カメラの撮影モードの違いを解説します|カメラ初心者向け

 

こんにちは。はろはろ(@haroharo72)です

初めてカメラを買ったとき、撮影モードの多さにびっくりした人は多いんじゃないでしょうか?

はろはろ
はろはろ

私がカメラ初心者のころは、説明書を読んでもちんぷんかんぷんでした

 

ちょっと小難しい撮影モードですが、うまく使い分ければ、ボケの大きな写真や世界をピタッと止めたような写真など、思い通りの写真を撮ることができます

はろはろ
はろはろ

脱カメラ初心者の第一歩とも言えますね!

 

そこで今回は、撮影モードの特徴と具体的な活用シーンをわかりやすく解説します

今回の内容が理解できれば、カメラの撮影モードの選び方に迷わなくなるはずです

 

カメラの撮影モードを解説

 

撮影モードとは絞り・シャッター速度を自分で決めるか・カメラに決めてらうかを選択するためのもの

はろはろ
はろはろ

絞り・シャッター速度がよくわからない方は、ぜひこちらの記事をチェックしてみてください

 

あわせて読みたい

カメラ初心者向けに解説しています

>> F値(絞り値)とは|ボケ・明るさの違い・シーン別F値を解説!

>> シャッタースピードとは|被写体ブレを抑える設定をシーン別に解説!

実際に撮影した写真付き解説のため、イメージしやすいと思います

 

撮影モードは、カメラ上部のダイヤル・カメラ設定メニューからで変更できます

 

明るさを変える3つの要素

 

撮影モードの説明に入る前に、明るさを変える3つの要素について説明させてください

はろはろ
はろはろ

撮影モードの違いを説明するのに欠かせない要素です

 

ここでいう明るさとはカメラに取り込む光の量のことを示します

 

写真の明るさ(光を取り込む量)は、以下の3つの要素によって決まります

  • 絞り値(F値):「明るさ」と「ボケの量」が変わる
  • シャッター速度:「明るさ」と「ブレの大きさ」が変わる
  • ISO感度:「明るさ」と「ノイズの量」が変わる

 

絞り値・シャッター速度・ISO感度それぞれについて明るさ以外にもボケの量・ブレの大きさ・ノイズの量が変わるというのが重要なポイントです

 

このような見た目の変化が起きる理由は、こちらの記事で解説しています

 

撮影モードの種類

 

撮影モードには主に、P、A(Av)、S(Tv)、Mモードの4つに分類されます

 

それぞれの撮影モードにて、カメラにおまかせする設定・自分で決める設定が異なります

 

はろはろ
はろはろ

絞り値・シャッター速度を自分で決めるかといった点が主な違いです

 

ISO感度は、各撮影モードで露出レベルまで明るさを稼げないときに調節します

 

つまり、各撮影モードの補助的な位置付けであることから、ISO感度は撮影モードに関わらず変更することができるようになっています

 

ISO変更の具体的なシーン
  • 絞り優先モード:シャッター速度調節では露出レベルを満たせないとき
    • そのままだとブレブレの写真となってしまうため、ISO感度で調節する
  • シャッター速度優先モード;絞り値を下限値まで下げても露出レベルを満たせないとき
    • 暗い写真になってしまうため、ISO感度で調節する

 

明るさの度合いは露出レベルで設定する

 

カメラ側は撮影する人がどんな明るさを期待しているのかを知ることができません

 

そのため、(マニュアルモード以外は)カメラに明るさの度合いを設定する必要があります

はろはろ
はろはろ

マニュアルモードは明るさに関わる要素をすべて自分で決めます。そのため、明るさの度合いを設定する必要はありません

 

明るさの度合いは露出レベルで設定します

カメラは指定された露出レベルになるように、明るさに関わる要素を自動で調整します

 

はろはろ
はろはろ

露出レベル0がカメラが測定したちょうど良い明るさで、値が大きいほど明るく撮影します

 

撮影モードの選び方

 

ここでもう一度、明るさを変える3つの要素について振り返ってみましょう

 

明るさを変える要素は、それぞれが明るさ以外に写真の見た目が変わる特徴があるとお伝えしました

  • 絞り値(F値):「明るさ」と「ボケの量」が変わる
  • シャッター速度:「明るさ」と「ブレの大きさ」が変わる
  • ISO感度:「明るさ」と「ノイズの量」が変わる

 

これを撮影モードに当てはめると、撮影モードの選び方が見えてきます

 

つまり、ボケの大きさ・ブレの大きさを自分で設定したいかどうか、によって撮影モードを設定するということなのです

 

具体的な活用シーンとは?

 

なんとなく撮影モードの仕組みがわかったところで、じゃあどんな時にボケの大きさ・ブレの大きさを自分で設定したくなるのか?といった点について解説します

 

プログラムオート(P)モード

  • 特徴:カメラが「絞り値(F値)」と「シャッター速度」を自動で調節する
  • 活用シーン:突発的な撮影シーンに素早く対応したいとき・細かい設定を気にせずサクッと撮影したいとき

 

特に旅行の記録として写真に残したいといった時は、オートモードがすごく便利です

はろはろ
はろはろ

これ以外にも、カメラ初心者の方でも使いやすいため、撮影に慣れるまでは使用する機会が多いと思います

 

絞り優先(A・Av)モード

  • 特徴:「絞り値(F値)」を設定することで「シャッター速度」を自動で調節する
  • 活用シーン:大きく背景をボケしたいとき、全体にピントを合わせたいとき

 

あえて印象的に見せたい写真を撮影するときには、ボケ感にこだわった方がウケがいいことが多いです

 

そんな時に絞り優先モードは非常に役に立ちます

意図的に背景をぼかして撮影した写真

20191026-PA260152

 

全体にピントを合わせて撮影した写真

A7301718

 

シャッター速度優先モード

  • 特徴:カメラが「絞り値(F値)」と「シャッター速度」を自動で設定
  • 活用シーン:手振れを抑える撮影をしたいとき・早く動く被写体を撮影するとき・スローシャッター撮影

 

シャッター速度優先モードの1番のメリットは、写真のブレをコントロールできること

ブレをできるだけ少なく撮影したり、逆にあえて動きものの軌跡を残すことで非日常的な撮影ができます

動きの速いこどもをピタッと止めて撮影した写真

20210430-A7300069

 

水流の軌跡をあえて残して撮影した写真

 

マニュアルモード(M)の活用シーン

  • 特徴:カメラが「絞り値(F値)」と「シャッター速度」を手動で設定する
  • 活用シーン:ボケ感・ブレの量を自分でコントロールしたいとき・明るさの変動をさせずに撮影したいとき

 

マニュアルモードでは、背景を大きくぼかしつつ、ブレが出ないようにシャッター速度を早めに設定するなど、自分の思い通りの設定ができます

その他にも、露出レベルに頼らずに自分で明るさを調節できるメリットがあります

はろはろ
はろはろ

露出レベルはカメラが測定した明るさを基準に決まるため、明暗差の激しい撮影ではレベルが同じでも明るさが変動することがよく起こります

明暗差の激しい撮影でも意図した明るさで撮影できます

20191116-A7300498

 

初心者はどのモードから始めるといい?

 

撮影モードには扱いの難しさに違いがあります

そのため、カメラ初心者の方はできるだけ簡単な撮影モードからチャレンジして、徐々に使える撮影モードを増やしていくと良いと思います

プログラムオートモード(P)

カメラ初心者の方は、まずはプログラムオートで撮影してみましょう

カメラには他にも設定がたくさんありますので、まずは慣れることが大事

絞り優先モード(A・Av)

カメラの扱いにも多少慣れてきたら、絞り優先モードを使ってみましょう.

一眼カメラ独特の大きなボケ感は、だれしもが非常に感動します

絞り値(F値)を一番小さくして、写真を撮る楽しみをたくさん感じ取りましょう

シャッター速度優先モード(S・Tv)

ボケ感を楽しむことに飽きてきたら、次はシャッター速度を上げて成功写真(ブレのない写真)を量産しましょう

撮影した写真を振り返ることで、構図・露出・ボケ感などの好みがだんだんわかってくるようになると思います

まずはたくさんの経験値を積む(成功写真を量産する)ことに注力しましょう

マニュアルモード(M)

シャッター速度・絞り値の調節のコツがわかってきたら、マニュアルモードで撮影してみましょう

もはやここまでくれば、マニュアルモードを使いこなせるはず

自分好みの写真を量産しましょう

はろはろ
はろはろ

マニュアルモードを使えるようになれば、もはやカメラ初心者は既に卒業したと言えるかと思います!

 

まとめ

 

今回は、主要な4つの撮影モードについて紹介させていただきました

 

わたしも初めてのカメラを買ったときには、F値?ISO?なにそれ状態で、撮影モードなんて恐れ多くて変えることすらできませんでした

今回の記事で少しは使えそうかな?と思った方は、きっと写真上達の才能がある人だと思うので、ぜひそのモチベーションが消えないうちに試してみてください

 

もう一度、絞り値・シャッター速度・ISO感度についておさらいしたいという方は、それぞれの解説記事を用意していますのでチェックしてみてくださいね

はろはろ
はろはろ

それでは、次の記事でお会いしましょう!よいカメラライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA