【Luminar Neo】Lightroomの代替えになる?両ツールを併用する僕が考えるおすすめの使い方

【Luminar Neo】Lightroomの代替えになる?両ツールを併用する僕が考えるおすすめの使い方

この記事には広告を含む場合があります。記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

  • 買切りライセンス対応のRAW現像ソフト
  • プロモーションコード適用で10%OFF(code:harologNEO10)
  • プロモーションコードの適用はこちらを参照
7日間の無料体験・30日間の返金サポートあり

RAW現像ソフトの代表格といえば、多くの人が想定するのが「Lightroom Classic」ですよね。ただし、Lightroom(主にフォトプラン)は月額1,078円。年間で13,000円程度と地味に痛い出費です。

そこで代替ツールとして有望なのが「Luminar Neo(ルミナーネオ)」。買い切りの価格形態に対応していながら、高いレベルのRAW現像機能と、工数を最小限にできるレタッチフォロー機能が備わったコスパの高いRAW現像ソフトです。

はろ
はろ

僕はLightroomにLuminar Neoをプラグイン連携させて使っています

そこで今回はどちらのツールも普段から使っている僕の経験を踏まえて、「Lightroom Classic」と「Luminar Neo(ルミナーネオ)」それぞれの違いとおすすめの人物像について紹介したいと思います。

この記事の結論

  • 価格重視の方は、
    Luminar Neo(ルミナーネオ)」がおすすめ
  • 表現力に妥協したく無いは、
    Lightroom Classicの併用がおすすめ

価格の違いだけに着眼すると、2年間以上RAW現像ソフトを使うのであれば「Luminar Neo」の方が安くなる計算になります。

機能的にはそこまで大きく変わらないので、費用を最小限にしたい方は「Luminar Neo」、それでも表現力に妥協したく無い方は「Lightroom Classic」を選ぶと幸せになれると思います。それでは本編に移っていきましょう。

あわせて読みたい

Luminar Neoの便利な機能、実際に使って見た感想を以下の記事にまとめました。発売当初に導入して以降の長期レビューとなりますので、Luminar Neoの導入を検討している方はぜひ参考にしてください。

この記事の著者

Photographer & Bloger

はろ

月間8万PVのカメラ系ブログを運営。子供撮影の趣味が高じ、副業カメラマンとしても活動しています。ご質問はコメント欄・お問合せ・DM等でお気軽にどうぞ。

Luminar NeoとLightroom Classicの違い

価格・機能それぞれの違いを踏まえると「それぞれのツールが合うのはこんな人」は以下のようになるかと思います。

コストは二の次、機能重視なら「Lightroom Classic」。シンプルな操作性やLightroomは高くてちょっと・・・と思う方は代替ツールとして「Luminar Neo」がおすすめです。

Luminar Neo
Lightroom Classic
  • できるだけ安くRAW現像ソフトを使いたい
  • 難しいツール操作は苦手
  • レタッチに時間をかけたくない
  • コストよりも機能性を重視したい
  • マルチデバイスで作業したい
  • 大量の機材・写真データを扱う
  • 参考書籍やレビューが豊富

まずはざっくり価格と機能の違いについておさらいしつつ、後半では詳しい機能差分について触れていきます。

価格の違い|買い切りプランの有無が差分

まずは気になる価格面の違いから。「Lightroom Classic」と「Luminar Neo」の大きな違いは、買い切りプランの対応の有無です。

ツールを使用しない時期があっても費用がかかり続けるサブスクプランと比べると、やはり買い切りに対応した「Luminar Neo」はお得な選択肢になります。

ツール名料金プラン備考
Luminar Neo¥19,575(買い切りプラン)
¥1,480円/月(サブスク)
約18ヶ月使用すると
Lightroomより安くなる
Lightroom Classic
Photoshop
¥12,936円/年(サブスク)
¥1,078円/月(サブスク)
買い切りプラン非対応
PC1台利用時の価格
はろ
はろ

Luminar Neoの買い切りプランを18ヶ月使えば、Lightroomを月額払いするよりお得になる計算になります!

機能の違い|マルチデバイス対応の有無が大きな差分

価格はともあれ、RAW現像ソフト選びで一番重要なポイントは機能の違いですよね。細かい比較をすればキリがないのですが、大きな傾向で捉えると「Lightroom Classic」と「Luminar Neo」の大きな違いは、マルチデバイス対応の有無です。

そこでここではまずはざっくりと両者の機能差分についてまとめてみます。詳しい違いは後ほどのパートで紹介しますので、まずは概要をイメージしてもらえればと思います。

Lightroom Classic(Lr)は契約プラン上、一緒にPhotoshop(Ps)も付いてくるため、今回は抱き合わせ(Lr + Ps)で比較していきます

デバイスの充実度
Luminar Neo
スマホ・タブも対応
Lr + Ps
RAW現像機能の充実度
Luminar Neo
ほぼ互角
Lr + Ps
レタッチ機能
Luminar Neo
自動レタッチが便利
Lr + Ps
操作の手軽さ
Luminar Neo
シンプルな操作性
Lr + Ps
動作の軽さ
Luminar Neo
Lrは快適(PSは重い)
Lr + Ps

マルチデバイス対応や機能が充実している「Lightroom Classic」に対して、「Luminar Neo」はシンプルな操作性と自動レタッチ機能が魅力。その他の機能は多少の差分はあれどほぼ互角と言ったところです。

ただし、LightroomとPhotoshopは2つのツールを行き来しながら写真を仕上げる(場合がある)ので少し面倒な印象。逆にオールインワンの「Luminar Neo」はより便利に感じます。

Luminar NeoとLightroomの機能差分

また先ほど「Luminar Neo」は価格が安いと紹介しましたが、実はそれはあくまでPC1台運用を前提にしたもので、PC2台体制・タブ併用などマルチデバイス前提であれば「Lightroom Classic」は比較的お得さが増します。

Luminar NeoとLightroomのライセンス差分

一方で、特にPC1台で十分だよと言った方は、買い切り&機能がほぼ互角の「Luminar Neo」を使うことでグッとコストを抑えることができます。

はろ
はろ

特にRAW現像初心者の方で、マルチデバイス運用を前提としないのであれば、操作性がシンプルなLuminar Neoは敷居が低く使いやすいのでおすすめです!

Luminar NeoとLightroom Classicの機能差分を徹底比較

ここからは「Luminar Neo」とLightroom Classic」の機能の違いについて、細かく比較を行っていきます。動画でもチェックしたい方はぜひ以下の動画を参考にしてみてください。

参考動画:YumeYumeJunk様

ひとえにRAW現像ソフトと言えど機能は様々。そのため、今回は4つのカテゴリーに分けてそれぞれのツールの違いをまとめてみました。詳しくは以降のパートで紹介します。

比較項目
Luminar Neo

Lightroom Classic

Photoshop
RAW現像機能充実充実対象外
レタッチ機能充実対象外非常に充実
写真管理・検索並程度非常に充実対象外
操作性
レスポンス
シンプル
比較的軽い
多少複雑
非常に軽い
複雑
重い場合あり
はろ
はろ

広い目線でみれば機能差分はほとんどなく、操作性や価格で選ぶ人が多いかと思います。ちなみに僕がはじめてRAW現像ソフトを導入した時は、見た目のシンプルさ重視でLuminarを選びました。

以降では、それぞれのカテゴリーごとに比較結果を詳しく紹介していきます。

比較項目①:RAW現像機能

現像前|現像後

before画像after画像

機能比較の1つ目は、明るさや色調補正といったRAW現像の超基本となる「RAW現像機能」の違いを深掘りしていきます。RAW現像機能をさらに細分化して比較した結果がこちら。

\ 編集機能の違い /

比較項目
Luminar Neo

Lightroom Classic
明るさ・色調整項目充実非常に充実
被写体の自動認識充実非常に充実
操作性シンプル比較的シンプル
レスポンス非常に軽い

Lightroom Classic」はいい意味でも悪い意味でも調整項目が非常に細かくて優秀。「Luminar Neo」もパラメータが細分化されていて、機能としてはほぼ互角のイメージです。

編集機能はほぼ同じ

Luminar Neo」の方が全般的に機能がパネルでまとまっていて分かりやすく、初心者の方でも扱いやすい印象を受けます。

LightroomやPhotoshop両方の機能がひとつのツールで操作できるので、操作性も一歩上回るかと思います。

機能が一元的にまとまっている

ただし、Luminar Neoでは調整した項目をやっぱり戻したいと言った時に”ひとつ戻る”といった操作に対応していないのが微妙なところ。過去作では”ひとつ戻る”に対応していたので、アップデートで改善することを期待したいです。

今でもやり直しは解放されず・・・
機能ブロックごとに全戻しは可能

ほんのわずかなところで「Luminar Neo」のかゆいところが残りますが、基本的な機能はほぼ同じ。むしろ機能がシンプルにまとまっている「Luminar Neo」は、初心者の方や他のRAW現像ソフトから乗り換えた方にも馴染みやすいツールだと感じます。

あわせて読みたい

Luminar Neoの機能については以下の記事で詳しくまとめています。RAW現像・レタッチの時短を支える様々な機能が搭載されていますので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

比較項目②:レタッチ機能

レタッチ機能は、肌を綺麗に見せたり・空を鮮やかに見せるなど、被写体をより印象的に仕上げる作業。RAW現像は写真全体の明るさや色味を調整するのに対して、レタッチでは特定の部分に対して調整を追い込むイメージです。

レタッチ前|レタッチ後

before画像after画像

レタッチ機能についても細分化して比較した結果がこちら。個人的にはレタッチに関しては圧倒的に「Luminar Neo」が便利だと感じます。

\ レタッチ機能の違い /

比較項目
Luminar Neo

Photoshop
顔・体のレタッチ非常に充実対応
写り込みの消去対応対応
複数画像の合成対応拡張機能(別売)が必要対応
操作性・レスポンスシンプル複雑かつ
非常に重い

注|写真合成機能はLightroom Classicには搭載されていないため割愛

特に「Luminar Neo」は、写真を取り込んだ段階で空や顔を識別してくれるので、スライダー操作だけで簡単に顔のレタッチや空のレタッチができます。

レタッチ前|レタッチ後

before画像after画像

レタッチ前|レタッチ後

before画像after画像

Photoshopでも同じようなことはできますが、Lightroomからデータを渡すのが面倒ですし、処理も重いため僕は「Luminar Neo」を普段から使用しています。

はろはろ
はろはろ

他にもいろんなレタッチができるので、動画も参考にしてみてください!

Luminarの顔レタッチは非常に充実した機能が備わっていて、明るさ・血色・顔の大きさまでスライダー操作で簡単に調整することができます。

実際に顔レタッチを実施した例と合わせて、どんなことができるのかをレビューした記事がありますので、顔レタッチの内容が気になる方は以下の記事を参考にしてください。

比較項目③:写真管理・検索機能

3つ目の比較観点は、大量の写真から編集対象を選定するための「管理・検索機能」。結論、ここはどちらのツールも十分な機能が備わっているので、大きな差分は無いと言っていいかと思います。

主な評価ポイントは、フォルダ階層を分かりやすく表示できるか・高速プレビューができるか・レーティングができるか・フラグをつけられるかといったあたりで、両ツール共に全て対応しています。

はろ
はろ

エクスプローラーでは”もっさり表示される画像”も、現像ソフトならサクッと表示してくれます

 

「写真管理・検索機能」について機能性や使いやすさで比較した結果がこちら。細かい違いはあれども正直どっこいどっこいです。

管理機能の違い /

比較項目
Luminar Neo

Lightroom Classic
高速プレビュー表示対応対応
レーティング・フラグ対応対応
検索機能RAW・JPEG
それぞれをフィルタ可能
機材情報・撮影データも
検索可能
操作性・レスポンス軽い非常に軽い

Lightroom Classic」では、撮影時期やキーワード検索だけではなく、機材・設定情報(F値やシャッタースピードなど)・カラーラベルレーティングから、写真を絞り込むことができます。

機材・設定情報(F値やシャッタースピードなど)・カラーラベルはLuminarでは検索できないため、大量の写真を扱う方・カメラやレンズの特性ごとに写真を整理されたい方(レビュワー等)にはとてもありがたい機能かと思います。

逆にLuminarはRAWとJPEGをそれぞれフィルタできるので、わざわざフォルダをRAWとJPEGで分けずとも簡単にお目当ての写真に辿り着けるのがメリット。検索機能はソフトによって一長一短ですので、ある程度の機能があれば十分と捉えておくのが無難だと思います。

参考情報の数は圧倒的にLightroomが勝る

価格・機能以外の観点として、参考情報(書籍や動画)については「Lightroom Classic」の方が圧倒的に多いです。やはり歴史のある「Lightroom Classic」はプロユーザーからも熱い信頼を得ているため、自ずと情報が集まりやすい環境になっています。

Luminar Neoについても最近はYoutubeをはじめ参考情報が出てきていますが、まだまだ物足りないところがあるので、当ブログでもノウハウを発信しています(使い方のまとめ記事はこちら

僕自身もYoutubeでも情報発信していますので、ぜひ今後「Luminar Neo」を使ってみようと考えている方はチャンネル登録をいただけれると実際に困った際の助け舟になれるかと思います。

まとめ:自分に合ったソフトを見つけてRAW現像にチャレンジしよう

今回は、最初のRAW現像選びに悩んでいる方に向けて「Luminar Neo」と「Lightroom Classic」の違いについて紹介しました。結論として、機能についてはどちらのツールも非常に優秀ですので、主に価格やマルチデバイス観点を軸に選ぶのがおすすめです。

  • 価格重視の方は、
    Luminar Neo(ルミナーネオ)」がおすすめ
  • 機能性・マルチデバイス重視の方は、
    Lightroom Classicの併用がおすすめ
Luminar Neo
Lightroom Classic
  • できるだけ安くRAW現像ソフトを使いたい
  • 難しいツール操作は苦手
  • レタッチに時間をかけたくない
  • コストよりも機能性を重視したい
  • マルチデバイスで作業したい
  • 大量の機材・写真データを扱う
  • 参考書籍やレビューが豊富

初見のツールを使う時は、パッと開いた時の見た目だったりも重要なポイントかと思います。個人的にはRAW現像初心者の方にはコスト効率的な「Luminar Neo」がおすすめですが、最終的にはみなさんのフィーリングに合うものを選択してもらえればと思います。

はろ
はろ

この記事の内容は以上です。ご感想・コメント等がございましたら、ページ下部のコメント欄をご活用ください(品質向上・励みになります)

  • 買切りライセンス対応のRAW現像ソフト
  • プロモーションコード適用で10%OFF(code:harologNEO10)
  • プロモーションコードの適用はこちらを参照
7日間の無料体験・30日間の返金サポートあり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA