【Luminar Neo割引まとめ】プロモーションコード・最新セール情報を紹介|購入方法付き・ルミナーネオ

【Luminar Neo割引まとめ】プロモーションコード・最新セール情報を紹介|購入方法付き・ルミナーネオ

この記事には広告を含む場合があります。記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

7日間の無料体験・30日間の返金サポートあり

シンプルな操作性とクリエイティブならレタッチができると話題の「Luminar Neo(ルミナーネオ)」

買い切り形態のライセンスなど、お財布にも優しい点も特徴のひとつですが、それでも1万円以上の買い物をするのはなかなか勇気が要りますよね

そこでこの記事では、Luminar Neoをどこよりも安く購入する方法についてまとめてみました。実際に当サイトのクーポンを使っていただくだけでも1,000円以上の割引が得られるので、ぜひチェックしてみてください。

はろはろ
はろはろ

プロモーションコードと期間限定セールは併用できる場合もあるので、どちらも要チェックです!

Luminar Neoでは、サブスク・機能拡張パックも登場し、価格プランが複雑化しつつあります。この記事では、価格形態についても整理した上で紹介していきますので、Luminarのライセンス形式がよくわからない方は最初から読み進めてみてください。

購入後30日間は返金可能

クーポン利用で10%OFFharologNEO10

あわせて読みたい

Luminar Neoの便利な機能、実際に使って見た感想を以下の記事にまとめました。発売当初に導入して以降の長期レビューとなりますので、Luminar Neoの導入を検討している方はぜひ参考にしてください。

Luminar Neoのライセンス形態

2023年の秋ごろからLuminar Neoが新しいライセンス・価格形態になります。

価格形態はすでにご存知の方は、こちらから割引パート

Luminar Neo」は、①初回購入費用のみの買い切り型、②定期支払いのサブスク型の2つのライセンス形態が存在します。

さらにそれぞれについて、基本機能だけが使用できる一般ライセンス(通常版)プロライセンス(拡張版)があるため、支払い方法と使用したい機能によって、好みのライセンスを選択することができます。

機能拡張はPhotoshopのような多重合成やブレの軽減など、高度なレタッチを行いたい人向けの機能が使用できるオプション機能です。

正直、基本ライセンスのみでも露光調整や肌のレタッチ補正など、十分に実用的かつ十分な機能が備わっているのですが、レイヤー合成を行いたい方は必須のライセンスとなるため、ぜひ以下の記事を参考に導入を検討してみてください。

また、2023年秋頃からLuminar Neoの基本機能が大きく刷新される予定で、今後アップデートされる機能を使用するためにはクリエイティブジャーニーパスの購入が必要となります(サブスクの場合は不要)。

これらを踏まえた価格は以下の通り。サブスクを2年以上契約するなら買い切り型の方が安価なります。

当サイト限定クーポン(harologNEO10)を使用することで、さらに10%の割引を受けることができます

ライセンス価格おすすめ度主な特徴拡張機能
買い切り型
(クリエイティブジャーニーパス付き)
29,980円 初回支払い以降、
支払いが一切ない形態
別途購入
サブスク型(プロ版)15,780円(年額払い)
1,480円(月額払い)
機能を最大限に活用できる標準搭載
サブスク型(通常版)11,502円(年額払い)
1,480円(月額払い)
短期間使用ならコスパ良使用不可
Luminar Neoのライセンス価格(税込)

買い切り型(生涯)ライセンス

「買い切り型(生涯)ライセンス」は、一度購入すれば追加費用を支払うことなく使えるライセンスです。基本的にはこの形態で買うのが最も経済的です。

2年以上、Luminar Neoを使用する場合は最も経済的

また、2023年秋頃からLuminar Neoの基本機能が大きく刷新される予定で、今後アップデートされる機能を使用するためにはクリエイティブジャーニーパスの購入が必要となります。

併せて機能拡張パックについても別オプションとなるため、必要性を踏まえてライセンス選びに注意してください。

サブスク型ライセンス

「サブスク型ライセンス」は、期間限定で使用できるライセンスです。サブスク型には2つのライセンスがあり、機能拡張パックが使用できる「プロ」と使用できない「通常版」から選ぶことができます。

はろ
はろ

支払い方法は「年払い・月払い」の2つが用意されています(年払いの方がお得)

使用する期間が明らかに限られている場合や、とりあえず短期間で使ってみようかな?と考えている方はサブスクライセンスがおすすめですね。

Luminar Neoのプロモーションコード

Luminar Neo(ルミナーネオ)割引プロモーションコード(クーポン)

ここからは具体的な割引の話に移っていきます。実は、Luminar Neoでは公式サイトで購入する際に、プロモーションコード(harologNEO10)を入力いただくことで、10%割引が適用されます

10% OFFクーポンharologNEO10
1,000円 OFFクーポンharologneo

はろ
はろ

購入金額が1万円を超える場合は、10% OFFクーポンの方がお得です!

特に買い切りライセンスはサブスク(1年払い)よりも金額が大きいため、10%引きの割引額が大きくなります。これも買い切り版のライセンスをおすすめする理由の一つです。

Luminar Neoの期間限定セール情報(サイバーマンデーセール)

買い切りライセンスがめちゃくちゃお得です
終了まで残り 時間

先日までのブラックフライデーに引き続き、11/27(21:00)〜12/4(21:00)の間、Luminar Neoの各種ライセンスが通常価格の約70~80%OFFで購入できるサイバーマンデーセールが開催されます。

正直僕も長くルミナーのセールをみてきましたが、ここまで大きなセールは初めてのレベルです。特に「買い切り版」は一度買ってしまえば機能が永続的に使用できるため、めちゃくちゃお得だと思います。

ライセンスセール価格(参考)通常価格
買い切り版
+拡張機能・クリエイティブジャーニーパス
¥14,980(75%OFF)¥59,980
サブスクライセンス(Pro)¥7,980 / 年(83%OFF)¥48,875
ライセンス価格(税込)

セール期間中はプロモーションコードも併用できますので、ぜひ購入を検討されていた方はこの機会を活用しましょう。

Luminar Neoの購入方法

Luminar Neoを割引価格で手に入れるためには、公式ホームページから購入する必要があります

しかし、不慣れなサイトで購入するのは少し気が引けると感じる方もいらっしゃると思いますので、動画にまとめました

Luminar Neo」の購入方法やインストール方法について、テキストで確認されたい方は以下の記事もチェックしてみてください

Luminar Neoの新機能まとめ

ここであらためて、Luminar Neoで追加された新規機能・便利な機能についておさらいしていきます

はろ
はろ

基本的にはLuminar AIの上位互換であり、価格もほぼ変わらないのでコスパが非常に高いです

Luminar Neoの特徴
  • Luminar AIの機能がほぼ引き継がれている
  • RAW現像機能がさらに高度化・高速化
    Photoshopのようなレイヤー機能の追加
  • AIによる編集機能も高度化
    自動マスキング・邪魔な物体の自動削除など

個人的には、公式ページでアピールしている「電線の削除や背景の入れ替え」といった機能はあまり使用頻度が高くはないため、そこまで嬉しい機能ではないかなぁと思っています

 

一方で、Luminar AIの機能を踏襲・処理の高速化などは、どのユーザに対しても恩恵があるため、非常にありがたいなと感じるところです

はろ
はろ

それでいて価格も据え置きですので、これからLuminarでRAW現像にチャレンジしてみようと考えている方は、Luminar Neoから始めてみるのが良いかと思います

Luminar Neoで新しく追加された機能・実際に使って便利だと感じる機能については、以下の記事にて詳しく紹介しています。気になる方はぜひ参考にしてください

まとめ:Luminar Neoを安く購入するにはプロモーションコード・割引セールを活用しよう

この記事では、Luminar Neoをできるだけ安く購入する方法についてまとめました

各種割引セールを使えば思いのほか安く購入できる可能性がありますので、ぜひみなさんもご活用いただければ幸いです

購入後30日間は返金可能

クーポン利用で10%OFFharologNEO10

はろ
はろ

この記事の内容は以上です。ご感想・コメント等がございましたら、ページ下部のコメント欄をご活用ください!(品質向上・励みになります)

7日間の無料体験・30日間の返金サポートあり

2 COMMENTS

Y.I

LuminarNeoを購入し使用している者です。
編集途中に落ちたり、やたらと処理が重いため解決策をお伺いしたく。

お伺いしたい内容としては主に下記2点です。
・現状インストールしているソフトがM1 ネイティブに対応しているものか確認する方法を知りたい。
・環境の改善方法について

<現在の環境>
Luminar Neo version: 1.13.0 (15581)
Locale: ja
OS Version: バージョン13.0.1(ビルド22A400)
Device Model: MacBookPro18,2
Processor: Apple M1 Max
Logical processors count: 10
RAM: 32 Gb
カタログはローカルSSDに保存
RAWデータは外付けHDDに保存

<困っている事象>
・AI処理後(スーパーシャープ、ノイズ除去)が多いですが、編集が適用されなくなります。ただこの時点でアプリが落ちることはありません。待機しても状態が変わらないため、一度アプリを終了してアプリの再起動をすると編集前の状態からスタートします。
・動作が不安定になるなどの前触れなくアプリが落ちることがあります。
・M1ネイティブ対応したバージョンをインストールしたかが定かではありません。確認したいのですが、確認方法がわかりません。

<個人的な見解>
マシンスペック的には問題ないと考えております。
HDDにRAWデータが入っていること、M1ネイティブ対応してないバージョンをインストールしている可能性があること、この2点が原因かと考えております。

意見いただけたら幸いです。

返信する
はろ

ご連絡ありがとうございます。

結論から申し上げると、
・HDDにRAWデータが入っていること:おそらく問題なし(僕も同じ環境です)
・M1ネイティブ対応してない:不具合の可能性として考えられる

と言った状況です。なお、僕はIntelチップのiMacを使用していますが、同様の状況には遭遇したことがありません。
詳細はメーカーへの問い合わせいただくことが確実かと思います。
https://skylum.com/jp/support

日本語での問い合わせが可能ですので、一度ご確認いただければと思います。お力になれず申し訳ありません。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA