【スマホのデメリット】デジタル一眼カメラとスマホカメラの違いを解説

【スマホのデメリット】デジタル一眼カメラとスマホカメラの違いを解説

こんにちは。はろ(@haroharo72)です

 

これから写真をはじめたいと考える人にとって、カメラって高価で手が出しにくいですよね

また、最近はスマホのカメラ性能がどんどん進化して、デジタル一眼が本当に必要なの?と疑問を持つ方は多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、デジタル一眼カメラを5年間以上使用した経験を踏まえて、デジタル一眼カメラとスマホカメラの違いについて紹介します!

はろ
はろ

私も一眼カメラをはじめて購入したときには、スマホとの違いをしっかり理解できていませんでした(勢いで購入したタイプ)

 

結論として、デジタル一眼カメラはまだまだ必要性が十分に高いです

どんな時にデジタル一眼カメラが必要となるのか、次の章でみていきましょう!

 

スマホカメラのデメリットと撮影が難しいシーンを紹介

デジタル一眼カメラとスマートフォンカメラの違いを生むのは、物理的なサイズの問題

スマホのカメラは小型の本体に収まるサイズにする必要があるため、カメラ性能を落とさざるを得ません

 

そのため、どうしてもスマホでは写真が上手く撮れない撮影シーンが生まれます 

はろ
はろ

以下に、スマホが苦手とする撮影シーンを列挙しました

 

スマホが苦手な撮影シーン
  • 遠いところから撮影シーン
  • 暗い場所での撮影シーン
  • 逆光での撮影シーン
  • 大きなボケが欲しい撮影シーン

 

具体的な要因がわからないとしっくりこないと思いますので、以降で詳しく説明します!

スマホカメラのデメリット①:遠いところからの撮影に弱い

 

具体的な撮影シーン例
  • 運動会やお遊戯会・ライブ・スポーツ観戦など

 

上記のような、いざというイベントでは撮影できる位置が指定されていて、望遠ズームが欲しくなることがあります

しかし、そんな時にスマホカメラでは画質が荒くなってしまいます

はろ
はろ

スマホカメラが対応しているのは、画質が荒くなるデジタルズームのみであるためです

 

一方で、デジタル一眼カメラでは、望遠ズームレンズを使うことによって画質を落とさずに被写体を大きく写すことができます

はろ
はろ

光学ズームは虫眼鏡をイメージするとわかりやすいと思います。虫眼鏡を離すほど大きく見えますよね

デジタルズームで画質が劣化する実例を紹介

デジタルズーム(主にスマホで多用される)は、画像の一部を切り取ったものを拡大するため、遠くのものを大きく写そうとすると必然的に画質が劣化します

デジタルズーム使用例:文字がつぶれて見える

 

一方で、デジタル一眼カメラでズームレンズを使った場合には、物理的にレンズと焦点の距離を伸ばすことができるため、画質が劣化しません 

光学ズーム使用例:文字がくっきり見える

スマホカメラのデメリット②:暗い撮影シーンに弱い

ノイズ写真
ノイズが多い写真例

 

具体的な撮影シーン例
  • 夜景・室内での撮影(締め切った日中の室内含む)

 

真っ暗な環境は必ずしも屋外とは限りません。こどものお遊戯会・結婚式など、日光を遮った屋内環境でもスマホカメラでは綺麗に撮影することが難しくなります

 

スマホカメラは光を受光するパーツが非常に小さいです

スマートフォンのセンサーサイズはこのくらい小さいです

少ない光を人の目程度の明るさまで補正するために、スマホカメラでは強いデジタル補正をかけています

この補正処理によって、スマホカメラでは「ノイズが乗りやすい・写真がブレる」写真が多くなります

暗い撮影シーンでぶれやすくなる理由

被写体ブレした写真

 

光をたくさん取り込むためには受光感度を上げる他にも、シャッター速度を落とす必要があります

シャッター速度を落とすと写真に残像が残り安くなり、ブレた写真が量産されやすくなります

スマホカメラのデメリット③:逆光に弱い

 

逆光と聞くと、写真が上手く撮れない撮影環境と想像される方が多いと思います

しかし、実は逆光は被写体を幻想的に撮影できる最大のチャンスです

20210430-A7309821-Edit

逆光では「ふわっとした印象的な写真」を撮影できます

 

しかし、スマホカメラは逆光撮影が難しい作りになっています

これは、スマホカメラのレンズの性能・明るさ調整がカメラ任せになることが要因です

はろ
はろ

なので、逆光 = 撮影が難しい環境と思っている方が多いのだと思います

 

一方で、デジタル一眼カメラでは、逆光に強いレンズを使うことができる・明るさ調整も自由自在であるため、逆光環境でもしっかり被写体を強調して撮影することができます

逆光を使ったエモい写真の撮り方を詳しく知りたい方は、こちらをチェックしてみてください

【逆光とゴールデンアワー】幻想的な雰囲気を演出する3つのポイント|撮影のコツ紹介

スマホカメラのデメリット④:大きなボケを出しづらい

SNSで見かけるおしゃれな写真では、背景や前景が綺麗にボケていてプロっぽい印象を受けますよね

はろ
はろ

家族写真など、日常を撮影する際にも大きなボケ感を出せると非日常感がグッと増します

 

一方で、スマホカメラは物理的にボケにくい特性があるため、ボケ感を出したければデジタル一眼カメラを使うことがベターです

 

特に、最近はにスマホで写真をみる人がほとんど

小さな画面でボケ感を伝えるためには、より大きくボケた写真を撮る必要があります

デジタル一眼でボケが大きくなる理由

デジタル一眼カメラがボケる理由は焦点距離が大きいから

 

センサーサイズが大きなデジタル一眼カメラは、焦点距離の長いレンズを使うことができるため、ボケの大きな写真を撮影することができます

はろ
はろ

虫眼鏡を目から離すと、ぼやぼや〜としますよね。焦点距離とボケの大きさは物理的に関係しているんです

 

大きなボケを作る撮影方法を詳しく知りたい方は、こちらをチェックしてみてください

【なぜボケない?】一眼カメラ撮影でボケが出ない4つの理由と対策方法

はろ
はろ

スマホカメラとデジタル一眼カメラの違いの説明はこれで以上です

(参考)写真加工の自由度も断然一眼カメラが有利

左:編集前 / 右:編集後

 

これによってデジタル一眼カメラで撮影した写真は、画像が荒れることなく鮮やかな色合いに復調することができます

暗い撮影シーンで撮った写真を明るく補正できたり、自由度が非常に高いです

はろ
はろ

撮影時に明るさの調整に失敗した写真も、一眼カメラで撮影したデータ形式(RAW)であれば、元通りに復調することが簡単にできます

RAW形式データを使った写真加工のメリットについては、こちらの記事でわかりやすく解説しています

RAW現像のメリットとは?初めての人にも分かりやすく解説|カメラ初心者向け

まとめ

 

今回は、デジタル一眼カメラとスマホカメラの違いについて紹介させていただきました

 

スマホカメラのデメリット
  • ズームする際に画質が落ちる
  • レンズ交換ができない
  • 逆光耐性に弱い
  • 暗い撮影シーンに弱い
  • ボケの大きな写真が撮りづらい

 

コンパクトで便利なスマホカメラ。一方でデジタル一眼カメラは、スマホが苦手な撮影シーンでも綺麗な写真を撮影することができます

 

旅行・こどもの学校行事など、大事なシャッターチャンスを迎えてから気づくのでは遅いので、当てはまる撮影シーンが多い方はぜひデジタル一眼カメラの導入を検討されてみると良いと思います

 

 

はろ
はろ

それでは、次の記事でお会いしましょう!よいカメラライフを!