【なぜボケない?】一眼カメラ撮影でボケが出ない4つの理由と対策方法

【なぜボケない?】一眼カメラ撮影でボケが出ない4つの理由と対策方法紹介

この記事で解決しましょう!
このようなお悩みに応えます
  • 一眼を買ってみたけれどうまくボケない
  • ボケないのは機材のせいなのかを知りたい
  • 大きなボケ感をみんなどうやって出しているんだろう?
  • スマホでもできることはないのかな?

はじめてカメラを購入した際に、なんか思ったよりボケないな。と感じたことはありませんか?

はろはろ
はろはろ

原因はカメラの性能かもと感じている方もいらっしゃると思います

 

しかし、実はボケ感はカメラの性能にも依存しますが、撮り方次第でも大きく変わります

そこで今回は、大きなボケ感が出ない理由と、ではどうすればボケるのかについて紹介します

 

この記事の内容を実践できれば、すぐにみなさんも大きなボケを出すことができるようになりますので、ぜひ最後までチェックしてみてください

うまくボケない時の4つの要因

上から順番に対策がかんたんな要因となっています。下の2つは機材に関する要因となります

はろはろ
はろはろ

以降でひとつずつ解説していきますので、ぜひ対策を試してみましょう

ボケない理由:被写体に近づいていないから

ボケない理由の1つ目は被写体との距離です。被写体から離れて撮影した場合はあまり大きくボケません

はろはろ
はろはろ

一方で、撮り方次第でかんたんに対策できるとも言えます

カメラでボケない理由
被写体に近づくほど背景が大きくボケる

 

ボケ感を出すおすすめ対策

ぜひ撮影時には、これまで以上にもう一歩前で撮影してみましょう

これまで被写体との距離をあまり意識していなかった方ほど、効果は絶大です

20210609-A7301247

料理・花・人物など様々な撮影シーンですぐに実践できるテクニックです

ボケない理由:背景までの距離が近いから

ボケない理由の2つ目は背景までの距離です。被写体と背景との距離が近いほどボケなくなります

はろはろ
はろはろ

どんなに素晴らしい機材を使っていても、この法則には抗えません

大きなボケの作り方(背景と被写体の距離を置く)
背景との距離が遠いほど大きくボケる

 

実際の写真で違いを体感してみましょう。以下の2枚の写真では背景の物体(レンズ)の距離を変えています

はろはろ
はろはろ

どちらの写真の方が、背景がボケているかわかりますか?

 (スライダーを左右に振ってみてください)

真ん中のレンズに対して、背景の物体と距離が近いほど、あまりボケていないのがわかるかと思います

 

ボケ感を出すおすすめ対策

人物を撮影する際はもっと前に出てきてもらう・背景に奥行きがある角度で撮影することがおすすめです

20210731-A7302275

ボケない理由:広角レンズで撮影しているから

ボケない理由の3つ目はレンズの特徴です。実は広角レンズになるほど、ボケは出にくくなります

#広角レンズ標準レンズ望遠レンズ
画角の広さ広い肉眼の
視野に近い
狭い
ボケの大きさ小さい中間大きい
20210430-A7300022

 

ボケ感を出すおすすめ対策

なるべく望遠レンズを使いましょう

遠くの物を撮るわけでもないのに望遠レンズ?と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、一般的な使い方ですので、どしどし使ってみましょう!

20200617-A7303300

 

広角レンズ・望遠レンズの特徴をもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください

【広角・望遠レンズのメリット・デメリット】作例付きで特徴を解説

ボケない理由:F値が大きいレンズを使っているから

ボケない理由の4つ目はカメラの設定です。レンズにはF値(絞り値)と呼ばれる設定があり、この値が大きい場合はボケません

(スライダーを左右に振ってみてください)

左:F値が大きい(F11) / 右:F値が小さい(F2.8)

はろはろ
はろはろ

ボケ感の違いは一目瞭然ですね。F値とボケ感の関係はこちらで詳しく解説しています

 

ボケ感を出すおすすめ対策

一眼カメラをお使いの方は、F値(絞り値)をなるべく小さくして撮影しましょう

はろはろ
はろはろ

設定変更だけなので、かんたんに対策できます

20210504-A7300429

 

ただし、F値の下限値はどんなレンズでも同じではない点に注意が必要です

特に、カメラと一緒についてくるキットズームレンズは下限値が大きく、あまりボケません

 

もっと大きなボケ感を出したい場合は、単焦点レンズを別途購入して試してみましょう

はろはろ
はろはろ

安い物なら2〜3万円で買うことができます

 

まとめ

今回は、うまくボケないとお悩みの方に向けて、ボケない4つの理由と対策を紹介しました

 

少しの撮影工夫や、機材の使い方次第で大きなボケは作れるため、みなさんもぜひチャレンジしてみてくださいね

はろはろ
はろはろ

それでは、次の記事でお会いしましょう!よいカメラライフを!