【2022年最新】コスパ最高!初心者におすすめRAW現像ソフト3選|レタッチソフト

【2022年最新】初心者におすすめRAW現像ソフト3選|レタッチツール

こんにちは!フリー素材カメラマンとして活動している「はろ(@haroharo72)」です

RAW現像ソフトって、無料で使えるものか有料までたくさんの種類があって一体どれを使ったらいいのか悩みますよね

はろ
はろ

僕自身も初心者の頃からさまざまなRAW現像ソフトに触れて、自分に合うものを探してきました

僕の場合、紆余曲折を経て作業効率やクオリティを考慮した結果、結果的に落ち着いたのは有料RAW現像ソフトでした。そして今となっては、初心者の方でも早く上達したいのであれば、RAW現像ソフトは有料のものを使う方が良いと考えています

有料RAW現像ソフトの主なメリット
  • 使用するカメラに制約がない:カメラを乗り換えても同じソフトで運用できる
  • 調整項目や調整のキメ細やかさ:無料と比べると遥かに充実している
  • レタッチテクニック情報:参考例が多く技術を真似しやすい
はろ
はろ

プロや上手な人は有料RAW現像ソフトを使っていることがほとんどのため、レタッチを真似したいと思っても無料RAW現像ソフトでは真似すらもできない場合が多いです

もちろん費用はかかってしまいますが、長く写真に向き合っていくのであれば、最終的に有料RAW現像ソフトに行き着くと思いますし、それなら早くツールに慣れておいた方が総合的なメリットは大きいと感じます

そこでこの記事では、僕自身の経験を踏まえて、2022年の今でもバリバリ現役なおすすめなRAW現像ソフト3つを厳選して紹介したいと思います

はろはろ
はろはろ

数あるRAW現像ソフトの中でも、これまで僕自身がしっかり使い込んできたツールですので、胸を張っておすすめします!

今回の内容を読んでいただければ、価格・機能それぞれで自分にピッタリなRAW現像ソフトを見つけられるかと思いますので、RAW現像ソフト選びに悩んでいる方は、ぜひ最後までチェックしてみてください

この記事の結論

  • 操作の手軽さ・価格の安さ重視の方は、Luminar AIがおすすめ
  • 機能の充実度とコスパのバランスを重視したい方は、Luminar Neoがおすすめ
  • 作業効率・表現の幅を最大限に高めたい方は、Lightroom Classic・Photoshopの併用がおすすめ
はろ
はろ

価格・機能の特徴を踏まえて、みなさんにぴったりのRAW現像ソフトを見つけていただければ幸いです

あわせて読みたい

以下の記事では、そもそもRAW現像とは何?RAW現像にはどんな魅力あるの?といった疑問にお答えしています。RAW現像のイメージがまだ固まっていない方は事前にチェックしてみてください

カメラ初心者にもわかりやすくRAW現像のメリットを解説 【RAW現像のメリット】写真がもっと上手くなるRAW現像・レタッチの魅力とは|カメラ初心者向け

各RAW現像ソフトの特徴とおすすめな人

各RAWソフトの個別紹介に入る前に、全体感から触れていきましょう

それぞれに機能・価格面の特徴がありますので、まずはみなさんの要望に近いソフトがどれにあたりそうか、目星をつけていただければと思います

ソフト名初心者の方への
おすすめ度
おすすめ理由価格
Luminar AI 操作性・価格重視の方におすすめ
ワンタッチレタッチが便利
¥4,630
(買い切り)
Luminar Neo バランス・コスパが高い
Luminar AIからレタッチ機能・速度が改善
¥9,880
(買い切り)
Lightroom Classic
Photoshop
機能の充実度は最高峰
維持費がかかるためコスパは▲
月額¥1,078〜
はろ
はろ

特に価格面では「買い切りと月額制(サブスク)」で大きく負担が異なるため、お財布への余裕度や機能のバランスを踏まえながら選ぶのがおすすめです

それぞれどんな人におすすめかを示すと、以下のようになるかと思います

  • 操作の手軽さ・価格の安さ重視の方は、Luminar AIがおすすめ
  • 機能の充実度とコスパのバランスを重視したい方は、Luminar Neoがおすすめ
  • 作業効率・表現の幅を最大限に高めたい方は、Lightroom Classic・Photoshopの併用がおすすめ
はろはろ
はろはろ

概要はここまでとして、早速本編に入っていきましょう!

Luminar AI|AIによるレタッチサポートと価格の安さが魅力

初心者におすすめなRAW現像ソフトの1つ目は「Luminar AI

買い切りの価格形態でありながら、充実した機能と操作性のシンプルさが人気のRAW現像ソフトです

機能の充実度
乏しい
充実
使いやすさ
難しい
簡単
価格
高い
4,630円
安い
はろはろ
はろはろ

AIを使った補正の便利さとわかりやすい操作性が魅力のソフトで、RAW現像初心者の方にもおすすめです

Luminar AI機能を用いたレタッチ動画

以下の動画では、Luminar AIに搭載されている機能を使ってレタッチを行っています。約2分足らずで写真の見た目が大きく様変わりしますので、ぜひチェックしてみてください

はろはろ
はろはろ

スライダーを左右に振って効果のかかり具合を調整するだけですが、十分にクオリティの高いレタッチを行ってくれます

上記は、Luminar AIの後継ソフトにあたる「Luminar Neo」で編集していますが、Luminar AIでも同様のレタッチが可能です

Luminar AIの特徴

Luminar AI」の最も大きな特徴は、被写体の認識力と充実した調整機能で、これによってたくさんの写真を時短でレタッチすることができます

Luminar AIの特徴
  • シンプルな操作感で初心者の方にもハードルが低い
  • AIによる被写体の認識・調整により時短でレタッチができる
  • 本格的なRAW現像処理機能が備わっている

こんなレタッチもワンタッチで完了

左:レタッチ前 / 右:レタッチ後

本来は人が手作業で部分指定をして効果をかけるところを、ツール側が自動で範囲指定してくれる上に、被写体に応じた便利な調整項目が用意されているため、一般的な無料RAW現像ソフトでは真似できないクオリティの写真に仕上げることができます

はろはろ
はろはろ

顔の範囲やパーツをツールが勝手に判断してくれるので、いちいち範囲選択を手作業で行う必要がなくすごく便利です

その他にも便利な補正機能あり

  • 人物:を綺麗に補正する・顔のパーツや体型を調節できる
  • 自然:空模様を置き換える・風景をより美しく見せる
  • 演出:太陽光背景ボケを擬似的に作り出す

これだけ機能が備わっているとなんだか使いづらそうな印象を持ってしまいがちですが、Luminar AIは全体的なツールの作りがシンプルに整理されているため、初心者の方でも馴染みやすい点も大きなメリットのひとつです

(参考画像を)

はろはろ
はろはろ

機能が綺麗に整理されたブロックで分かれているため、使いやすいですね

あわせて読みたい

Luminar AIの使用感をもっと詳しく知りたい方は、ぜひこちらのレビュー記事をチェックしてみてください

Luminar AIの価格(買い切り型)

Luminar AI」は買い切り型(維持費用がかからない)のRAW現像ソフトで、使用するPCの台数分のライセンスを購入する価格形態になっています

はろはろ
はろはろ

また、当ブログで配布しているLuminar AI専用プロモーションコードを活用いただくと、¥1,000割引が適用されます

Luminar AI専用プロモーションコード:harolog

>> プロモーションコードの具体的な適用方法はこちら

項目1ライセンス2ライセンス
通常価格
(現在割引中)
¥9,580
¥5,630
¥11,980
¥7,070
プロモーション
コード割引
¥-1,000¥-1,000
合計¥4,630¥6,070
Luminar AIのライセンス価格(税込)

毎月費用がかかるサブスク形態と比べれば圧倒的にコスパが高い上に、シンプルな操作感とAIを使ったレタッチが魅力のLuminar AIは、RAW現像初心者の方にも非常におすすめなRAW現像ソフトです

はろはろ
はろはろ

7日間は無料で製品を試すことができますので、気になる方はぜひダウンロードして使ってみましょう!

Luminar Neo(Luminar AIの進化版)|自動マスキング機能・処理速度が魅力

おすすめの2つ目は「Luminar Neo」。「Luminar AI」の後継ツールとして発売された最新のRAW現像ソフトです

機能の充実度
乏しい
充実
使いやすさ
難しい
簡単
価格の安さ
高い
9,880円
安い

機能は完全にLuminar AIの上位互換となっているため、Luminar AIで出来る機能は全て搭載した上で、さらに便利な自動マスキング(範囲指定)機能追加・処理の高速化が図られています

Luminar Neoの参考動画

Luminar Neoを実際に使用したレタッチのイメージはこちら。Luminar AIとほぼ変わらずの操作感(シンプルさ)で、軽快に動作してくれるところが嬉しいポイントです

Luminar Neoの特徴

基本的な機能はLuminar AIを引き継ぎつつ、機能面を底上げ+高速化が図られたのが「Luminar Neo」の特徴です

はろはろ
はろはろ

特に個人的には全体的な処理が高速化されたのが嬉しいポイントでした!

Luminar Neoの特徴
  • Luminar AIの完全上位互換シンプルな操作性も引き継ぎ
  • 処理の高速化によりレタッチ作業が軽快に
  • 自動マスキングが強化され、部分的なレタッチがさらに手軽に

また、Luminar AIと比べると機能面でも大きく進化していて、特に自動マスキング(被写体認識)が大幅に進化しています

人の範囲選択も一瞬で出来るのでレタッチが楽になりました
  • 被写体の自動マスキングの進化
    (人・人工物・植物など、これまで分離が難しかった被写体もワンタッチでマスキング)
  • 部分消去がより便利に進化(電線・ホコリの自動消去)
  • 背景だけを一気に入れ替える機能が追加

もはや機能の充実度は、次に紹介するLightroom Classic」にも匹敵するほどで、買い切りながらここまでの機能が使えるのは本当にコスパが高いRAW現像ソフトだと感じます

参考動画:YumeYumeJunk様

あわせて読みたい

Luminar Neoで追加された新機能を詳しく知りたい方は、以下のレビュー記事をぜひチェックしてみてください

Luminar Neoの価格(買い切り型)

機能が充実した分、Luminar AIよりも価格がグッと高くなりそうなところですが、「Luminar Neo」の価格はLuminar AIと1,000円程度しか変わりません

はろはろ
はろはろ

Luminar Neoについてもプロモーションコード割引が適用されますので、ぜひ購入を検討されている方はご活用ください

Luminar Neo専用プロモーションコード:harologneo

>> プロモーションコードの具体的な適用方法はこちら

項目1ライセンス2ライセンス
通常価格¥10,880¥13,280
プロモーション
コード割引
¥-1,000¥-1,000
合計¥9,880¥12,280
Luminar Neoのライセンス価格(税込)

買い切りの価格形態・充実したRAW現像機能・便利な自動レタッチ機能、これらを踏まえると、個人的には今時点で最もバランスが取れたRAW現像ソフトだと感じます

機能にもこだわりつつコストを抑えたい方はぜひ導入を検討してみましょう

はろはろ
はろはろ

購入後30日は返金も可能ですので、まずは使ってみて使用感を確かめてみてください!

Lightroom Classic・Photoshop|プロでもお馴染みハイエンド写真編集ソフト

初心者におすすめのRAW現像ソフトの3つ目は、有料RAW現像ソフトの中では大本命の「Lightroom Classic・Photoshop

それぞれは異なるツールですが、写真ユーザ向けの「フォトプラン」であれば、両ツールを合わせて月千円程度から使用できます

役割の違い

  • Lightroom Classic:写真の選別・基本レタッチ(明るさ・色調整)
  • Photoshop:高度な画像編集(変形・変色・合成)

写真のインポートから選別、レタッチ、エクスポートまでの工程がプロ向けにカスタマイズされていて、機能の充実度と処理の軽さはピカイチのソフトです

はろはろ
はろはろ

価格は月額制となるため、Luminarと比べるとやや割高ですが、予算に余裕があるのであれば、使って後悔することはほぼ無いかと思います!

機能の充実度
乏しい
充実
使いやすさ
難しい
簡単
価格の安さ
高い
月額1,078円
安い

Lightroom Classicの参考動画

RAW現像では主に「Lightroom Classic」を使用するのですが、調整パラメータが豊富に揃っていて、できないことは無いと言ってもいいくらいに細かなレタッチを行うことができます

また、写真に点数やマーキングをつける、機材や撮影設定でフィルタできるなど、後で編集したい写真を絞り込む際に便利な機能も充実しています

参考:細江貴寛さま
はろはろ
はろはろ

それでいて、動作が非常に軽快ですので、一度「Lightroom Classic」を使ってしまうと他のツールに移れない人も多いかと思います

Lightroom Classic(+Photoshop)の特徴

主にRAW現像処理を行う「Lightroom Classic」の特徴は、圧倒的な機能の豊富さと軽快な処理に尽きます

月額制のコストと使いこなすまでには知識と慣れは必要ではあるものの、これから本格的に写真編集に向き合っていきたい方には非常にオススメです

LightroomとPhotoshopの特徴
  • 明るさ・色調整の機能が非常に充実、そして動作が軽快
  • 写真の選別作業が非常に便利
  • 変形・合成ができるPhotoshopも併せて使える
  • 機能が非常に豊富なため、使いこなすまでに知識と慣れが必要
はろはろ
はろはろ

利用者も多いので、ノウハウがたくさん転がっているのも嬉しいポイントだと思います!

あわせて読みたい

LuminarとLightroom・Photoshopの具体的な機能の違いを知りたい方はぜひこちらの記事もチェックしてみてください。これまでそれぞれのツールを使用してきた僕の経験を基に、機能部ごとに比較しています

Lightroom Classic・Photoshopの価格(サブスク型)

これまで紹介した「Luminar AI・Luminar Neo」とは異なり、「Lightroom Classic・Photoshop」は月額(サブスク)形態です

色々と細かくプランが分かれているのですが、最もお得なのがクリエイター向けの「フォトプラン」で、これなら月々千円程度で使い続けることができます

はろはろ
はろはろ

付属するオンラインストレージ容量により価格が変わりますが、ローカルで作業をする方は最安プランで十分だと思います

フォトプランに付属するツール
項目価格
(PC2台まで)
備考
フォトプラン
20GB
月額¥1,078Lightroom Classic・Photoshop・モバイル用Lightroomアプリが付属
フォトプラン
1TB
月額¥2,178同上
フォトプランの月額費用(税込)

ややお財布への負担は大きなサブスク形態ですが、それでも月千円程度で使い始められるのはとても魅力的だと思います

将来を見据えて最高峰の機能・利便性に慣れておきたいという方はぜひチャレンジしてみましょう

はろはろ
はろはろ

使い始めは出費が小さいので、まずは使ってみてハードルが高く感じれば他のツールに乗り換えると言った方法もありだと思います!

\ 写真編集に必要なツールが全部入り! /

購入後14日間は返金可能!

まとめ:価格・機能のバランスより自分にピッタリなRAW現像ソフトを選ぼう

今回は、RAW現像初心者の方に向けて、おすすめのRAW現像ソフト3選を紹介させていただきました。価格・機能はそれぞれ特徴的ですが、どれも無料RAW現像ソフトと比べれば、使い勝手が非常に良いツールです

個人的には価格と機能のバランスが取れた「Luminar Neo」がおすすめですが、許容できる予算や機能性へのこだわり次第で、皆さんにピッタリなRAW現像ソフトを見つけていただければと思います

  • 操作の手軽さ・価格の安さ重視の方は、Luminar AIがおすすめ
  • 機能の充実度とコスパのバランスを重視したい方は、Luminar Neoがおすすめ
  • 作業効率・表現の幅を最大限に高めたい方は、Lightroom Classic・Photoshopの併用がおすすめ
ソフト名初心者の方への
おすすめ度
おすすめ理由価格返金期間
Luminar AI 操作性・価格重視の方におすすめ
ワンタッチレタッチが便利
¥4,630
(買い切り)
30日間
Luminar Neo バランス・コスパが高い
機能・処理能力がLuminar AIから進化
¥9,880
(買い切り)
30日間
Lightroom Classic
Photoshop
機能の充実度は最高峰
維持費がかかるためコスパは▲
月額¥1,078〜14日間
はろはろ
はろはろ

どのツールも一定期間の利用であれば返金が可能です!お試しで使って感触を確かめてみましょう!

\ 写真編集に必要なツールが全部入り! /

購入後14日間は返金可能!

関連記事

はろ
はろ

それでは、次の記事でお会いしましょう!よいカメラライフを!

7日間の無料体験期間あり:導入方法はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA