【SEL40F25G|作例レビュー】写りに妥協無しの超小型単焦点Gレンズ|FE 40mm F2.5 G

【SEL40F25G|作例レビュー】写りに妥協無しの超小型単焦点Gレンズ|FE 40mm F2.5 G

FE 40mm F2.5G(SEL40F25G)」は、SONY Eマウントの超軽量コンパクトラインナップとして、Gレンズの冠をつけて発売されたレンズの一つです

同時に発売された「24mm F2.8 / 40mm F2.5 / 50mm F2.5」の3本の中でも、40mmは標準域と広角域の間に属する、やや珍しい画角ということで気になっている方も多いのではないでしょうか

はろはろ
はろはろ

僕自身、このレンズは発売直後から1年以上愛用しているのですが、持ち出す頻度が一番高いくらいに気に入っているレンズです

FE 40mm F2.5Gの特徴は、圧倒的な持ち運びやすさと画質のクオリティを両立できる点で、

  • 長時間の手持ち撮影でも、体への負担を最小限にしてくれる
  • 写真・動画共にハイクオリティの作品が撮れる

といったメリットを持ちあわせたレンズだと感じます

はろはろ
はろはろ

著名なYoutuberの方も多く使用されていて、巷の評判も高いレンズです

 

そこで今回は、FE 40mm F2.5Gを購入して1年以上使ってみた感想をもとに、作例たっぷりでレビューをしていきたいと思います

気軽なスナップ撮影・お子さんやペットの撮影など、アクティブな手持ち撮影に非常におすすめなレンズですので、気になる方はぜひ最後までチェックしてみてください

FE 40mm F2.5G(SEL40F25G)の作例

まずは論より証拠。FE 40mm F2.5Gでどんな写真・動画が撮れるのかを、ぜひ一緒に見ていただければと思います

作例写真

まずは写真から。僕自身撮影に行く際は必ずと言っていいほどこのレンズ持ち歩いているため、いろんな作例パターンを用意してみました

はろはろ
はろはろ

夜景・ポトレ・物撮りなどバリエーションを用意してみましたので、ぜひチェックしてみてください

A7301737

F2.5, SS1/2500s, ISO 100

A7300025

F2.5, SS1/1000s, ISO 100

A7305192

F2.5, SS1/8000s, ISO 500

A7304966

F2.5, SS1/160s, ISO 100

A7304972

F18, SS1/40s, ISO 1600

A7301337

F4.0, SS1/160s, ISO 800

A7301191

F2.5, SS1/125s, ISO 100

A7305775

F2.5, SS1/50s, ISO 1600

A7305810

F1.8, SS1/100s, ISO 200

20210731-A7302275

F2.5, SS1/1500s, ISO 100

じぶ

F2.5, SS1/200s, ISO 100

はろはろ
はろはろ

いかがでしょうか?近接から遠景、夜景から激しい逆光までなんでも無難に撮れるので、軽さと相まって本当に使いやすいレンズだと感じます!

作例動画(ショート)

写真に続いては動画の作例です。こちらは全カットFE 40mm F2.5Gで撮影したショート動画です

はろはろ
はろはろ

解像感・ボケ感・AF性能などをぜひチェックしてみてください

使用機材
SONY α7IVで撮影:4K60p・アクティブ手振れ補正ON
はろ
はろ

画角については、SONY α7IVの制約(4K60p撮影時に35mmクロップ)により、焦点距離65mm相当になっています

なお、今回撮影に使用した「SONY α7IV(ILCE-7M4)」は、写真と動画をハイブリッドに撮りたい方に非常におすすめのカメラになっています。気になる方はぜひ以下の記事もチェックしてみてください

はろ
はろ

4Kスローが撮れて、3000万画素で写真も撮れる、そして動画の設定を独立で設定できるめちゃくちゃ便利なカメラです!

 

いったん作例はここまでとして、お次はレンズのスペックを紹介していきたいと思います

FE 40mm F2.5G(SEL40F25G)レンズスペック・評判

レンズスペックはすでにご存知という方は、こちらからレビューへジャンプできます

FE 40mm F2.5G(SEL40F25G)」は、写真だけではなく動画にも使いやすいAF性能や外部スイッチが搭載された最新の新しい部類のGレンズとなっています

はろ
はろ

重さはなんとiPhoneと同程度の173グラム。レンズを付けている感覚がわからないくらいに軽いレンズです!

レンズスペック

まずは全体的なスペックを表にまとめたのでご覧ください

レンズ名称
(型番)
FE 40mm F2.5G
(SEL40F25G)
焦点距離40mm
F値(最小〜最大)F2.5〜F22
絞り羽根枚数9枚
レンズ構成9群9枚
フィルター径49mm
重さ173g
最大径 × 長さ68 × 45 mm
最短撮影距離0.28m(AF時) / 0.25m(MF時)
最大撮像倍率0.2倍(AF時) / 0.23倍(MF時)
レンズ内手ぶれ補正なし
防塵防滴対応
レンズスペック

詳しくは以降のレビューパートで解説しますので、ここではざっくりスペックから見れるところのみ紹介します。特徴的なポイントは充実した外部スイッチです

  • 絞りリング:絞り値をリングで指定できる
  • 絞りリングのクリック音 On/Offスイッチ
  • ファンクションボタン
  • AF/MF切り替えスイッチ
はろ
はろ

ファンクションボタンやMF/AF切り替えスイッチは、動画を撮る側としては非常に嬉しい!!

レンズスペックから読み取れる特徴点は以下の通り。圧倒的な軽さと使いやすい画角、そして寄れるレンズということで、単焦点レンズの中でも抜群の使いやすさを誇るレンズとなっています

FE40mm F2.5Gの主な特徴
  • 扱いやすい画角:視野に近い焦点距離40mm
  • 超軽量&コンパクト持ち運びやすさ抜群
  • 寄れるレンズのため、テーブルフォトにも便利
  • 動画撮影にも使いやすい外部ボタン類

FE40mm F2.5G(SEL40F25G)レビュー|使ってよかった点(メリット面)

ここからは、「FE 40mm F2.5G(SEL40F25G)」を使ってよかったと感じる具体的なポイントを紹介していきます

はろはろ
はろはろ

写りの面でも、外観を含めたギミック面でも大満足のレンズです!

使ってよかったと感じるポイント

軽さ・ボタン類含めて抜群の使い心地

FE 40mm F2.5G(SEL40F25G)」を使ってよかったと感じる1点目は、外観を含めた使い心地の良さで、利便性・所有感の両面で非常に高いレベルのレンズだと感じています

  • 高級感のあるビルドクオリティ
  • 長時間の手持ち撮影でもストレスレス
  • 充実の外部ボタン
  • NDフィルターの着脱が一瞬でできる

外観:高級感のあるビルドクオリティ

FE 40mm F2.5G(SEL40F25G)」の鏡筒はプラスチック・リングは金属で仕上がっていて、これによって超軽量を実現しています

はろはろ
はろはろ

鏡筒はおそらくプラスチックなのですが、触っても金属?と思わせるくらいにしっかりした作りになっていて、所有欲をすごく高めてくれる外観になっています

圧倒的な小ささと軽さ:長時間の手持ち撮影でもストレスレス

サイズ感は見ての通り非常に小さく「SONY α7C」や「SONY α6400」など、αシリーズの中でも小さなボディに装着してもすごく見た目のバランスが良いと思います

手のひらにすっぽり収まるサイズ感
フィルター込みでも200グラムを切るほどに軽い
はろ
はろ

スマホ感覚で持ち運べるため、どれだけ荷物が多くてもバッグに忍ばせることができますよ

ボタン類が豊富で動画撮影に特に便利

また、小さい見た目の中でも外部スイッチ類が非常に豊富。AF/MF切り替えスイッチやファンクションボタンをはじめ、利便性も非常に考慮された設計になっています

はろ
はろ

AF/MF切り替えスイッチ、ファンクションボタンなど、ボディのカスタムボタン割り当てを節約できるのが本当に嬉しいポイントです!

フィルター類の取り付けが非常に便利

FE 40mm F2.5G(SEL40F25G)」のフードは、なんとフィルターをつけることができます

これがめちゃくちゃ便利で、フード側にNDフィルターミストフィルターを付けておけば、フードを取り外す作業の一環でフィルターの脱着をすることができます

レンズ側と同じ49mmのフィルターやレンズキャップを取り付けできます

 

レンズ側にももちろんフィルターをつけられるため、プロテクトフィルターとNDフィルターの2重がけができる点は、他のレンズにはない最高のメリットだと思います

はろ
はろ

NDフィルターの着脱がすごく楽なので、特に動画ユーザーには嬉しいギミックだと思います!!

寄れる&使いやすい画角:単焦点でも圧倒的に使いやすい

使ってよかったと感じる2つ目は、単焦点レンズの中でも圧倒的に使いやすい点で、撮れる被写体が非常に多いレンズだと感じます

特に、焦点距離40mmの単焦点レンズは僕自身も初めて使ったのですが、使い心地は非常に良くて、

  • 近接撮影も得意でテーブルフォトもバッチリ
  • パースも利かせられる便利な画角
  • 動画では手ぶれが目立ちにくい

と言ったところで非常にバランスが良い画角だと感じます

 

近接撮影も得意でテーブルフォトもバッチリ

最短撮影距離が0.28m(MF時は0.25m)まで寄れるため、料理写真においても座ったまま難なく撮影することができます

A7400701

パースも利かせられる便利な画角

標準域に近しい画角を持っていながら、被写体によることでパースを効かせることもできます

20210609-A7301333
はろ
はろ

標準域に近い使い勝手と、よればパースも利かせられるほどよい広角の特徴を持ち合わせています!

画質も抜群:歪み・コントラスト・ボケ感◎

使ってみてよかった3点目は「描写性能の高さ」。一般的にサイズの小さなレンズは、画質が良くないイメージがあるかもしれませんが、「FE 40mm F2.5G(SEL40F25G)」は画質にも一切妥協がなく、キレキレ・ボケ感も綺麗な描写を持ち合わせています

  • 解像感:画面中央から端まで非常にシャープ
  • コントラスト:ハイコントラストで逆光にも強い
  • ボケ味:円形でなめらかなボケ感
  • 歪み無し:ボディ内で自動補正される

解像感とコントラストはGMレンズに匹敵するレベル

解像感やコントラストを定量的に示す「MTF曲線」を見ると、もはやGMレンズと同じと言えるほどに、画面中央部から端までの描写性能が高いことがわかります

開放F2.5(左の画像)から、「開放F2.5でも画面隅まで非常に高い解像度・コントラストを発揮できるレンズ」ということが読み取れます

MTF曲線の読み方
  • オレンジのグラフ:コントラストの高さ
  • グリーンのグラフ:解像度の高さ
  • 横軸:右側にいくほどレンズの端側を示す
  • 縦軸:数字が大きいほど性能が高い
はろ
はろ

近似する画角のGマスターレンズ「FE 35mm F1.4 GM」とも大差がないという結果です!

MTF曲線:FE 40mm F2.5G

 

こちらの写真は、F8まで絞り込んで撮影。MTF曲線でもみられたように、画面端まですごくシャープに映るレンズだと感じます

20210719-A7302028

F 8.0, SS 1/640, ISO 100

写真左端のベンチを拡大
はろ
はろ

2400万画素のα7IIIでは、どこを切り取っても使えるレベルにクッキリハッキリとしています

ボケ味:円形でなめらかなボケ感

FE 40mm F2.5G(SEL40F25G)」は、トロトロの背景にはならないものの、背景の情報をある程度残しつつ被写体を強調することが得意なレンズとなっています

20220110-A7400432
はろはろ
はろはろ

ある程度周囲の情報が残すことができるため、VLOGや記念写真で活用しやすいですね

一方で、最短で25cmまで寄れるため、寄った際のボケ感はかなり大きく感じます

20210430-A7309665
はろはろ
はろはろ

撮影距離でボケ感をコントロールできるのも面白いところのひとつですね

あわせて読みたい

撮影距離とボケの大きさの関係性は以下の記事で詳しく解説していますので、気になる方は参考にしてください

ボケ感もざわざわしたり、年輪が見えるようなこともなく、滑らかなボケであるため、この辺りにGレンズのこだわりが見てとれますね

20211031-A7304967

コントラスト:逆光耐性が強く、暗部がしっかり残る

こちらはあえて逆光で撮影してみた写真ですが、逆光でも白飛びすることなく、しっかりと被写体を捉えていることがわかるかと思います

20210430-A7300022
A7400487
はろはろ
はろはろ

ゴーストやフレアもほとんど出ないので、RAW現像する時もストレスなく編集することができますよ

歪み無し:ボディ内で自動補正される

最近のレンズは、歪みの補正をボディ側に任せるのが主流となっています。「FE 40mm F2.5G(SEL40F25G)」も同様でボディ側で補正が行われるため、歪みがまったく発生しません

20210430-A7309697
はろ
はろ

カメラの設定で歪み補正はON(オート)にしておくと、JPEG撮って出しでも歪みを綺麗に補正してくれます

注|RAWで撮影では無補正になるため、レンズプロファイルを当てて補正しましょう

爆速オートフォーカス:VLOGでも抜群の使いやすさ

使ってよかった4点目は「動く被写体への強さ」で、評判の高いSONY αのオートフォーカスを最大限に引き出してくれるため、被写体とのコミュニケーションに集中することができます

はろはろ
はろはろ

僕は普段からこどものVLOGを撮っているいるのですが、動画でも瞳AFでバッチリ撮影できます!

\ AFの正確性・速さはこちらをチェック /

はろはろ
はろはろ

正確性・速さ共に抜群です!駆動音もまったく聞こえないので、動画でもバッチリ使えますよ!

FE 40mm F2.5G(SEL40F25G)レビュー|気になる点(デメリット面)

ここまでは「FE 40mm F2.5G(SEL40F25G)」の良いところを紹介してきましたが、人によっては気になる点も多少ありますので紹介します

ブリージングが気になるかも

ブリージングとは、ピントを前後に移動すると画角の広さが変わってしまう現象のことで、意図せず画面全体がグワっと動いて見えることから、動画撮影では気になる方もいるかと思います

FE 40mm F2.5G(SEL40F25G)」のブリージングはやや気になる程度。そして、SONY α7IVで追加されたブリージング補正機能の対象レンズには含まれていないため、現時点では回避方法はありません

画面の端側に注目すると画角が変わっていることがわかると思います
はろはろ
はろはろ

僕はそこまで気にならなかったのですが、気になる方はGMレンズを視野に入れるなど、コスパを踏まえて総合的に判断する必要がありますね。

リングの幅がやや狭い

少し気になる点としては、絞りリング・フォーカスリングの幅の狭さで、指の太い方はやや操作がしづらいと感じるかもしれません

はろはろ
はろはろ

とは言え、それぞれのリングの刻みがしっかりしているため、慣れれば割とすぐに使いこなせるようになると思います

FE 40mm F2.5G(SEL40F25G)と他レンズとの違いは?

SONY単焦点レンズの中でも、焦点距離「35〜40mm」はラインナップがひしめく激戦区となっています。そのため、ここでは類似するレンズとの違いを紹介していきたいと思います

比較したのは以下の3つのレンズ。すべて6〜7万円前後で買える軽量コンパクトな単焦点レンズです

レンズ実売価格重さ大きさ
(幅 × 長さ)
開放F値解像度
コントラスト
最短撮影距離最大撮像倍率絞りリングフォーカス
ホールドボタン
フォーカス
切り替えスイッチ
SEL40F25G_small
SEL40F25G
FE 40mm F2.5G
約7万円173g68 × 45mmF2.5画面端まで
高い
0.25m0.2倍対応対応対応
SEL35F18F_small
SEL35F18F
FE 35mm F1.8
約6.5万円280g65.6 × 73mmF1.8画面端は
やや低い
0.22m0.24倍非対応対応対応
SEL35F28Z_small

SEL35F28Z
FE 35mm F2.8ZA
約6万円120g61.5 × 36.5mmF2.8中央・画面端
共に低め
0.35m0.12倍非対応非対応非対応
はろ
はろ

サイズ・価格帯が異なる「40mm Batis / 35mm GM」は除いて比較しました

 

特に開放F値1.8に対応する「FE 35mm F1.8(SEL35F18F)」は有力な比較候補に上がるかと思います。選ぶポイントとしては以下を参考にしてください

詳しいレンズ比較内容はこちらの記事で紹介しています。気になる方はぜひ参考にしてください

まとめ:気軽に撮りたいけどクオリティにもこだわりたい人には最高のレンズ

FE40mm F2.5G(SEL40F25G)外観

今回は、SONY Gレンズの軽量モデル「FE 40mm F2.5G(SEL40F25G)」について、レビューさせていただきました

僕自身、このレンズを1年以上使ってみて、写りの良さと利便性の高さが非常に気に入っていて、もはや手放せないレンズのひとつとなっています

使ってよかったと感じるポイント
はろはろ
はろはろ

長時間手持ち撮影していてもストレスレスなレンズは、他のレンズにはない明確なメリットだと思います

スナップやお子さんの撮影などに気軽に持ち運べるレンズを探している方にはぴったりなレンズですので、気になる方はぜひゲットしてみましょう

はろ
はろ

この記事の内容は以上です。ご感想・コメント等がございましたら、ページ下部のコメント欄をご活用ください!(品質向上・励みになります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA