に」また「遅いほどブレた写真に」なります

 

こちらはブロアーを手で持って動かしつつ、シャッタースピードを変えて撮影したものです

シャッタースピード 1/10秒(左)と1/320秒(右)

はろはろ
はろはろ

シャッタースピードが遅い写真はブレていることがわかります

 

なんとなーく特徴はわかったけど、「いまいち実戦でどうやって活用したらいいのかよくわからないなぁ…」と言った感じですよね

 

では、ここからはもう少し実戦的に「シャッタースピードを変える目的・メリット」を紹介します!

シャッタースピードを変えると何が嬉しいの?

 

シャッタースピードを変える目的は主に3つです

  • 明るさの調整:ちょうどいい明るさに調節するため
  • ブレの調整:手ブレ・被写体ブレを防ぐため
  • 躍動感の演出:動きのある被写の軌跡を残すため

 

これらを自在にコントロールできることが、シャッタースピードを変えるメリットです

以降で、1つずつ紹介します!

目的1:明るさを調整する

シャッタースピード:1/25秒で撮影

 

シャッタースピードを変える目的のひとつは、「明るさを調整すること」です

 

明るすぎる・暗すぎる撮影シーンでは、シャッタースピードを変えて明るさを調整します

 

シャッター速度優先モード・マニュアルモードを使わない限りは、シャッタースピードはカメラで自動で決めてくれるため、カメラ初心者のうちはあまり気にする必要はありません

はろはろ
はろはろ

プログラムオートモード・絞り優先モードがおすすめです

 

「カメラの設定がよくわからないなぁ」という方は、こちらの記事をチェックしてみてください。各撮影モードの強み・弱みを詳しく解説しています

>> カメラの撮影モードの違いを解説します|カメラ初心者向け

カメラの撮影モードの違いを解説します|カメラ初心者向け

 

ただし、カメラ任せにした場合でも手ブレ・被写体ブレが発生した場合には、シャッタースピードを自分で調節する必要があります

 

目的2:手振れ・被写体ブレを防ぐ

シャッター速度を変える目的の2つ目は、「手振れ・被写体ブレを防ぐこと」です

 

「手振れ・被写体ブレ」はシャッタースピードが遅く、動きの軌跡が写真に残ることで発生します

つまり、裏を返せばシャッタースピードを速くすることで防ぐことができます

 

手振れを防ぐシャッタースピードは?

手振れした写真:全体的に写真がブレています

 

手振れとは、「カメラを構える手が微妙に動く」ことで写真全体がぶれて見えるものです

 

一般的に手振れを防ぐためのシャッタースピードは「1 ÷ 焦点距離(秒)」と言われています

 

とはいえ、カメラ初心者のうちは難しいことを考えず、これだけを意識してください

 

シャッター速度のポイント

手振れさせないためには、「シャッタースピードは1/200秒よりも速くする」

 

カメラ初心者の頃は撮影するのに頭がいっぱいになるので、いったんシャッタースピードは1/200秒として、他のことに集中する!で良いかと思います

はろはろ
はろはろ

よほどの望遠レンズを使わない限りは、手振れは発生しません

 

被写体ブレを防ぐシャッタースピードは?

ブロアーと手が被写体ブレしています

 

被写体ブレは手ブレと違い「動く被写体の軌跡が写真に残ること」によって被写体のみがぶれて見えるものです

はろはろ
はろはろ

手ブレしないように気をつけていても、被写体が早く動いていたら結局はブレます

 

被写体ブレを防ぐためには、「被写体の動きの速さに応じたシャッタースピード」を設定する必要があります

 

目的3:躍動感を演出する

シャッタースピードを落とすとブレにつながると紹介してきましたが、逆手に捉えると「動く被写体の軌道を残す」こともできるということが言えます

 

これを活用したのがスローシャッター撮影です

三脚で固定したカメラで撮影することで、背景は動かさずに被写体の躍動を演出することができます

車のヘッドライトの軌跡を残した写真

 

どれだけ軌跡を残したいか次第で変わりますが、おおよそ1秒程度がバランスよく軌跡が残るおすすめ設定です

 

また、背景がぶれてしまうと意味がないため、手振れ防止のために三脚での撮影が必須となります

流れる水の軌跡を残した写真(フリー写真です)

 

シャッタースピードを変えて撮影する方法

 

シャッタースピードを自分で決めるためには、「撮影モードをシャッター速度優先モード・マニュアルモード」にする必要があります

 

 

また、手振れや被写体ブレを防ぐためにシャッタースピードをあげると、思いのほか暗い写真になってしまうことがあります

はろはろ
はろはろ

シャッタースピードを速くしたことにより光を取り込む量が少なることが原因です

  

そのような場合は、ISO感度を上げて明るさを調節しましょう

「ISO感度を上げるメリット・デメリット」についてはこちらの記事で紹介しています

>> ISO感度とは|明るさの変化・ノイズ量・シーン別ISO感度を解説!

ISO感度について解説 ISO感度とは|明るさの変化・ノイズ量・シーン別ISO感度を解説!|カメラ初心者向け

結論|シャッタースピードは1/200秒以上にしよう

 

カメラ初心者のころは「F値・シャッタースピード・ピント合わせ・構図」など、撮影時に考える項目が山ほどあります

 

何が何やらと考えているうちにシャッタースピードが落ちた写真を撮ってしまうと、手振れ・被写体ブレした写真ができあがってしまいます

 

そのためにもなるべく考えることをシンプル化することが重要です

「シャッタースピードは1/200秒以上と速めに設定」ておき、なるべく他のことに集中することで、成功写真を量産していきましょう

はろはろ
はろはろ

慣れてきたら、撮影条件ごとにシャッタースピードを変えてみましょう!

まとめ

失敗写真を減らす上でとても大事な「シャッタースピード」について紹介しました

 

シャッタースピードを変える目的は主に3つです

  • 明るさの調整:ちょうどいい明るさに調節するため
  • ブレの調整:手ブレ・被写体ブレを防ぐため
  • 躍動感の演出:動きのある被写の軌跡を残すため

 

カメラ初心者が最初につまずきやすいのがシャッタースピードだと思います

 

まずは、手振れを抑えるために「シャッタースピードは1/200秒に設定」し、成功写真をたくさん撮影してみましょう

はろはろ
はろはろ

きっと写真がより楽しく感じられるようになるはずですよ!

  

その他のカメラ初心者向けシリーズをまだご覧いただいていない方は、ぜひこちらもチェックしてみてください!

 

はろはろ
はろはろ

それでは、次の記事でお会いしましょう!よいカメラライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA