【SEL85F18|作例レビュー】人物撮影におすすめ!コスパ最高のSONY純正中望遠レンズ|SONY FE 85mm F1.8

焦点距離85mmをはじめとした中望遠レンズは、人物撮影(ポートレート)に最も適したレンズと言われています

はろはろ
はろはろ

ボケを出しやすく、サイズも大きくなりすぎないので使いやすいレンズです

SONY Eマウントの中望遠単焦点レンズには、サードパーティを含めてたくさんの85mmレンズがあるため、レンズ選びに悩むところですが、その中でも非常におすすめなのがSONY純正レンズのFE 85mm F1.8(SEL85F18)」です

FE 85mm F1.8の主な特徴
  • 中望遠&開放F1.8:大きなボケで被写体を際立ててくれる
  • 高い解像感:隠れGレンズと呼ばれるほど
  • 中望遠としては驚きの小ささ:持ち運びにも便利
  • 純正レンズのため、オートフォーカスも非常に速い
  • 5万円台で買える超ハイコスパレンズ
はろはろ
はろはろ

僕自身もこのレンズを何年も使っていますが、フットワーク軽く撮影できる持ち運びやすさと写りの良さにすごく満足しています

今回の記事では、僕が「FE 85mm F1.8(SEL85F18)」を3年間ほど使ってきて実際に良かったと感じたこと・気になる点をレビューしていきたいと思います

特にこのレンズは高いレンズ性能に対して、価格が5万円台とSONY純正レンズの中でも屈指の高コスパレンズになっていますので、中望遠レンズにチャレンジしてみたい方は、ぜひ最後までチェックしてみてください

FE 85mm F1.8(SEL85F18)のスペックと外観

まずはじめに「FE 85mm F1.8(SEL85F18)」のレンズスペックと外観について紹介します

簡単に特徴的な点についてピックアップしていきますので、まだスペックをよく理解できていないと感じている方はチェックしてみてください

はろ
はろ

すでにスペックや外観をご存知の方は、次の作例パートまでジャンプしてください

レンズスペック

まずは全体的なスペックを表にまとめたのでご覧ください。以降ではFE 85mm F1.8(SEL85F18)のレンズスペックから読み取れる主な特徴3点を紹介します

はろはろ
はろはろ

価格は5万円台とSONY純正レンズの中では安い部類なのですが、レンズ性能は非常に高く、いい意味でアンバランスなレンズになっています

レンズ名称
(型番)
FE 85mm F1.8
(SEL85F18)
焦点距離85mm
F値(最小〜最大)F1.8〜F22
絞り羽根枚数9枚
レンズ構成8群9枚
フィルター径67mm
重さ371g
最大径 × 長さ78 × 82 mm
最短撮影距離0.8m
最大撮像倍率0.13倍
レンズ内手ぶれ補正なし
防塵防滴対応
レンズスペック

特徴①:中望遠域の大口径(開放F1.8)単焦点レンズ

FE 85mm F1.8(SEL85F18)」は視野よりも狭い空間を切り取ることができる中望遠レンズであり、なおかつF1.8と非常に明るいレンズのため、背景をトロトロにボカして被写体を強調することに長けたレンズになっています

はろはろ
はろはろ

夜の撮影でもシャッタースピードを稼ぎつつ、大きな玉ボケを作ることができるため、昼夜問わずに活躍できる万能なレンズですね

特徴②:軽量コンパクト

一般的に焦点距離が長いレンズは大きくて重くなる特徴がある一方で、「FE 85mm F1.8(SEL85F18)」は片手に収まるほどのサイズ感かつ非常に軽いことが特徴の一つです

はろはろ
はろはろ

カメラに取り付けても重量感をさほど感じないため、持ち運び重視の方やお子さんやペットなどの動きの速い被写体を撮りたい方にピッタリですよ

特徴③:レンズフィルター径は万能な67mm

最近のSONY純正レンズやTamronレンズの大半はフィルター径が67mmで統一されています。「FE 85mm F1.8(SEL85F18)」も同様に67mmのフィルター径のため、NDやミストフィルターなどを使いまわすことができます

はろはろ
はろはろ

すでに67mmのレンズをお持ちの方には、大きな経済的メリットがありますね

レンズの外観・付属品

FE 85mm F1.8(SEL85F18)」の材質はプラスチック製で、これによって軽量の設計を実現しています。プラスチック性と言っても見た目は決して安っぽく無く、むしろ手に取ってみると高級感を感じさせてくれるサラッとした質感になっています

レンズのサイドには、AF/MFフォーカスの切り替えスイッチ+カスタムボタンが備わっています

はろはろ
はろはろ

5万円台の価格帯ではあるものの、外観や物理スイッチの構造は上位レンズと肩を並べる構造になっています

レンズの大きさ

一般的に中望遠レンズはサイズがやや大きくなりがちなのですが、「FE 85mm F1.8(SEL85F18)」は手のひらに収まるほどにコンパクトなレンズになっています

SONY αシリーズのボディとのバランス感がちょうど良く、動き回る撮影でも使いやすい形状になっています

はろはろ
はろはろ

フロントヘビー(レンズ側に重心が偏る状態)にならないので、片手で持っていても腕が疲れにくいです

筒型のレンズフードが付属

付属するレンズフードは、SONY純正では珍しい筒型の形状となっています。花形フードとは一味違って、つけた際の見た目もスタイリッシュでかっこいいですね

はろはろ
はろはろ

以上がレンズのスペックと外観の紹介でした

FE 85mm F1.8(SEL85F18)の作例

スペックと外観について簡単に紹介したところで、実際に「FE 85mm F1.8(SEL85F18)」で撮影した作例を紹介していきたいと思います

はろはろ
はろはろ

中望遠ならではの圧縮効果やボケ感、暗所での描写性能は使っていてすごくテンションを上げてくれます!ぜひ、参考にしてください

A7306246

F1.8, SS1/2500s, ISO 100

A7401145

F1.8, SS1/640s, ISO 100

A7401509

F1.8, SS1/100s, ISO 125

A7401495

F5.6, SS1/100s, ISO 640

A7401525

F1.8, SS1/160s, ISO 125

A7401200

F1.8, SS1/100s, ISO 640

A7408857

F1.8, SS1/1250s, ISO 100

A7401114

F1.8, SS1/200s, ISO 400

A7400924

F1.8, SS1/100s, ISO 320

A7400903

F4.0, SS1/160s, ISO 500

A7400897

F4.0, SS1/160s, ISO 500

A7400943

F1.8, SS1/100s, ISO 1250

A7400772

F1.8, SS1/1200s, ISO 500

A7400737

F1.8, SS 1/4s, ISO 100

A7400741

F1.8, SS1/100s, ISO 160

一般的に中望遠レンズといえばポートレート(人物撮影)が主な用途と思われがちですが、軽量コンパクトな「FE 85mm F1.8(SEL85F18)」はスナップ撮影にも使いやすく、抜群の解像感の高さとボケの大きさを様々なシーンで楽しませてくれます

はろはろ
はろはろ

では、ここからはもう少し踏み込んで「FE 85mm F1.8(SEL85F18)」を実際に使ってみてよかった点(メリット)・気になる点(デメリット)について紹介して行きます

FE 85mm F1.8(SEL85F18)レビュー|良いと感じたところ(メリット)

ここからが本題で、僕が「FE 85mm F1.8(SEL85F18)」を長期間使ってみて感じたこと(メリット面)をまとめていきます

総じて言えるのは、5万円で買えるレンズとは思えないほどにクオリティが高いという点で、SONY純正レンズの中でもコスパは最高クラスのレンズだと感じます

はろはろ
はろはろ

隠れGレンズと言われるのも納得できるほど使い勝手がいいレンズです!

FE 85mm F1.8のメリット
  • 簡単に被写体を際立ててくれる
  • 上位クラスに匹敵する解像感(キレ)の良さで所有感◯
  • 持ち運びに便利なサイズ感・走り回る子どもの撮影にもピッタリ
  • オートフォーカスも爆速・難しいピント合わせも失敗が少ない
はろはろ
はろはろ

以降でひとつずつ紹介していきます

簡単に被写体を際立ててくれる

広角レンズや標準レンズを使った場合、画角の都合上背景がボケなかったり、周辺の写り込みが入りやすいため、どうしても構図の選定が難しくなります

一方で「FE 85mm F1.8(SEL85F18)」は

  • 画角が狭くそもそも写り込みが発生しづらい
  • 写り込みがあっても背景が大きくボケるため目立ちにくい

といった特徴があるため、構図の縛りが比較的少ないレンズだと感じます

A7401200
はろはろ
はろはろ

旅行や学校のイベントなど、周りにたくさんの人がいるような状況でも、構図選びに時間をかけずにサッと撮り切れるのですごく重宝します!

その他にも、暗いシーンでもシャッタースピードを落とさずに撮影できるので、全体的にレンズの制約が少ない点もメリットの一つですね

A7301874

手持ち撮影でもブレにくい

上位クラスに匹敵する解像感(キレ)の良さ

5万円台とSONY単焦点レンズの中ではかなり安い部類の「FE 85mm F1.8(SEL85F18)」ですが、写りの良さは指折りクラスで、特に解像度の高さはツァイスレンズと肩を並べるレベルと言われるほどに評判が高いです

A7400761
はろはろ
はろはろ

僕自身も解像感の高さはすごく体感していて、被写体のリアリティがひと味違うと感じます

絞り開放(F1.8)で撮影してもレンズ中央は非常にシャープになっていて、さらにそこからF4/F8と絞ることでレンズ端側でも高い解像度を得ることができます

A7400713

F1.8, SS 1/100s, ISO 400

はろはろ
はろはろ

指折りクラスの描写性能の高さを発揮するため、所有感は非常に高いレンズだと感じます!

持ち運びに便利なサイズ感・走り回る子どもの撮影にもピッタリ

FE 85mm F1.8(SEL85F18)」を使ってよかったと感じる3つ目は、レンズの「コンパクトなサイズ感と軽さ」

これは購入当時から気にしていたポイントではあったものの、3年経った今でも大きさ・軽さを重視して本当によかったと感じています

はろはろ
はろはろ

他の中望遠単焦点レンズと比べてもサイズと軽さはトップクラスです!

写りがいいけどサイズがデカい中望遠レンズというのは他にもたくさんありますが、どれだけいいレンズを持っていてもシャッターチャンスでカメラに装着していなければ意味がありません

その点で「FE 85mm F1.8(SEL85F18)」のコンパクトさは大きなアドバンテージだと感じます

はろはろ
はろはろ

こどもと遊びながらでも撮り切れる手軽さは他のレンズにはない魅力だと思います!

オートフォーカスも爆速・難しいピント合わせも失敗が少ない

F1.8かつ中望遠ということでピント面非常に薄いため、ピントずれを防ぐためにもオートフォーカスの速さや精度はすごく大事なポイントです

その点「FE 85mm F1.8(SEL85F18)」のフォーカス性能はGレンズなどの上位レンズに全く見劣りしないレベルで、被写体とのコミュニケーションに集中することが出来ます

A7304707
はろはろ
はろはろ

オートフォーカスの駆動音も実質的にほぼ無音ですので、動画撮影でも全く問題になりません

以上が「FE 85mm F1.8(SEL85F18)」を使ってよかったと感じた4つのポイントの紹介でした

価格と性能がいい意味でアンバランスになっていて、中望遠レンズが気になっている方ならとりあえず買っておいていいレベルのレンズだと思います

FE 85mm F1.8(SEL85F18)レビュー|気になったところ(デメリット)

ここまで「FE 85mm F1.8(SEL85F18)」の良い点ばかりを紹介してきましたが、人によってはデメリットと感じるかもしれない点もありますので紹介していきます

被写体に思ったより近づけないので最初は慣れが必要

最短撮影距離が0.8mとやや離れての撮影が必須であるため、ポートレートでは基本的にバストアップ以上は寄れないことが多いのと、テーブルフォトでは座り撮影は難しくなります

A7401508

85mmの中では比較的寄れるレンズです

はろはろ
はろはろ

中望遠の中では比較的寄れる部類のレンズではあるものの、中望遠レンズの扱いが初めての方は違和感を感じるかもしれません

レンズ周辺の玉ボケがレモン型に歪む

気になる点の1つ目は玉ボケの形。画面周辺の玉ボケがレモン型に歪むのが特徴的なポイントです

A7400724

画面中央から外れるにつれて玉ボケがレモン型に

とはいえ玉ボケの形状までこだわるのあれば、上位クラスのレンズ「SONY FE 85mm F1.4 GM」(20万円〜)などを視野に入れる必要があるため、玉ボケの形状にどこまでこだわるかは予算次第ですね

はろはろ
はろはろ

個人的には周辺の玉ボケの形も含めてこのレンズの味だと感じていますし、レンズのサイズ・価格も含めて総合的な判断が必要です

以上が「FE 85mm F1.8(SEL85F18)」の主なデメリット面でした。その他については特段気になる点は無く、実用面でのデメリットは極めて少ないレンズと言えます

はろはろ
はろはろ

これが隠れGレンズと言われる所以ですね

まとめ:中望遠レンズ初心者の方にもおすすめなコスパ最強レンズ

今回はSONY純正の単焦点レンズの中でも指折りクラスでコスパが高いと評判の「FE 85mm F1.8(SEL85F18)」について紹介させていただきました

5万円台で買えるとは思えないほどのクオリティと携帯性の良さが個人的にもすごく気に入っていて、これからポートレート(人物撮影)にチャレンジしてみたいと考えている方には第一におすすめしたいレンズです

FE 85mm F1.8の主な特徴
  • 中望遠&開放F1.8:大きなボケで被写体を際立ててくれる
  • 高い解像感:隠れGレンズと呼ばれるほど
  • 中望遠としては驚きの小ささ:持ち運びにも便利
  • 純正レンズのため、オートフォーカスも非常に速い
  • 5万円台で買える超ハイコスパレンズ

携帯性の高さやF1.8の使い勝手の良さからスナップ撮影にも使えますし、SONYユーザーならとりあえず1本持っておいて損はないと言えるレンズですので、気になる方はぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか

はろ
はろ

この記事の内容は以上です。ご感想・コメント等がございましたら、ページ下部のコメント欄をご活用ください!(品質向上・励みになります)

2 COMMENTS

まる

私もこのレンズを持っていますが、レンズ鏡筒・フードはプラスチック製だと思います。

返信する
はろ

まるさん、ありがとうございます。
おっしゃる通りで、鏡筒・フードはプラスチック製ですので修正させていただきました

返信する

はろ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA