ISO感度とは|明るさの変化・ノイズ量・シーン別ISO感度を解説!|カメラ初心者向け

ISO感度について解説

こんにちは。はろはろ(@haroharo72)です

 

カメラ初心者が知っておくべき写真のキホン知識を複数回にわたってお届けするシリーズ

今回は、ISO感度について初心者でもわかりやすく体系的に解説します!

 

このような方におすすめの記事です

  • ISO感度ってなんだか難しそう
    基本のキから説明します!
  • ISO感度を変えることで写真がどのように変わるか気になる
    実際の撮影例付きで説明します!
  • ISO感度をいくつにすればいいかよくわからない
    撮影シーンごとのおすすめ設定を紹介します!

 

ISO感度を意識して撮影することで、失敗写真(手振れや暗すぎる写真)がぐっと減ります!

 

手振れ・被写体ブレした写真は後で修正ができないため、ぜひISO感度をコントロールするテクニックを身につけていきましょう!

 

その他のカメラ初心者向けシリーズをまだご覧いただいていない方は、ぜひこちらもチェックしてみてください!

 

この記事の結論を先に紹介

 

今回の内容は「カメラと写真の仕組みを知る」上では非常に重要な内容です 

ただし、カメラ初心者にとっては若干小難しく感じられるかもしれません

 

そこでこの内容はこのような心持ちで読んでいただければと思います

  • まずは雰囲気を掴むところからで大丈夫です
  • 「これは自分でもできそうだな」と感じることで、自分で設定を変えて撮影するキッカケを掴むことが、写真上達において重要です

 

結論:設定のコツを3行で紹介

  • ISO感度は、写真の「明るさ・ノイズの量」に影響する
  • ISO感度はとりあえず「AUTO設定でOK」(多少ノイズが乗ることもあるけど気にしない)
  • 許容できるノイズの量は「人とカメラの性能によって違う」ため、ぜひ確認しておこう
はろはろ
はろはろ

上記の結論を頭の片隅においてもらえると内容がより理解しやすくなると思います

 

それでは本編に戻ります

ISO感度(いそかんど)とは

 

ISO感度は「カメラで光を感知する度合いを示す値」のことです 

はろはろ
はろはろ

”自動的にカメラが明るさを足してくれる機能”くらいで理解してもらえればOKです!

 

ISO感度をカメラで確認する際には、ISOの横に表示される数字を確認しましょう

表示位置はお使いの機種によって異ります

 

ISO感度の数字の意味とは

ISO感度は「小さいほど感度が低く」また「大きいほど感度が高く」なります

 

数字の大きさに比例して、感知する光の量が決まります(基準値は100)

 

実際にISO感度だけを変更した写真を並べてみました

左:ISO感度100 / 右:ISO感度400

ISO感度が高い写真の方が明るくなることがわかります

ISO感度を上げると何が嬉しいの?

 

ISO感度を上げると、暗いところでも「写真のブレを抑えつつ明るい写真を撮影する」ことができます

 

これが、ISO感度を上げることの最大かつ唯一のメリットです

 

暗い撮影シーンのみでメリットがあるため、撮影シーンの明るさに応じてISO感度を変えて撮影します

  • 暗い撮影シーン(屋内・夜景・星空):ISO 800〜6400など
  • 明るい撮影シーン(日中の屋外):ISO 100

 

ISO感度を上げることが手振れ対策になる理由

シャッタースピードが遅く手ブレした写真

ISO感度を上げると「シャッタースピードを速くすることができる」ため、「手振れ・被写体ブレ」を抑えることができます

 

「手振れ・被写体ブレ」はシャッタースピードが遅く、動きの軌跡が写真に残ることで発生します

はろはろ
はろはろ

つまり、手振れ・被写体ブレしないためにはシャッター速度を速くすることが重要です

 

そこで「ISO感度を上げて光を増幅する」ことで、シャッタースピードを遅くせずに撮影することができるため、結果として「手振れ・被写体ブレ」を抑えることができます

ISO感度を上げすぎにも注意!ノイズの発生について

 

光を増幅してくれる便利なISO感度

じゃあISO感度をとりあえず上げておいて、常にシャッタースピードを稼げばいいんじゃない?といった疑問も湧くと思います

 

しかし、ISO感度を上げとノイズが発生が発生し、画面がざらざらしたような見た目になってしまいます

左の画像:ISO感度100 右の画像:ISO感度102400

はろはろ
はろはろ

多少のノイズなら気にはならないですが、画質にこだわった撮影をするときは厄介ですね

 

また、ノイズは画像を拡大すると目立ちやすくなります

拡大するとISO感度12800でもノイズが目立ちますね

そのため、プリントアウトや大画面モニターでみることを想定した撮影時は、「ISO感度を上げすぎないことに注意」しましょう

 

自分が許容できるISO感度を知ろう!

 

じゃあISO感度はどこまで上げたらいいのか?といった疑問が湧きますよね

 

実はこれは、カメラの性能・個人の価値観によって一概には答えられません

 

そのため、実際にお使いのカメラでISO感度を変えてみて、自分が許容できるISO感度(ノイズ量)を知ることが非常に重要です

 

ISO感度の目安が一概に決まらない理由
  • 機材観点:カメラの性能によってノイズ量が違うから
  • 写真の使い方:写真の大きさによってノイズの目立ち方が違うから
  • 価値観:個人の価値観によって許容できるノイズの量が違うから

 

はろはろ
はろはろ

ISO感度を上げるならISO 3200まで!といったような基準が自分の中で芽生えるようになります

 

ISO感度の設定方法

ISO感度を変更して撮影するのは非常に簡単なので、ぜひ自分の目で確かめてみましょう!

ISO感度の変更方法

シーン別おすすめISO感度

 

ISO感度はとても手軽に「写真の明るさを確保できる」一方で、「ノイズが発生する」ため設定が難しく感じちゃいますよね

はろはろ
はろはろ

個人的にはカメラ初心者の頃は、ISO感度はとりあえず「AUTO設定でOK」だと思います

 

多少のノイズが乗ることはあるでしょうが、無理にISO感度を下げてブレた失敗写真を撮るよりかは遥かにマシと考えるからです

 

とはいえ、近い将来に自分でISO感度を決めることを想定すると、撮影シーンごとにおすすめのISO感度があれば知っておきたいですよね

 

そこでここでは、私が実際に取り入れている「撮影シーン別おすすめのISO感度」を紹介します

 

晴れの日の屋外はISO感度100

明るい環境ではシャッタースピードが遅くなることがないため、手振れ・被写体ブレの心配がありません

はろはろ
はろはろ

そのため、ISO感度は100で問題ありません

 

ISO 100 / シャッタースピード 1/8000秒

 

暗い撮影シーン&手持ち撮影ではISO感度800〜3200

暗い撮影シーン&手持ち撮影では、手振れを抑止する必要があるため、ISO感度を上げる必要があります

 

ISO感度を自分が決める際には、「自分が許容できるISO感度の上限値」で撮影することをオススメします

成功例:1600 / シャッタースピード 1/10秒

 

三脚があるならISO感度100でもOK

ISO感度を上げるのは手振れや被写体ブレを抑止するためなので、三脚を用いた場合(手振れが発生しない)にはISOを上げる必要がありません

ISO 100 / シャッタースピード 8秒

 

ただし、被写体が動かないものに限ります

 

星空撮影では微妙に天体が移動するため、長くてもシャッタースピードを10秒くらいに納めるようなISO感度が必要になります(ISO感度3200くらいが目安)

まとめ

今回はISO感度について解説しました

  • ISO感度は、暗いシーンで手振れを抑えるための機能
  • ISO感度を上げると暗いところでも明るく撮影できる

 

ISO感度の特徴は「ノイズの量・明るさ」が変わることでした

  • ノイズの量:ISO感度が「小さいほど少なくなる」また「大きいほど多くなる」
  • 明るさ:ISO感度が「小さいほど暗くなる」また「大きいほど明るくなる」

 

とはいえカメラ初心者の頃は、ISO感度オートで大丈夫です

 

大事な撮影シーンで失敗写真を出さないためにも、ISO感度についてマスターしましょう!

 

その他のカメラ初心者向けシリーズをまだご覧いただいていない方は、ぜひこちらもチェックしてみてください!

 

はろはろ
はろはろ

それでは、次の記事でお会いしましょう!よいカメラライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA