【SONY α6000】5万円台で買える!初心者におすすめSONYミラーレス一眼カメラ|ILCE-6000

キャンペーン情報

これからカメラを始める方にとって、最初のカメラ選びってすごく難しいですよね

はろはろ
はろはろ

種類も豊富で価格もピンキリ。カメラをこれから始めようとしている方の不安材料のひとつだと思います

僕自身もカメラを始めた際は、家電量販店のオススメカメラを手に取りましたが、正直今思えばベストな選択ではなかったと思っています

そこで今回は、これまでカメラに150万円以上投資してきた僕の経験を踏まえて、カメラ初心者の方におすすめなコスパ最高のカメラSONY α6000(ILCE-600)」を紹介します

はろはろ
はろはろ

発売から10年ほど経つカメラで、新品だと逆にプレミアで高くなるのですが、中古で購入した場合はレンズ込みでなんと5万円で手に入れられるカメラになっています

 

カメラには興味があるけど価格がネックと感じている方にむけて、少しでも後押しする材料になれば幸いです

おすすめのカメラをすぐに確認したい方は、こちらからジャンプできます

おすすめカメラの選考基準

はろ
はろ

今回は「初心者ユーザ」をターゲットに、予算5万円程度に収まる「ミラーレス一眼・APS-Cと呼ばれる規格のカメラ」から選定しました

はろはろ
はろはろ

ミラーレス一眼カメラは今やデジタル一眼カメラの主流で、一眼レフ相当の写りと小型軽量を両立するモデルです

さらに今回紹介する、APS-Cと呼ばれる規格は、大きなボケや夜間に強い特徴を持っていて、大きさ・価格・画質のバランスが良いカメラが多いです

はろ
はろ

カメラの売れ筋ランキングを見ても、ミラーレス一眼・APS-Cのカメラが常に上位を独占していますね

あわせて読みたい

以下の記事では、いろいろなカメラジャンルの中で、僕がミラーレス一眼(APS-C)をおすすめする理由を紹介しています。詳しく知りたい方は、ぜひこちらも参考にしてください

予算5万円台なら「SONY α6000 ダブルズームレンズキット」がベストな選択

結論を先に紹介すると、予算5万円程度で買えて、なおかつ現行機種に近い機種は「SONY a6000 ダブルズームレンズキット」一択だと僕は考えています

はろはろ
はろはろ

新品だと10万円弱するカメラなのですが、中古で購入すると予算5万円程度で手に入れることができます

中古カメラの買い方は実は新品とほとんど同じで、Amazon・楽天市場・Yahooショッピングなど、普段のネットショッピングと同じ感覚で買うことができます

注|在庫の供給状況によって価格が前後します。5万円台で買えるチャンスを逃さないようにしましょう

他のエントリーカメラとの違い

最近どんどん性能が上がっているスマホ性能カメラとの差別化を考えると、デジタル一眼カメラには、スマホよりも圧倒的に良く撮れる性能を求めたいですよね

オートフォーカス・夜間撮影の綺麗さ・交換レンズのバリエーションなどなど

 

一方で、予算をかければスマホよりも良く撮れる機種はたくさんあるものの、5万円台で購入できる機種というのは、実はほどんどありません

はろ
はろ

そんな中でもSONY a6000 ダブルズームレンズキットは特に機能がすぐれています

商品画像α6400_small

X-A7_small
商品名α6000
ダブルズーム
レンズキット
EOS Kiss M
レンズキット
X-A7
レンズキット
メーカーSONYCanonFUJIFILM
新品価格約6.5万円約7万円約4.5万円
中古市場価格約5万円約7-8万円約5-6万円
画素数2,430万2,410万2,424万
自撮り対応非対応対応対応
レンズの画角広角〜標準広角〜標準広角〜標準
連写速度
オートフォーカス
速いやや遅い
暗所への耐性少し弱い
交換レンズの
充実度
非常に多い少ない

SONY a6000 ダブルズームレンズキットの特徴

ここからはSONY a6000 ダブルズームレンズキット」の具体的な特徴点を紹介します

はろ
はろ

基本的な性能は高く、サイズもコンパクトで非常に使いやすい機種になっています

優れている点
惜しい点
  • とにかく安くてコスパが高い
  • 小型軽量でどこにでも持ち運べる
  • 動く被写体に強い
  • 広角から望遠まで幅広い撮影シーンに使える
  • 交換レンズの種類が多く、コスパの高いレンズが豊富
  • 予算5万円台なら、中古購入が前提
  • 自撮りがしづらい
  • バッテリー持ちが微妙

 

\使用感はこちらの動画が非常に参考になります/

ネット販売なら中古カメラ・レンズは怖くない

ここまでのご紹介内容ではじめてのカメラが中古で大丈夫なの?と思われた方もいらっしゃるかと思います

実は僕も中古カメラやレンズをよく買うのですが、実はカメラ業界では中古は割と当たり前の買い方でメリットが非常に多いです

このレンズも中古で買ったのです。新品と見分けがつかないですよね
はろ
はろ

僕自身、最新モデル以外は基本的に中古で買っていますが、今までトラブルに出会ったこともありませんし、状態も非常に良いのですごく満足しています

中古カメラのメリット
  • 新品より約3割程度安く購入できる場合もある
  • ネット販売なら、中古でも品揃えが豊富
  • 粗悪品のリスクは小さい(査定付き)
  • 購入後半年〜1年の保証がついてくる店舗もある
はろ
はろ

ネットショップなら全国の中古カメラを取り寄せられるので、バリエーションや価格面でのメリットが非常に大きいです!

あわせて読みたい

以下の記事では僕が中古をよく使う理由(メリット・デメリット)を整理していますので、気になる方はこちらもチェックしてみてください

SONY α6000 ダブルズームレンズキットの良いところ

A7305775

全体的な特徴点に触れたところで、ここからはSONY a6000 ダブルズームレンズキット」が他の同価格帯のカメラと比べて優れている点について詳しく紹介します

SONY a6000の優れている点
  • とにかく安くてコスパが高い
  • 小型軽量でどこにでも持ち運べる
  • 動く被写体に強い
  • 広角から望遠まで幅広い撮影シーンに使える
  • 交換レンズの種類が多く、コスパの高い交換レンズが豊富
はろ
はろ

軽くて・小さくて・よく撮れる!3拍子が揃ったカメラです!

小型軽量でどこにでも持ち運べる

画像引用元:ソニーストア

旅行や子供とのお出かけではどうしても荷物が多くなってしまうもの。特に外出時は最小限の装備としたいですよね

今回紹介するSONY α6000 ダブルズームレンズキット」は、レンズ・本体を合わせても600g程度と非常に軽いです

はろ
はろ

お出かけにも邪魔にならない・スマホ感覚で持ち歩ける。そんなカメラです

せっかく買ったカメラも外に持ち出さなければ、存在意義がなくなってしまいますよね。そのため、小型軽量というのはとても重要なポイントです

動く被写体に強い

一般的に低価格帯のカメラは、動きの早い被写体(子ども・動物など)に弱い傾向があります

はろ
はろ

ひと昔のカメラはオートフォーカス性能がイマイチなことが多いです

一方で、SONY α6000のオートフォーカスと連写は同価格帯のカメラと比べると飛び抜けていて、動く被写体にすごく強いカメラになっています

商品画像α6400_small

X-A7_small
商品名α6000
ダブルズーム
レンズキット
EOS Kiss M
レンズキット
X-A7
レンズキット
メーカーSONYCanonFUJIFILM
新品価格約7.5万円約7万円約4.5万円
中古市場価格約5-6万円約7-8万円約5-6万円
連写速度毎秒11枚毎秒7-8枚
(追従式AF時)
毎秒6枚
オートフォーカス速い少し弱い
動く被写体に対する性能:同価格帯カメラとの比較

 

例えばお子さんの撮影をするシーンでは、頑張る勇姿をバッチリ収めたいですよね

a6000なら「今だ!」と思った瞬間をきれいに撮れるので、成長の記録をしっかりとデータに残すことができます

広角から望遠まで幅広い撮影シーンに使える

さまざまな撮影シーンで綺麗に撮るには、ボディだけではなくレンズも大事です

その点で、SONY a6000 ダブルズームレンズキットは、広角から望遠までの画角に対応した2本のレンズが付いてくるため、狭い室内から運動会のようなズームが必要なシーンまで幅広く対応することができます

はろ
はろ

一般的に低価格帯には望遠レンズは付属しないため、このセットは本当にコスパが高いです

 

写真の見た目を最も変えるのはレンズなので、お手頃な価格で広角から望遠までの画角に対応したレンズを揃えられるのは、カメラ初心者の方にとって大きなアドバンテージになります

特に望遠レンズは、遠くから撮影してもきれいに撮れるため、お子さんの入・卒園式や運動会などイベントでは大活躍すること間違いなしですよ

コスパの高い交換レンズが豊富

実はSONYはミラーレス一眼のみを作ってきたメーカーということもあり、交換レンズの種類が他よりも非常に多い点が特徴です

さらにSONY自身がレンズ設計を公開しているため、第三者(サードパーティ)が安くて質の高いレンズを提供していることから、他カメラメーカー間とのレンズライナップの差は歴然たるものがあります

はろはろ
はろはろ

長期的に趣味を楽しむことを前提とすれば、廉価なレンズが多いのは非常に助かります!

あわせて読みたい

以下の記事では、10万円以下で買えるSONY Eマウントの神レンズをまとめています。これまで僕が150万円以上費やした経験からおすすめのレンズを紹介していますので、ぜひチェックしてみてください

SONY α6000 ダブルズームレンズキットのデメリットと対策

さて、ここまでは基本的に良いところばかりを述べてきましたので、以降ではデメリット面について紹介していきます

SONY a6000のデメリット
  • 基本的に中古での購入が前提になる
  • 自撮りがしづらい
  • バッテリー持ちが良くない
はろ
はろ

ちゃんと対策もありますので、ぜひ参考にしてもらえれば幸いです

中古での購入が前提となる

先ほども紹介した通り、予算5万円程度に収めるのであれば、中古購入は必須です

せっかくのカメラなのに中古かぁとネガティブな印象を持つ人もいらっしゃると思いますが、大手のネットショップから購入であればリスクを最小限に抑えることができます

はろ
はろ

カメラはみんな大事に使うものなので、中古といえども綺麗な状態のカメラが多いです

 

なお購入方法は、大手のネット中古ショップが多い楽天市場・Yahooショッピング(PayPayモール)がおすすめです

商品の状態でランク付けがされているのですが、私の経験上、美品レベル以上は普通に綺麗な状態です

はろ
はろ

楽天やPayPayモールでは、実際の外観写真がついているので、ぜひ覗いてみてください!

自撮りがしづらい

デメリットの2点目は、自撮りがしづらいことです

最近のデジタル一眼カメラは、背面モニターが回転して撮影者側からも見えるようにできるのですが、「SONY α6000」は背面モニターを撮影者側まで回転させることができません

自撮り可能なカメラの例

 

はろ
はろ

自撮りの際に構図を確認できない点がやや使いづらいと感じるところです

ただし、対策はちゃんとあるのでご安心を。もし、構図を確認しながら自撮りをしたい場合は「カメラとスマホアプリとWi-Fiで連動」させることで、スマホ画面で構図を確認しながら自撮りをすることができます

はろ
はろ

スマホの方が背面モニターよりもサイズが大きいことが多いため、むしろスマホ連動の方が使い勝手が良いかもしれません

 

もし背面モニターを使って自撮りがしたいということであれば

別機種の検討が必要です。低価格かつ高性能であれば、VLOG撮影カメラとして注目を集める「VLOGCAM ZV-E10L」が非常におすすめです

予算こそ10万円あれば十分に手の届くカメラになっている上に、動画撮影機能も大幅にアップグレードしていますのでぜひ、選択肢に入れてみてください

ソニー(SONY)
¥87,000(2022/12/07 19:25時点 | Amazon調べ)
はろ
はろ

2021年に発売されたモデルで、価格破壊を起こした画期的なモデルです!

その他にも、はろログカメラでは10万円で買えるおすすめミラーレス一眼カメラをまとめていますので、詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください

バッテリー持ちが微妙

デメリットの3点目はバッテリー持ちです。「SONY α6000」は2014年と発売時期が古いモデルであり、現行機種と比べるとバッテリー容量が小さいです

1日使い続けるには少々心許ない容量ですので、旅行での利用をされる場合は予備バッテリーの購入をおすすめします

はろ
はろ

中古購入の場合は、バッテリーがへたっている可能性があるため、買い揃えておくのが無難ですね

ソニー(SONY)
¥4,680(2021/10/09 13:26時点 | Amazon調べ)

もう少し予算に余裕があるのならグレードアップを

今回は予算5万円台で買える機材として「SONY a6000 ダブルズームレンズキット」を紹介させていただきました

ここでは「もし予算にもう少し余裕がある人」に向けて、予算別のおすすめの機材構成を紹介します

はろ
はろ

ご不要な方は、まとめまでジャンプしてください!

予備バッテリーの購入をおすすめします

はろ
はろ

特に今回はカメラ本体を中古で購入することを前提としているため、バッテリーがへたっている可能性も否定できません

ソニー(SONY)
¥4,680(2021/10/09 13:26時点 | Amazon調べ)

バッテリーは(多少高いですが)純正の購入がおすすめです。安い他社製は、カメラ本体の寿命を縮めるリスクがあります

予備バッテリーに加えて、大きくボケる単焦点レンズの購入をおすすめします

ソニー(SONY)
¥43,591(2022/12/04 07:09時点 | Amazon調べ)
はろ
はろ

単焦点レンズは、中古だと3万円くらいで手に入ります

 

キットレンズは対応する画角が広い一方で、大きくぼかした撮影がしづらい特徴がありますが、単焦点レンズは「非日常的な大きなボケ」を簡単に出すことができます

単焦点レンズなら「背景を大きくぼかした写真」が簡単に撮れます
単焦点レンズのメリット
単焦点レンズのデメリット
  • 大きくボケる・手振れしづらい
  • 解像感が高い・歪みが少ない
  • 持ち運ぶのがラク
  • 写真の上達が早くなる
  • ズームができない

 

サイズも小さくてとても持ち運びやすいので、普段とは違う写真を撮ってみたいという方は、ぜひ検討されてみてはいかがでしょうか

あわせて読みたい

単焦点レンズにチャレンジするメリットを詳しく知りたい方は、こちらを参考にしてください

まとめ

今回は、これからカメラを始めてみようと考えている方向けて「予算5万円程度で買える機材」について紹介させていただきました

特に「SONY α6000」は、現行カメラの性能に近く、スマホカメラとの差別化も十分にできる素晴らしいミラーレス一眼カメラです

優れている点
惜しい点
  • とにかく安くてコスパが高い
  • 小型軽量どこにでも持ち運べる
  • 動く被写体に強い
  • 広角から望遠まで幅広い撮影シーンに使える
  • 交換レンズの種類が多く、安いレンズも多い
  • 予算5万円台なら、中古購入が前提
  • 自撮りがしづらい
  • バッテリー持ちが微妙

 

今回のような発売後から一定期間経過したモデルはコストパフォーマンスが非常に大きいため、ぜひこれを機に一眼デビューをされてみてはいかがでしょうか

 

また、これからカメラを買うにあたっては周辺アクセサリーも揃えておくと便利です。必要となるアクセサリーを以下の記事でまとめていますので、是非こちらも参考にしてください

あわせて読みたい

もう少し性能にもこだわりたい方に向けて、10万円で買えるおすすめミラーレス一眼カメラをまとめました。軽量・コスパ最高の機種を厳選していますので、興味がある方はぜひ参考にしてください

はろ
はろ

この記事の内容は以上です。ご感想・コメント等がございましたら、ページ下部のコメント欄をご活用ください!(品質向上・励みになります)

関連記事

キャンペーン情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA