カメラ・レンズの保管はドライボックスがおすすめ!|カビ・ホコリ・湿気対策|カメラ初心者向け

カメラの保管はドライボックス・湿気対策

カメラを利用する人にとって、カメラはほとんど家に置いておくモノですよね

 

ですがそのカメラ、もしかしカバンや押し入れにそのまま放置していませんか?

はろはろ
はろはろ

そのまま放置すると、カメラやレンズにカビが生えて、高額な修理が必要になることも・・・

 

実はコレ、カメラ初心者が陥りがちな失敗例として、あるあるなんです

そこで今回は、カメラとレンズをカビから守る正しい保管方法について紹介します


正しい保管方法を知らなかった人は、湿気の季節に向けて早めに実践しましょう!

はろはろ
はろはろ

私のようにカメラを買い換えることになるかもしれません

カメラの正しい保管方法は?

 

みなさんにぜひ知っておいていただきたいのが、カメラは湿気と非常に弱い精密機器ということです

 

湿気によって生えたカビは厄介で、カビを取り除くには高価(数万円)なメンテナンスに出す必要があります

(たとえメンテナンスに出しても、状態が悪いと除去跡が残ることもあります)

(外部リンク)カビが生えたレンズ、撮影した写真が気になる方はこちらからどうぞ

 

そのため、カメラ・レンズは防湿・防塵の入れ物で保管する必要があります

代表的な保管方法は、ドライボックス・防湿庫の2つです

ドライボックス&除湿剤で保管する

 

米びつのような密閉したケースに入れて保管する方法です

メリット・デメリットは以下の通りで、特に低コストで導入できることから、最も多くの人が取り入れている保管方法だと思います

 

メリット
  • 防湿庫と比べて安く導入できる(千円〜)
  • サイズの選定が比較的かんたん(安価なので買い増しのハードルが低い)
  • 保管場所の移動がかんたん

 

デメリット
  • 温度管理ができないため、涼しいところにおく必要がある
  • 防湿剤を定期的に入れ替える必要がある

防湿庫で保管する

 

防湿庫を使えば防湿剤の交換が不要となるため、手間がかかりません

はろはろ
はろはろ

またカビが増殖しない適正な温度・温度に保ってくれるため、もっともカメラに優しい保管方法です

 

しかし、ドライボックスよりも初期費用・維持費ともに高コストになる点には注意が必要です

カメラ機材が増えてスペースが足りなくなった方など、ドライボックスじゃ物足りない方が導入することが多い印象です

 

防湿庫のメリット
  • 大量の機材を保管しやすい
  • 温度管理ができる
  • 防湿剤を定期的に入れ替えなくてよい

 

デメリット
  • 防湿庫と比べて価格が高い(1万円〜)
  • 電気代がかかる
  • サイズの選定が難しい(比較的高価なので、将来の機材量を正確に見積もる必要がある)
  • 保管場所の移動がたいへん(重たい&電源を確保する必要あり)

カメラ初心者にはドライボックスがおすすめ

 

初心者の方にとって、はじめてのカメラは高い買い物に感じたはず

であれば、保管アイテムはなるべく安価に済ますべきですので、ドライボックスをおすすめします

はろはろ
はろはろ

将来の機材がまだ不透明な初心者のうちは、サイズ選定が難しい防湿庫の購はおすすめできません

ドライボックスを選ぶポイント

ドライボックスは比較的安価(千円〜)ですので、どれを選んでも失敗はしにくいです

はろはろ
はろはろ

とはいえ、買うならできるだけ後悔しないものを選びたいですよね

 

そこで、ドライボックスを選ぶ上でのポイントを4つ紹介します

  1. 少し大きめのサイズを購入する:将来の機材購入を見据える
  2. 透明なボックスを選ぶ:物の場所を把握しやすい
  3. 専用トレーがあるタイプを選ぶ:小物がごちゃつかない
  4. 湿度計付きのタイプを選ぶ:乾燥剤の交換時期が一目でわかる

 

以降で、ひとつずつポイントを解説します

\ おすすめドライボックスがすぐに知りたいと言う方はこちらから /

おすすめのドライボックスはこちら

①少し大きめのサイズを購入する

私は少し大きめの27Lサイズを使っています

 

ドライボックスは小さなモノから大きなモノまで様々なサイズが販売されています

 

確かに小さいサイズは安くてコンパクトなのですが、機材が増えるにつれて新しいボックスが必要になる可能性があります

 

そのため、収納スペースの都合を考慮しつつではありますが、すこし大きめのサイズを選ぶのがおすすめです

②透明なボックスを選ぶ

 

  • 無駄な開け閉めを抑止するためにも透明なボックスを選択しましょう

 

ドライボックスはフタを開ける度に中に湿気入るため、乾燥剤の寿命を縮めます

はろはろ
はろはろ

そのため、開封は必要最小限に抑えることが長持ちさせる秘訣です

 

特に(機材が増えてきて)複数のドライボックスで管理する場合を想定して、交換レンズやカメラがどのボックスにあるかわかるように「透明なボックス」を選ぶことをおすすめします

③専用トレーがあるタイプを選ぶ

 

  • 小物がごちゃつかないように専用トレーがあると便利です

 

レンズやカメラと併せて、レンズキャップやマウントキャップなど案外小さな小物を入れたくなります

そんな時は小物専用トレーが付属されているドライボックスを選ぶと便利です

湿度計付きのタイプを選ぶ

 

  • 乾燥剤の寿命を確かめるためにも、湿度計がついているタイプがおすすめです

一般的には、湿度は40~60%の状態がカメラにとってベストと言われています

 

湿度60%を上回るとカビが増殖するリスクが増え、湿度40%を下回るとカメラの外装へのダメージが発生する可能性があります

 

そのため、いつでも湿度をチェックできるように湿度計をドライボックス内に入れておくと良いです

湿度が60%を上回れば乾燥剤の交換時期のお知らせです

はろはろ
はろはろ

フタを開けずに乾燥剤の交換時期がわかるので、乾燥剤寿命も必然的に伸びますよ

おすすめドライボックスはナカバヤシ

 

先ほどご紹介したドライボックス選びポイントをすべてクリアしているのが、ナカバヤシのドライボックスです

  1. 少し大きめのサイズを購入する:将来の機材購入を見据える
  2. 透明なボックスを選ぶ:物の場所を把握しやすい
  3. 専用トレーがあるタイプを選ぶ:小物がごちゃつかない
  4. 湿度計付きのタイプを選ぶ:乾燥剤の交換時期が一目でわかる
はろはろ
はろはろ

価格も安いため、カメラ初心者でも導入しやすいと思います

 

以降では、ドライボックス選びで悩みがちなサイズについて、機材の目安とおすすめのサイズを紹介します

カメラ1台・レンズ1本くらいなら8Lサイズ

とりあえずしばらくはレンズを買い増す予定はなく、できるだけ収納をコンパクトにしたい方には8Lタイプのドライボックスがおすすめです

将来を見据えて少し大きめにするなら27Lサイズ

将来、複数の交換レンズを揃えていこうとしている方は、27Lのドライボックスがおすすめです

はろはろ
はろはろ

本体・レンズが比較的大きなフルサイズミラーレスでも、カメラ1台とレンズ2・3本が入るサイズ感です

フルサイズミラーレスだとレンズ3本までなら入ります

 

また、容量が大きいほど値段がリーズナブルになるため、多少でも機材を買い足す予定がある方は、こちらを選ぶと良いと思います(私はこちらを2つ使っています)

ナカバヤシ(Nakabayashi)
¥2,718 (2021/08/02 13:01時点 | Amazon調べ)

乾燥剤は防カビタイプのものを

ケースに付属している乾燥剤はサイズが小さく日持ちしないので、別途に乾燥剤を購入しましょう

その際、防かび成分の入っている乾燥剤を選ぶようにしてください

湿度計がないタイプのボックスをお持ちの方は

乾燥剤の交換時期を把握するためには、やはり湿度計はあった方がよいです

 

特に梅雨場は乾燥剤の消耗が早く、多湿&密閉空間をつくってしまうとカビの増殖リスクが非常に高いです

HAKUBAの湿度計なら、ドライボックス内部に吸盤で固定することができるため、後付けが可能です

適切な保管で機材を大切に使おう

ここまでは湿気対策についてお話ししましたが、保管場所やカメラの出し入れ時にも一手間かけていただくと、よりカメラを安心して保管することができます

 

気をつけたいのは以下の2点

  • ドライボックスに保管する前に簡単にお手入れをする:ボックス内に埃やチリが入らないようにするため
  • 直射日光を避けて管理する:温度が高すぎるとカビが繁殖する要因になる

ドライボックスに入れる前には簡単にお手入れを

 

カメラやレンズはホコリやチリにも弱いため、ドライボックスに入れる前には簡単にブロアーで吹き飛ばしましょう

はろはろ
はろはろ

カメラやレンズに混入したホコリやチリは写真に映り込むますし、取り除くにはプロのクリーニングに出す必要があります

 

ブロアーはカメラ保管に必須のアイテムですので、もしお持ちでければぜひ購入を検討してみてください

なお、ブロアーはできれば大きめのサイズがおすすめです

はろはろ
はろはろ

風量が強くなるため、お手入れが楽になります

 

直射日光を避けて温度管理する

カビは温度にも依存して増殖する性質があります

はろはろ
はろはろ

概ね25〜30℃以上では増殖スピードが上がると言われています

そのため、直射日光があたる環境は避けて、ボックス内の温度が上がることを防ぎましょう

まとめ

今回は、カメラとレンズをカビから守る正しい保管方法について紹介しました

 

カメラ・レンズの保管についてのまとめます

  • 湿気対策をして、カビからカメラ・レンズを守ろう
  • 初心者には安く導入できるドライボックスがおすすめ
  • ドライボックスに入れる前には簡単にお手入れをしよう
  • 直射日光を避けて温度管理をしよう

 

ぜひ、まだ対策を実施されていない方は、大切なカメラやレンズを労ってあげてくださいね

はろはろ
はろはろ

この記事は以上となります。最後までご覧いただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA