【操作画面で比較】Luminar NeoとAIの違いとは|ルミナーネオ・ルミナーAI

【操作画面で比較】Luminar NeoとAIの違いとは|ルミナーネオ・ルミナーAI

  • Luminar AI・Neoが最大50%以上割引で買えるチャンス
  • 1/25〜30(22時)までの期間限定セール

Luminar Neo(ルミナーネオ)は、2022年2月に発売予定である最新のRAW現像ソフト

Luninar AI(ルミナーAI)の後継ソフトとなるため、どちらのツールを使おうかと迷っている方は多いのではないでしょうか?

はろ
はろ

Luminar Neoは「よりクリエイティブ寄りのRAW現像ソフト」として公式リリースされているため、敷居が高く感じてしまう方もいらっしゃいますよね

 

そこでこの記事では、Luminar NeoとAI、どっちを買ったらよいのか?といった点について、Luminar歴4年以上の私の主観・経験をもとに紹介します

はろ
はろ

生のユーザの意見ですので、特にLuminarを初めて使いたいと考えている方には、参考になると思います!

 

結論として、今から購入するのであれば「Luminar Neoを買う」のがおすすめです

その理由は、Luminar Neoのコスパの高さ。Luminar AIと比較すると以下のようになります

Luminar Neoの特徴まとめ
  • 機能:Luminar AIの上位互換
  • 使いやすさ:Luminar AIとほぼ同じ
  • 価格:Luminar AIと同じ
はろ
はろ

価格が同じなら、機能が高いことに越したことはないですよね

 

以降では、機能・使いやすさ・価格それぞれについて、Luminar Neo・Luminar AIの違いを紹介します

機能・使いやすさについては、実際の操作画面を用いて説明しますのでイメージいただきながらご覧いただければ幸いです

 

>> Luminar Neoを購入する

発売後30日間の返金保証あり

 

あわせて読みたい

Luminar Neoを最もお得に購入する方法をまとめています。各種セール情報・具体的な購入手順・プロモーションコードの適用方法を知りたい方は、こちらを参考にしてください

【Luminar Neo】最大割引となる購入方法を紹介|プロモーションコード・最新セール・ルミナーネオ 【Luminar Neo】最大割引となる購入方法を紹介|プロモーションコード・最新セール・ルミナーネオ

Luminar NeoとAIの違い:コンセプト

Luminar Neoは「ガッツリの画像編集」をするような、プロ・ハイアマチュア向けに作られたツール

とはいえ、Luminar AIの機能・利便性を引き継いでいるため、初めての方でも十分に使いやすいツールとなっています

Luminar NeoとLuminar AIの違い
  • Luminar Neo(ルミナーネオ)
    • 複数枚の画像を組み合わせたガッツリ画像編集に対応
    • 商用写真・作品作りにも便利な補正機能が充実
    • Luminar AIの機能・利便性を引き継ぎ
  • Luminar AI(ルミナーエーアイ)
    • 明るさ・色補正などの基本的な画像編集に特化
    • シンプルな見た目のツールで使いやすい
    • AIを用いた編集の時短が可能
はろ
はろ

公式では、プロ・ハイアマチュア向けとは言っていますが、実際は敷居の高いツールではありません

 

Luminar Neoはコスパが最も良いツール

機能面は申し分ない上で、価格はLuminar AIと同じであることから、Luminar Neoは非常にコスパが高いツールとなっています

ツール1ライセンス
(1seat)
2ライセンス
(2seats)
セール割引
Luminar Neo¥9,580¥11,980Luminar Neoセール情報まとめ
Luminar AI¥9,580¥11,980Luminar AIセール情報まとめ
通常価格

これまでLuminar製品を購入したことがある方は、さらに安く買うことができます(価格・購入方法パートで紹介)

はろ
はろ

これだけでも、Luminar Neoを導入するメリットは明らかですよね

 

ざっくりとLuminar Neoのスゴさをご理解いただけたところで、次の章ではLuminar Neo・Luminar AIの操作感の違いについて深掘りして行きます

Luminar NeoとAIの違い:操作感

Luminar Neoはプロを意識した機能を持っているということなので、操作が煩雑じゃないかと心配されている方もいらっしゃいますよね

結論としては、Luminar NeoとLumianr AIの操作感は、ほぼ同じとなります

 

とはいえ、そもそもLuminar AIの操作感がよくわからない・詳しい違いが知りたいといった方向けに、ここでは写真管理・編集機能の操作性を比較していきます

比較する機能
はろ
はろ

実際の両方のツールの画面キャプチャを使って比較していきます!

写真管理(カタログ機能)

最初に紹介するのは、写真の管理・一覧表示・フラグ付けを行うカタログ画面

実際のツールを用いて、Luminar NeoとAIと比較した際の主な特徴は以下の通りでした

 

Luminar Neoの特徴
  • Luminar AIと似ていて使いやすい操作画面
  • レーティングは非対応・お気に入りフラグは対応
  • テンプレートがプリセットに変更

 

Luminar AIの操作画面

Luminar AIでは、以下のようにインポートした画像を一覧化して確認することができます

格納先のフォルダが複数に跨っていても、高速でパッと表示してくれるため、編集する写真を見つけやすいのが便利なところです

Luminar Neo・AI比較・違い

 

Luminar Neoの操作画面

軽微な変更はあるものの、カタログ機能についてはLuminar AIとほぼ同じです

レーティング機能はありませんが、お気に入りフラグを使えば、後で編集したい画像を分類することができるため、非常に便利です

Luminar Neo・AI比較・違い

 

といった感じで、カタログ機能については、もともと使いやすかったLuminar AIの操作画面を引き継いでいるといった状況となっています

では次に、RAW現像ソフトのメインどころとなる編集機能について比較していきます

編集機能

編集機能は、明るさ・色味の補正といった「基本的な画像編集」に加えて、Luminarならではの「AIを使った自動編集アシスト」が行える機能部です

はろ
はろ

RAW現像ソフトとしてはメインどころの機能ですので、使い勝手の良さには期待したいですよね

 

編集機能について、Luminar NeoとAIと比較した際の主な特徴は以下の通りでした

 

Luminar Neoの特徴
  • Luminar AIと似ていて使いやすい操作画面
  • Luminar AIで使用できた自動補正(AI)はすべて搭載
  • レイヤー機能・リライトAIなど、編集機能が大幅にアップデート
  • 操作ボタンの配置変更により、利便性が改善

 

Luminar AIの操作画面

Luminar AIでは、過去のLuminarのデザインを一新して、シンプルで分かりやすい操作画面になっています

Luminar Neo・AI比較・違い
はろ
はろ

Luminar AIの前身であるLuminar 4は機能がごちゃついていたので、個人的にはかなり使い勝手が良くなりました

 

Luminar Neoの操作画面

こちらもカタログ機能と同様に、パッとみた感じではLuminar AIとほぼ同じ

初心者にも使いやすいをコンセプトとしたLuminar AIの操作画面をベースとしているため、RAW現像デビューのソフトとしても十分に使いやすいものになっていました

Luminar Neo・AI比較・違い

といったところで、基本的な操作画面は共通かつシンプルであることがお分かりいただけたかと思います

では、次にLuminar Neo・AIで使用できる編集機能について紹介します

Luminar Neo・AIに共通する編集機能

  • 共通する編集機能(ここで解説)
  • Luminar Neoで新たに追加された機能(次の章で解説

これまでLuminar製品を使ったことがない方は、そもそもLuminar Neo・AIではどんな編集ができるのか?が気になるところかと思います

結論として、どちらのツールも機能が豊富なため、基本的なRAW現像を行う上では問題ないかと思いますが、ここでは実際の操作画面を用いて、Luminar Neo・AIに共通する編集機能を紹介します

 

\ 共通する編集機能一覧 /

機能比較

Luminar Neo


Luminar AI
基本的な
RAW現像機能
対応対応
自動マスキング
(被写体・空)
対応対応
自動マスキング
(顔・体型)
対応対応
自動補正
(明るさ・色味)
対応対応
自動補正
(空)
対応対応
色・明るさ自動調整
(顔・体型個別)
対応対応
空の置き換え対応対応
ボケ感の
ソフト演出
対応対応
自動構図指定対応対応
共通する編集機能一覧

編集機能の全体像

Luminar NeoとAIでは、基本的な操作画面は同じであるため、ここではLuminar AIの操作画面を用いて解説します

基本的なRAW現像機能のみならず、さらにドラマチックさを演出する加工機能・人物を綺麗に見せる加工機能など、かなりリッチな機能が備わっています

Luminar Neo・AI比較・違い
各機能ごとにパネルを開いて、調整を行う作業イメージとなります
目的機能名主な使用用途
基本補正(現像)エッセンシャル明るさ・色味・明瞭度調整
・切り取り・ノイズ処理・周辺露光の調整
ドラマチックさ
を演出する
クリエイティブ空の置き換え・霧の追加・太陽光の追加
・マット化・フィルムルック加工など
人物を美しく
見せる
ポートレート顔の明るさ調整・肌荒れの軽減
・顔色の調整・顔パーツ・体系のスリム化など
より高度な
補正を行う
プロフェッショナルレンズ補正・写り込みの消去
・部分的な明るさ補正・色味の微調整など

各機能の詳細については、Luminar公式サイトにて画像付きで詳しく解説されているため、気になる方は参考にしてください

 

露出補正機能・カラー補正機能

特に主要どころの露出補正・カラー補正の調整項目は以下のようになります

露出補正機能

Luminar Neo・AI比較・違い
  • ベーシックな露出補正(明るさ調整・ホワイトバランス)
  • トーンカーブ(RBG単位の変更も可能)
  • コントラスト調整(明るさの領域ごとに調整可能)

カラー補正機能

 

Luminar Neo・AI比較・違い
  • ベーシックな色味補正(彩度・色被り補正)
  • HSLカラー(色単位で色相・彩度・明るさを調整可能)
  • 色相補正(より高度な色合いの調整が可能)
はろ
はろ

Lightroomなど、一般的な有料RAW現像ソフトで対応する機能に対応しています

結論としては、Lightroom/Photoshopで使用できる機能は、Luminar AI/Neoでも実施可能です

むしろLuminar AI/Neoの方が「AIを用いた自動補正」が高速・正確な印象です

はろ
はろ

Photoshopが対応するレイヤー機能も、Luminar Neoでは対応するため、機能差分はほぼ無くなりました

 

また、Lightroom/Photoshopは、月額性となるため、費用負担面でもLuminarのコストメリットは非常に大きいです

Lightroom/Photoshopとの違いについて詳しく知りたい方は、ぜひ以下の記事を参考にしてください

【Luminar AIとLightroomの比較まとめ】特徴と価格の違い・おすすめできる人とは|RAW現像ソフト

 

以上の通り、基本的なRAW現像であれば、Luminar Neo・AIどちらのツールを用いても問題ありません

ただし、Luminar Neoには次で紹介するような新機能が追加されているため、より効率的に・高度なRAW現像を実施することができます

Luminar NeoとAIの違い:Luminar Neoの新規機能

Luminar Neo新機能

ここからは、Luminar Neoで新しく追加された機能と、Luminar AIとの違いについて詳しく紹介していきます

それぞれのツール機能を主な違いは以下の5点となります

 

\ Luminar Neoの新規機能一覧 /

比較項目


Luminar Neo



Luminar AI
レイヤー機能対応非対応
リライトAI
(奥行きに合わせた補正)
対応非対応
自動マスキング
(指定範囲)
対応非対応
背景の入れ替え対応非対応
ホコリ・電線の除去対応非対応
Luminar Neoの新規機能一覧

以降では、ひとつずつ違いについて解説していきます

レイヤー機能

レイヤー機能は、Photoshopのように複数の画像を重ねて1枚の画像を作り出すための機能です

実際によく利用されるシーンとしては以下の通り。風景写真を撮影される方には特に重宝される機能です

 

活用例
  • ピントが合っているところだけ、明瞭度やテクスチャを上げる(ボケ感に違和感が出ない)
  • 背景の一部に対して、明るさや色合いを変える

 

試用版では、レイヤー機能を試すことはできませんでしたが、現像機能の中に追加が予定されているとのことです

Luminar Neo・AI比較・違い

リライトAI

写真の一部のみに加工を加えたい時は、範囲選択(マスキング)を用いて部分的に修正を行う方が多いと思いますが、マスクをかけるのって割と面倒に感じますよね

 

そんな時に便利なのがリライトAI。奥行き(手前側・奥側)のみの明るさ・色味を調整できるため、マスキングの手間を最小限に抑えることができます

 

はろ
はろ

普段なら、部分マスクをかけていた作業がスライダー操作ひとつで完結できるため、気軽に微調整ができるのは嬉しいですね

例:手前側を暗くして看板の印象を引き立ててみました

リライトAI_変更前リライトAI_変更後

自動マスキング(指定範囲)

マスキングは、部分的に補正を行いたい場合に、どこの範囲に効果を反映させるかを指定する機能です

マスキングを自動でかけてくれる機能自体はLuminar AIにも搭載されていましたが、対象が限定されていたため、多少の使いづらさがありました

Luminar Neo
Luminar AI
  • 人・顔・空・任意指定の物体を自動マスキング
  • 人・顔・空のみ自動マスキング

 

これに加えて、Luminar Neoでは物体をクリックで選択すると、ツールが物体を判断して自動で範囲を指定してくれるようになっています

物体のキワキワまでしっかりマスキングされていて、精度が高いですね
はろ
はろ

特に細部のマスキングは、人の手でやるのは本当に大変なので、ツールが自動でやってくれるのは本当にありがたいですね!

背景の入れかえ

その他、Luminar Neoでは背景を別の写真に一瞬で入れ替える機能が追加されました

普段使いではあまり活用シーンはなさそうですが、ポートレート写真・ポスター撮影など、一部のハイアマチュアの方・プロの方には嬉しい機能かと思います

Luminar Neo
Luminar AI
  • 空模様・空以外にも背景を入れ替え可能
  • 空模様のみ入れ替え可能
背景に応じて人物側にも色味・明るさの効果が掛かるため自然な印象です

電線・ゴミの写り込みを消去

現像している際に、写り込みを除去するシーンはたまに訪れますよね。ただ、この作業非常に時間がかかるため、正直めんどくさいと感じている方は多いと思います

頑張って電線を消した写真例

 

そこでLuminar Neoでは、レンズやセンサーに付着したゴミ・電線の写り込みを自動で除去してくれる機能が追加されました

電線を消去した例
はろ
はろ

自動でゴミや電線を認識してくれるため、わざわざ範囲を指定する必要もありませんし、自然なみた目になるまでコピー元を選ぶ必要もなくなります

Luminar Neo
Luminar AI
  • 部分消去・ゴミ・ホコリ・電線の自動消去に対応
  • 部分消去のみ対応

細かい作業を追い求めていくと、現像にかかる時間がどんどん膨れ上がっていきます

そのため、余分な作業はツールに任せつつ、クリエイティブな作業に時間をかけることで、写真のクオリティを上げていくのが理想的ですよね

その他個人的に便利だと感じた新規機能

ここまで、Luminar Neoで追加された5つの機能について紹介しました

しかし、Luminar Neoの設計コンセプトがプロ向けということもあり、正直いくつかの機能はあまり使わないかなぁと感じるものがあったかと思います

 

実は、Luminar Neoにはまだまだ便利な改善機能があるため、以下の記事でまとめさせていただきました

はろ
はろ

特に一般利用の方にはメリットが大きいと思いますので、ぜひチェックしてみてください

【実使用レビュー】Luminar Neo(ルミナーネオ)の新機能とおすすめな人とは|RAW現像ソフト

【実際どうなの?】Luminar Neo(ルミナーネオ)の新機能とおすすめな人とは|RAW現像ソフト 【実使用レビュー】Luminar Neo(ルミナーネオ)の新機能とおすすめな人とは|RAW現像ソフト

Luminar Neo・Luminar AIの価格・購入方法

Luminar NeoとLuminar AIは、ランニングコストがかからない「買い切りソフト」となります

はろ
はろ

一度買ってしまえば、追加で費用を払わなくてもいい点が非常にありがたいです!

 

価格は以下の通り。Luminar Neo・AIの通常価格は同じですが、セールや割引を含めるとLuminar AIの方が多少安く購入することができます

 

ライセンス価格

Luminar Neo


Luminar AI
通常価格¥9,580¥9,580
Luminar購入歴あり
の方向けの価格
¥7,880¥5,943
プロモーションコード割引適用不可さらに¥1,000割引
セール情報セール情報まとめ記事セール情報まとめ記事
公式サイトページ購入ページ購入ページ
1ライセンスの購入価格

 

Luminar Neo・AIの購入方法

プロモーションコード割引・セール割引は、Luminar公式ページからの購入しないと適用されません。以下リンクから公式ページに飛べますので、ご活用ください

 

30日間の返金保証あり!

30日間の返金保証あり!

 

具体的な購入手順・期間限定セールの開催状況について、以下でまとめていますので、ぜひ参考にしてください

はろ
はろ

画面キャプチャを見ながら実施いただければ、購入は3分程度で終わります

まとめ:基本的にはLuminar Neoを選ぶのがおすすめ!

今回は、Luminar NeoとLuminar AIの違いについてまとめさせていただきました

Luminar Neoは、Luminar AIと同じ価格ながら、基本的に上位互換のツールとなっているため、今から購入するのであれば、Luminar Neoを購入するのがおすすめです

 

Luminar Neoは、2022年2月発売予定。現在は予約期間となりますが、お得なセールなども開催されていますので、ぜひチェックしてみてください

はろ
はろ

また、Luminar Neo発売前までに待てないといった方は、Luminar AIとセット購入すると安くなるため、活用してみると良いかと思います!

 

>> Luminar Neo購入はこちらから

30日間の返金保証あり!

  • Luminar AI・Neoが最大50%以上割引で買えるチャンス
  • 1/25〜30(22時)までの期間限定セール

関連記事

はろ
はろ

それでは、次の記事でお会いしましょう!よいカメラライフを!