【Luminar AIとLightroomの比較まとめ】特徴と価格の違い・おすすめできる人とは|RAW現像ソフト

【LuminarAIとLightroomの比較まとめ】特徴と価格の違い・おすすめできる人とは|RAW現像ソフト

  • Luminar AI・Neoが最大50%以上割引で買えるチャンス
  • 1/25〜30(22時)までの期間限定セール

RAW現像にこれから挑戦する方にとって、RAW現像ソフト(写真編集ツール)は何がいいのか悩みますよね

特にここ数年で人気が高くなっているLuminar製品(Luminar AI)とLightroom Classicで悩む人は多いと思います

 

そこで今回は、Luminar AIとLightroom Classic(+Photoshop)の違いについてまとめましたのでご紹介します

はろ
はろ

両方のツールを併用する私の観点から、特徴・価格・どんな人におすすめなツールなのかをレビューしました

 

特にはじめてのRAW現像ソフト選びで悩む方にとっては、Luminar AIのコスパ・操作性は非常に魅力的です

それぞれのツールの違いから、みなさんのツール選びの参考になれば幸いです

 

>> Luminar AIの無料体験版を試す・購入する

プロモーションコード(harolog)適用で1,000円OFF!

 

Luminar AIとLightroom Classic(+Photoshop)の特徴

Luminar AIとLightroom Classic(+Photoshop)、それぞれのツールの強みをざっくり表すと以下のようになります

Luminar AI
Lightroom Classic
(+ Photoshop)
  • 自動レタッチで作業時間の短縮が可能
  • ユーザインターフェースがシンプル
  • ランニングコストがかからない
  • 写真編集・加工機能が充実
  • 歴史が深いため、参考書籍や情報源が多い
  • ランニングコストがかかる
はろ
はろ

細かい違いはあれど、RAW現像をする上では、どちらも優秀なツールと感じます

 

とはいえ、価格形態の違いや、それぞれの機能の差分はなかなか一言で表現するのは難しいため、以降でしっかり違いを解説します

どんな人にどちらのツールが向いているのか結論を先に知りたい方はこちら

Luminar AIの特徴は以下の通りです

 

Luminar AIの特徴
  • コンセプト:初心者からハイアマチュアを想定した作り
  • ブランド:比較的歴史が新しいソフト
  • 機能:シンプルな操作性・賢い自動レタッチ機能
  • 価格:初期費用のみ(9,580円/ライセンス)
はろ
はろ

シンプルなUI・AIによるレタッチサポートがあるため、RAW現像初心者にも使いやすいツールです

次に、Lightroom Classic(+ Photoshop)の特徴は以下の通りです

はろ
はろ

ライセンス形態上、どちらも使えるためまとめて記載します

 

Lightroom Classic(+ Photoshop)の特徴
  • コンセプト:ハイアマチュアからプロを想定した作り
  • ブランド:歴史が長く、世界中のフォトグラファーが使用
  • 機能:大量の写真を一元管理、高機能な写真編集・合成機能
  • 価格:月1,078円のランニングコストが発生(最安プラン)
はろ
はろ

プロ向け仕様となっており、環境には妥協したくない人には最適なツールだと言えますね

Luminar AIとLightroom Classic(+Photoshop)の機能を比較

 

ここからは、Luminar AIとLightroom Classic(+Photoshop)の機能の違いについて紹介してきます

そこでRAW現像ソフトの機能・操作性を4つのカテゴリーに区分し比較しました

どれもRAW現像では重要!
4つの比較項目

 

それぞれの比較結果は以下の通りです

#
ツール名Luminar AILightroom
Classic
(参考)
Photoshop
写真編集機能充実充実
写真加工機能自動補正が
非常に便利
自動補正処理が
非常に重い
写真管理機能大量の写真を
素早く確認可能
大量の写真を
素早く確認可能

検索機能が充実
操作性
レスポンス
シンプルで
軽い
シンプルで
非常に軽い
複雑
はろ
はろ

Luminar AIは全体的にバランスが良く、Lightroom Classicは機能性やレスポンスが高いと言えます

以降では、それぞれ4つのカテゴリーごとの比較結果を詳しく紹介していきます

写真編集機能の比較結果

ここでは、Luminar AIとLightroomの写真編集機能の違いについて解説します

 

写真編集機能で主に気になる3点について比較した結果は以下の通り

現時点では、自動レタッチの機能差分で、LuminarAIが使いやすいです

#
ツール名Luminar AILightroom
Classic
明るさ
色調整の機能
充実充実
自動レタッチ機能選択肢が豊富
強さも調整可
ワンパターンのみ
強さは調整不可
操作性
レスポンス
シンプルシンプル
かつ軽い

 

基本的な機能や操作はLuminar AI・Lightroom Classicともにほぼ同じです

はろ
はろ

項目もUIもほぼ同じで、どちらも使いやすいです

自動レタッチは、ツールが自動的に写真を分析して、最適な加工を行ってくれる機能です

はろ
はろ

特に枚数が多いと一つずつ編集するのは手間なので、自動レタッチは非常に便利です

 

自動レタッチ機能はLuminar AIが一歩リードしており、カメラ初心者に寄り添った機能を持ち合わせていると言えます

特に大きな違いは、効果の強度をバーで調整できるか否か。Luminar AIではやりすぎたレタッチになりにくいのが特徴です(Lightroomは効果のOFF/ONのみ)

左:自動レタッチ前 / 右:自動レタッチ後(LuminarAI)

 

またLuminar AIではこれだけではなく、AIが写真に応じておすすめのプリセットを提案してくれます

はろ
はろ

プリセットの効果具合も自分でも選べるため、出来上がりが自然になりやすいです

左:プリセット適用前 / 右:プリセット適用後(LuminarAI)

 

写真加工機能の比較結果

続いては写真加工機能の違いについてです。比較対象はLuminar AIとPhotoshopです

 

写真加工機能で主に気になる3点について比較した結果は以下の通り

基本的な操作性はLuminar AIが使いやすく、一方で複数画像の合成などの高度な編集ではPhotoshopが便利です


ツール名Luminar AIPhotoshop
空や肌などの
部分的な補正
対応対応
(処理が非常に重い)
不要な物体の
消去
対応対応
複数画像の合成非対応対応
はろ
はろ

Photoshopは機能が豊富ですが、処理が重たい部分が痛い所ですね

こどもの撮影やポートレートをされる方にとっては、人物の顔・肌のレタッチ機能は非常に活用頻度が高くなります

顔や肌のレタッチは、動作の軽さ・精度ともにLuminar AIの方が使いやすいです

Luminar AI:写真から顔の位置を自動判断して、顔だけに効果をかけることができます
はろ
はろ

Photoshopは肌や顔のレタッチ機能が追加されたばかりで、機能が安定していないようです。改善を待ちましょう

 

Luminar AIで出来る顔・肌レタッチの機能について詳しく知りたい方は、こちらをチェックしてみてください

【Luminar AI】3分完結!超かんたん顔レタッチの方法紹介|RAW現像ソフト

複数画像を合成する機能(レイヤー機能)はPhotoshopのみが対応しています

レイヤー機能は、以下のように風景をガッツリ撮影するような方にはおすすめの機能です

写真管理機能の比較結果

大量の写真から編集する写真を選ぶために、各ツールには写真管理機能が備わっています

LuminarAIのフォルダ内画像一覧
はろ
はろ

エクスプローラーでは”もっさり表示される画像”も、現像ソフトならサクッと表示してくれます

 

写真管理機能を一覧にまとめると以下のようになります

大量の写真を素早く画像表示できる点は両者互角です

ツール名Luminar AILightroom
Classic
大量の写真を
一覧表示・選別
素早く便利素早く便利
レーティングありあり
検索機能特になしキーワードや
メタデータ
検索に対応
写真インポートエクスプローラーツール内で完結

 

Lightroom Classicはプロユースを想定した作りになっているため、何万枚もの膨大な写真管理をする場合は便利です

とはいえ一般ユーザとしては、Luminar AIでもLightroomCCでもどちらを使っても特に大差はないと言えます

撮影時期・機材・設定情報(F値やシャッタースピードなど)から、写真を絞り込むことができます

操作性・レスポンスの比較結果

ツールを選ぶ上では機能面だけではなく使いやすさも重視したいところ。そこで、それぞれのツール動作の軽さをまとめました

Photoshopの動作が重たいこともあり、相対的にLuminar AIの安定感が光る結果となっています


ツール名Luminar AILightroom
Classic
(参考)
Photoshop
レスポンス
(スライダー操作)
軽い軽い軽い
顔のレタッチ
空の置換の
処理時間
軽い非対応非常に重い
大量写真の
一覧表示・選別
軽い軽い
はろ
はろ

従来のLuminar製品は動作が重たい印象でしたが、LuminarAIではかなり快適になっています

今回の結果は、私が使っているPC環境での確認結果となるため、皆さんのPC環境で同じとはならない点はご容赦ください

今回の確認環境

各ツールともに無料で使える期間があるため、導入前には必ずお使いのPC環境でテストすることをオススメします

Luminar AIの写真編集(編集モード)画面

Luminar AI:メニューが整理されていて使いやすい

 

Lightroom Classicの写真編集(現像モード)画面

LightroomCC:多機能ながらシンプルなUIで使いやすい

 

Photoshopのトップ画面

Photoshop:多機能の代わりに煩雑なメニュー

Luminar AIとLightroom Classicの価格比較

ここでは気になるツールのライセンス価格について比較していきます

結論、長期的に使えば使うほどLuminar AIはお得です

#
ツール名Luminar AILightroom
Classic
累積費用
(1年目)
9,580円12,936円
累積費用
(2年目)
9,580円25,872円
累積費用
(3年目)
9,580円38,808円

ライセンス費用(初期費・維持費)について

両ツールで価格形態に大きな違いがあり、特にLightroom Classic(+Photoshop)は月額制です

一方で、Luminar AIは永久ライセンスであり追加費用が一切かかりません

Luminar AI
Lightroom Classic
(+ Photoshop)
  • 初期費用のみ(¥9,580)
  • 購入後は永続的に利用可能
  • 永続的なアップデートは保証外(発売から1年程度は更新あり)
  • 月額制(月々¥1,087)
  • 契約中のみ利用可能
  • 契約中はアップデートあり

1年以上使うのであれば、Luminar AIの方が圧倒的にコストパフォーマンスが高く、価格面で割安なLuminarAIを好んで使う人も多いです

はろ
はろ

私も最初のRAW現像ソフトデビューはLuminarからはじめました

>> 機能比較に戻る

無料体験・返金制度を活用して試してみよう

動作編でも紹介した通り、みなさんのお使いのPC環境でストレスなく動作するかをチェックするのが無難です

はろ
はろ

両ツールとも無料で体験できる期間があるため、ぜひ活用しましょう

Luminar AI
Lightroom Classic
(+ Photoshop)
  • 7日間の無料試用期間あり
  • 購入後30日以内であれば返金可能
  • 7日間の無料試用期間あり

 

Luminar AIの購入・体験版はこちらから

当ブログのプロモーションコード(harolog)を使えば、さらに1,000円OFFで購入できます

>> Luminar AIの無料体験版を試す・購入する

プロモーションコード(harolog)適用で1,000円OFF!

 

 

Lightroom Classic(+Photoshop)の購入・体験版はこちらから

Adobe公式サイトからフォトプランを選択し、ツールをダウンロードすることで7日間の無料試用体験を受けることができます

>> Lightroomの無料体験版を試す・購入する

7日間の無料体験期間あり!

Luminar AIとLightroom Classicが合うのはこんな人

最後にここまでの機能・価格形態を踏まえて、それぞれのツールがどんな人に合うのか、私なりの考えをまとめます

Luminar AI
Lightroom Classic
(+ Photoshop)
  • RAW現像が初めての人
  • 時短でレタッチを完成させたい
  • 人物の撮影が多い
  • 安く本格的なRAW現像ソフトを使いたい
  • 大量の写真を扱う人(数万枚〜)
  • 風景をメインに撮影する
  • 写真以外でPhotoshopを使う人(デザインなど)
  • プロユースのツールに慣れたい
はろ
はろ

みなさんもぜひ、当てはまる数が多いのはどちらか考えてみていただければと思います

>> 価格比較に戻る

>> 機能比較に戻る

カメラ初心者におすすめなのはLuminar AI

正直はじめてのレタッチでは、みなさんが思った以上に何をやったらいいかわからない状態からはじまります

そのため、できるだけ操作がシンプルでストレスが少ないツールを選ぶとすれば、Luminar AIがおすすめです

はろ
はろ

使いやすさは非常に大事です。とは言え、機能性が充実していないと楽しさも半減。そんないい所取りのツールがLuminar AIです

 

Luminar AIは初心者におすすめ
  1. 写真編集スキルがなくても手軽に写真編集が行える
  2. 無料のRAW現像ソフトよりも高度な写真編集機能がある
  3. ライセンス買い切りなので、安く使うことができる

>> 価格比較に戻る

>> 機能比較に戻る

まとめ

今回は、最初のRAW現像選びに悩んでいる方に向けて、Luminar AIとLightroom Classic(+Photoshop)の機能・価格の違いについて紹介しました

Luminar AI
Lightroom Classic
(+ Photoshop)
  • RAW現像が初めての人
  • 時短でレタッチを完成させたい
  • 人物の撮影が多い
  • 安く本格的なRAW現像ソフトを使いたい
  • 大量の写真を扱う人(数万枚〜)
  • 風景をメインに撮影する
  • 写真以外でPhotoshopを使う人(デザインなど)
  • プロユースのツールに慣れたい

 

各ツールが持ち合わせる機能やコンセプトの違いから、人によってぴったりな写真編集ソフトは異なると思いますが、一般的にRAW現像初心者であれば、Luminar AIを選ぶのがおすすめです

 

>> Luminar AIの無料体験版を試す・購入する

プロモーションコード(harolog)適用で1,000円OFF!

 

今回の紹介をキッカケに一人でも多くの方が、RAW現像にチャレンジしてもらえれば幸いです

はろ
はろ

ぜひ、無料期間を使って各ツールを体験してみましょう!

  • Luminar AI・Neoが最大50%以上割引で買えるチャンス
  • 1/25〜30(22時)までの期間限定セール

関連記事

はろ
はろ

それでは、次の記事でお会いしましょう!よいカメラライフを!