ケーブルトレーはクランプ式が便利!5分で配線整理しよう|おすすめケーブルトレー・Garage

クランプ式ケーブルトレーで配線整理をしてみよう

在宅ワークやオンライン授業を自宅で行う人が多い中、デスク周りのデバイスが増えて配線に困っていませんか?

 

ですが実はこれ、ケーブルトレーを使えば5分で改善できちゃいます

 

この記事では、実際に私が購入した経験をもとに、クランプ式ケーブルトレーのメリットや具体的な設置方法を紹介します

はろはろ
はろはろ

簡単に設置できて、低コストで導入することができますよ

 

配線でお困りの方はぜひチェックしてみてください!

ケーブルトレー設置後
ケーブルトレーを導入するとデスク周りがスッキリ!

ケーブルトレーは簡単に導入できる配線整理アイテム

ケーブルトレーの取り付けイメージ
ケーブルトレーの取り付けイメージ

ケーブルトレーとは、マルチタップやケーブルを収納する受け皿のようなもの

デスク天板の背面に取り付けることで、ケーブルを見えない位置に収納することができます

 

導入費用も比較的安い上に、工具が不要で簡単に設置できる点が嬉しいところ

はろはろ
はろはろ

そのほかにもたくさんのメリットがあります

 

ケーブルトレーのメリット
  • 足元の配線が無くなる
    • 掃除が楽になる作業に集中しやすくなる
  • 導入コストが安い
    • おおむね3,000円程度 
  • 設置が非常にかんたん
    • クランプ式なら工具不要・5分で設置できる

ケーブルトレー選びのポイント

クランプ式ケーブルトレー

 

そんな便利なケーブルトレーですが、導入前には以下の点をチェックすることをおすすめします

  1. クランプ式かネジ固定式を選ぶ
  2. ケーブルトレーが設置できるデスクなのかを確認する
はろはろ
はろはろ

想定外にデスクを傷つけたり、最悪の場合設置できないことも。。

① クランプ式かネジ固定式を選ぶ

ケーブルトレーには種類が2つあります

一般的な用途であれば、天板に穴を開けずに済む「クランプ式がオススメです

項目クランプ式ネジ固定式
固定方法天板に挟んで固定天板に穴を開けて固定
メリット天板に穴を開けなくて良い
設置が簡単(工具も不要)
クランプ式より
若干安い
デメリットネジ穴式より
若干値段が高い
天板に穴が開く
設置が面倒
はろはろ
はろはろ

価格差も千円程度とそこまで大きな違いはありません

② 設置できるデスクなのかを確認する

ケーブルトレーはデスクの天板などを挟み込んで固定します

クランプ式ケーブルトレーの仕組み
デスクの天板あるいはバックパネル・サイドパネルに取り付けます

 

そのため、ある程度の厚みがある板があることとが設置条件となります

はろはろ
はろはろ

厚みの目安は2cm以上です

デスク形状の都合でケーブルトレーが設置できない場合は、ケーブルBOXを導入すると良いです

 

ケーブルBOXは、マルチタップがそのまま入る箱で、ごちゃついたタップ周りの見た目をスッキリさせてくれます

 

その他にも、実際にわたしが取り入れたケーブル配線整理テクニックをこちらの記事で紹介しています


おすすめのクランプ式ケーブルトレーはGarage

クランプ式ケーブルトレーの主なメーカーは以下の2つ

特にコストパフォーマンスを踏まえるとGarageのケーブルトレーがおすすめです

PLUS(プラス)
¥3,190 (2021/08/01 17:07時点 | Amazon調べ)

 

主要メーカー
  • サンワサプライ:パソコン周辺機器のサプライヤ
  • Garage:インテリア・家具を扱うメーカー(私はこちらを購入)
はろはろ
はろはろ

クランプ式のケーブルトレーを提供するメーカーって実は少ないです

 

理由はかんたんで、機能性はほぼ同じで、Garageのケーブルトレーが安いから

価格以外でGarageのケーブルトレーにはメリットを挙げると以下のようになります

 

Garageのメリット
  • 工具が一切要らない
  • 設置時の安定感がある挟み込む金具のサイズが大きい
  • 配線の見た目がきれい:トレーのフチにケーブルを掛けることができる
  • 十分な耐荷重がある:2kgまで乗せることができる

 

デスクの天板に取り付けられない場合は

なお、今回紹介するGarageのケーブルトレーは天板に取り付けるタイプです

デスクのサイドパネルやバックパネルのようにフックのような形で取り付ける場合は、以下の製品がおすすめです

 

Garage製を含めた一般的なケーブルトレーは、天板にしか取り付けられません

 

一方、サンワサプライのこちらのケーブルトレーは垂直に引っ掛ける構造のため、サイドパネル・バックパネルに取り付けることができます

クランプ式ケーブルトレーの設置パターン
右のパターンに対応できるのがサンワサプライ製

 

値段はGarage製と大きくは変わらないため、パネルがあるデスクの方はこちらを選ぶと良いかと思います

ケーブルトレー選びの注意点

クランプ式のケーブルトレーは取り付けが非常に簡単で便利です 

ただし、購入する際はケーブルトレーとデスク、それぞれについて以下の2点を確認するようにしてください

  • トレーのサイズ・耐荷重は問題ないか
  • デスク天板の奥行き・厚みは十分か

クランプ式ケーブルトレーの設置手順を紹介

 

ここからは実際にクランプ式ケーブルトレーの設置した手順を紹介します

手順はたったの2ステップだけですので、5分もあれば設置することができます

  • 設置場所を選ぶ(天板を挟み込める場所)
  • ネジを回して天板に固定する

ケーブルトレー設置前のデスク足もとの外観

ケーブルトレー設置前のデスク足元の外観は、「ケーブルが転がっている状態」で煩雑な印象でした

足元にケーブルが転がっていて雑然としていました
このマルチタップをどうにかしたい
はろはろ
はろはろ

この状態だと掃除もしにくい上に、ごちゃごちゃしていて見た目も悪いですよね

ケーブルトレーを設置手順を写真付きで解説

今回はデスク天板に挟み込んで設置します

はろはろ
はろはろ

設置場所はどこでもよかったのですが、デスク奥側に設置してみました

 

ネジを手で回してクランプを固定するだけなのでとっても簡単です

Garageのケーブルトレーはクランプ金具が大きいので、このようにデスクの金具が邪魔しても設置できます

 

マルチタップをケーブルトレーに載せてみました。サイズ感も十分ですね

はろはろ
はろはろ

2kgまで載せられるので、重さは全く問題ありません

 

長いケーブルはまとめてケーブルトレーの上に設置

ケーブルトレー設置後の様子

かなり配線がスッキリしました。手前のフックの部分にケーブルをかけておくこともできます

ケーブルトレー設置後の外観

足元に転がっていたケーブルが見えなくなりスッキリしました!

はろはろ
はろはろ

掃除機もスムーズに入るため、掃除のしやすさも抜群です

まとめ

 

今回は「ケーブルトレーの導入メリット・選び方・実際の設置の様子」について紹介しました

クランプ式ケーブルトレーは、工具が不要ながら5分程度で取り付けができる素晴らしい配線整理アイテムです

 

具体的なメリットをおさらいすると以下の通り

 

ケーブルトレーのメリット
  • 足元の配線が無くなる
    • 掃除が楽になる作業に集中しやすくなる
  • 導入コストが安い
    • おおむね3,000円程度 
  • 設置が非常にかんたん
    • クランプ式なら工具不要・5分で設置できる

 

特にGarageのケーブルトレーは、価格も安価な上に安定感がある作りになっていますので、配線にお困りの方の要望にきっと答えてくれると思います

PLUS(プラス)
¥3,190 (2021/08/01 17:07時点 | Amazon調べ)
はろはろ
はろはろ

在宅ワークなど、デスク滞在時間が長い方にオススメしたいツールです

 

掃除の手間も省けますし、気分が晴れて仕事や趣味の生産性も上がれば、十分コストパフォーマンスがよい選択になるのではないでしょうか

 

この記事は以上となります。最後までご覧いただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA