RAW現像のメリットとは?初めての人にも分かりやすく解説|カメラ初心者向け

カメラ初心者にもわかりやすくRAW現像のメリットを解説

こんにちは。はろはろ(@haroharo72)です

 

デジタル一眼カメラをお持ちの方であれば、一度は耳にする「RAW現像(ろーげんぞう)

RAW現像を簡単に表現すると、自分の思い通りに写真を加工することなのですが、これがまたとっつき辛い

はろはろ
はろはろ

一眼で撮ればなんでも綺麗な撮れると思っていた初心者の頃の私にとって、RAW現像は最初にぶつかった壁の一つでした

 

そんなRAW現像ですが、実際にやってみると思い通りの1枚に仕上げることができるだけではなく、写真上達の近道になると強く感じます

 

そこで今回は、昔の私のようにRAW現像にいまいち踏み切れない方に向けて、RAW現像とは何ができるのか?を可能な限りわかりやすく説明したいと思います

RAW現像とは

RAW現像と一般的な写真編集とは決定的に違う点は、編集時にRAWファイル(写真の生データ)を使うこと

RAW現像は別名レタッチとも言われます(レタッチは画像編集全般を指す言葉で、RAW現像はレタッチの中の一つの位置付けです)

 

あわせて読みたい

RAW現像やレタッチって具体的にどんなことをするの?と疑問に感じた方はぜひこちらの解説記事をご覧ください

>> RAW現像の基本的なやり方を解説|手順付き・カメラ初心者向け

RAW現像の基本的なやり方を解説|手順付き・カメラ初心者向け

 

RAW現像では、生データならではの圧倒的な色の情報量を使って、肉眼での見た目に近づけたり・自分なりの色合いを表現することができます

 

フィルムライクにレタッチした写真(スライダーを左右に振ってみてください)

左:RAW現像前 / 右:RAW現像後

 

編集した際に、色や明るさのグラデーションが破綻することが非常に少ないことがRAW現像の最大の強みです

はろはろ
はろはろ

最高の食材を使って料理(編集)をするようなイメージです

RAWとJPEGファイルの違い

RAW現像を説明する上で欠かせないのが、RAWファイルとJPEGファイルの違いです

 

デジタル一眼カメラでは、写真をJPEGとRAWで保存することができます

 

それぞれの違い簡単に説明すると、JPEGは画像表示に特化した画像ファイル。そしてRAWは、大量の色情報を集めたデータです

はろはろ
はろはろ

そもそもの用途が全く違うところがポイントです

 

たくさんの色情報が残っているRAWファイルは、さまざまな画像編集にも応用が効く形式となります

JPEGはすでに出来上がった画像ファイル

写真でいうところのJPEGファイルは、カメラが自動的に色味や明るさを補正して出力した画像です

はろはろ
はろはろ

つまり、良くも悪くもカメラ任せ。出来の良し悪しはカメラの性能に委ねられます

 

また、(すでに出来上がった画像ファイルの)JPEGファイルは画像編集には不向き

 

データサイズを抑えるために表示に必要な最低限の情報しか持ち合わせていないため、グラデーションが豊かなもの(空や雲など)は色がガタガタして、不自然な見た目になることがあります

画像編集するならRAWがおすすめ

後ほどにも紹介しますが、写真のクオリティや失敗写真を減らすためには、RAWで撮影することがおすすめです

RAW現像の仕組み

RAWファイルは写真編集を目的したファイルです

なんと色の情報量は4億色以上。人の目で見える色は多くて1000万色と言われているので、それを遥かに超える色情報を持っています

そのため、写真編集をしても色味や明るさが崩れにくい性質があります

 

一方で、RAWファイルはデータサイズはびっくりするほど大きいため、RAW編集が完了したらJPEGに書き出すことが一般的な使い方になります

 

ファイルサイズの違い

2400万画素のカメラで1枚撮影した場合、JPEGは1~3MB程度、RAWは50MB程度

RAWで保存できるのがデジタル一眼カメラのメリット

先ほど紹介した通り、RAWファイルはデータサイズが非常に大きいです

画像100枚で5GBにもなってしまうため、基本的にスマホではRAW形式で写真を保存することはできません

はろはろ
はろはろ

これじゃすぐにスマホの容量が埋まっちゃいますからね…

 

一方で、デジタル一眼カメラではRAW形式で保存することができます

 

多少データが大きくても、簡単にデータ削除ができるSDカードに書き込むことが前提であるためです

はろはろ
はろはろ

デジタル一眼カメラを持っている方は、ぜひ積極的に活用してみましょう!

RAW現像を使った具体的な例

RAW現像でできることは主にはこの2つ

  • 肉眼で見た感じに近づけることができる
  • 自分の好きな見た目に変えることができる

 

ここでは、実際にRAW現像をしたビフォーアフターを紹介していきたいと思います

肉眼で見た感じに近づける

そもそもカメラは、肉眼ほど明暗差を正しく表現することができません

一方で、肉眼は暗いところから明るいところまで、本当によく見えます

はろはろ
はろはろ

スマホで撮影した写真だと、明るさが全然違うことってよくありませんか?

 

このようにカメラにはどうしても苦手な表現があるため、そこを人が手直ししてあげる必要があります

 

たとえばこの写真。砂浜で遊ぶこどもの姿と背景の夕日がとても綺麗だと思い撮影しました

しかし撮影すると…!こどもの姿が真っ黒の状態になってしまっています

20210430-A7300013-3
はろはろ
はろはろ

肉眼では、こどもの姿もちゃんと明るく見えているんですよ

 

これをRAW現像したものがコチラ。暗く写った部分だけを明るくして、肉眼で見えた形に近い写真に仕上げることができました

20210430-A7300013
はろはろ
はろはろ

失敗写真に見えたこの一枚も、RAW現像で甦らせることができるのです

ちなみにJPEGで同様の編集をしてみると

JPEGで同様の編集を行ったところ、暗い部分(頭や服)にノイズが乗ってしまいました(スマホだと見づらいかも)

 

今回は写真の一部だけが暗かったためそこまで目立ちませんが、夜景など暗いところが多い写真だったら結構キツイと思います

自分の好きな見た目に変える

Twitterやインスタで、この人の写真なんかおしゃれだなぁ〜と思うことってありませんか?

20210503-A7300367

 

そういった写真の多くは、おそらく作者のこだわりで写真に手が加えられています

 

写真は肉眼で見たままを再現するだけではなく、色味や光の加減を使って独自の世界観を表現することができます

主題を光の加減で強調する

例えばこの桜の写真。これは光のバランスを変えて、主題の桜を強調しています

左:現像前 / 右:現像後

 

撮影時には周辺も多少明るかったのですが、桜の花をもっと強調するため、周辺の明るさを下げています

夜景の鮮やかさを光の加減と色味で強調する

こちらの写真は、色合いや光の具合を整えて、夜景の鮮やかさを強調しています

左:現像前 / 右:現像後

 

写真では肉眼ほど夜景が鮮やかに見えないため、ライトアップ部分の明るさを強調しつつ、全体的に青色を加えることで、都会の夜景の雰囲気を表現しています

 

このようにRAW現像では、色味や明るさを自由自在に編集することができます

編集者の想いを写真に込める無限の可能性が秘められています

はろはろ
はろはろ

最初は難しく感じると思いますが、やってみるとできることが少しずつ増えていって上手くなっていきますよ!

 

カメラ初心者こそRAW現像をはじめてみよう

 

正直わたし自身、カメラを買ってからすぐにRAW現像をやっていたかといえば答えはNO

ですが、今になって思うのは、RAW現像をもっと早くやっておけばよかったと思います

 

その理由は大きくは2つ。特にカメラ初心者にとって大きなメリットがあります

大事な写真を蘇らせることができる

肉眼で見た感じに近づけるのパートでお伝えした通り、カメラにはどうしても明暗差が苦手

そういったシーンで撮影した写真も、RAW現像であれば綺麗に蘇らせることができます

はろはろ
はろはろ

大切な人と撮った写真や旅行先での思い出の写真。ひとつでも失敗したくないですよね

 

RAW現像のスキルを身に付けておけば、自分の記憶により近い写真を残すことができるようになります

写真技術が上達する

 

RAW現像をするようになってから思うのは、RAW現像は写真全体のスキルを高めてくれるということ 

はろはろ
はろはろ

編集が上手くなるというのは、編集のために必要な撮影方法を学ぶということにもつながります

 

RAW現像の副次的な効果として、写真を振り返る時間が長くなります

これにより、撮影時には気づかなかった反省点をたくさん見つけることができます

はろはろ
はろはろ

構図の甘さ・無駄なモノの映り込み・明るさの調節などなど

 

このような気づきが撮影テクニックの向上にもつながってきます

そういった意味でもカメラ初心者の方には、RAW現像はおすすめです

RAW現像ソフトを使ってみよう!

 

RAW現像は処理負荷が大きいため、基本的にはPCにインストールしたRAW現像ソフトを使って編集します

実際に私が使っているのは「Adobe Lightroom」とLuminarAI」です

はろはろ
はろはろ

どちらも有名なRAW現像ソフトです

現像ソフトには無料から有料のものまでたくさんある 

世界中にはものすごく多くの写真編集ツールがあります。「機能がリッチなもの・スマホに対応したもの・自動で調整してくれるもの」などなど

 

その中でも「Adobe Lightroom/PhotoshopとLuminar」はしのぎを削る2大巨塔のような位置付けです

 

どちらも有料ソフトではあるものの、多くの人が使っているソフトであることから「機能が非常に充実している・上手い人の現像を真似しやすい」といったメリットがあります

 

色合いや明るさなどを作品を作るための機能がすごく充実しています

 

ちなみに気になる費用はこちら。「月額支払いのLightroomCC/Photoshop」「買い切りのLuminarAI」といったように価格形態に特徴があります

 

ライセンス費用
  • Lightroom/Photoshop:月額 1,078円(サブスク)
  • LuminarAI:9,580円(永久ライセンス)

 

どちらのツールも無料体験が可能ですので、ぜひ実際につかってみることをおすすめします

 

おためし期間と返金制度
  • LightroomCC/Photoshop:7日間の無料試用期間あり
  • LuminarAI:30日以内の返金対応あり

 

Lightroomの無料体験はこちらから

 

フォトプラン購入登録から7日間は無料体験期間です。無料体験期間中はいつでも解約可能です。

LuminarAIの無料体験はこちらから

 

LuminarAI→FREE DOWNLOADから7日間の無料体験ができます。

 

まとめ

 

今回は、昔の私のようにRAW現像にいまいち踏み切れない方に向けて、RAW現像とは何ができるのか?を可能な限りわかりやすく説明してみました

 

RAW現像は写真編集上手くなるだけではなく、編集のために必要な撮影方法を学ぶということにもつながります

 

カメラ初心者の写真上達の近道になること間違いなしですので、興味があればぜひ取り組んでみましょう!

 

あわせて読みたい

 

はろはろ
はろはろ

それでは、次の記事でお会いしましょう!よいカメラライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA