【桜(さくら)写真の撮り方】初心者でも真似できる5つ撮影方法を紹介

【桜(さくら)写真の撮り方】初心者でも真似できる5つ撮影方法を紹介

こんにちは。はろはろ(@haroharo72)です

いよいよ桜の季節ですね。

 

例年と違ってことしはお花見が自粛される中なので、目で見て楽しむ方が多いかと思います

ところでみなさん、自分が撮影した桜の写真を見て、なんか目で見た感じと違うなぁと不満に思うことってありませんか?

 

これって実は、桜やお花見会場で起きている”とある特徴”を理解できていないからなんです

 

そこでこの記事では
目で見た感動をそのままに。桜を綺麗に撮影する5つのポイントを紹介します
はろはろ
はろはろ

この記事を見ていただければ、実際に体感した感動を写真に詰め込むことができるはずです

 

スマホ・デジタル一眼カメラどちらにも当てはまる内容なのでぜひ参考にしていただければと思います

 

綺麗な写真を撮る5つのポイントとは

桜を撮影する上で心がけたいポイントは実はたくさんあるのですが、ここでは重要な5つのみを紹介します

重要な5つのポイント
  1. ”寄りと引き”は明確に
  2. 眩しいくらいに明るく撮る
  3. 光の指す方向を意識しよう
  4. 背景を整理しよう
  5. できれば副題を意識してみよう

 

桜を撮影する際に頭の中で思い出して欲しいものばかりですので、ぜひメモに写して現地で振り返るようにしてもらえると良いかと思います

それでは1つずつ解説していきます


中途半端が一番ダメ!「寄りと引き」は明確に

 

「被写体に寄るわけでもなく・引くわけでもない」こういった中途半端な構図は初心者の方に最もありがちな傾向です

 

「寄り・引き」というのは、被写体を強調するために最も注目したい要素のひとつであり、ここが中途半端な状態になると、何を伝えたかったのか?が明確になりません

 

そのため、強調したいものを頭の中で一度整理して「撮りたいものに寄って撮るか・引いて撮るか」を決めて撮影しましょう

はろはろ
はろはろ

あまりにも綺麗な場所に訪れると、雰囲気に酔ってなんでもよく見えちゃうんですよね

どうやって「寄りと引き」を使い分けたらいいのか?

そんな時は「自分が何に感動しているのか」を自問自答してみると良いと思います

はろはろ
はろはろ

一番伝えたいことを頭で整理して、大きく撮るのか・広く俯瞰して撮るのかを決めます

 

例えるとこんなイメージ

  • 桜の花びらが綺麗で感動した:”寄り”で撮る(花びらに)
  • 子供の表情を桜と共に残したい;”寄り”で撮る(子供の表情をアップ)
  • 桜の木全体が壮大で感動した:”引き”で撮る(桜の木全体が入るように)
  • 桜とお城の組み合わせが美しい:”引き”で撮る(桜とお城が入るように)
  • 桜と通行人の賑わいが素敵:”引き”で撮る(桜がメインで通行人が多少映るように)
子供の表情と桜を共に残したいと思ったため、”寄り”で撮影
桜並木が綺麗だと感じたため、”引き”で撮影

暗い桜は映えません。眩しいくらいに明るく撮ろう

 

桜の花びらが少し眩しいくらいの明るさで撮ってみましょう

 

特にさくらの枝は結構黒いので、桜の木全体の雰囲気が暗く見えることがよくあります

はろはろ
はろはろ

そのため気持ち明るめに撮影することをオススメします

明るさはどうやって変えるの?

iPhoneであれば、タッチでピントを合わせた後に上下スワイプで明るさを決めることができます

 

デジタル一眼の場合は、露出補正の値をプラスにしましょう

多少明るさがイマイチの場合でも、写真アプリで修正対応することもできますのでご安心を

 

具体的な操作方法はこちらの記事でまとめています

iPhoneレタッチ・さくら 【手順解説】iPhone写真アプリで桜をオシャレに加工する方法

光の指す方向を意識しよう

 

さくらだけではなく、太陽の光にも着目するとより印象的な写真が撮りやすくなります

はろはろ
はろはろ

光が指す方向によって写真の見え方がガラッとかわるんですよ

 

ここでは代表的な2つの光の種類(順光・逆光)の違いをまとめます

 

光の種類
  • 順光
    • 光の方向:自分の背中方向から指す光
    • 特徴:桜の色味が比較的出やすく、明るい印象になる
       
  • 逆光(←オススメ)
    • 光の方向:桜の後ろ方向から指す光
    • 特徴:桜の花びらが透過して光る・色味が抑えられ柔らかな雰囲気になる(エモい)
はろはろ
はろはろ

個人的には柔らかな雰囲気を出してくれる逆光がサクラに合うと思っています

 

サクラ以外にも、逆光を使ったテクニックは応用できるので、興味があればぜひこちらの記事を参考にしてください

【逆光とゴールデンアワー】幻想的な雰囲気を演出する3つのポイント|撮影のコツ紹介 【逆光とゴールデンアワー】幻想的な雰囲気を演出する3つのポイント|撮影のコツ紹介

順光で撮影した写真例

順光で撮影すると花びらに満遍なく光が当たるため、明るい印象となります

 

また、背景に空や花を入れると、背景の色がしっかり出る傾向があります

逆光で撮影した写真例

花びらから光が透き通っていて綺麗ですよね。花びらは白く淡い印象となります

 

この写真は太陽が映り込まないように、サクラの真下から上向きに撮影しています

これによって花びらは透過光で綺麗にしつつ、青空の色がしっかりでるように工夫しています


桜の枝は入れないで!背景を整理しよう

桜の花びらよりも木の幹・枝が気になる

桜って花びらは淡く柔らかな印象なのですが、木の幹や枝は黒くて太く、硬い印象を持ち合わせています

 

これも見た目と写真の仕上がりのギャップを産む最大の要因の一つだと思います

 

木の幹や枝が多い写真は、全体としてゴツくみえてしまうのですが、現地にいると雰囲気に酔ってなかなか気づけないんですよね〜(汗

”寄り”のシーンでは枝に要注意

花びらよりも後ろの枝の方が気になりませんか?

とくに”寄り”のシーンでは、枝も大きく見えるので枝の硬い印象が強くなるため注意です

 

撮影するときは、なるべく背景に暗いもの(枝や幹)が入らない配置を選びましょう

一面ピンクとなるように背景を整理したもの

”引き”の写真を撮る場合は、桜の花びらのボリュームが大事

”引き”のシーンでは、できるだけ花びらが多い桜の木を選ぶようにしましょう

桜の花びらが枝を隠してくれるので、柔らかな印象を残すことができます


もう一歩アレンジを。副題を意識してみよう

主題:桜、副題:散歩する人

桜だけをとっているのではもったいないかもしれません

せっかく桜の名所にいったのであれば、その場の雰囲気を含めて写真に残すことがオリジナリティになることも

 

引き”の写真では、周囲の特徴(建物・池・人など)を含めて写真に入れてあげることも意識してみましょう

あとで振り返った時に思い出として残りやすい写真になると思います


番外編1:もっと鮮やかな色味にしたいあなたに

目で見た感じよりも写真って色味薄く見える時ってありますよね

そんなときは撮影した写真を加工してみましょう

iPhoneであれば、写真アプリ→編集→自然な彩度の設定で変更できます

 

”自然な彩度”の数字を少しあげると桜のピンクや空の青色がでてきますよ

ただし、やりすぎは注意です。

 

濃すぎる色は自然な雰囲気を壊してしまい違和感を感じるようになります(なかなか自分では気づけないので、少し控えめにする意識でやってみるといいです)


番外編2:人の映り込みが気になる人へ

桜の季節になると、特に名所は人が混み合いますよね

写真として人が映り込むと嫌と言うのはその通りなのですが、人も含めて雰囲気を演出するものとして考えるのといいと思います

 

ただ、桜よりも人が強調される写真にならないように注意しましょう

あくまで調味料であって、メインは桜ですので、人が小さめに映るくらいがちょうどいいかと思います


まとめ

桜を撮影する上で心がけたい重要な5つのポイントを紹介させていただきました

重要な5つのポイント
  1. ”寄りと引き”は明確に
  2. 眩しいくらいに明るく撮る
  3. 光の指す方向を意識しよう
  4. 背景を整理しよう
  5. できれば副題を意識してみよう

 

桜を撮影する際に頭の中で思い出して欲しいものばかりですので、ぜひメモに写して現地で振り返るようにしてもらえると良いかと思います

ぜひ、真似していただき綺麗な桜写真を残してみてはいかがでしょうか

 

以上となります。最後までご覧いただきありがとうございました。

みなさんの写真ライフがより良くなりますように!