第01回 レタッチ企画の写真を一挙公開!|ビフォーアフター

レタッチ企画

この記事には広告を含む場合があります。記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

皆さんこんにちは。フォトグラファーの【はろ(@haroharo72)】です。

先日、Twitterのフォロワー参加型企画としてレタッチ企画を開催させていただきましたので、この記事ではレタッチのビフォーアフターをまとめていきたいと思います。

※レタッチは画像編集のこと。聞きなれない方はぜひ以下の記事を参照して見てください。

はろ
はろ

今回は47名の方にご参加いただきました!みなさん素敵な写真をありがとうございました!

今回はLuminar Neoというレタッチソフトを使用して皆さんの写真をレタッチしています。買い切りでコスパが高い画像編集ソフトになっていますので、興味がある方はぜひチェックして見てください。

レタッチビフォーアフターを公開!

ここからはレタッチのビフォーアフターを公開していきます。今回は全参加者から頂いた写真の中でも独断と偏見で15枚の作例に厳選させていただきました。

RAW現像+レタッチ|作例紹介

RAW現像は色情報がJPEGより圧倒的なRAWデータを用いて編集を行う技術。今回は3名の方からRAWデータをいただいて編集しましたので、作例を紹介します。

1枚目はまんちゃんさんからご提供いただいた星空と鳥居の写真。魚眼レンズで撮影されていて、構図もすごく綺麗な1枚です。個人的には魚眼レンズを持っていないので、すごく楽しくレタッチさせていただきました。

編集前|編集後

レタッチのイメージとしては、星空を最大限に強調しつつ、視線誘導で鳥居に目線をむけるようにしています

はろ
はろ

星空は暗部を持ち上げる&明瞭度を強くかけることによって、小さな星たちも光り輝くようになります

 

2枚目は、ゆーふぃるさんからご提供いただいた水族館のクラゲの写真。背景の玉ボケが非常に綺麗な1枚です。

編集前|編集後

クラゲと水槽が透明感のある被写体だったので、より透明感を意識したレタッチを行いました。

はろ
はろ

背景の玉ボケ・クラゲを明るく、背景を暗くすることで透き通った水を再現しています

 

3枚目はtaitaiさんからいただいた菜の花の写真。中央の菜の花が主題で前ボケが綺麗な写真です。

編集前|編集後

レタッチのイメージとしては、菜の花の黄色と対比となる「背景の青をより鮮やかにする」ことで、主題の菜の花を強調してみました。

はろ
はろ

明るさだけではなく、色の差分をつけることでも被写体を目立たせることができます

やっぱりRAWデータは写真の色情報が非常に豊かなので、大胆に明るさを変えても微妙な色合いを再現することができることが非常にやりやすいなぁとあらためて感じますね。

デジタル一眼カメラはRAWデータ保存に対応しているので、ぜひカメラをお持ちの皆さんはチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

JPEGレタッチ|作例紹介

これ以降は、JPEGデータで提供いただいた写真のレタッチビフォーアフターの紹介です。頂いた画像サイズによって多少見た目が荒く見えるケースがありますが悪しからず。

全体4枚目は、みなみさんからご提供いただいた新婚旅行の海の夕焼けの写真。背景の太陽がすごく綺麗だったので、太陽光をさらに強調するレタッチを施してみました。

編集前|編集後

レタッチソフトでは、擬似的な光を生み出すこともできたりします。

5枚目はつんさんからいただいたNYでのひとり旅での1枚。NYと聞いてニューヨークタイムスが浮かんだのは僕だけ?ということで新聞ルックなイメージでコントラスト強めな写真に仕上げてみました。

編集前|編集後

はろ
はろ

緑色を全体にかけて新聞ルックに仕上げています

6枚目はさぅさんからいただいたスカイダイビングでの1枚。高所恐怖症の僕には一生撮れない写真ですねー。レタッチ企画のありがたみを改めて感じました!

編集前|編集後

そのままでも十分綺麗な写真なのですが、あえて大地の色に合わせてレタッチすることで自然感を出してみました。

はろ
はろ

海外風レタッチ的な印象になりましたね

 

7枚目はおしょうさんからいただいた紅葉を見に行った際のご家族の写真。個人的にすごく好きな構図。私もこどもをよく撮るのでわかるのですが、こう言った写真って後で振り返るとすごく懐かしく感じるんですよね。

編集前|編集後

そのため、少しフィルムチックにレトロ感を演出してみることにしました。

はろ
はろ

お子さんが成長した時に思い返してもらえると嬉しいですね

 

8枚目はぶっさんからいただいた咲きかけ向日葵の写真。どことなく力強く感じます。ひまわりは白く飛ばすのが王道のレタッチだと思うのですが、今回はあえてシックに重たく仕上げてみました

編集前|編集後

はろ
はろ

黄色の花びらの明るさは変えずに、周りの明るさを落とすことで被写体をより強調することを意識しました

 

9枚目はあんたんさんからいただいた猫ちゃんの写真。凛々しい表情に対して夕日の色が暖かすぎるかな?と思ったので、オレンジを抜いて青を入れることでクール感を強調してみました。

編集前|編集後

はろ
はろ

キリッした表情ですが、温厚な性格のネコちゃんだそうですよ

 

10枚目はしまりすさんからいただいた海にさす朝陽を捉えた写真。旅行中のホテルの付近で撮影されたとのことで、朝の時間帯・ロケーションともに偶然が重なって撮れた1枚とのことでした。

編集前|編集後

エモさを増してほしいと要望を承ったので、太陽光をさらにドラマチックに演出したレタッチに仕上げています。

 

11枚目はなおさんからいただいた桜並木の写真。構図からセンスが溢れ出していますね。早朝に撮影されたのか、人や車の写り込みがなく非常にすっきりした構図でとても好きな1枚です。

編集前|編集後

全体的にやさしい雰囲気を演出するために、コントラストを抑えてピンク色を加えてみました。

はろ
はろ

桜の木は、結構黒が目立つので写り込みを抑えたり、色を抜いてあげることで全体のバランスが良くなる気がします

 

12枚目はうどんさんからいただいた夕焼けの写真。奥のタワーの存在感も素敵な1枚です。夕焼けというワードにふさわしいくらいに空が焼けていたので、青空とのコントラストを強めて夕焼けをさらに強調してみました。

編集前|編集後

はろ
はろ

オレンジ色を強調することで、タワーのシルエットがさらに存在感をましたような気がします

 

13枚目はさとしんさんからいただいたタイの屋台を俯瞰撮影した写真。色鮮やかな屋台が綺麗な一枚です。このままでも十分綺麗だったのですが、少しコントラストがキツく感じたので、幻想的に見せるように明瞭度を落としてふわっとした見た目に仕上げてみました。

編集前|編集後

はろ
はろ

特にJPEGで夜景を編集するとブロックノイズが乗りやすいと感じました。ふんわり加工でうまく隠せたような気がします(笑)

空を大胆に置き換えたレタッチ作例 

全体14枚目はいろかさんからいただいた草原の写真。欅坂の『世界には愛しかない』のMV撮影地にもなった有名な場所らしいです。元々のMVは曇り空、だけど実際に撮影した時は青空。ということで、なるべく近い空模様に置き換えしてみました

編集前|編集後

はろ
はろ

やりすぎなような気もしたのですが、本人に喜んでもらえたので良しとします(笑)

 

最後の15枚目はやちゃ坊さんからいただいた登山の写真。もうすぐ山頂なんですかね?やちゃ坊さんが遠くを見つめる様子が印象的だなと感じました。

山頂に何があるのかが気になったので、少しでも自分なりにストーリーを立てて思い切って空を夕焼けに変えてみました

編集前|編集後

はろ
はろ

空だけを置き換えると不自然なので、全体的な色温度を暖かめにするなど、違和感が出ないように調整することも重要ですね

今回レタッチに使用したツール|Luminar Neo

Twitterで写真をお返したところ、この写真ってどうやってレタッチしているの?とご質問をいただきましたので、せっかくなので今回使った「Luminar Neo」というRAW現像ソフトについて軽く紹介します。

Luminar Neo」の特徴を簡単にひとことでまとめると、高いレベルのRAW現像機能と(工数を最小限にできる)レタッチフォロー機能が備わったオールインワンのツールです。

一般的にRAW現像ソフトは維持費がかかるのですが、このツールは維持費がかからない(初期購入費用のみ)点が特徴ですね。

メリット
デメリット
  • 高い基本性能とクリエイティブなレタッチ機能をオールインワンで搭載
  • AIを使った被写体認識・自動レタッチで大幅な時短が可能
  • 買い切りライセンスは維持費不要で長期的コスパが高い
  • 拡張機能を使うことでより高度なレタッチが可能
  • 検索機能が最低限
  • お使いのPC次第では動作が重く感じる場合あり

RAW現像ソフトを安く済ませたいけど質は落としたくない!と考えている人にぴったりなツールで、特にRAW現像ビギナーの方にはめちゃくちゃおすすめです。もし、ツールが気になった方は導入を検討してみてください。

購入後30日間は返金可能

クーポン利用で10%OFFharologNEO10

最後に:レタッチ企画は大変だけど楽しい!

今回は初めてのレタッチ企画を開催させていただきましたが、すごく素敵な写真を提供いただき、楽しくレタッチすることができました。

今回気づいたこととしては、JPEGって結構うまく補正しているんだなぁ〜と思うと共に、それでもカメラやスマホは神様ではないので、まだまだレタッチの重要性はあるよねということ。 

また、JPEGだとどうしても色が潰れてしまって、思い通りに調整できないもどかしさも感じる場面も多少ありました。明暗差の大きな撮影シーンではRAW現像のありがたみを感じますね!

はろ
はろ

裏を返せば、レタッチ企画での腕の見せ所です!

その他、個人的にも楽しめましたし、なによりも参加いただいたフォロワーさんにも喜んでいただけたのが一番の収穫だったかなと思います。

改めまして、今回ご参加いただいた47名の皆様ありがとうございました!

はろ
はろ

今回参加できなかった方も含め、ぜひ次回のレタッチ企画でもよろしくおねがいします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA