【撒き餌レンズ】メーカー別おすすめ神レンズ17選を紹介|2021年最新

【撒き餌レンズ】メーカー別おすすめ神レンズ17選を紹介|2021年最新

撒き餌レンズとは、単焦点レンズの魅力を多くのユーザに体感してもらうために、レンズメーカーが利益そっちのけで提供する超高コスパの単焦点レンズのこと

撒き餌レンズのメリットは「キットレンズでは体験できないワンランク上の写りを非常に安く手に入れられることです

 

撒き餌レンズのメリット
  • 非常にボケる・暗いシーンに強い
  • 軽くて小さいものが多い
  • 2〜3万円程度と安く購入できる
はろはろ
はろはろ

魚(ユーザー)を呼び寄せる「撒き餌」からつけられた名称ですが、正直撒き餌と呼ぶには失礼なくらい「神レンズ揃い」です

 

そこで今回は「新しいレンズはどれにしよう?」とお悩みの方向けに、主要カメラメーカー6社のおすすめ撒き餌レンズを紹介します

なお、撒き餌レンズは、一般的にカメラメーカーから発売されるものが対象となりますが、この記事ではサードパーティ製レンズを含めて高コスパのレンズを紹介します

はろはろ
はろはろ

少しでも安く・高コスパのレンズを見つけてくださいね!

 

\ 撒き餌レンズを使えば「大きなボケ」が作れます /

20210504-A7300429

 

おすすめ撒き餌レンズリンク

今回は、主要カメラメーカー6社のおすすめ撒き餌レンズを紹介します

お使いのカメラのメーカー(以下の青字部分)をクリックすると該当の部分にジャンプできます

(注意)カメラ機種によって使えるレンズ・使えないレンズが存在します

はじめて交換レンズを追加購入される方は必ず読んでください

これは撒き餌レンズに限った話ではありませんが、同じカメラメーカーから発売されているレンズでも、カメラとの相性によっては使えないレンズが存在します

 

レンズを選ぶ際にはお使いのカメラ機種が対応する「マウント・センサーサイズ」を必ずチェックしましょう

はろはろ
はろはろ

本記事では各メーカーごとに一覧表を用意しています。対応するマウントが一目でわかりますので、チェックしてくださいね

これらの意味を覚える必要はありませんが、正しいレンズを選ぶためには必ず押さえておかなければいけないポイントです

  • マウント:レンズの接合部の形状。同じメーカーでも複数マウントあり
  • センサーサイズ:撮像素子の大きさ。フルサイズ・APS-C・マイクロフォーサーズが代表的
はろはろ
はろはろ

車で例えるなら、車メーカーの中でも、軽・普通・大型車にあったアイテム選びが必要になるような感覚です

SONY(ソニー)おすすめ撒き餌レンズ

キットレンズをお使いで「大きくボケた写真が撮れないなぁ」とお悩みの方はぜひチェックしてみましょう

お使いのカメラに合うレンズをチェック!
はろはろ
はろはろ

カメラのセンサーサイズ(フルサイズ・APS-C)によって対応レンズが異なります。以下を参考におすすめのレンズをチェックしてください

  • ソニーEマウント
    • フルサイズのカメラ機種例
      • α7シリーズ(α7Ⅲ・α7Cなど)
    • APS-Cのカメラ機種例
      • α6000シリーズ(6400・α6600など)
      • VLOGCAM ZV-E10シリーズ

SONY Eマウント

撒き餌レンズ:SONY Eマウント

はじめに、フルサイズ対応のSONY Eマウントレンズ2本を紹介します

おすすめレンズはこの2つ!
SONY Eマウント(フルサイズ向け)

SONY SEL50F18F(FE 50mm F1.8)

価格:3万円程度
優れている点
惜しい点
  • フルサイズ対応レンズでは安い
  • 大きなボケを出せる
  • 暗いシーンに強い
  • 軽くてコンパクト
  • シャープな解像感
  • オートフォーカスが遅い・音が多少気になる
レンズメーカーSONY
レンズ名称SEL50F18F
(FE 50mm F1.8)
マウントEマウント
センサーサイズフルサイズ・APS-C
焦点距離50mm(標準)
解放F値F1.8
重さ186グラム
その他オートフォーカスは
やや遅い

 

このレンズの魅力

(フルサイズ向け)
フルサイズ対応レンズの中でもっと安く、写りの良さを体感できる

 

SONY SEL50F18F(FE 50mm F1.8)」は、フルサイズ対応のレンズの中でも、3万円台で買える最も手を伸ばしやすいレンズです

気になる写りの評判は非常に高く、シャープな描写・大きなボケを作り出すことができます。また、本当にフルサイズのレンズと思うほどに非常に軽量コンパクトなところも魅力の一つです

はろはろ
はろはろ

重さもiPhone程度で、フルサイズ用とは思えないほど扱いやすいです

オートフォーカスは多少遅いところが気になるポイントですが、写真撮影メインの方は特に不自由は少ないかと思います

 

\使用感はこちらの動画が非常に参考になります/

ソニー(SONY)
¥30,455 (2021/10/19 00:11時点 | Amazon調べ)
\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場

 

TAMRON 35mm F/2.8 Di Ⅲ OSD M1:2(Model:F053)

価格:3.5万円程度
優れている点
惜しい点
  • 軽くてコンパクト
  • オートフォーカスが速い
  • 扱いやすい35mmの画角
  • 近くまで寄って撮影できる(ハーフマクロ)
  • 解放F値がF2.8とやや控えめ
レンズメーカーTAMRON
レンズ名称35mm F/2.8 Di III OSD M1:2
(Model F053)
マウントEマウント
センサーサイズフルサイズ・APS-C
焦点距離35mm
(やや広角)
解放F値F2.8
重さ210グラム
その他ハーフマクロ撮影が可能

 

このレンズの魅力

(フルサイズ・APS-C向け)
動く被写体への強さ・小さなものを大きく写せる表現の幅の広さ

  

このレンズの特徴的な性能は、オートフォーカスの速さとハーフマクロ撮影(接写)ができること

はろはろ
はろはろ

食べ物を大きく写したり、走り回るこどもをピントずれせずに撮れるなど、表現の幅が本当に広いレンズです

 

やや広めの画角(35mm)は、人間の視野に近く使いやすい上に、APS-Cカメラで使っても自然な画角となります

F値こそF2.8と控えめですが、近接撮影では非常に大きなボケを出せるため、デメリットと感じるシーンは少ないかと思います

はろはろ
はろはろ

この価格帯でハーフマクロ撮影ができるレンズは珍しいです!

 

\使用感はこちらの動画が非常に参考になります/

\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場

はろはろ
はろはろ

ここまでは、フルサイズ向けのおすすめレンズ2本を紹介しました

続いては、APS-C専用のSONY Eマウントおすすめレンズを紹介します

おすすめレンズはこの2つ!
SONY Eマウント(APS-C向け)

SONY SEL35F18(E 35mm F1.8 OSS)・APS-C専用

価格:4万円程度
優れている点
惜しい点
  • 大きなボケを出せる
  • 暗いシーンに強い
  • 手振れ補正が付いている
  • トップクラスの軽さ・小ささ
  • 少し価格が高い
レンズメーカーSONY
レンズ名称SEL35F18
(E 35mm F1.8 OSS)
マウントEマウント
センサーサイズAPS-C
焦点距離35mm
焦点距離
(フルサイズ換算)
50mm
(標準)
解放F値F1.8
重さ154グラム
その他手振れ補正対応

 

このレンズの魅力

(APS-C向け)
手振れ補正付きで、望遠撮影や動画撮影の際にブレ無く撮れる

 

このレンズの特徴は、レンズ内部に手振れ補正機構が付いていることです

運動会で望遠レンズを持った際も手振れしづらく撮影を助けてくれますし、なにより動画撮影ではブレの少ないなめらかな映像を残すことができます

 

また、APS-Cカメラのコンパクトさを十分に引き立てる小型軽量設計でありつつ、大きなボケや暗いシーンに強いといった性能を持ち合わせています

4万円台と若干の割高感がありますが、手振れ補正付きのレンズは珍しいため、個人的にはSONY APS-Cカメラをお使いの方であれば、初めての単焦点レンズとして最もおすすめできる1本です

 

\使用感はこちらの動画が非常に参考になります/

ソニー(SONY)
¥41,227 (2021/10/19 00:11時点 | Amazon調べ)
\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場

 

SIGMA 30mm F1.4 DC DN(ソニーE)・APS-C専用

価格:3.5万円程度
優れている点
惜しい点
  • 非常に大きなボケを出せる
  • 暗いシーンに強い
  • シャープな解像感
  • 高速オートフォーカス
  • 手振れ補正なし
レンズメーカーSIGMA
レンズ名称30mm F1.4 DC DN
マウントEマウント
センサーサイズAPS-C
焦点距離30mm
焦点距離
(フルサイズ換算)
45mm
(標準)
解放F値F1.4
重さ265グラム
その他

 

このレンズの魅力

(APS-C向け)
圧倒的なボケの大きさ・レンズ性能の高さ

 

SIGMAレンズの解像感は巷でも有名で、このレンズも例外なくシャープな写りをします

また、開放F1.4の大口径モデルであり、本当にAPS-Cで撮った写真?と思うほどに大きくボケます。さらに、高速なオートフォーカスが搭載されているなど、レンズの性能はSONY純正を上回るといっても過言ではありません

はろはろ
はろはろ

サードパーティ製レンズでありながら、非常に高いクオリティです

 

APS-Cでも、フルサイズのような大きなボケを味わいたい!と考えている方に非常におすすめのレンズです

 

\使用感はこちらの動画が非常に参考になります/

シグマ(Sigma)
¥34,500 (2021/10/19 00:11時点 | Amazon調べ)
\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場

 

比較表:SONY Eマウント

 

おすすめの選び方

 

レンズメーカーSONYTAMRONSONYSIGMA
レンズ名称SEL50F18F
(FE 50mm F1.8)
35mm F/2.8 Di III
OSD M1:2
(Model F053)
SEL35F18
(E 35mm F1.8 OSS)
30mm F1.4 DC DN
マウントEマウントEマウントEマウントEマウント
センサーサイズフルサイズ
APS-C
フルサイズ
APS-C
APS-CAPS-C
焦点距離50mm35mm35mm30mm
焦点距離
(フルサイズ換算)
50mm
(標準)
35mm
(やや広角)
52.5mm
(標準)
45mm
(標準)
解放F値F1.8F2.8F1.8F1.4
重さ186グラム210グラム154グラム265グラム
その他オートフォーカスが
やや遅い
ハーフマクロ撮影が可能

APS-C利用でも
利便性が高い画角
手振れ補正
対応
実売価格約3万円約4万円約4万円約3.5万円
はろはろ
はろはろ

SONY Eマウントのおすすめ撒き餌レンズ紹介は以上です

⬇︎まとめに進む

Canon(キャノン)おすすめ撒き餌レンズ

キットレンズをお使いで「大きくボケた写真が撮れないなぁ」とお悩みの方はぜひチェックしてみましょう

お使いのカメラに合うレンズをチェック!

Canonはマウントがややこしい構造メーカーで、3つのマウントが存在します。以下を参考にマウントを確認してください

はろはろ
はろはろ

カメラの種類(ミラーレス一眼 or 一眼レフ)・センサーサイズ(フルサイズ・APS-C)によって対応レンズが異なります

  • EF-Mマウント対応カメラ(ミラーレス一眼・APS-C)
    • EOS Kiss Mシリーズ
    • EOS Mシリーズ
  • EFマウント対応カメラ(一眼レフ全般)
    • EOS Kiss Xシリーズ
    • EOS Dシリーズ
  • RFマウント対応カメラ(ミラーレス一眼・フルサイズ)
    • EOS Rシリーズ

Canon EF-Mマウント

撒き餌レンズ:Canon EF-Mマウント

キャノンのミラーレス一眼(APS-C)に対応する「EF-Mマウント」のおすすめレンズ2本を紹介します

おすすめレンズはこの2つ!
はろはろ
はろはろ

EF-Mマウントはレンズの種類が少ないと言われることもありますが、撒き餌レンズは非常に強力なラインナップとなっています

SIGMA 30mm F1.4 DC DN(キャノンM用)

価格:3.5万円程度
優れている点
惜しい点
  • 非常に大きなボケを出せる
  • 暗いシーンに強い
  • シャープな解像感
  • 高速オートフォーカス
  • 特になし
レンズメーカーSIGMA
レンズ名称30mm F1.4 DC DN
マウントEF-Mマウント
センサーサイズAPS-C
焦点距離30mm
焦点距離
(フルサイズ換算)
48mm(標準)
解放F値F1.4
重さ270グラム
その他

 

このレンズの魅力

圧倒的なボケの大きさ・レンズ性能の高さ

 

SONY編でも登場した本レンズ。SIGMAレンズの解像感は巷でも有名で、このレンズも例外なくシャープな写りをします

また、開放F1.4の大口径モデルであり、本当にAPS-Cで撮った写真?と思うほどに大きくボケます。さらに、高速なオートフォーカスが搭載されているなど、レンズの性能はSONY純正を上回るといっても過言ではありません

はろはろ
はろはろ

サードパーティ製レンズでありながら、非常に高いクオリティです

 

APS-Cでも、フルサイズのような大きなボケを味わいたい!と考えている方に非常におすすめのレンズです

 

\使用感はこちらの動画が非常に参考になります/

動画はSONY向けにカスタマイズされたモデルですが、基本的な作りは同じです
\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場

 

Canon EF-M 22mm F2 STM

価格:2.5万円程度
優れている点
惜しい点
  • 広角気味で使いやすい画角
  • 薄くて軽いパンケーキレンズ
  • 価格が安い
  • レンズフードは別売り
レンズメーカーCanon
レンズ名称EF-M 22mm F2 STM
マウントEF-Mマウント
センサーサイズAPS-C
焦点距離22mm
焦点距離
(フルサイズ換算)
35mm
(やや広角)
解放F値F2
重さ105グラム
その他レンズフード別売

 

このレンズの魅力

圧倒的な持ち運びやすさ・肉眼に近い自然な画角

 

Canon EF-M 22mm F2 STM」は、パンケーキレンズと呼ばれる超薄型・軽量のレンズで、どこに持ち歩いても全く疲れないお気軽レンズとして使えるのが最大の魅力です

はろはろ
はろはろ

軽すぎて一部の方からは、レンズキャップとも言われています(笑)

さらに2万円台前半と価格が安いため、初心者の方でも手を伸ばしやすいのが魅力のひとつ。やや広角気味の画角(画角)は、肉眼に近いため、はじめての単焦点レンズの方にも使いやすいです

 

単焦点レンズ選びで、小型軽量・扱いやすい画角を重視する方には、非常におすすめのレンズです

 

\使用感はこちらの動画が非常に参考になります/

\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場

 

なお、こちらのレンズはレンズフードが付属しません。明るい撮影シーンで撮影することが多い方は、追加購入を検討しましょう

Canon
¥1,970 (2021/10/16 05:32時点 | Amazon調べ)
\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場
はろはろ
はろはろ

光の乱反射・写り込みを抑えてくれる必須アイテムですよ

 

比較表:Canon EF-Mマウント

 

おすすめの選び方

 

レンズメーカーSIGMACanon
レンズ名称30mm F1.4 DC DNEF-M 22mm F2 STM
マウントEF-MマウントEF-Mマウント
センサーサイズAPS-CAPS-C
焦点距離30mm22mm
焦点距離
(フルサイズ換算)
45mm
(標準)
35mm
(やや広角)
解放F値F1.4F2
重さ265グラム105グラム
その他レンズフード別売
実売価格約3.5万円約2万円
はろはろ
はろはろ

Canon EF-Mマウントのおすすめ撒き餌レンズ紹介は以上です

⬇︎まとめに進む

Canon EFマウント

撒き餌レンズ:Canon EFマウント

ここからは、キャノンの一眼レフ(フルサイズ・APS-C)に対応する「EFマウント」のおすすめレンズ2本を紹介します

おすすめレンズはこの2つ!
Canon EFマウント
はろはろ
はろはろ

フルサイズ・APS-Cそれぞれにおすすめなレンズを1本ずつ紹介します!

Canon EF 50mm F1.8 STM

優れている点
惜しい点
  • 破格の安さ
  • 大きなボケを出せる
  • 暗いシーンに強い
  • 非常に軽くてコンパクト
  • レンズフードは別売り
レンズメーカーCanon
レンズ名称EF 50mm F1.8 STM
マウントEFマウント
センサーサイズフルサイズ・APS-C
焦点距離50mm(標準)
解放F値F1.8
重さ158グラム
その他レンズフード別売

 

このレンズの魅力

(フルサイズ向け)
1万円台で買える異次元のコストパフォーマンス

 

「CanonEF 50mm F1.8 STM」は、フルサイズ対応レンズでありながら、1万円台で買える異次元のコスパ最強のレンズとなっています

単焦点デビューをしてみたいなと考えている人にとって、気軽にチャレンジできる価格帯は非常に魅力的です

はろはろ
はろはろ

フルサイズ対応レンズで1万円台で買える撒き餌レンズは、他メーカーを見渡してもCanonだけです

 

外観も軽量コンパクトであり、かつ大きなボケ感や暗所耐性もバッチリな性能を持ちあわせています

EFマウントで標準画角をお探しの方は、他に選択肢がないほど抜きん出たレンズとなっています

 

\使用感はこちらの動画が非常に参考になります/

\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場

 

なお、こちらのレンズはレンズフードが付属しません。明るい撮影シーンで撮影することが多い方は、追加購入を検討しましょう

Canon
¥1,380 (2021/10/16 05:32時点 | Amazon調べ)
\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場
はろはろ
はろはろ

光の乱反射・写り込みを抑えてくれる必須アイテムですよ

 

Canon EF 40mm F2.8 STM

優れている点
惜しい点
  • APS-Cと併用できるバランスのよい画角
  • EFレンズで最薄・最軽量
  • レンズフードは別売り
  • 解放F値がF2.8とやや控えめ
レンズメーカーCanon
レンズ名称EF 40mm F2.8 STM
マウントEFマウント
センサーサイズフルサイズ・APS-C
焦点距離40mm(標準)
解放F値F2.8
重さ130グラム
その他レンズフード別売

APS-Cでも
利便性の高い画角

 

このレンズの魅力

(APS-C向け)
軽量コンパクトで機動性が最高

 

「CanonEF 40mm F2.8 STM」は、APS-Cユーザの方におすすめしたいCanon純正の撒き餌レンズです

 

パンケーキレンズのため非常に軽くてコンパクトな上に、F2.8とそこそこに大きなボケ感を得ることができます

APS-Cカメラに装着すると、やや中望遠よりの標準域の画角として利用できるため、APS-Cで撒き餌レンズをお探しの方にピッタリのレンズです

はろはろ
はろはろ

もちろんフルサイズでも使用できます

 

今後フルサイズに移行したいと考えている方にとっては、レンズをそのまま使える点も嬉しいところ

 

\使用感はこちらの動画が非常に参考になります/

\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場

 

比較表:Canon EFマウント

 

おすすめの選び方

 

レンズメーカーCanonCanon
レンズ名称EF 50mm F1.8 STMEF 40mm F2.8 STM
マウントEFマウントEFマウント
センサーサイズフルサイズ
APS-C
フルサイズ
APS-C
焦点距離50mm(標準)40mm(標準)
解放F値F1.8F2.8
重さ158グラム130グラム
その他レンズフード別売レンズフード別売
APS-Cでも
利便性の高い画角
実売価格約3.5万円約3万円
はろはろ
はろはろ

Canon EFマウントのおすすめ撒き餌レンズ紹介は以上です

⬇︎まとめに進む

Canon RFマウント

撒き餌レンズ:Canon RFマウント

キャノンのミラーレス一眼(フルサイズ)に対応する、「RFマウント」のおすすめレンズ1本を紹介します

おすすめレンズはこの1つ!
Canon RFマウント
はろはろ
はろはろ

RFマウントは歴史が浅く、現状は撒き餌レンズのラインナップが少ないです

Canon RF 50mm F1.8 STM

優れている点
惜しい点
  • RFマウントでは破格の安さ
  • 大きなボケを出せる
  • 暗いシーンに強い
  • トップレベルの軽さと小ささ
  • 個性のあるボケ味(輪郭が強調されて見える)
  • レンズフードは別売り
レンズメーカーCanon
レンズ名称RF 50mm F1.8 STM
マウントRFマウント
センサーサイズフルサイズ
焦点距離50mm(標準)
解放F値F1.8
重さ160グラム
その他ボケ味が特徴的
レンズフード別売

 

このレンズの魅力

小型軽量かつ大きなボケ感が味わえるハイコスパレンズ

 

RFマウントは全体的に非常に高価なレンズラインナップとなっていますが、「RF 50mm F1.8 STM」は2万円台で購入できます

レンズの性能も素晴らしく、非常に軽量・コンパクトかつ非常に大きなボケを出せるレンズとなっています

 

最近のCanonは、ミラーレス一眼(RFマウント)に力をいれているものの、レンズ価格で諦めていた人も多いと思います。このレンズは、RFマウントに一歩踏み出せなかったユーザーの背中を押してくれる、非常にありがたい存在です

 

輪郭が強調されてボケが個性的ですが、2万円台で買えるレンズとしてはコスパが非常に高いため、とりあえず1本持っておくくらいでもいいのか思います

 

\使用感はこちらの動画が非常に参考になります/

\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場

 

なお、こちらのレンズはレンズフードが付属しません。明るい撮影シーンで撮影することが多い方は、追加購入を検討しましょう

キヤノン
¥3,300 (2021/09/23 09:56時点 | Amazon調べ)
\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場
はろはろ
はろはろ

光の乱反射・写り込みを抑えてくれる必須アイテムですよ

Nikon(ニコン)おすすめ撒き餌レンズ

キットレンズをお使いで「大きくボケた写真が撮れないなぁ」とお悩みの方はぜひチェックしてみましょう

お使いのカメラに合うレンズをチェック!
はろはろ
はろはろ

カメラの種類(ミラーレス一眼 or 一眼レフ)によって対応するマウントが異なります

  • Fマウント一眼レフ向け
    • フルサイズのカメラ機種例
      • Dシリーズ FX(D一桁シリーズ全般・Dfシリーズ全般・D600/700/800番台)
    • APS-Cのカメラ機種例
      • Dシリーズ DX(D500番台・D四桁シリーズ全般)
  • Zマウントミラーレス一眼向け
    • フルサイズのカメラ機種例
      • Z一桁シリーズ(Z5・Z6・Z7など)
    • APS-Cのカメラ機種例
      • Z二桁シリーズ(Z50・Zfcなど)

Nikon Fマウント

撒き餌レンズ:Nikon Fマウント

Nikonの一眼レフ(フルサイズ・APS-C)に対応する「Fマウント」のおすすめレンズ3本を紹介します

おすすめはこの3つ!
Nikon Fマウント
はろはろ
はろはろ

フルサイズ・APS-Cそれぞれにおすすめなレンズを紹介します!

Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

優れている点
惜しい点
  • 大きなボケを出せる
  • 暗いシーンに強い
  • 軽量・コンパクト
  • 特になし
レンズメーカーNikon
レンズ名称AF-S NIKKOR F/1.8G
マウントFマウント
センサーサイズフルサイズ・APS-C
焦点距離50mm(標準)
解放F値F1.8
重さ210グラム
その他APS-C利用時
焦点距離75mm
(中望遠)

 

このレンズの魅力

(フルサイズ向け)
小型軽量かつ大きなボケ感が味わえるハイコスパレンズ

 

Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」は、2万円台中盤の価格ながら、非常に軽量コンパクトかつ大きなボケ感を作り出すことができます

単焦点デビューをしてみたいなと考えている人にとって、気軽にチャレンジできる価格帯は非常に魅力的です

はろはろ
はろはろ

王道の撒き餌レンズといったスペックですね

50mmの焦点距離は、スナップからポートレートまで幅広い応用が効く汎用性があるため、カメラ初心者の方でも扱いやすい画角となっています

 

Fマウント(フルサイズ対応)の中でも、圧倒的なコストパフォーマンスを誇っているため、はじめての単焦点選びの際には最優先で使ってみたいレンズですね

 

\使用感はこちらの動画が非常に参考になります/

 

Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

優れている点
惜しい点
  • 大きなボケを出せる
  • 暗いシーンに強い
  • 軽量・コンパクト
  • 価格が安い
  • 特になし
レンズメーカーNikon
レンズ名称AF-S DX
NIKKOR 35mm F/1.8G
マウントFマウント
センサーサイズAPS-C
焦点距離35mm
焦点距離
(フルサイズ換算)
52mm(標準)
解放F値F1.8
重さ185グラム
その他

 

このレンズの魅力

(APS-C向け)
小型軽量かつ大きなボケ感が味わえるハイコスパレンズ

 

Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G」は、APS-Cカメラをお使いの方におすすめしたいレンズです

ザ・王道の撒き餌レンズというに相応しい性能で、解放F1.8から生まれる大きなボケ感や暗いシーンでもノイズを最小限にした撮影ができます

 

また、スナップ撮影からポートレートまで幅広く活躍する標準域の画角となるため、ガチャガチャとレンズ交換をせずともこれ一本で撮りまわせるところが非常に便利です

はろはろ
はろはろ

レンズも小さくて非常に軽いため、持ち運びに便利ですよ!

 

それでいて、2万円を切る破格の価格設定ですので、はじめての単焦点選びに悩む方の強い見方となる単焦点レンズと言えます

 

\使用感はこちらの動画が非常に参考になります/

\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場

 

⬇︎まとめに進む

Nikon AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G

優れている点
惜しい点
  • 近接撮影ができる(マクロ撮影)
  • 使いやすい画角(標準)
  • 軽量・コンパクト
  • 価格が安い
  • F値がやや控えめ
レンズメーカーNikon
レンズ名称AF-S DX
Micro NIKKOR F/2.8G
マウントFマウント
センサーサイズAPS-C
焦点距離40mm
焦点距離
(フルサイズ換算)
60mm(標準)
解放F値F2.8
重さ235グラム
その他マクロ撮影が可能

 

このレンズの魅力

(APS-C向け)
マクロ撮影に対応した表現の幅の広さとコスパの高さ

 

「Nikon AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G」の特徴的な性能はマクロ撮影ができること

近接撮影に強いため、食べ物・花などクローズアップした写真を自由自在に撮影することができます

 

あらゆる撮影シーンに応用できる標準域の画角と小型軽量設計を兼ねそろえているため、スナップから旅行までいつでもどこでも持ち歩くことができます。F値こそF2.8と控えめですが、近接撮影ではボケが非常に大きくなるため、デメリットと感じるシーンは少ないかと思います

 

マクロ撮影ができる上に2万円台のレンズは他メーカーでも聞いたことがないため、個人的にはかなり推しのレンズです

\使用感はこちらの動画が非常に参考になります/

\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場

 

比較表:Nikon Fマウント

 

おすすめの選び方

 

レンズメーカーNikonNikonNikon
レンズ名称AF-S
NIKKOR F/1.8G
AF-S DX
NIKKOR F/1.8G
AF-S DX
Micro NIKKOR F/2.8G
マウントFマウントFマウントFマウント
センサーサイズフルサイズ
APS-C
APS-CAPS-C
焦点距離50mm35mm40mm
焦点距離
(フルサイズ換算)
50mm
(標準)
52mm
(標準)
60mm
(標準)
解放F値F1.8F1.8F2.8
重さ185グラム210グラム235グラム
その他APS-C利用時
焦点距離75mm
(中望遠)
マクロ撮影が可能
実売価格約2.5万円約2万円約2万円
はろはろ
はろはろ

Nikon Fマウントのおすすめ撒き餌レンズ紹介は以上です

⬇︎まとめに進む

Nikon Zマウント

撒き餌レンズ:Nikon Zマウント

Nikonのミラーレス一眼(フルサイズ・APS-C)に対応する、「Zマウント」のおすすめレンズ1本を紹介します

おすすめはこの1つ!
Nikon Zマウント
はろはろ
はろはろ

Zマウントは歴史が浅く、現状は撒き餌レンズのラインナップが少ないです

Nikon NIKKOR Z 40mm F/2

価格:3万円程度
優れている点
惜しい点
  • Zマウント唯一の撒き餌レンズ
  • ボケが非常にキレイ
  • 非常に軽量コンパクト
  • フルサイズでもAPS-Cでもちょうど良い画角
  • 特になし
レンズメーカーNikon
レンズ名称NIKKOR Z 40mm F/2
マウントZマウント
センサーサイズフルサイズ・APS-C
焦点距離40mm(標準)
焦点距離
(APS-C利用時)
60mm(標準)
解放F値F2
重さ170グラム
その他防塵防滴対応

 

このレンズの魅力

Zマウントで唯一のハイコスパレンズ

 

2021年10月、ついにZマウントから撒き餌レンズが発売されました。Nikon Zレンズは性能面が非常に高いと評判ですが、このレンズも例外なく性能が非常に高いです

特にボケの質が非常に高く、F値開放では周辺まできれいな円形のボケをつくることができます(詳しくはリンクの動画を参照)

はろはろ
はろはろ

正直、撒き餌レンズでここまでキレイなボケは見たことがありません

オートフォーカスも早く、軽くてコンパクト。特に気になるデメリットもありません

 

それでいて3万円を切る程度の価格ですので、単焦点デビューをしてみたいなと考えている人にとって、気軽にチャレンジできる価格帯は非常に魅力的です

はろはろ
はろはろ

SONYユーザの私からみたら羨ましくてしょうがないレンズです…

幅広い使い方に応えるレンズですので、スナップ用や本格的な作品撮りどちらにも大活躍するレンズですね 

 

\使用感はこちらの動画が非常に参考になります/

⬇︎まとめに進む

FUJIFILM(フジフィルム)おすすめ撒き餌レンズ

ここでは、フジフィルムのミラーレス一眼(APS-C)が対応する「Xマウント」のおすすめレンズ2本を紹介します

キットレンズをお使いで「大きくボケた写真が撮れないなぁ」とお悩みの方はぜひチェックしてみましょう

FUJIFILM Xマウント

撒き餌レンズ:FUJIFILM Xマウント
おすすめはこの2つ!
はろはろ
はろはろ

FUJIFILMからは中判ミラーレス機も発売されていますが、今回は割愛します

FUJIFILM XC 35mm MMF F2

優れている点
惜しい点
  • 大きなボケを出せる
  • 暗いシーンに強い
  • 非常に軽量コンパクト
  • コスパが非常に高い
  • レンズフードは別売り
  • オートフォーカス音が気になる
レンズメーカーFUJIFILM
レンズ名称XC 35mm MMF F2
マウントXマウント
センサーサイズAPS-C
焦点距離35mm
焦点距離
(フルサイズ換算)
52mm(標準)
解放F値F2
重さ130グラム
その他レンズフード別売

 

このレンズの魅力

小型軽量かつ大きなボケ感が味わえるハイコスパレンズ

 

FUJIFILMの王道撒き餌レンズといえば、「FUJIFILM XC 35mm MMF F2」

解放F2から生まれる大きなボケ感、暗いシーンでもノイズを最小限に抑えた撮影ができることがメリットです

 

プラスチック製の外観はすこしチープな印象を受ける人もいるかもしれませんが、その分レンズは非常に軽く設計されています

使いやすい標準域の画角であることも相まって、スナップからポートレートまであらゆるシーンでどこでも活躍するレンズとなっています

はろはろ
はろはろ

女性にも使いやすい大きさと重さですね

 

 

\使用感はこちらの動画が非常に参考になります/

富士フイルム
¥24,012 (2021/10/14 08:44時点 | Amazon調べ)
\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場

 

なお、こちらのレンズはレンズフードが付属しません。明るい撮影シーンで撮影することが多い方は、追加購入を検討しましょう

FUJIFILM
¥5,618 (2021/10/17 19:18時点 | Amazon調べ)
\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場
はろはろ
はろはろ

光の乱反射・写り込みを抑えてくれる必須アイテムですよ

 

FUJIFILM XF 35mm F2 R WR

優れている点
惜しい点
  • 大きなボケを出せる
  • 暗いシーンに強い
  • メタル製で高級感のある外観
  • 絞り調節リングが付いている
  • 価格が多少お高め
レンズメーカーFUJIFILM
レンズ名称XF 35mm F2 R WR
マウントXマウント
センサーサイズAPS-C
焦点距離35mm
焦点距離
(フルサイズ換算)
52mm(標準)
解放F値F2
重さ170グラム
その他絞りリング搭載
高級感のある外観

 

このレンズの魅力

見た目にもこだわった作り・小型軽量かつ大きなボケ感が味わえる

 

XF 35mm F2 R WR」は、写りや性能面ではほとんどFUJIFILM XC 35mm MMF F2」と同じです。「XC 35mm MMF F2」との主な違いは外観や付属品で、全体的に高級感のある作りになっています

はろはろ
はろはろ

このレンズはメタル製のため、所有感を満たしてくれる外観になっています

また、絞り調節リングが付いているため、操作ダイヤルが少ないカメラ(X-Aシリーズなど)をお使いの方は、かなりありがたい存在になるかと思います

なお、こちらのレンズにはレンズフードも付いてきます

はろはろ
はろはろ

これからレンズにこだわっていきたい方にとっては、ぴったりの存在ですね

  

\使用感はこちらの動画が非常に参考になります/

富士フイルム
¥42,800 (2021/10/12 23:17時点 | Amazon調べ)
\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場

 

比較表:FUJIFILM Xマウント

 

おすすめの選び方

 

レンズメーカーFUJIFILMFUJIFILM
レンズ名称XC 35mm MMF F2XF 35mm F2 R WR
マウントXマウントXマウント
センサーサイズAPS-CAPS-C
焦点距離35mm35mm
焦点距離
(フルサイズ換算)
52mm
(標準)
52mm
(標準)
解放F値F2F2
重さ130グラム170グラム
その他レンズフード別売絞りリング搭載
高級感のある外観
実売価格約2.5万円約4万円
はろはろ
はろはろ

FUJIFILM Xマウントのおすすめ撒き餌レンズ紹介は以上です

⬇︎まとめに進む

Panasonic・OLYMPUS(パナソニック・オリンパス)おすすめ撒き餌レンズ

PanasonicとOLYMPUSは共通のマウントとなっていますので、まとめて紹介します 

はろはろ
はろはろ

メーカーを跨いでレンズを使えるのは本当にありがたいですよね!

キットレンズをお使いで「大きくボケた写真が撮れないなぁ」とお悩みの方はぜひチェックしてみましょう

マイクロフォーサーズマウント

撒き餌レンズ:マイクロフォーサーズマウント
おすすめはこの2つ!

Panasonic LUMIX G 25mm / F1.7 ASPH.

優れている点
惜しい点
  • 大きなボケを出せる
  • 暗いシーンに強い
  • 標準的な画角で利便性◎
  • 非常に軽量・コンパクト
  • 特になし
レンズメーカーPanasonic
レンズ名称LUMIX G 25mm / F1.7 ASPH.
マウントマイクロフォーサーズ
マウント
センサーサイズマイクロフォーサーズ
焦点距離25mm
焦点距離
(フルサイズ換算)
50mm(標準)
解放F値F1.7
重さ100グラム
その他

 

このレンズの魅力

小型軽量かつ大きなボケ感が味わえる

 

フルサイズ換算50mmの標準的な画角で、スナップからポートレートなど、日常の使い方であればどんな状況でもフィットするレンズです

はろはろ
はろはろ

このレベルとなれば大きなボケを味わうことができますよ

 

ちなみに、OLYMPUSからも同じ画角の撒き餌レンズが発売されています

しかし、基本的にはこちらのレンズおすすめです。価格差が1万円程度あるにもかかわらず、性能は対して変わらないことが理由です

 

\使用感はこちらの動画が非常に参考になります/

\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場

 

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

優れている点
惜しい点
  • 非常に大きなボケを出せる
  • 暗いシーンに強い
  • 人物撮影で活躍する画角(中望遠)
  • メタリックで高級感のある外観
  • 非常に軽量・コンパクト
  • レンズフードは別売り
  • 撮影時に多少距離を撮る必要あり
レンズメーカーOLYMPUS
レンズ名称M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
マウントマイクロフォーサーズ
マウント
センサーサイズマイクロフォーサーズ
焦点距離45mm
焦点距離
(フルサイズ換算)
90mm(中望遠)
解放F値F1.8
重さ116グラム
その他レンズフード別売

 

このレンズの魅力

中望遠のレンズながら価格が安く・非常に大きなボケ感が味わえる

 

フルサイズ換算90mmの中望遠レンズで、人間の視野よりも狭い範囲を切り抜くのに適しています。

はろはろ
はろはろ

解放F1.8かつ中望遠の画角ですので、よりボケが大きく・トロトロにボケてくれます

非日常的な写真を簡単に撮ることができるため、普段からお子さん・ご家族など人物を撮影される方は、違いを産むレンズとして検討してみましょう

 

中望遠レンズは一般的にレンズのサイズが大きくなりがちですが、このレンズは非常に軽くてコンパクトです

気軽に中望遠レンズを持ち運べるのも、マイクロフォーサーズの魅力を存分に引き出している点ですね

 

\外観はこちらの動画が非常に参考になります/

\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場

 

なお、こちらのレンズはレンズフードが付属しません。明るい撮影シーンで撮影することが多い方は、追加購入を検討しましょう

OLYMPUS
¥2,718 (2021/10/17 19:18時点 | Amazon調べ)
\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場
はろはろ
はろはろ

光の乱反射・写り込みを抑えてくれる必須アイテムですよ

 

比較表:マイクロフォーサーズマウント

 

おすすめの選び方

 

レンズメーカーPanasonicOLYMPUS
レンズ名称LUMIX G 25mm
/ F1.7 ASPH.
M.ZUIKO
DIGITAL 45mm F1.8
マウントマイクロフォーサーズ
マウント
マイクロフォーサーズ
マウント
センサーサイズマイクロフォーサーズマイクロフォーサーズ
焦点距離25mm45mm
焦点距離
(フルサイズ換算)
50mm
(標準)
90mm
(中望遠)
解放F値F1.7F1.8
重さ100グラム116グラム
その他レンズフード別売
実売価格約2.2万円約2.5万円
はろはろ
はろはろ

マイクロフォーサーズマウントのおすすめ撒き餌レンズ紹介は以上です

撒き餌レンズはカメラ初心者の心強い味方

撒き餌レンズは、大きなボケ感・高い解像感を手軽に体感できるため、カメラ初心者の心強い味方となってくれます

はろはろ
はろはろ

キットズームレンズとの違いにきっと驚くはずです

 

性能面だけ見れば、撒き餌レンズよりも性能の高いレンズはたくさんあります

しかし、価格差(数万円〜数十万円)を考えれば、その投資は本当に自分に必要か?を判断することは非常に難しいです

 

そういった物の価値を見極めるためにも、

まずは撒き餌レンズを実際に使ってみて良し悪しを判断することがおすすめです

 

撒き餌レンズは中古市場にもたくさん出回っていますので、さらに安く購入することも可能です

仮に自分に合わなくても、売却することで費用負担をさらに抑える方法もありますので、ぜひチャレンジしてみましょう

はろはろ
はろはろ

ぜひ、脱カメラ初心者の第一歩を歩んでいきましょう!

 

まとめ

今回は、カメラメーカー主要6社とサードパーティレンズを含めた「おすすめ撒き餌レンズ」について紹介させていただきました

今回、各メーカーの撒き餌レンズをまとめてみて、あらためてコスパのよいレンズがこんなにもたくさんあるのかと驚かされました

みなさんも撒き餌レンズを活用して、単焦点レンズデビューを果たしてみてはいかがでしょうか?

はろはろ
はろはろ

キットレンズでは味わえなかった綺麗な写りにびっくりしますよ!

 

不明点などあれば、ツイッターやコメント欄からご質問ください。みなさんが最高の相棒になるレンズと巡り会えることを楽しみにしています

はろはろ
はろはろ

それでは、次の記事でお会いしましょう!よいカメラライフを!