【SEL40F25G】作例付きレビュー・写りに妥協しない超小型レンズ|FE40mmF2.5G・SONY Eマウント

【SEL40F25G】作例付きレビュー・写りに妥協しない超小型レンズ|FE40mmF2.5G・SONY Eマウント

超軽量コンパクトながら、Gレンズの冠をつけて発売された「FE40mm F2.5G(SEL40F25G)」

Gレンズとはいえども、小型な筐体にした分、写りに妥協しているんじゃないの?と気になっている人は多いのでは無いでしょうか?

 

実は私もそのひとりでしたが、実際に使ってみると不満は全くなく、むしろ改めて驚くのは「圧倒的な利便性と・光学性能の高さ」

つけていることを忘れるくらいに軽くて小さいため、普段からお子さんを撮る方・スナップ用の単焦点レンズをお探しの方にぴったりなレンズだと感じます

はろはろ
はろはろ

焦点距離も非常に実用的ですよ

 

そこで今回は、すっかりお気に入りのレンズとなった「FE40mm F2.5G」の特徴を作例を交えながら紹介していきたいと思います

 

このような方にお届けします
ソニー(SONY)
¥72,000 (2021/10/19 16:10時点 | Amazon調べ)
\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場

FE40mm F2.5G(SEL40F25G)を使ってみた所感と作例

個人的に使ってみて感じたことをまとめてみると以下のようになります。詳しい解説はレンズレビューパートで紹介します

さすがGレンズと感じる仕上がりでした
FE40mm F2.5Gを使ってみた所感
  • 小さくて軽いため、子供たちと遊びながら撮っても疲れないここが非常に嬉しい
  • 40mmの画角はすごく使いやすい(35mm感覚に近い)
  • 色味にクセがないため、レタッチがしやすい
  • ボケ味が滑らかでうるさくない
  • 寄れるのでF2.5でもちゃんとボケる
  • 解像感は隅々までシャープで、建築物を撮るとスゴい
  • 逆光耐性もばっちり

文字ではイマイチ伝わらないと思いますので、次に実際に撮影した写真を覧ください(すべてJPEG撮って出しです)

肌が自然な色味・なめらかなボケ味

FE40mm F2.5Gは、肌を白に近い色に写してくれるでレタッチがしやすいです。また、ボケ感もうるさくなく主題をしっかり強調してくれる印象です

20210731-A7302275

F 2.5, SS 1/1250, ISO 100

隅々までシャープな解像感

あまりにもレンズが小さいので懐疑的だったのですが、実際に撮影した写真をみると、画面の隅々までシャープで非常に満足感が高いです

20210719-A7302028

F 8.0, SS 1/640, ISO 100

はろはろ
はろはろ

せっかくの広めの画角なので、隅々までしっかり写せるのはうれしいですね

爆速オートフォーカス

SONY純正レンズとボディの組み合わせでのオートフォーカス速度は非常に定評がありますが、FE40mm F2.5Gも例外なく爆速のオートフォーカスでした

動き回る子供をよく撮影するのですが、ピント面が薄くてもしっかりとピンボケせずに捉えれてくれます

20210430-A7300069

F 2.5, SS 1/2500, ISO 100

はろはろ
はろはろ

レビュー後半では、実際の動画付きで紹介します

安定のコントラストの高さ

すごくハイコントラストな写りをします

最近は暗部を持ち上げるレタッチが流行っていますが、コントラストが高い写真が撮れることに越したことはないですね

20210609-A7301329

F 4.0, SS 1/160, ISO 500

逆光耐性が高く撮影シーンを選ばない

ものすごく眩しい夕日の逆光環境でも、目立ったフレア・ゴーストは出ませんでした

Gレンズとあってこの辺の作りも非常に精巧になっていますね

20210430-A7309961

F 8.0, SS 1/320, ISO 100

ソニー(SONY)
¥72,000 (2021/10/19 16:10時点 | Amazon調べ)
\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場

FE40mm F2.5G(SEL40F25G)レンズスペック

レンズスペックはすでにご存知という方は、こちらからレビューへジャンプできます

FE40mm F2.5G(SEL40F25G)は、2021年に発売された「超軽量&高性能のGレンズ」のひとつです

はろはろ
はろはろ

24/40/50mmの単焦点レンズ3本が同時に発売されました

 

FE40mm F2.5G(SEL40F25G)の強みは、なんといっても軽量コンパクトながら画質に一切の妥協がないこと

α7Ⅲやα7Cにつければ、フルサイズとは思えない程の軽量構成で取り回せるのが最大のメリットです

はろはろ
はろはろ

写りの良いレンズは他にもありますが、軽量コンパクトを兼ね揃えたレンズは、このシリーズだけです

 

FE40mm F2.5Gの主な特徴
  1. 超軽量&コンパクト:iphoneとほぼ同じ173g
  2. 使いやすい画角:視野に近い焦点距離40mm
  3. 動画撮影を意識した充実外部ボタン
  4. 高い解像感と美しいボケ
  5. 超高速AF
  6. 非常に寄れる:最短撮影距離25cm

 

また、気になる価格は「Gレンズにしてはお手頃な6〜7万円程度になっています

レンズは奇数枚構成で、絞った時の光芒が非常に綺麗な作りになっています

手振れ補正は未対応ですが、非常に近くまで寄れるレンズとなっています

レンズ名称SEL40F25G_small

FE40mm F2.5G
レンズ型番SEL40F25G
実売価格7万円程度
レンズマウントソニーEマウント
重さ173g
大きさ
(幅 × 長さ)
68 × 45mm
F値F2.5〜F22
焦点距離40mm
レンズ構成9群9枚
フィルター径49mm
フード付属
最短撮影距離0.25m
最大撮像倍率0.2倍
手振れ補正非対応

小さいレンズながら、絞りリングや外部ボタンに対応しています

クリック音レスにも対応した静音設計となっており、写真だけではなく動画撮影にも非常に配慮されたレンズとなります

FE40mm F2.5G(SEL40F25G)レンズレビュー

では、ここからは詳しくレンズレビューを行なっていきます。今回は以下の7つの観点について、それぞれチェックしてみました

クリックでジャンプできます!
レンズレビュー観点と結果

レンズ・フードの外観

結論:高級感のある作り・フード上からフィルターを装着できる

FE40mm F2.5G(SEL40F25G)外観

 

FE40mm F2.5G(SEL40F25G)は、レンズ・フードともに高級感のあるアルミニウム製で、小さいながらにも高級感のある作りとなっています

 

外部ボタンや絞りリングに対応していることはもちろんですが、特徴的なのはレンズフード

なんと、フード装着時でもレンズキャップやフィルターを装着することができます

はろはろ
はろはろ

特にフィルターの着脱がすぐできるので、動画撮影ではありがたいですね!

FE40mm F2.5G(SEL40F25G)外観

 

サイズ感・重量

結論:手に収まるサイズ感・フルサイズ対応レンズと思えないほど軽い

FE40mm F2.5G(SEL40F25G)外観
手のひらに収まるサイズ感
はろはろ
はろはろ

レンズの重さは173g。iphoneとほぼ同じ重さ(174g)です

 

片手で撮影しても全然疲れないので、気軽なスナップに最適です。特に(こども撮影など)両手が使いづらい撮影時に、軽さのありがたみを非常に感じます

はろはろ
はろはろ

このくらい軽ければ、女性の方でも使いやすいと思います

画角の広さ(焦点距離40mm)

結論:35mm同様に視野に近い画角で非常に使いやすい

「寄ればパースを効かせた撮影ができる・引けば歪みの少ない撮影ができる」とオールラウンダー的な存在で非常に便利な画角です

20210609-A7301333
はろはろ
はろはろ

特に動画では広めの画角が使いやすいので、VLOGにも向いています

解像度・歪み

結論:隅まで抜群の解像感・内部補正で歪みは気にならず

FE40mm F2.5G(SEL40F25G)を使って驚いたのは、小さなレンズながら抜群に解像度が高いところ

MTF曲線で示される通り、GMレンズに迫るくらいほどに、画面中央部から周辺部まできっちり解像してくれます

 

MTF曲線の読み方
  • オレンジのグラフ:コントラストの高さ
  • グリーンのグラフ:解像度の高さ
  • 横軸:右側にいくほどレンズの端側を示す
  • 縦軸:数字が大きいほど性能が高い

 

MTF曲線:FE 40mm F2.5G 公式HP引用

開放F2.5(左の画像)から、「開放F2.5でも画面隅まで非常に高い解像度・コントラストを発揮できるレンズ」ということが読み取れます

はろはろ
はろはろ

SONY最高峰レンズのFE 35mm F1.4 GMと大差がないという結果でした

 

また、歪みもほとんど気にならず、撮って出しでも非常に使いやすい印象です

はろはろ
はろはろ

JPEG出力時は、カメラ内部で補正されるため、ほぼ気になりません。RAWの場合はプリセットを当てることで修正が可能です

20210430-A7309697

絞り開放で撮影したサンプル

 

一般的に小さなレンズは光学性能が低くなる傾向がありますが、FE40mm F2.5GはGレンズの名に相応しい、細部にまでこだわった高い性能を持つレンズといえます

コントラスト・逆光耐性

結論:高コントラストかつ非常に強い逆光耐性

FE40mm F2.5G(SEL40F25G)は、コントラストも高くクリアな写りをします

暗所から明所までしっかりと階調を残してくれるので、RAW現像する際に復調しやすいです

20210430-A7309671

 

また、逆光耐性のテストとして夕日を撮影してみました。フレア・ゴーストが出にくく逆光耐性にも強いです

20210430-A7300022

 

逆光時にもコントラストの高い写真を撮影することができます

はろはろ
はろはろ

小さいレンズですが、さすがGレンズの描写性能です

ボケの大きさ・ボケの質感

結論:寄れるためボケは大きく感じる・滑らかで自然なボケ感

ボケがざわつきやすい草木を背景とした撮影でも、ざわざわすることなく滑らかなボケ感を出してくれます

20210504-A7300429
はろはろ
はろはろ

ボケ感はレタッチでカバーできないため、レンズ選びでは重要視したいところですよね

 

公式HPでも紹介されているように、FE40mm F2.5G(SEL40F25G)は「ボケの美しさ」もアピールポイントの一つとして示されています

 

F2.5でもしっかりボケてくれる

最小F値はF2.5と小さくはないですが、1/4マクロ相当まで寄れるため、かなり大きくボケます

20210430-A7309665

 

オートフォーカスの速さ

結論:S-AF/C-AF共に非常に速い。駆動音は全く気にならず

オートフォーカスは爆速、かつピントに迷うことはありませんでした。動きが活発なこども撮影でもピントを外すことはほぼなしの性能です

また、動画を撮影される方だと気になるオートフォーカスの駆動音はものすごく静かです(静かな部屋で耳を澄ませば聞こえるレベルです)

 

オートフォーカスの性能は以下の動画を見ていただけると非常にわかりやすいです

\こちらの動画が参考になります/

FE40mm F2.5G(SEL40F25G)のメリット・デメリット

ここまでの紹介内容をまとめます。メリット・デメリットは以下の通りです

メリット
デメリット
  • 小型軽量・焦点距離ともに非常に使い勝手が良い
  • 色味・解像感・ボケ感どれも素晴らしく本格的な撮影にも向いている
  • 近くまで寄れるため撮影シーンを選ばない
  • オートフォーカスが爆速
  • 価格がやや高い
  • 開放F値2.5のため、暗所撮影には向かない(星空・水族館など)
ソニー(SONY)
¥72,000 (2021/10/19 16:10時点 | Amazon調べ)
\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場

デメリットらしいデメリットもないのですが、開放F値(F2.5)が気になる方はいらっしゃると思います

そこで、FE40mm F2.5G(SEL40F25G)と比較するならどのレンズ?といった点を最後に紹介します

FE40mm F2.5G(SEL40F25G)と他レンズとの違いは?

SONY35mm単焦点比較

比較したのはこちらの3つのレンズ。すべて6〜7万円前後で買える軽量コンパクトな35mm付近の単焦点レンズです

それぞれ特徴が違いますね
各レンズの特徴
はろはろ
はろはろ

サイズや価格帯が異なる「40mm Batis / 35mm GM」は除いています

レンズ実売価格重さ大きさ
(幅 × 長さ)
開放F値解像度
コントラスト
最短撮影距離最大撮像倍率絞りリングフォーカス
ホールドボタン
フォーカス
切り替えスイッチ
SEL40F25G_small
SEL40F25G
FE40mm F2.5G
約7万円173g68 × 45mmF2.5画面端まで
高い
0.25m0.2倍対応対応対応
SEL35F18F_small
SEL35F18F
FE35mm F1.8
約6.5万円280g65.6 × 73mmF1.8画面端は
やや低い
0.22m0.24倍非対応対応対応
SEL35F28Z_small

SEL35F28Z
FE35mm F2.8ZA
約6万円120g61.5 × 36.5mmF2.8中央・画面端
共に低め
0.35m0.12倍非対応非対応非対応

 

全体的にバランスが良い「FE40mm F2.5 G(SEL40F25G)」を私は選びました

使い方や重視するポイント次第でみなさんにぴったりなレンズを見つけて頂ければと思います

  

まとめ

FE40mm F2.5G(SEL40F25G)外観

 

FE40mm F2.5G(SEL40F25G)は高い描写性能・軽量コンパクトを持ち合わせた素晴らしいレンズでした 

軽い単焦点レンズが欲しいけど、写りには妥協したくないという方にピッタリなレンズだと思います

はろはろ
はろはろ

Gレンズにしては比較的安いレンズであるところも嬉しい点です

 

購入時する際には店頭で値下げ交渉するなり、ネットで最安値を確認することも有効ですが、個人的には楽天のポイントバックが非常に大きかったので、一度確認してみることをおすすめします

 

まだ発売から間もないですが、純正Gレンズはあまり値下がりしない傾向がありますので、気になる方はこれを機に手にしてみてはいかがでしょうか?

ソニー(SONY)
¥72,000 (2021/10/19 16:10時点 | Amazon調べ)
\ポイント還元で更にお得!/
楽天市場
はろはろ
はろはろ

この記事は以上となります。最後までご覧いただきありがとうございました!