【10万円以下】SONYフルサイズ対応の神レンズ7選まとめ|2022年最新・Eマウント

SONY Eマウントレンズは、フルサイズ対応レンズだけでも約200種類とラインナップが非常に豊富。交換レンズの選択肢が広いのはユーザーにとってもありがたいですよね

一方で、価格は3万円〜30万円とピンキリで、カメラ使用歴が短い方はどのレンズを買ったらいいかよくわからないと悩むところかと思います

はろ
はろ

コスパを重視するならどのレンズか?が知りたいですよね

 

そこで今回は、多くの方が基準として考えるであろう予算10万円に収まる中で、コスパの高い7つの神レンズをご紹介します

はろ
はろ

SONYのカメラ・レンズに150万円を超える投資してきた、僕自身の実体験から買って間違いないレンズをピックアップしました!

最初の1本におすすめのレンズ

すべて僕自身が実際に使ってみた感想を添えておすすめしていますので、ぜひ最後までチェックいただければ幸いです

おすすめ神レンズの選定基準

SONYフルサイズ機の魅力は、なんといってもコンパクトなボディですよね

一方でレンズ(フルサイズ用)については、APS-C対応レンズと比べるとデカくて重くなりがちで、SONYフルサイズ機のコンパクトなボディを活かしきれないのが悩ましいところです

はろ
はろ

ボディは小さい分、レンズがデカいと不恰好になりますし、持ち運びのモチベーションも下がってしまいますよね

そのため、今回紹介する神レンズではコンパクトなボディを最大限に活かせるように、サイズ・重さと写りのクオリティを両立したレンズであることを重視して選定しています

おすすめ神レンズの選定基準
  • 10万円以内で買える
  • 軽量コンパクトで持ち運びがしやすい
  • 写真・動画ともに高いクオリティーで撮れる

また、今回は紹介していませんが、予算を最小限におさめたい方向けに3万円台買えるEマウントフルサイズ用レンズについても別記事でまとめています。ぜひ気になる方は参考にしてください

それでは早速、おすすめのSONY Eマウント神レンズについて紹介していきます

はろ
はろ

今回はズームレンズと単焦点に分けて紹介します。それぞれ焦点距離別(広角・標準・望遠)でまとめています

SONYおすすめ神レンズ:単焦点レンズ編

はじめに紹介するのは、画角が固定となる単焦点神レンズ4本です

ズームレンズが気になる方はこちらから

NEXT|おすすめ神ズームレンズ3選

はろ
はろ

単焦点レンズは固定の焦点距離に特化した開発ができる分、ズームと比べてクオリティが高いレンズが多いのが特徴です

おすすめ神レンズ:単焦点レンズ

単焦点レンズのおすすめ神レンズは、全てSONY純正レンズとなっています。サードパーティよりやや値段が高くなりがちですが、以下の点でメリットがあります

  • 最大限にボディの性能を引き出せる(AF・手ぶれ補正 他)
  • 他レンズと操作系を統一しやすい
  • 単焦点レンズは比較的手が出しやすい価格帯
はろ
はろ

ここ最近のSONY α7シリーズでは、動画撮影時のアクティブ手ぶれ補正やブリージング補正をはじめ、SONY純正レンズで大きな恩恵が受けられる機能が徐々に増えています

それでは、以降ではSONY Eマウントの単焦点神レンズについて、ひとつずつ紹介していきます

広角単焦点:SONY FE 20mm F1.8 G(SEL20F18G)

まずはじめに紹介するのは、広角単焦点レンズの「SONY FE 20mm F1.8 G(SEL20F18G)

手を伸ばした撮影距離から自撮りしても自分の顔が大きく写りすぎないため、VLOGやYoutube配信など自撮りをする方には特に人気のレンズとなっています

はろ
はろ

SONYブランドでは上から2番目に高いランクのGレンズに該当するレンズで、高い描写性能とコンパクトなレンズ設計を両立した特徴を持っています

 

FE 20mm F1.8 Gの主な特徴
  • 焦点距離:自撮り・室内撮影・風景撮影にマッチ
  • 光学性能:F1.8の明るさと高い描写性能
  • 近接撮影がしやすい:テーブルフォトにも便利
  • 爆速&静音AF:動画撮影にもバッチリ

 

一般的に広角レンズはボケにくい特徴がありますが、「SONY FE 20mm F1.8 G(SEL20F18G)」は、F1.8まで絞りを開放できるので、広角ながら背景をしっかりボケさせることができます

はろはろ
はろはろ

画角的にはスマホカメラと似ているのですが、ボケの大きさが明らかに違うので、ぱっと見でも一眼で撮った写真だとわかりますよね

20220226-A7401197

背景を広く見せつつボケもしっかり出すことができます

はろ
はろ

光をたくさん取り込めるレンズのため、星空撮影などの暗い撮影シーンにもバッチリです

 

また、サイズ感・軽さも非常に魅力的。手のひらに収まるサイズ&373グラムと軽量設計のため、自撮り撮影などで片手持ち続けていても疲れにくいレンズになっています

はろ
はろ

メインのレンズと一緒に運ぶ際も苦にならないレンズですね

描写に関しても評判は非常に高く、広角ならではの歪みも全く気になりません。また、画面の端まで綺麗な丸ボケや、高い解像感、高速なAFなどなど、さすがGレンズと思わせてくれる撮影性能を持っています

20220227-A7306129

歪みが少ないので室内撮影もシュッとした雰囲気に

20220227-A7402082

画面の四隅までまん丸で綺麗な丸ボケが特徴

 

広角レンズならではのパースを効かせた撮影は、映すものをよりダイナミックに見せてくれるので、普段ではなかなか撮りづらい構図にもチャレンジしやすいです

20220226-A7401244

画面中央に顔がくるように配置するとダイナミックな表現に

 

さらに、最短撮影距離18cmと近接撮影にも強いため、商品レビュー・テーブルフォトの際にもしっかりと寄りながらディティールを説明することができます

20220227-A7306133

 

後ほど紹介する広角ズームレンズの「Tamron 17-28mm F/2.8 Di III RXD」よりも、開放F値が小さく・小型軽量であるため、ズームが特に必要でなければSONY FE 20mm F1.8 G(SEL20F18G)はベストな広角レンズになると思います

はろ
はろ

背景をちゃんと写せて・自分の顔が歪まず・商品レビューもしやすい。これからYoutube・Vlogを初めてみたいと考えている方にはベストなレンズですので、ぜひチェックしてみてください!

メーカーSONY
レンズ名称FE 20mm F1.8 G
(SEL20F18G)
レンズカテゴリ超広角単焦点レンズ
焦点距離20mm
開放F値F1.8
最短撮影距離0.18m
(マニュアル時)
レンズ内手振れ補正非対応
防滴防塵防滴対応
サイズ
(レンズ径×長さ)
74×85mm
重さ373グラム
フィルター径67mm
カメラの大林楽天市場店
¥121,888 (2022/09/29 06:56時点 | 楽天市場調べ)

準広角単焦点:SONY FE 40mm F2.5 G(SEL40F25G)

35mm付近の焦点距離は準広角域と呼ばれており、標準レンズと同様に視野に近い見た目で使いやすいのが特徴です

その中でもSONY FE 40mm F2.5 G(SEL40F25G)は、SONY Eマウントレンズの中でも圧倒的な軽量コンパクトさを誇りつつ、Gレンズの冠に相応しい素晴らしい描写を両立したレンズです

はろ
はろ

最近のEマウントレンズは、描写の高さを維持しつつコンパクトであることが主流となっていて、まさにこのレンズは時代の最先端を歩むレンズになっています

 

レンズの主な特徴
  • 写真・動画ともに使いやすい焦点距離
  • 最新技術が詰め込まれた超コンパクトレンズ。付けているのを忘れるほどに軽い
  • 小さいながらGレンズ特有の解像感・滑らかなボケ感を併せ持つ
  • 独特のレンズフードでフィルター交換が非常に楽

 

40mmの焦点距離は、標準レンズほど狭くなく、広角レンズほど背景に邪魔な要素が映り込まないため、初心者の方にも非常に使いやすい画角です

20220110-A7400432
A7301337

 

また、173グラムと最早つけていることに気づかないレベルの軽さと小ささも魅力のひとつです。常に首からぶら下げていても疲れを感じませんし、動き回りながらの撮影でもストレスフリーで撮影することができます

はろ
はろ

使い勝手の良い画角・携帯性が両立しているため、どこでも・いつでも使いたいと思わせてくれますよ

 

小さなレンズながら画質は非常に良く、特に解像度や高コントラスト(逆光)への強さはGレンズの冠に相応しい性能だと感じます

20210719-A7302028
20211103-A7305192
はろ
はろ

SONYの最新技術が小さなレンズに詰め込まれている感じがしますね

 

また、付属する独特の形状のレンズフードは、フィルターを取り付けられる構造になっています

フードは簡単に取り外せるため、NDフィルターなどをフード側に付けておけば、非常に簡単にフィルターの取り付け・取り外しができるようになります

はろ
はろ

写真と動画を併用する際に、NDフィルターの脱着をしたい時って結構ありますよね。

 

使い勝手の良い画角・圧倒的な携帯性・写真/動画どちらにも高いクオリティすべてを持ち合わせているレンズは、他に探しても見当たりません

SONY FE 40mm F2.5 G(SEL40F25G)は、まさに神レンズと呼ぶに相応しいレンズと言えます

はろ
はろ

僕のような我が子を撮影する方、アクティブな撮影や手軽なスナップを軽いレンズで楽しみたい方には、ぜひ手に取っていただきたいレンズです!

 

なお、SONY FE 40mm F2.5 G(SEL40F25G)の詳しいレビューは別記事にて紹介しています

実際に使ってよかった点・作例など魅力をたっぷりお伝えしていますので、気になる方はぜひチェックしてみてください

メーカーSONY
レンズ名称FE 40mm F2.5 G
(SEL40F25G)
レンズカテゴリ準標準単焦点レンズ
焦点距離40mm
開放F値F2.5
最短撮影距離0.25m
(マニュアル時)
レンズ内手振れ補正非対応
防滴防塵防滴対応
サイズ
(レンズ径×長さ)
68×45mm
重さ173グラム
フィルター径49mm

標準単焦点:SONY FE 55mm F1.8 ZA(SEL55F18Z)

標準域の画角は、人間が意識的に見ている視野に最も近いとされており、単焦点デビューならとりあえず標準域をおすすめされることも多いかと思います

最も需要が高い焦点距離ということで、SONY Eマウント単焦点でもなんと30種類ものレンズが揃っています

はろ
はろ

初心者の方が、30種類からベストなレンズを選ぶのは至難の技ですね・・・笑

 

この中でも最もおすすめなのが、SONY FE 55mm F1.8 ZA(SEL55F18Z)

2013年に発売されたレンズですが、いまだにSONY Eマウントの神レンズとして定評があり、多くの人が最初の単焦点レンズとして手に取っている銘レンズとなっています

 

レンズの主な特徴
  • ポートレート・スナップが両立できる標準域の画角
  • カールツァイスの特有のカリカリの解像感とクリアな写りが魅力
  • 軽くてコンパクトで携帯性も◎
  • 綺麗なボケ感と爆速のオートフォーカス

 

このレンズの最も特徴的な点は、解像度の高さとボケの美しさ

絞り開放でもピントが合った部分はキレッキレな写りをするため、ズームレンズや廉価な単焦点レンズとは明らかに違う質感を出してくれます

20211031-A7305097
A7302067
はろ
はろ

ついつい写真がうまくなったと思わせてくれる特別な存在感がありますね

 

また、ボケ感が特徴的でレンズ中央部は綺麗な丸ボケ、そこから画面端になるにつれてグルグルとしたボケに変化する特徴を持っていて、他のレンズとの差別化としても面白いレンズになっています

画面中央部は綺麗な丸ボケになります
縦構図&点光源が多いシーンでぐるぐるボケを出すことができます

 

また、ツァイスレンズでは珍しく300グラムを切るほどに小型軽量であり、写りと持ち運びやすさを両立したレンズになっています

はろ
はろ

α7IIIやα7IVなど、ボディのフルサイズカメラと相性がバッチリですね

 

唯一のデメリットは被写体に寄れないことで、最短撮影距離は0.5mとやや遠いため、テーブルフォトでは少し離れて撮影しなければいけない点がやや惜しいと思います

はろ
はろ

とはいえ、ポートレートやスナップ撮影では、そこまで気になる点ではありません

 

とはいえ、ツァイスの描写を廉価に味わえるうえに、携帯性にも優れているレンズであることから、コスパは最高レベルの標準単焦点レンズであることには変わりないと言えます

A7304902

なお、近接撮影にも対応したレンズが欲しいということであれば、先ほど紹介したSONY FE 40mm F2.5 G(SEL40F25G)を候補にすると良いかと思います

はろ
はろ

初めての単焦点デビューレンズにしてはやや価格は高いものの、長期的に見ると間違いなくコスパが高いため、予算に余裕がある方にはぜひ手に取っていただきたい神レンズです!

 

なお、SONY FE 55mm F1.8 ZA(SEL55F18Z)の詳しいレビューは別記事にて紹介しています

実際に使ってよかった点・作例など魅力をたっぷりお伝えしていますので、気になる方はぜひチェックしてみてください

メーカーSONY
レンズ名称FE 55mm F1.8 ZA
(SEL55F18X)
レンズカテゴリ標準単焦点レンズ
焦点距離55mm
開放F値F1.8
最短撮影距離0.5m
レンズ内手振れ補正非対応
防滴防塵防滴対応
サイズ
(レンズ径×長さ)
64×71mm
重さ281グラム
フィルター径49mm

中望遠単焦点:SONY FE 85mm F1.8(SEL85F18)

最後に紹介するのは、中望遠域の単焦点レンズ。バストアップを切り取りつつ、背景を大きくぼかせることからポートレート撮影に最適といわれています

 

その中でもコスパ最高の神レンズとして間違いない地位を確立しているのが、 SONY FE 85mm F1.8(SEL85F18)

一般的に中望遠レンズはサイズが大きく高価なモノが多い一方で、このレンズはなんと5万円台で買えるうえに、サイズも非常にコンパクトな点が魅力です

はろ
はろ

5万円台というのは、SONYフルサイズ用のレンズとしては撒き餌レンズの次に安い価格帯です

 

レンズの主な特徴
  • 開放F1.8では背景がトロトロにボケる
  • 隠れGレンズと呼ばれるほどに高い解像感
  • 中望遠なのに割と寄れるため、クローズアップ撮影にも使える
  • 軽くて小さくて持ち運びにも便利
  • 5万円台で買える超ハイコスパレンズ

 

中望遠レンズを買う方の多くは、被写体を強調したポートレートを撮りたいと考えていると思います

その点、SONY FE 85mm F1.8(SEL85F18)は中望遠かつ開放F1.8で撮影できるため、前後の余計な情報をボケさせることで、被写体を強調することができます

A7306246
A7400772
はろ
はろ

ボケ感も5万台で買えるとは思えないほどに綺麗。やや周辺がレモン型のボケにはなるものの、味があって面白いレンズです

 

さらに驚くのは解像感の高さ。巷では隠れGレンズと呼ばれるほどに性能が高く、先ほど紹介したSONY FE 55mm F1.8 ZA(SEL55F18Z)と肩を並べるほどにカリッカリの解像感を出してくれます

A7400741
はろ
はろ

髪の毛や衣服の質感まで忠実に再現してくれます

 

また、最大撮像倍率が0.13倍と中望遠レンズにしては比較的寄れるため、バストアップから顔にクローズアップした撮影にも使いやすいレンズになっています

A7401200
はろ
はろ

全身撮影、腰上、顔のクローズアップなど、ポートレートの中でも引き出しをたくさん持ち合わせているので、使い所に困らないと思います!

 

さらに、一般的に中望遠レンズクラスとなるとサイズや重さが大きいラインナップが多いのですが、SONY FE 85mm F1.8(SEL85F18)は、重さがわずか371グラム・手のひらサイズと超コンパクトな形状のため、気軽に持ち運ぶことができます

 

デメリットと言えば周辺がややレモン型になるくらいで、それ以外に目立った欠点はありません

りの良さ・ポートレートレンズとしての汎用性の高さ・携帯性、どれ踏まえても、ちょっと5万円台で買えるのは信じられないくらいにコスパが高いレンズです

はろ
はろ

これからポートレートを撮ってみたいと考えている方には、ぜひ一度手にとっていただきたい神レンズです!

なお、SONY FE 85mm F1.8(SEL85F18)の詳しいレビューは別記事にて紹介しています

実際に使ってよかった点・作例など魅力をたっぷりお伝えしていますので、気になる方はぜひチェックしてみてください

メーカーSONY
レンズ名称FE 85mm F1.8
(SEL85F18)
レンズカテゴリ中望遠単焦点レンズ
焦点距離85mm
開放F値F1.8
最短撮影距離0.8m
レンズ内手振れ補正非対応
防滴防塵防滴対応
サイズ
(レンズ径×長さ)
78×82mm
重さ371グラム
フィルター径67mm

 

はろ
はろ

いかがだったでしょうか。以上がSONY Eマウントにおける神単焦点レンズ4本のご紹介でした!

SONY Eマウント神レンズ:ズームレンズ編

単焦点レンズに続いて紹介するのは、画角が変えられるズームレンズのおすすめレンズ3本です

おすすめ神レンズ:ズームレンズ

 

SONY純正のズームレンズは容易に10万円を超えるほどに高価なレンズばかりであり、またサイズ感もひとまわり大きいことから、ズームレンズについてはすべてサードパーティ製(Tamron)となっています

はろ
はろ

サードパーティとはいえ、Tamronレンズのクオリティは非常にSONY純正に負けないくらいに高く、コスパも非常に高いことで有名なのでご安心ください!

 

それでは以降で、おすすめのズームレンズをひとつずつ紹介していきます

広角ズーム:Tamron 17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)

サードパーティのレンズメーカーとしてコスパの高さで定評のあるTamron

特に17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)は、F2.8通しの大三元レンズでありながら10万円以下で買える唯一の広角ズームレンズで非常に人気の高いレンズです

はろ
はろ

SONY純正のF2.8通し広角ズームレンズ(SEL1635GM)の価格は23万円程度。同じF2.8通しのレンズでも価格が半額以上安く買えちゃいます

 

レンズの主な特徴
  • 超広角から標準域までカバーできる汎用性の高いズーム範囲
  • 大三元ズームとは思えないほどに軽くてコンパクトな外観
  • インナーズーム式で動画(ジンバル撮影)にも最適

 

このレンズの魅力は17mmスタートの焦点距離。標準レンズでは狭いなぁと感じがちな室内撮影・VLOGなど自撮り撮ですごく活躍してくれます

APS-Cクロップを使えば最大42mm相当で使えるため、わざわざレンズ交換をしなくてもこれ一本で超広角〜標準域撮れてしまう非常に便利なレンズです

20191207-A7301323

室内・建物には超広角レンズがぴったりです

 

420グラムと大三元ズームレンズとは思えないほどに軽くてコンパクトなところも非常に魅力で、ちょっと広角を持っていこうかな?と思った時にバッグにスッと忍ばせることができます

 

また、ズームしても筒が伸びない(重心がズレない)インナーズーム式のため、ジンバルでに載せた際にズームのたびにバランス調整をしなくても良いところも動画を撮る方には非常に刺さる点だと思います

筒の中でレンズが伸縮します
はろ
はろ

GMレンズですら、インナーズームには対応していないので、大きな差別化ポイントだと思います

 

開放F2.8であれば広角でも背景ボケを大きくできる上に、オートフォーカスも非常に速く、写真・動画どちらにも適したオールマイティなズームレンズです

20210327-A7308010-Edit

広角ながらF2.8で撮ると背景がしっかりボケます

メーカーTAMRON
レンズ名称Tamron 17-28mm F/2.8
Di III RXD (Model A046)
レンズカテゴリ超広角ズームレンズ
焦点距離17-28mm
開放F値F2.8
最短撮影距離0.19m
レンズ内手振れ補正非対応
防塵・防滴防滴対応
サイズ
(レンズ径×長さ)
73×99mm
重さ420グラム
フィルター径67mm
はろ
はろ

Tamronレンズのフィルター径は67mmでほぼ統一されているため、NDフィルターなどのフィルター類を使いまわせるため、経済面でもありがたいですね

標準ズーム:Tamron 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)

広角から中望遠まで対応する標準ズームレンズは、旅行先など撮影状況が読めない撮影シーンで大活躍します

はろ
はろ

便利すぎて標準ズームレンズ1本しか持っていない人もいますよね

 

その中でもおすすめなのがTamron 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063) です

フルサイズミラーレス界に革命を起こしたTamron 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)の第二世代となるレンズで、F2.8通しながらコンパクトさ・便利さ・写りの良さを兼ねそろえた素晴らしいレンズとなっています

 

レンズの主な特徴
  • 日常のほとんどのシーンで使いまわせる万能な焦点距離
  • 解像感がさらに進化し、コンパクト化した第二世代モデル
  • ハーフマクロ相当に寄れるため、表現の幅が非常に広がる
  • ジンバル撮影で使いやすい・オートフォーカスがさらに進化し、動画にも使いやすい

 

外出先だとなかなかレンズ交換をすることができないため、撮るのを諦めたり・構図に妥協するシーンは割とよくあると思います

一方で、Tamron 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063) は、28〜75mmと広い焦点距離をカバーしている上に、単焦点レンズに引けを取らないほどに画質が良く、寄れる、さらに明るいとった特徴を持っているため、自分の理想の写真を撮り逃すことを劇的に減らしてくれるレンズとなっています

20220310-A7402232

広角・望遠端ともに手を伸ばしたところまで寄れるので非常に便利

 

レンズの外観については、第一世代のコンパクト設計を引き継ぎつつ、540gとペットボトル1本分ほどの軽さで持ち運べるサイズ感となっています

大三元ズームレンズながら、非常に小さくて軽いため、とりあえず一本持っていくかと思ったときにちょうどいいサイズ感になっています

これまでのマットな質感 → 光沢感のある外観になりました

 

また、第1世代からレンズの機構が見直されていて、十分定評があった画質がさらに改善がされていています

ズームレンズは単焦点レンズより写りが甘いとよく言われたりしますが、正直このレンズを使っている限りでは単焦点レンズとの違いはほぼわからないほどに解像感が優れています

20220227-A7306113

F2.8開放からピント面はキレキレ

20220310-A7402258

画面の端までしっかりと解像してくれます

第一世代で課題だったシングルオートフォーカスの動作も改善されていて、SONYのボディ性能を最大限に活かすスピードに仕上がっています

第二世代は特に動画撮影にもフィットするように改善されているとのことで、フォーカス精度や速さにはかなり安心感が持てます

リニアモーター式のAF導入により、第一世代と比べて飛躍的に性能がアップしているそうです

 

また、広角域から標準域にかけてズームしても筒が伸びにくい構造になっているため、ジンバル撮影時にバランスのチューニングをし直さなくても良いところも非常に便利です

はろ
はろ

動画を撮りやすくカスタマイズされていることがここからも読み取れますね

 

そして驚くのはその価格。定評の高い第一世代のデメリット面を改善したレンズであるにも関わらず、10万円を切る価格で販売されています

第一世代と比べても1.5〜2万円程度しか価格差がないので、これから標準ズームレンズを探そうと考えている人にはベストな選択になると思います

はろ
はろ

写真メインで動画はいいかな〜と考えている方は、より価格が安い(第一世代)28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)でも良いと思います

メーカーTAMRON
レンズ名称Tamron 28-75mm F/2.8
Di III VXD G2 (Model A063)
レンズカテゴリ標準ズームレンズ
焦点距離28-75mm
開放F値F2.8
最短撮影距離0.18m
(ワイド端)
レンズ内手振れ補正非対応
防塵・防滴防滴対応
サイズ
(レンズ径×長さ)
76×118mm
重さ540グラム
フィルター径67mm

なお、Tamron 28-75mm F/2.8 G2の詳しいレビューは別記事にて紹介しています

実際に使ってよかった点・作例など魅力をたっぷりお伝えしていますので、気になる方はぜひチェックしてみてください

望遠ズーム:Tamron 70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056)

風景撮影・運動会など、遠くから一部を切り抜く撮影では望遠ズームレンズが大活躍します

一般的に望遠ズームかつF2.8固定の大三元ズームレンズは非常に高価で、どのカメラメーカーでも20万円を超えるものが当たり前の世界です

 

そんな中でも今回おすすめするTamron 70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056)は、10万円程度で買える唯一無二の神レンズです

はろ
はろ

大三元望遠ズームの中でも、描写・性能・携帯性どれも性能が高く、価格.comでも★4.9と非常に評価が高いレンズです

 

レンズの主な特徴
  • F2.8・最大焦点距離180mmにより、日常では味わえない大きなボケ感を出せる
  • F2.8通しの望遠ズームの中では比較的小さいため、持ち運びが便利
  • 中望遠のハーフマクロレンズとしても使える

 

望遠ズームレンズは、標準レンズと組み合わせて使うことが多いため、携帯性は非常に重要視したいところ

はろ
はろ

デカくて重いレンズは、持ち運びの際に組み合わせるレンズが制限されたり、肩が凝ったりと体への負担も大きいため、できるなら小型軽量が望ましいです

 

その点、70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056)は、他のTamronズームレンズ同様にコンパクトな作りになっているため、携帯性の面でも非常に優れたレンズになっています

望遠ズームなのに三脚座がいらないほどに軽いです
はろ
はろ

810グラムと多少ずっしり感はありますが、相対的にはかなり軽い部類に入ります(GMの大三元望遠ズームレンズは1キロ越えです)

 

画質面でも非常に優秀で、F2.8通しの望遠レンズのため非常に大きなボケを出すことができます

暗いシーンでもシャッタースピードを稼げるため、特に望遠で発生しやすい手振れを抑える効果も併せ持っています

はろ
はろ

F値の大きい分、安いズームレンズは他にもありますが、ボケ感と手振れへの強さは大きな差別化ポイントとなりますね

 

また、一般的には望遠レンズは寄れないものが多いですが、70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056)は、マニュアルフォーカス時にハーフマクロで撮影することができます

はろ
はろ

中望遠のハーフマクロは、歪みが少なく非常に綺麗な近接撮影ができますよ

 

写りの良さはもちろん、携帯性・ハーフマクロ撮影といった付加価値も多く、さらには10万円程度で買うことができるため、まさに望遠ズームの神レンズと呼ぶに相応しい特徴を持ったレンズとなっています

メーカーTAMRON
レンズ名称Tamron 70-180mm F/2.8
Di III VXD (Model A056)
レンズカテゴリ望遠ズームレンズ
焦点距離70-180mm
開放F値F2.8
最短撮影距離0.27m
(マニュアルAF時)
レンズ内手振れ補正非対応
防塵・防滴防滴対応
サイズ
(レンズ径×長さ)
81×149mm
重さ810グラム
フィルター径67mm

 

はろ
はろ

SONY Eマウントの神ズームレンズ3本のご紹介は以上です!さいごにまとめに入ります

まとめ:価格が全てじゃない。レンズ選びではコスパの高さを重視しよう

今回は、SONY Eマウントでフルサイズに対応した神レンズ7選を紹介させていただきました

レンズは高い買い物ですし、ボディよりも長く使い続ける場合も多いため、購入の際にはクオリティーや携帯性にもこだわるのがベターです

はろ
はろ

後から同じ画角のレンズを買い直すのが一番勿体無いですからね

 

今回紹介したレンズはどれも携帯性が優れていて写りが良いレンズであり、本当に胸を張っておすすめできるレンズばかりです。ぜひ、みなさんのレンズ購入の参考にしていただければ幸いです

SONY Eマウント神レンズ7選

 

はろ
はろ

この記事の内容は以上です。ご感想・コメント等がございましたら、ページ下部のコメント欄をご活用ください!(品質向上・励みになります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA