(9/25-27)Amazonタイムセール祭り開催!カメラアイテムの値下がり状況をチェック!

RAW現像はSSDとHDDどっちがいい?おすすめ作業場所とバックアップ方法を紹介

RAW現像はSSD/HDDどっち

RAW現像をサクサク行うのならどんなストレージを使うのが良いのだろう?

はろはろ
はろはろ

HDD/SSD・外付け/内蔵など、ストレージには色々な選択肢がありますよね

 

そこで、RAW現像をするなら個人的に特におすすめしたいのが「外付けSSDを使うこと」 

今回は、RAW現像するなら外付けSSDがおすすめな3つの理由を紹介したいと思います

 

はろはろ
はろはろ

作業効率・将来のリスク・利便性を踏まえてベストな選択をするためにも、ぜひ参考になれば幸いです

RAW現像するならカタログデータは外付けSSDが無難

RAW現像をするなら「外付けSSDを使うことが最も無難」な理由は、以下の3点です

 

外付けSSDがおすすめな理由
  • 作業レスポンスが良くなるから
  • 故障時のリスクを抑えられるから
  • PCの買い替えコストを抑えられるから
はろはろ
はろはろ

以降で理由について詳しく紹介します

SSDを使うとRAW現像のレスポンスが良くなる

RAW現像ソフトの動作レスポンスが落とさないためには、インストール先やカタログデータの格納先をSSDにすることが重要です

 

カタログデータとは

写真の編集情報を詰め込んだデータ。RAW現像ソフトでは写真の編集情報を画像データに反映して編集イメージを画面表示する

 

SSDだとサクサク動く理由

SSDだとサクサク動く理由は、SSDがHDDと比べて応答速度が速い特徴があるからです

特にカタログデータは、(スライダーを動かすなど)編集操作を行うたびに頻繁にやりとりするため、レスポンス速度が非常に重要になります

 

数千枚分の編集情報を持つカタログデータをHDDで取り扱う場合は、作業ごとに数秒のレスポンス遅延が生まれることもあり得ます

はろはろ
はろはろ

ライダーに対して数秒画面が遅れて見えるなど、現像作業でストレスを感じないためにもSSDが無難です

 

参考:RAWデータ自体はSSDに置かなくても良い

カタログデータはSSDに置くことをおすすめしましたが、RAWデータ自体はSSDにおかなくても動作レスポンスの違いはほとんどありません

はろはろ
はろはろ

読み込み・書き出し・プレビューなどを比べてみましたが、違いはわかりませんでした

 

SSDは容量に対するコストがHDDより高いため、大容量のRAWデータはHDD・カタログデータやRAW現像ソフトはSSDを使うのが賢い運用方法だと思います

外付けSSDは故障時のリスクを抑える

1点目の説明でSSDのメリットはお伝えしましたが、内蔵SSDと外付けSSDどちらがいいのか?と言えば、外付けSSDの方がおすすめです

 

実はあまり知られていないかもしれませんが、SSDは使い倒すと必ず壊れる上に、データの復旧も難しい特性があります

はろはろ
はろはろ

SSDは書き込み回数に上限があるのです

 

一般的に言われるSSDの寿命はたったの5年

SSDには書き込み回数に上限があるため、必ず寿命を迎えます

これに加えて内臓SSDで高負荷なRAW現像を実施すると、もっと寿命を縮めることになりかねません

 

そのため、PCの寿命を長く保つためにも、高負荷な作業は基本的に外付けSSDで作業することをおすすめします

はろはろ
はろはろ

たとえ故障したとしても外付けSSDを取り替えるだけで済むため、リスクが小さいですよね

外付けSSDはPCの買い替えコストを抑えてくれる

リスクの低減だけではなく、PCの買い替えコストを抑えてくれるのも外付けSSDのメリットです

 

最近のPCの内蔵ストレージの主流はSSD。PC起動からアプリ動作まで快適なのはSSDなのは言うまでも無いですよね

とはいえ、内蔵SSDの市場価格は外付けSSDと比べるとかなり割高

はろはろ
はろはろ

特にMacはSSD・メモリ容量を増やすとコストが膨れ上がります

つまり、買い替えのたびに大容量の内蔵SSDを買うよりかは、外付けSSDを使いまわした方がコスパがいいと言えます

持ち運びにも強い外付けSSD

また、外付けSSD内蔵は衝撃に強くコンパクトであることから、外出する際にノートPCと一緒に持ち運ぶことにも向いているため、特に内蔵SSDじゃないと使いづらいといったデメリットもありません

はろはろ
はろはろ

以上が、私が思うRAW現像するなら外付けSSDが無難と考える理由でした

おすすめの外付けSSDはSandisk

じゃあ、おすすめの外付けSSDは何?と聞かれれば、個人的におすすめなのが「SandiskのポータブルSSD」

転送速度が内部SSD相当と爆速にも関わらず、コンパクト&防水防塵で持ち運びにも最適な製品です

 

カメラ系Youtuberとして有名な高澤けーすけさんもオススメしている製品です

大量データのバックアップはAmazon Photosに頼ろう

ここまでSSDの良い点ばかりを上げてきましたが、HDDと比べると容量に対するコストが高いため、バックアップ先としては不向きです

 

そこでバックアップ方法としておすすめなのがオンラインストレージ

中でも「Amazon Photos」自動でバックアップする仕組みが簡単に導入できることから、非常におすすめです

はろはろ
はろはろ

HDDよりも運用が手軽で、故障リスクを気にしなくていいのが主なメリットです

Amazon Photosとは

Amazon Primeに加入した会員が使える無料のサービスで、容量無制限をはじめとした業界トップレベルのサービス内容を備えています

 

正直、これさえあれば寝ていても自動でバックアップしてくれるため、どんなにズボラな人でもバックアップをしっかりとることができます

  

Amazon Photosのメリット
  • 容量無制限・故障リスクがない
  • 自動でバックアップしてくれる
  • RAWに対応・非圧縮で使える
  • 複数デバイス・ユーザで写真共有できる
  • Amazon Prime会員サービスが使える

 

今ならAmazon Primeが30日間無料で体験できるため、気になる方はどんな感じでバックアップができるのか確かめてみることをオススメします

はろはろ
はろはろ

専用ソフトをインストールして、バックアップ対象のフォルダを指定するだけ。とっても簡単ですよ

\ 今なら30日間無料で体験できます /

Amazonプライムを試してみる

 

まとめ

RAW現像をするなら、作業場所は外付けSSDがおすすめだと思う理由を紹介させていただきました

 

外付けSSDがおすすめな理由
  • 作業レスポンスが良くなるから
  • 故障時のリスクを抑えられるから
  • PCの買い替えコストを抑えられるから

 

繰り返しになりますが、SSDは高速な作業ができる一方で、寿命を必ず迎える特性があります

外付けSSDの特徴を上手に活かしながらRAW現像を楽しんでいきましょう

はろはろ
はろはろ

それでは、次の記事でお会いしましょう!よいカメラライフを!