【単焦点のメリット・デメリット】カメラ初心者に単焦点レンズがおすすめな理由

単焦点レンズのメリット・デメリット

はじめてカメラを買ったみたけれど、思い通りのボケ感がでない・写真が素人っぽいと悩んでしまうことってありますよね

僕個人の考えですが、写真の出来は「撮る人のスキルと機材のバランス」がうまくマッチして生まれるものであり、その中でもカメラ初心者の方は、スキルはついてきているものの機材がアンマッチしているような方も少なくないかなと思っています

特にカメラと一緒に購入できるキットズームレンズは非常に使い勝手が良い一方で、写真の成長の機会をなかなか与えてくれない難しいレンズのため、成長しづらい環境面から脱却することがまずは大事なのだと思います

はろ
はろ

キットレンズがダメというわけではなく、写真を状態したい方には物足りないレンズかなと思います

そんな写真にお悩みの方におすすめしたいのが単焦点レンズを使用することです

単焦点レンズを使えば・・・

  • 大きなボケ感を出しやすい
  • 暗いシーンでも綺麗に撮れる
  • 解像感が良い

といった、物理的な恩恵を得られるだけでなく、固定された画角を使いこなせすことで、写真がぐん上手くなります

はろ
はろ

これは僕自身の経験もそうですし、多くのカメラユーザーのみなさんが口を揃えていうところですので、一般論に近いものだと思います

 

そこで今回は、単焦点レンズの特徴・単焦点レンズを使うメリット・デメリットについて解説していきます

高性能なレンズとして単焦点レンズをお探しの方だけではなく、写真上達にお悩みの方にも手助けできるような内容にまとめていますので、ぜひ最後までチェックしてみてください

あわせて読みたい記事

単焦点レンズの中でも、純正レンズでありながら価格が非常に安い撒き餌レンズ」についてまとめています。各メーカーの撒き餌レンズをお使いのカメラから探すことができますので、ぜひチェックしてみてください

【撒き餌レンズ】メーカー別おすすめ神レンズ17選を紹介|2021年最新 【撒き餌レンズ】メーカー別おすすめ神レンズ17選を紹介|2022年最新

単焦点レンズとズームレンズの違い

まずはじめに、単焦点レンズとズームレンズの違いについて簡単に紹介します

一言で言えば両者の違いは「ズームができるかどうか」で決まります

単焦点レンズズームレンズ
ズームができない
(画角を変更できない)
ズームができる
(画角を変更できる)

 

単焦点レンズはズームができないため、これだけを聞くと一見使いづらそうに思えますが、画角を変更できない代わりにたくさんの恩恵を受けることができます

そこで次の章では、気になる単焦点レンズのメリットについて触れていきます

単焦点レンズのメリット

画角が変えられない単焦点レンズですが、カメラを持つ人の多くは単焦点レンズとズームレンズを併用しています

はろ
はろ

むしろ単焦点レンズしか使わないという人もいらっしゃいます

なぜ多くの人が単焦点レンズを使うのか。それは単焦点レンズを使うメリットを理解しているからです。主なメリットは以下の5つです

単焦点レンズのメリット
  • 一般的にサイズが小さくて持ち運びが楽
  • 大きくボケる・手ぶれもしづらい
  • 解像感・歪みが少なく、画質が良い
  • 撒き餌レンズなら純正レンズを廉価で買える
  • 写真の上達が早くなる
はろ
はろ

レンズ光学的な部分を始め、コストやマインドセットなど様々な角度でメリットがあります

文面だけではなかなか伝わりづらいかと思いますので、一つずつ解説していきます

小さくて持ち運びが楽

ズームレンズは、広い画角に対応するために多くのレンズを使用するため、重くて大きくなりがちです

一方で単焦点レンズは、固定の画角にマッチしたレンズ設計ができることから、小さくて軽いモデルが非常に多いです

左:標準単焦点レンズ / 右:標準ズームレンズ

 

いろんな撮影シーンに対応したい場合はズームレンズが活躍しますが、それよりも機動性を重視したい場合もたくさんありますよね

なんなら自分が被写体に近づいたり・離れたりすれば画角は調整できるので、ズームレンズが必ず必要なシーンというのはそこまで多くはありません

はろ
はろ

僕の場合は子供を一緒に連れて撮影することが多いため、重たいズームレンズは持ち運びに苦労するので、単焦点レンズを持ち出しています

重さだけではなくサイズ感も非常に大事だと思っていて、荷物が多い場合などはカメラすらも家に置いておくくらいなら、コンパクトな単焦点レンズをつけて持ち運んだ方がシャッターチャンスを逃さないですし、そういった意味でも単焦点レンズには大きなメリットがあると言えます

フルサイズカメラでも最近はコンパクトなレンズが増えてきました

大きくボケる・手ブレしづらい

これもレンズ設計が関係するところなのですが、単焦点レンズはF値(絞り値)が小さいモデルが多く、一般的に「大きくボケる・手ぶれもしづらい」といった特徴があります

はろ
はろ

僕もはじめて単焦点レンズを使ったときは、ボケの大きさに感動しました!

実際に単焦点レンズとズームレンズのボケ感の違いを検証してみました。背景のボケ感が全然違うかと思います。

\ 中央のスライダーを左右にずらしてみてください /

左:単焦点レンズ(F1.8)/ 右:ズームレンズ(F5.6)

はろ
はろ

最近はスマホで写真を見ることが増えましたが、大きなボケのある写真は注目を引きやすいので、いい写真=ボケの大きな写真と言っても過言じゃないかと思いますね

 

ちなみにキットズームレンズの場合は、だいたいF値は3.5〜5.6あたり。一方で単焦点レンズはF1.8がメジャーです

この差分はボケ感だけではなく、光を取り込む量にも違いをもたらすので、単焦点レンズは暗い撮影シーンでもISO感度を上げずに撮影できることから、綺麗な写真を撮りやすいといった特徴があります

はろ
はろ

同じ原理で、シャッタースピードを下げなくてもたくさんの光を取り込めるため、手ぶれもしづらくなりますよ!

ちょっと難しい話をしてしまったかもしれませんが、写真は光を記録するもので、光の量を調節するための設定を理解することはすごく重要なポイントです

初めての方でもわかり易いように以下の記事で解説していますので、ぜひチェックしてみてくださいね

解像感が高い・歪みが少ない

単焦点レンズは、レンズ機構が画角に最適化されているため、解像感が高く・歪みが少ないのが一般的です

一方、キットズームレンズは低価格で幅広い画角を撮れるレンズ設計となっているため、解像感や歪みについてはどうしても期待できない場合が多いです

この写真は中央から放射上に歪みが出ています

特に歪みについては建物や人物など、歪むと気になる被写体では気になる点ですので、その点でも単焦点レンズは被写体をありのままに映し出すことができ、手修正が少なくて済むレンズだと感じます

先ほどの写真に対してこちらは歪みが少ないです
はろ
はろ

ズームレンズでも、高価なモデルでは解像感や歪みを抑えたものもありますが、今回はキットレンズと単焦点レンズの比較にフォーカスしています

撒き餌レンズなら純正でも安く買える

カメラ業界には「撒き餌レンズ」と呼ばれるレンズがあり、代表的な標準画角の単焦点レンズはどのメーカーも非常に安く手に入れることができるようになっています

単焦点レンズは価格がピンキリですが、安いものでも5万円くらいするもの多い中で、撒き餌レンズは2〜3万円程度で手に入れられるため非常にコスパが高いです

また、サイズが小さく軽いモデルが多いため、持ち運び重視の方にもぴったりなレンズでもあります

はろ
はろ

カメラメーカーが交換レンズの魅力を体感してもらうことを目的に、性能から考えても採算が合わない価格設定で販売しています

単焦点レンズが欲しいけど予算も限られているといった方は、まずは「撒き餌レンズ」を手に取ってみると良いかと思います

 

各メーカーのコスパ最高「撒き餌レンズ」を詳しく知りたい方は、こちらをぜひチェックしてみてください

【撒き餌レンズ】メーカー別おすすめ神レンズ17選を紹介|2021年最新 【撒き餌レンズ】メーカー別おすすめ神レンズ17選を紹介|2022年最新

写真の上達が早くなる

単焦点レンズの隠れた大きな魅力のひとつとして、写真の上達が早くなる点が挙げられます

例えばカメラの設定ひとつを行うにしても、単焦点レンズは画角が一定ですし、キットズームレンズのようにズームに応じてF値が変わることもないため、設定がシンプルで覚え易いといった特徴があります

はろ
はろ

一瞬のシャッターチャンスで理想の一枚を撮りやすいのが単焦点レンズです!

また、同じ画角をずっと使っているとファインダーや背面モニターを見なくても「だいたいこのくらいの範囲が撮れる」といった感覚が身についてくるため、シャッターを切る前に構図のことをじっくり考えたり、場所取りを工夫するなどといった余裕が生まれてきます

身につけた画角の慣れ(スキル)は、単焦点レンズからズームレンズに持ち替えた時にも発揮されますので、自分の得意な画角のスキルを身につけていくのは本当に楽しいですよ

まずは標準画角と呼ばれるフルサイズ換算「50mmの単焦点レンズから始めてみるのがおすすめですが、広角や望遠レンズの特徴も理解しておくと、自分に合ったレンズ選びの参考になるかと思います

広角レンズ・望遠レンズの特徴については以下の記事にまとめていますので、ぜひ参考にしてください

【広角・望遠レンズのメリット・デメリット】作例付きで特徴を解説 【広角・望遠レンズのメリット・デメリット】作例付きで特徴を解説

単焦点レンズのデメリット

ここまで単焦点レンズの魅力をお伝えしてきましたが、ズームレンズと比べた際にデメリットに感じる面もありますので、念のため触れておきます

単焦点レンズのデメリット
  • ズームレンズよりも撮影できるシーンが限られるため、レンズを使い分けるが必要がある

ズームレンズよりも撮影できるシーンが限られる

単焦点レンズは画角を自由に切り替えることができないため、狭い室内や遠くからの撮影など、広角・望遠といったあらゆる撮影シーンに対してレンズ1本で対応するのは難しいです

ただし、ズームレンズをお持ちであれば、レンズ交換をすることで対処は可能ですので、大きなデメリットにはならないかと思います

はろ
はろ

どうしても単焦点レンズで撮りきれないシーンは、万能なズームレンズに託して、ここぞと言うときは単焦点レンズを使うイメージです

一方で、単焦点レンズにはたくさんの魅力があり、特に画角を固定することで自分の頭で考えながら撮影するのも非常に楽しいです。写真の上達への近道にもなります

万能ではないからこそ、画角に特化した単焦点レンズを使いこなすのがある意味ロマンでもあるかと思いますので、ぜひみなさんもチャレンジしていただけると嬉しいです

はろ
はろ

僕としては、単焦点レンズは「軽くて持ち運びが便利な上に、画質もいい」ので使いたくなっちゃいますね

まとめ:単焦点レンズを使ってはじめてわかることがたくさんある

今回はカメラ初心者の方にもできる限りわかりやすく単焦点レンズのメリット・デメリットを紹介させていただきました

ズームレンズはどうしてもサイズが大きくなってしまうので、カメラ自体を持ち運ぶことに躊躇してしまうシーンも、単焦点レンズなら持ち運んでみようかなと思えることも多く、個人的にはそういった意味でも単焦点レンズには画質以外の魅力があるのかなと思っています

はろ
はろ

もちろん、ボケ感や暗所耐性などのスペック面も恩恵を受けられるシーンがたくさんあると思います!

 

単焦点レンズのメリット
  • 一般的にサイズが小さくて持ち運びが楽
  • 大きくボケる・手ぶれもしづらい
  • 解像感・歪みが少なく、画質が良い
  • 撒き餌レンズなら純正レンズを廉価で買える
  • 写真の上達が早くなる
単焦点レンズのデメリット
  • ズームレンズよりも撮影できるシーンが限られるため、レンズを使い分けるが必要がある

特に単焦点レンズの中でも、「撒き餌レンズ」は純正レンズながら価格が非常に安いため、単焦点レンズデビューにはぴったりな存在だと思います

以下の記事では、各メーカーの撒き餌レンズをお使いのカメラから探すことができますので、ぜひチェックしてみてくださいね

関連記事

はろ
はろ

今回の記事はこれで以上となります!最後までご覧いただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA