失敗しない!|画面保護シートの気泡を除去してキレイに貼る方法|元ショップ店員が教えます

こんにちは。はろはろです

画面保護シートを貼り付ける時って緊張しますよね

一度気泡が入るとなかなか取り除けなくて、事態がどんどん悪化した経験を持つ方もいるんじゃないでしょうか

でも実は準備さえしておけば、気泡が入ってもちゃんと修復できるんです

この記事では、ショップ店員経験者の私が教えるおすすめの貼り付け方法について紹介します

記事を読み終えるときっとみなさんも綺麗に画面保護シートを貼り付けることができるようになるはずです!

はろはろ
はろはろ

お客様からも定評があり、要望があれば貼り付けを対応させていただいていました

画面保護シートをキレイに貼り付けて良いスマホライフを歩みましょう!

準備編

用意するもの

赤字が必須のアイテムです。それ以外はなくても大丈夫ですが、あった方がより簡単に作業ができます

用意するもの
  • スマホ
  • 画面保護シート
  • セロハンテープ
  • ウェットティッシュ
  • 汚れ拭きクロス・メガネ拭き(画面保護シートに付属のものでもOK)
  • エアダスターorブロア

作業する前に気をつけること

作業する前に気をつけること
  1. 石鹸で手を洗うこと
  2. 風邪やホコリが舞わない部屋で作業すること
  3. 十分なスペースで作業をすること
  4. できるだけ明るい環境で作業すること

石鹸で手を洗うこと

手の油分がスマホ画面に付着すると、取り除くために余計な手間が発生するので、必ず実施しましょう

風やホコリが舞わない部屋で作業すること

特にエアコンは切りましょう。ホコリが風に乗って画面に付着することがあります

十分なスペースで作業すること

作業スペースが不十分だとうまく貼り付けできなかった際の対応が難しくなります。必ず机で作業しましょう

明るい環境で作業すること

画面上に付着した細かいホコリやチリは暗い環境では目視しにくいです。できればライトを直射しながら作業できるといいと思います

お風呂場での作業がNGな理由

ちまたに耳にするお風呂場での作業。ホコリが少なく乾燥しないお風呂場は一見良さそうに思えますが、私は以下の理由から、オススメしません。

お風呂場での作業をおすすめできない理由
  • ホコリが入らない保証はない(換気扇から落ちてくる)
  • 照明が暗いため、ホコリが入ったことに気づかない
  • 作業スペースが狭く、スマホが落下・水濡れする危険性がある

作業手順(実際に貼ってみました)

できるだけホコリが入らない環境を整えて、どうしてもホコリが入ってしまったらセロテープで取り除くような手順で進めていきます

作業手順
  1. 旧画面保護シートを取り外す
  2. 画面に付着した汚れをウェットシートで取り除く
  3. 汚れ拭きシートで画面上の水分を取り除く
  4. エアダスターorブロアーで細かいホコリやチリを吹き飛ばす
  5. 画面保護シートを貼り付ける
  6. ホコリが混入した時はセロテープで取り除く
注意

セロテープは万能ですが、使いすぎるとのりが画面や保護シートに付着して、取り返しのつかないことになります

使用した画面保護シートの紹介

3ヶ月前くらいに初めてガラスフィルムを買って見たのですが、ご覧の通り保護シートが割れています。。。

下の子が最近スマホをかじっちゃうんです。。。

ガラスフィルムは、子供が破片を飲み込む恐れがあるため、今回は安価で購入できるマット素材の画面保護シートを購入しました

旧画面保護シートを取り外す

まずは、前回使っていた画面保護シートを外します

ガラスフィルムは爪を引っ掛ければ簡単に外すことができますが、難しいようであれば硬めのカードでフィルムを浮かせてから剥がす手法がオススメです

画面に付着した汚れをウェットシートで取り除く

多くのチリやフチの汚れ付着していますので、ウェットティッシュを使って汚れを落としていきます

汚れ拭きシートで画面上の水分を取り除く

ウェットティッシュでしつこい汚れを落としたあと、画面保護シートに付属していた汚れ拭きクロスを使って、ウェットティッシュの水分を落とします

ただし、汚れ拭きクロスの繊維が画面に残るため、次にブロアーを使ってホコリを吹き飛ばします

エアダスターorブロアーで細かいホコリやチリを吹き飛ばす

息を吹きかけると唾が飛んだり、湿気が画面に残る可能性があるため、エアダスターかブロアーを使うことをオススメします

画面がピッカピカになりました。これで準備完了です。次に画面保護シートを貼り付けていきます

画面保護シートを貼り付ける

このまま貼り付ければ基本的に気泡はできないのですが、事例紹介のため、あえてチリをいれてみました。白い点のチリを中心に気泡ができています

ホコリが混入した時はセロテープで取り除く

ホコリやチリが混入した時は、セロテープを使ってホコリを取り除くことができます

スマホ画面と画面保護シートそれぞれについて、ホコリがついている箇所をチェックしましょう

作業完了

ホコリを取り除いた結果、気泡は入らずキレイに貼り付けることができました。

たまにホコリがなくても気泡が発生することがありますが、その場合は画面中心から外側に押し出せば気泡は消えますよ。

まとめ

いかがだったでしょうか

画面保護シートを貼り付ける機会は多くはありませんが、絶対失敗したくないのであれば、準備をすることに越したことはありません

の方法を真似ていただければ、いままで画面保護シートを自分で貼り付けることに自信がなかった人もうまく貼り付けることができると思います

ぜひお試しいただければと思います

以上、最後までご覧いただきありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA